chiark / gitweb /
henrich: update Japanese translations
authorhenrich-guest <henrich-guest@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sat, 5 Sep 2009 17:53:54 +0000 (17:53 +0000)
committerhenrich-guest <henrich-guest@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sat, 5 Sep 2009 17:53:54 +0000 (17:53 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@6925 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/beyond-pkging.po
po4a/ja/developer-duties.po
po4a/ja/l10n.po
po4a/ja/new-maintainer.po
po4a/ja/resources.po
po4a/ja/tools.po

index 6e37550..0321b26 100644 (file)
@@ -4,10 +4,10 @@
 msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: developers-reference 3.4.1\n"
-"POT-Creation-Date: 2008-06-14 23:00+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2008-08-08 11:33-0300\n"
 "PO-Revision-Date: 2009-07-12 20:21+0900\n"
-"Last-Translator: Osamu Aoki <osamu@debian.org>\n"
 "Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
+"Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
@@ -19,13 +19,26 @@ msgstr "パッケージ化、そして…"
 
 # type: Content of: <chapter><para>
 #: beyond-pkging.dbk:9
-msgid "Debian is about a lot more than just packaging software and maintaining those packages.  This chapter contains information about ways, often really critical ways, to contribute to Debian beyond simply creating and maintaining packages."
-msgstr "Debian は、単にソフトウェアのパッケージを作ってメンテナンスをしているだけではありません。この章では、単にパッケージを作ってメンテナンスする以外で Debian へ協力・貢献するやり方、多くの場合とても重要となるやり方の情報を取り扱います。"
+msgid ""
+"Debian is about a lot more than just packaging software and maintaining "
+"those packages.  This chapter contains information about ways, often really "
+"critical ways, to contribute to Debian beyond simply creating and "
+"maintaining packages."
+msgstr ""
+"Debian は、単にソフトウェアのパッケージを作ってメンテナンスをしているだけでは"
+"ありません。この章では、単にパッケージを作ってメンテナンスする以外で Debian "
+"へ協力・貢献するやり方、多くの場合とても重要となるやり方の情報を取り扱いま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><para>
 #: beyond-pkging.dbk:14
-msgid "As a volunteer organization, Debian relies on the discretion of its members in choosing what they want to work on and in choosing the most critical thing to spend their time on."
-msgstr "ボランティア組織の例にたがわず、Debian はメンバーが何をしたいのか、時間を割くのに最も重大だと思われることが何か、というメンバーの判断に依っています。"
+msgid ""
+"As a volunteer organization, Debian relies on the discretion of its members "
+"in choosing what they want to work on and in choosing the most critical "
+"thing to spend their time on."
+msgstr ""
+"ボランティア組織の例にたがわず、Debian はメンバーが何をしたいのか、時間を割く"
+"のに最も重大だと思われることが何か、というメンバーの判断に依っています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:19
@@ -34,43 +47,108 @@ msgstr "バグ報告"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:21
-msgid "We encourage you to file bugs as you find them in Debian packages.  In fact, Debian developers are often the first line testers.  Finding and reporting bugs in other developers' packages improves the quality of Debian."
-msgstr "我々としては、Debian パッケージで見つけたバグを登録することを勧めています。実際のところ、大抵の場合は Debian 開発者が第一線でのテスト作業者となっています。他の開発者のパッケージで見つけたバグを報告することで Debian の品質が向上されています。"
+msgid ""
+"We encourage you to file bugs as you find them in Debian packages.  In fact, "
+"Debian developers are often the first line testers.  Finding and reporting "
+"bugs in other developers' packages improves the quality of Debian."
+msgstr ""
+"我々としては、Debian パッケージで見つけたバグを登録することを勧めています。実"
+"際のところ、大抵の場合は Debian 開発者が第一線でのテスト作業者となっていま"
+"す。他の開発者のパッケージで見つけたバグを報告することで Debian の品質が向上"
+"されています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:26
-msgid "Read the <ulink url=\"&url-bts-report;\">instructions for reporting bugs</ulink> in the Debian <ulink url=\"&url-bts;\">bug tracking system</ulink>."
-msgstr "Debian <ulink url=\"&url-bts;\">バグ追跡システム (BTS)</ulink> の <ulink url=\"&url-bts-report;\">バグ報告のやり方について (instructions for reporting bugs)</ulink> を参照してください。"
+msgid ""
+"Read the <ulink url=\"&url-bts-report;\">instructions for reporting bugs</"
+"ulink> in the Debian <ulink url=\"&url-bts;\">bug tracking system</ulink>."
+msgstr ""
+"Debian <ulink url=\"&url-bts;\">バグ追跡システム (BTS)</ulink> の <ulink url="
+"\"&url-bts-report;\">バグ報告のやり方について (instructions for reporting "
+"bugs)</ulink> を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:31
-msgid "Try to submit the bug from a normal user account at which you are likely to receive mail, so that people can reach you if they need further information about the bug.  Do not submit bugs as root."
-msgstr "いつも使っているメールを受け取れるユーザアカウントからバグを送って見てください。そうすることで、開発者がそのバグに関するより詳細な情報を必要とする場合にあなたに尋ねることができます。root ユーザでバグを報告しないでください。"
+msgid ""
+"Try to submit the bug from a normal user account at which you are likely to "
+"receive mail, so that people can reach you if they need further information "
+"about the bug.  Do not submit bugs as root."
+msgstr ""
+"いつも使っているメールを受け取れるユーザアカウントからバグを送って見てくださ"
+"い。そうすることで、開発者がそのバグに関するより詳細な情報を必要とする場合に"
+"あなたに尋ねることができます。root ユーザでバグを報告しないでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:36
-msgid "You can use a tool like <citerefentry> <refentrytitle>reportbug</refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> to submit bugs.  It can automate and generally ease the process."
-msgstr "バグを報告するには、<citerefentry> <refentrytitle>reportbug</refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> の様なツールが使えます。これによって自動化を行って、かなり簡単な作業にできます。"
+msgid ""
+"You can use a tool like <citerefentry> <refentrytitle>reportbug</"
+"refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> to submit bugs.  It "
+"can automate and generally ease the process."
+msgstr ""
+"バグを報告するには、<citerefentry> <refentrytitle>reportbug</refentrytitle> "
+"<manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> の様なツールが使えます。これによって"
+"自動化を行って、かなり簡単な作業にできます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:41
-msgid "Make sure the bug is not already filed against a package.  Each package has a bug list easily reachable at <literal>http://&bugs-host;/<replaceable>packagename</replaceable></literal> Utilities like <citerefentry> <refentrytitle>querybts</refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> can also provide you with this information (and <command>reportbug</command> will usually invoke <command>querybts</command> before sending, too)."
-msgstr "パッケージに対して既にバグが報告されていないことを確認しておいてください。個々のパッケージに対するバグのリストは <literal>http://&bugs-host;/<replaceable>パッケージ名</replaceable></literal> にて簡単に確認できます。<citerefentry> <refentrytitle>querybts</refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> のようなユーティリティもこの情報を入手できます (それから <command>reportbug</command> では大抵の場合は、バグを送信する前に <command>querybts</command> の実行もします)。"
+msgid ""
+"Make sure the bug is not already filed against a package.  Each package has "
+"a bug list easily reachable at <literal>http://&bugs-host;/"
+"<replaceable>packagename</replaceable></literal> Utilities like "
+"<citerefentry> <refentrytitle>querybts</refentrytitle> <manvolnum>1</"
+"manvolnum> </citerefentry> can also provide you with this information (and "
+"<command>reportbug</command> will usually invoke <command>querybts</command> "
+"before sending, too)."
+msgstr ""
+"パッケージに対して既にバグが報告されていないことを確認しておいてください。"
+"個々のパッケージに対するバグのリストは <literal>http://&bugs-host;/"
+"<replaceable>パッケージ名</replaceable></literal> にて簡単に確認できます。"
+"<citerefentry> <refentrytitle>querybts</refentrytitle> <manvolnum>1</"
+"manvolnum> </citerefentry> のようなユーティリティもこの情報を入手できます (そ"
+"れから <command>reportbug</command> では大抵の場合は、バグを送信する前に "
+"<command>querybts</command> の実行もします)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:50
-msgid "Try to direct your bugs to the proper location.  When for example your bug is about a package which overwrites files from another package, check the bug lists for <emphasis>both</emphasis> of those packages in order to avoid filing duplicate bug reports."
-msgstr "正しい所にバグを報告する様に心がけてください。例えばあるパッケージが他のパッケージのファイルを上書きしてしまうバグの場合ですが、バグ報告が重複して登録されるのを避けるため、これらのパッケージの<emphasis>両方</emphasis>のバグリストを確認してください。"
+msgid ""
+"Try to direct your bugs to the proper location.  When for example your bug "
+"is about a package which overwrites files from another package, check the "
+"bug lists for <emphasis>both</emphasis> of those packages in order to avoid "
+"filing duplicate bug reports."
+msgstr ""
+"正しい所にバグを報告する様に心がけてください。例えばあるパッケージが他のパッ"
+"ケージのファイルを上書きしてしまうバグの場合ですが、バグ報告が重複して登録さ"
+"れるのを避けるため、これらのパッケージの<emphasis>両方</emphasis>のバグリスト"
+"を確認してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:56
-msgid "For extra credit, you can go through other packages, merging bugs which are reported more than once, or tagging bugs `fixed' when they have already been fixed.  Note that when you are neither the bug submitter nor the package maintainer, you should not actually close the bug (unless you secure permission from the maintainer)."
-msgstr "さらに言うと、他のパッケージについても、何度も報告されているバグをマージしたり既に修正されているバグに「fixed」タグをつけたりすることもできます。そのバグの報告者であったりパッケージメンテナではない場合は (メンテナから許可をもらっていなければ)、実際にバグをクローズしてはいけないことに注意してください。"
+msgid ""
+"For extra credit, you can go through other packages, merging bugs which are "
+"reported more than once, or tagging bugs `fixed' when they have already been "
+"fixed.  Note that when you are neither the bug submitter nor the package "
+"maintainer, you should not actually close the bug (unless you secure "
+"permission from the maintainer)."
+msgstr ""
+"さらに言うと、他のパッケージについても、何度も報告されているバグをマージした"
+"り既に修正されているバグに「fixed」タグをつけたりすることもできます。そのバグ"
+"の報告者であったりパッケージメンテナではない場合は (メンテナから許可をもらっ"
+"ていなければ)、実際にバグをクローズしてはいけないことに注意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:63
-msgid "From time to time you may want to check what has been going on with the bug reports that you submitted.  Take this opportunity to close those that you can't reproduce anymore.  To find out all the bugs you submitted, you just have to visit <literal>http://&bugs-host;/from:<replaceable>&lt;your-email-addr&gt;</replaceable></literal>."
-msgstr "時折、あなたが報告したバグ報告について何が起こっているのかをチェックしたくなることでしょう。これは、もう再現できないものをクローズするきっかけになります。報告した全てのバグ報告を確認するには、<literal>http://&bugs-host;/from:<replaceable>&lt;your-email-addr&gt;</replaceable></literal> を参照すればいいだけです。"
+msgid ""
+"From time to time you may want to check what has been going on with the bug "
+"reports that you submitted.  Take this opportunity to close those that you "
+"can't reproduce anymore.  To find out all the bugs you submitted, you just "
+"have to visit <literal>http://&bugs-host;/from:<replaceable>&lt;your-email-"
+"addr&gt;</replaceable></literal>."
+msgstr ""
+"時折、あなたが報告したバグ報告について何が起こっているのかをチェックしたくな"
+"ることでしょう。これは、もう再現できないものをクローズするきっかけになりま"
+"す。報告した全てのバグ報告を確認するには、<literal>http://&bugs-host;/from:"
+"<replaceable>&lt;your-email-addr&gt;</replaceable></literal> を参照すればいい"
+"だけです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:70
@@ -79,24 +157,59 @@ msgstr "一度に大量のバグを報告するには (mass bug filing)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:72
-msgid "Reporting a great number of bugs for the same problem on a great number of different packages — i.e., more than 10 — is a deprecated practice.  Take all possible steps to avoid submitting bulk bugs at all.  For instance, if checking for the problem can be automated, add a new check to <systemitem role=\"package\">lintian</systemitem> so that an error or warning is emitted."
-msgstr "大量の異なるパッケージに対して、同じ問題についての非常に多くのバグ (例えば 10 個以上) を報告するのは、推奨されていないやり方です。不要なバグ報告を避けるため、可能な限りの手続きを踏むようにしましょう。例えば、問題の確認を自動化できる場合は <systemitem role=\"package\">lintian</systemitem> に新しくチェック項目を追加すれば、エラーや警告が明確になります。"
+msgid ""
+"Reporting a great number of bugs for the same problem on a great number of "
+"different packages — i.e., more than 10 — is a deprecated practice.  Take "
+"all possible steps to avoid submitting bulk bugs at all.  For instance, if "
+"checking for the problem can be automated, add a new check to <systemitem "
+"role=\"package\">lintian</systemitem> so that an error or warning is emitted."
+msgstr ""
+"大量の異なるパッケージに対して、同じ問題についての非常に多くのバグ (例えば "
+"10 個以上) を報告するのは、推奨されていないやり方です。不要なバグ報告を避ける"
+"ため、可能な限りの手続きを踏むようにしましょう。例えば、問題の確認を自動化で"
+"きる場合は <systemitem role=\"package\">lintian</systemitem> に新しくチェック"
+"項目を追加すれば、エラーや警告が明確になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:79
-msgid "If you report more than 10 bugs on the same topic at once, it is recommended that you send a message to &email-debian-devel; describing your intention before submitting the report, and mentioning the fact in the subject of your mail.  This will allow other developers to verify that the bug is a real problem.  In addition, it will help prevent a situation in which several maintainers start filing the same bug report simultaneously."
-msgstr "同じ問題について一度に 10 個以上のバグを報告する場合は、バグの投稿をする前に &email-debian-devel; へ送ることをお勧めします。バグ報告を送る前に注意点を記述し、メールのサブジェクトに事実を挙げておきます。これで他の開発者がそのバグが本当に問題であるかどうかを確認できるようになります。さらに、これによって複数のメンテナが平行して同じバグ報告を登録するのを防止できるようになります。"
+msgid ""
+"If you report more than 10 bugs on the same topic at once, it is recommended "
+"that you send a message to &email-debian-devel; describing your intention "
+"before submitting the report, and mentioning the fact in the subject of your "
+"mail.  This will allow other developers to verify that the bug is a real "
+"problem.  In addition, it will help prevent a situation in which several "
+"maintainers start filing the same bug report simultaneously."
+msgstr ""
+"同じ問題について一度に 10 個以上のバグを報告する場合は、バグの投稿をする前に "
+"&email-debian-devel; へ送ることをお勧めします。バグ報告を送る前に注意点を記述"
+"し、メールのサブジェクトに事実を挙げておきます。これで他の開発者がそのバグが"
+"本当に問題であるかどうかを確認できるようになります。さらに、これによって複数"
+"のメンテナが平行して同じバグ報告を登録するのを防止できるようになります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
-#FIXME program"m"s
+# FIXME program"m"s
 #: beyond-pkging.dbk:87
-msgid "Please use the programms <command>dd-list</command> and if appropriate <command>whodepends</command> (from the package devscripts) to generate a list of all affected packages, and include the output in your mail to &email-debian-devel;."
-msgstr "<command>dd-list</command> プログラムを利用するのと、明確になっているのであれば影響を受けるパッケージのリストを (devscripts パッケージの) <command>whodepends</command> を使って出力して、&email-debian-devel; へのメールに含めて下さい。"
+msgid ""
+"Please use the programms <command>dd-list</command> and if appropriate "
+"<command>whodepends</command> (from the package devscripts) to generate a "
+"list of all affected packages, and include the output in your mail to &email-"
+"debian-devel;."
+msgstr ""
+"<command>dd-list</command> プログラムを利用するのと、明確になっているのであれ"
+"ば影響を受けるパッケージのリストを (devscripts パッケージの) "
+"<command>whodepends</command> を使って出力して、&email-debian-devel; へのメー"
+"ルに含めて下さい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:93
-msgid "Note that when sending lots of bugs on the same subject, you should send the bug report to <email>maintonly@&bugs-host;</email> so that the bug report is not forwarded to the bug distribution mailing list."
-msgstr "同じサブジェクトで大量のバグを送信する際の注意として、バグ報告がバグ情報用メーリングリストへ転送されないように <email>maintonly@&bugs-host;</email> へバグ報告を送るべきである、ということです。"
+msgid ""
+"Note that when sending lots of bugs on the same subject, you should send the "
+"bug report to <email>maintonly@&bugs-host;</email> so that the bug report is "
+"not forwarded to the bug distribution mailing list."
+msgstr ""
+"同じサブジェクトで大量のバグを送信する際の注意として、バグ報告がバグ情報用"
+"メーリングリストへ転送されないように <email>maintonly@&bugs-host;</email> へ"
+"バグ報告を送るべきである、ということです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:102
@@ -110,8 +223,27 @@ msgstr "日々の作業"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:106
-msgid "Even though there is a dedicated group of people for Quality Assurance, QA duties are not reserved solely for them.  You can participate in this effort by keeping your packages as bug-free as possible, and as lintian-clean (see <xref linkend=\"lintian\"/> ) as possible.  If you do not find that possible, then you should consider orphaning some of your packages (see <xref linkend=\"orphaning\"/> ).  Alternatively, you may ask the help of other people in order to catch up with the backlog of bugs that you have (you can ask for help on &email-debian-qa; or &email-debian-devel;).  At the same time, you can look for co-maintainers (see <xref linkend=\"collaborative-maint\"/> )."
-msgstr "品質保証に割り当てられたグループの人々がいたとしても、QA 作業は彼らのみに課せられるものではありません。あなたもパッケージを可能な限りバグが無いように保ち、できるだけ lintian クリーン (<xref linkend=\"lintian\"/> を参照) にすることで参加することができるのです。それが可能ではないように思えるなら、パッケージをいくつか「みなしご化 (orphan)」してください (xref linkend=\"orphaning\"/> 参照)。または、溜まったバグ処理に追いつくため、他の人々に助力を願い出ることも可能です (&email-debian-qa; や &email-debian-devel; で助けを求めることができます)。同時に共同メンテナ (co-maintainer) を探すことも可能です (<xref linkend=\"collaborative-maint\"/> を参照してください)。"
+msgid ""
+"Even though there is a dedicated group of people for Quality Assurance, QA "
+"duties are not reserved solely for them.  You can participate in this effort "
+"by keeping your packages as bug-free as possible, and as lintian-clean (see "
+"<xref linkend=\"lintian\"/> ) as possible.  If you do not find that "
+"possible, then you should consider orphaning some of your packages (see "
+"<xref linkend=\"orphaning\"/> ).  Alternatively, you may ask the help of "
+"other people in order to catch up with the backlog of bugs that you have "
+"(you can ask for help on &email-debian-qa; or &email-debian-devel;).  At the "
+"same time, you can look for co-maintainers (see <xref linkend="
+"\"collaborative-maint\"/> )."
+msgstr ""
+"品質保証に割り当てられたグループの人々がいたとしても、QA 作業は彼らのみに課せ"
+"られるものではありません。あなたもパッケージを可能な限りバグが無いように保"
+"ち、できるだけ lintian クリーン (<xref linkend=\"lintian\"/> を参照) にするこ"
+"とで参加することができるのです。それが可能ではないように思えるなら、パッケー"
+"ジをいくつか「みなしご化 (orphan)」してください (xref linkend=\"orphaning\"/"
+"> 参照)。または、溜まったバグ処理に追いつくため、他の人々に助力を願い出ること"
+"も可能です (&email-debian-qa; や &email-debian-devel; で助けを求めることがで"
+"きます)。同時に共同メンテナ (co-maintainer) を探すことも可能です (<xref "
+"linkend=\"collaborative-maint\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:120
@@ -120,23 +252,67 @@ msgstr "バグ潰しパーティ (BSP)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:122
-msgid "From time to time the QA group organizes bug squashing parties to get rid of as many problems as possible.  They are announced on &email-debian-devel-announce; and the announcement explains which area will be the focus of the party: usually they focus on release critical bugs but it may happen that they decide to help finish a major upgrade (like a new <command>perl</command> version which requires recompilation of all the binary modules)."
-msgstr "時折、QA グループは可能な限りの問題を無くすためにバグ潰しパーティ (BSP) を開催しています。開催案内は &email-debian-devel-announce; で行われ、パーティがどの部分に集中してやるのかが告知されます。大抵はリリースクリティカルバグ (RC) への対応に当てられますが、大きなアップグレード (新しい <command>perl</command> バージョンでの全バイナリモジュールを再コンパイルのような) を完了する手助けのために開かれることもあります。"
+msgid ""
+"From time to time the QA group organizes bug squashing parties to get rid of "
+"as many problems as possible.  They are announced on &email-debian-devel-"
+"announce; and the announcement explains which area will be the focus of the "
+"party: usually they focus on release critical bugs but it may happen that "
+"they decide to help finish a major upgrade (like a new <command>perl</"
+"command> version which requires recompilation of all the binary modules)."
+msgstr ""
+"時折、QA グループは可能な限りの問題を無くすためにバグ潰しパーティ (BSP) を開"
+"催しています。開催案内は &email-debian-devel-announce; で行われ、パーティがど"
+"の部分に集中してやるのかが告知されます。大抵はリリースクリティカルバグ (RC) "
+"への対応に当てられますが、大きなアップグレード (新しい <command>perl</"
+"command> バージョンでの全バイナリモジュールを再コンパイルのような) を完了する"
+"手助けのために開かれることもあります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:131
-msgid "The rules for non-maintainer uploads differ during the parties because the announcement of the party is considered prior notice for NMU.  If you have packages that may be affected by the party (because they have release critical bugs for example), you should send an update to each of the corresponding bug to explain their current status and what you expect from the party.  If you don't want an NMU, or if you're only interested in a patch, or if you will deal yourself with the bug, please explain that in the BTS."
-msgstr "メンテナ以外によるアップロード (non-maintainer upload) のルールはパーティの開催中とそれ以外で違います。これは、パーティのアナウンスは NMU の予告であると考えられているためです。パーティによって影響を受けるパッケージを持っている場合 (例えばリリースクリティカルバグを持っている場合) は、それぞれ対応するバグについて現状説明とこのパーティでどの様なことを期待しているのかを説明しないといけません。NMU を望まない、パッチでの対応にのみ興味がある、あるいは自分自身で対処をする予定の場合は、BTS で説明をしてください。"
+msgid ""
+"The rules for non-maintainer uploads differ during the parties because the "
+"announcement of the party is considered prior notice for NMU.  If you have "
+"packages that may be affected by the party (because they have release "
+"critical bugs for example), you should send an update to each of the "
+"corresponding bug to explain their current status and what you expect from "
+"the party.  If you don't want an NMU, or if you're only interested in a "
+"patch, or if you will deal yourself with the bug, please explain that in the "
+"BTS."
+msgstr ""
+"メンテナ以外によるアップロード (non-maintainer upload) のルールはパーティの開"
+"催中とそれ以外で違います。これは、パーティのアナウンスは NMU の予告であると考"
+"えられているためです。パーティによって影響を受けるパッケージを持っている場合 "
+"(例えばリリースクリティカルバグを持っている場合) は、それぞれ対応するバグにつ"
+"いて現状説明とこのパーティでどの様なことを期待しているのかを説明しないといけ"
+"ません。NMU を望まない、パッチでの対応にのみ興味がある、あるいは自分自身で対"
+"処をする予定の場合は、BTS で説明をしてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:140
-msgid "People participating in the party have special rules for NMU, they can NMU without prior notice if they upload their NMU to DELAYED/3-day at least.  All other NMU rules apply as usually; they should send the patch of the NMU to the BTS (to one of the open bugs fixed by the NMU, or to a new bug, tagged fixed).  They should also respect any particular wishes of the maintainer."
-msgstr "パーティに参加している人には NMU についての特別ルールが割り当てられます。NMU について、少なくとも 3 日遅延してアップロードを行う場合 (DELAYED/3-day キューなどへのアップロードの場合) は予告無しで NMU できるのです。他の NMU ルールは全て通常通りに適用されます - NMU のパッチを BTS に送付する必要があります (修正されていないバグのいずれかを NMU で修正する、あるいは新たなバグにパッチを送り、fixed とタグを付けるなど)。それから、作業者は各メンテナの要望に沿う必要があります。"
+msgid ""
+"People participating in the party have special rules for NMU, they can NMU "
+"without prior notice if they upload their NMU to DELAYED/3-day at least.  "
+"All other NMU rules apply as usually; they should send the patch of the NMU "
+"to the BTS (to one of the open bugs fixed by the NMU, or to a new bug, "
+"tagged fixed).  They should also respect any particular wishes of the "
+"maintainer."
+msgstr ""
+"パーティに参加している人には NMU についての特別ルールが割り当てられます。NMU "
+"について、少なくとも 3 日遅延してアップロードを行う場合 (DELAYED/3-day キュー"
+"などへのアップロードの場合) は予告無しで NMU できるのです。他の NMU ルールは"
+"全て通常通りに適用されます - NMU のパッチを BTS に送付する必要があります (修"
+"正されていないバグのいずれかを NMU で修正する、あるいは新たなバグにパッチを送"
+"り、fixed とタグを付けるなど)。それから、作業者は各メンテナの要望に沿う必要が"
+"あります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:147
-msgid "If you don't feel confident about doing an NMU, just send a patch to the BTS.  It's far better than a broken NMU."
-msgstr "NMU をする自信が無い場合は、BTS へパッチを投げるだけにしてください。NMU でパッケージを壊してしまうより、遥かに良いことです。"
+msgid ""
+"If you don't feel confident about doing an NMU, just send a patch to the "
+"BTS.  It's far better than a broken NMU."
+msgstr ""
+"NMU をする自信が無い場合は、BTS へパッチを投げるだけにしてください。NMU で"
+"パッケージを壊してしまうより、遥かに良いことです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:155
@@ -145,18 +321,44 @@ msgstr "他のメンテナに連絡を取る"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:157
-msgid "During your lifetime within Debian, you will have to contact other maintainers for various reasons.  You may want to discuss a new way of cooperating between a set of related packages, or you may simply remind someone that a new upstream version is available and that you need it."
-msgstr "Debian と共に過ごす間、様々な理由で他のメンテナに連絡を取りたくなることでしょう。関連パッケージ間での共同作業の新たなやり方について協議したい場合や、開発元で自分が使いたい新しいバージョンが利用可能になっていることを単に知らせたい場合などです。"
+msgid ""
+"During your lifetime within Debian, you will have to contact other "
+"maintainers for various reasons.  You may want to discuss a new way of "
+"cooperating between a set of related packages, or you may simply remind "
+"someone that a new upstream version is available and that you need it."
+msgstr ""
+"Debian と共に過ごす間、様々な理由で他のメンテナに連絡を取りたくなることでしょ"
+"う。関連パッケージ間での共同作業の新たなやり方について協議したい場合や、開発"
+"元で自分が使いたい新しいバージョンが利用可能になっていることを単に知らせたい"
+"場合などです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:163
-msgid "Looking up the email address of the maintainer for the package can be distracting.  Fortunately, there is a simple email alias, <literal>&lt;package&gt;@&packages-host;</literal>, which provides a way to email the maintainer, whatever their individual email address (or addresses)  may be.  Replace <literal>&lt;package&gt;</literal> with the name of a source or a binary package."
-msgstr "パッケージメンテナのメールアドレスを探しだすのは骨が折れます。幸いな事に、<literal>&lt;package&gt;@&packages-host;</literal> というシンプルなメールのエイリアスがあり、メンテナらの個人アドレスが何であれメンテナへメールを届ける手段となっています。<literal>&lt;package&gt;</literal> はパッケージのソース名かバイナリパッケージ名に置き換えてください。"
+msgid ""
+"Looking up the email address of the maintainer for the package can be "
+"distracting.  Fortunately, there is a simple email alias, <literal>&lt;"
+"package&gt;@&packages-host;</literal>, which provides a way to email the "
+"maintainer, whatever their individual email address (or addresses)  may be.  "
+"Replace <literal>&lt;package&gt;</literal> with the name of a source or a "
+"binary package."
+msgstr ""
+"パッケージメンテナのメールアドレスを探しだすのは骨が折れます。幸いな事に、"
+"<literal>&lt;package&gt;@&packages-host;</literal> というシンプルなメールのエ"
+"イリアスがあり、メンテナらの個人アドレスが何であれメンテナへメールを届ける手"
+"段となっています。<literal>&lt;package&gt;</literal> はパッケージのソース名か"
+"バイナリパッケージ名に置き換えてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:171
-msgid "You may also be interested in contacting the persons who are subscribed to a given source package via <xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> .  You can do so by using the <literal>&lt;package&gt;@&pts-host;</literal> email address."
-msgstr "<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> 経由でソースパッケージの購読を行っている人に連絡を取りたくなるかもしれません。その場合は <literal>&lt;package&gt;@&pts-host;</literal> メールアドレスが使えます。"
+msgid ""
+"You may also be interested in contacting the persons who are subscribed to a "
+"given source package via <xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> .  You can "
+"do so by using the <literal>&lt;package&gt;@&pts-host;</literal> email "
+"address."
+msgstr ""
+"<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> 経由でソースパッケージの購読を行って"
+"いる人に連絡を取りたくなるかもしれません。その場合は <literal>&lt;package&gt;"
+"@&pts-host;</literal> メールアドレスが使えます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:180
@@ -165,68 +367,193 @@ msgstr "活動的でない、あるいは連絡が取れないメンテナに対
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:182
-msgid "If you notice that a package is lacking maintenance, you should make sure that the maintainer is active and will continue to work on their packages.  It is possible that they are not active any more, but haven't registered out of the system, so to speak.  On the other hand, it is also possible that they just need a reminder."
-msgstr "パッケージがメンテナンスされていないと気づいた場合、メンテナが活動的でパッケージの作業を続けるかどうかを確認する必要があります。もはや活動的な状態ではない可能性もありますが、言わばシステムに登録していなかったという可能性もあります。あるいは、単に確認が必要なだけという可能性もあります。"
+msgid ""
+"If you notice that a package is lacking maintenance, you should make sure "
+"that the maintainer is active and will continue to work on their packages.  "
+"It is possible that they are not active any more, but haven't registered out "
+"of the system, so to speak.  On the other hand, it is also possible that "
+"they just need a reminder."
+msgstr ""
+"パッケージがメンテナンスされていないと気づいた場合、メンテナが活動的でパッ"
+"ケージの作業を続けるかどうかを確認する必要があります。もはや活動的な状態では"
+"ない可能性もありますが、言わばシステムに登録していなかったという可能性もあり"
+"ます。あるいは、単に確認が必要なだけという可能性もあります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:189
-msgid "There is a simple system (the MIA database) in which information about maintainers who are deemed Missing In Action is recorded.  When a member of the QA group contacts an inactive maintainer or finds more information about one, this is recorded in the MIA database.  This system is available in <filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> on the host <literal>qa.debian.org </literal>, and can be queried with the <command>mia-query</command> tool.  Use <command>mia-query --help</command> to see how to query the database.  If you find that no information has been recorded about an inactive maintainer yet, or that you can add more information, you should generally proceed as follows."
-msgstr "Missing In Action (行方不明) だと考えられているメンテナについての情報が記録されるシンプルなシステム (MIA データベース) があります。品質保証グループ (QA グループ) のメンバーが活動的ではないメンテナに連絡を取った場合や、そのメンテナについて新たな情報がもたらされた場合、その記録が MIA データベースに残されます。このシステムは <literal>qa.debian.org</literal> ホスト上の <filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> で利用可能になっており、<command>mia-query</command> ツールで検索ができます。どうやってデータベースを検索するのかについては <command>mia-query --help</command> と入力してください。"
+msgid ""
+"There is a simple system (the MIA database) in which information about "
+"maintainers who are deemed Missing In Action is recorded.  When a member of "
+"the QA group contacts an inactive maintainer or finds more information about "
+"one, this is recorded in the MIA database.  This system is available in "
+"<filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> on the host <literal>qa.debian."
+"org </literal>, and can be queried with the <command>mia-query</command> "
+"tool.  Use <command>mia-query --help</command> to see how to query the "
+"database.  If you find that no information has been recorded about an "
+"inactive maintainer yet, or that you can add more information, you should "
+"generally proceed as follows."
+msgstr ""
+"Missing In Action (行方不明) だと考えられているメンテナについての情報が記録さ"
+"れるシンプルなシステム (MIA データベース) があります。品質保証グループ (QA グ"
+"ループ) のメンバーが活動的ではないメンテナに連絡を取った場合や、そのメンテナ"
+"について新たな情報がもたらされた場合、その記録が MIA データベースに残されま"
+"す。このシステムは <literal>qa.debian.org</literal> ホスト上の <filename>/"
+"org/qa.debian.org/mia</filename> で利用可能になっており、<command>mia-query</"
+"command> ツールで検索ができます。どうやってデータベースを検索するのかについて"
+"は <command>mia-query --help</command> と入力してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:200
-msgid "The first step is to politely contact the maintainer, and wait a reasonable time for a response.  It is quite hard to define reasonable time, but it is important to take into account that real life is sometimes very hectic.  One way to handle this would be to send a reminder after two weeks."
-msgstr "最初の一歩はメンテナに丁寧にコンタクトを取り、応答するのに充分な時間待つことです。充分な時間というのを定義するのは非常に困難なことですが、実生活では時折非常に多忙になるのを考慮に入れると重要なことです。一つのやり方としては、リマインダーを二週間後に送るという方法があります。"
+msgid ""
+"The first step is to politely contact the maintainer, and wait a reasonable "
+"time for a response.  It is quite hard to define reasonable time, but it is "
+"important to take into account that real life is sometimes very hectic.  One "
+"way to handle this would be to send a reminder after two weeks."
+msgstr ""
+"最初の一歩はメンテナに丁寧にコンタクトを取り、応答するのに充分な時間待つこと"
+"です。充分な時間というのを定義するのは非常に困難なことですが、実生活では時折"
+"非常に多忙になるのを考慮に入れると重要なことです。一つのやり方としては、リマ"
+"インダーを二週間後に送るという方法があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:206
-msgid "If the maintainer doesn't reply within four weeks (a month), one can assume that a response will probably not happen.  If that happens, you should investigate further, and try to gather as much useful information about the maintainer in question as possible.  This includes:"
-msgstr "メンテナが4週間 (1ヶ月)応答をしない場合、おそらく反応がないと判断できます。この様な場合はより詳細に確認し、可能な限り問題となっているメンテナに関する有用な情報をかき集める必要があります。これには以下のようなものが含まれています。"
+msgid ""
+"If the maintainer doesn't reply within four weeks (a month), one can assume "
+"that a response will probably not happen.  If that happens, you should "
+"investigate further, and try to gather as much useful information about the "
+"maintainer in question as possible.  This includes:"
+msgstr ""
+"メンテナが4週間 (1ヶ月)応答をしない場合、おそらく反応がないと判断できま"
+"す。この様な場合はより詳細に確認し、可能な限り問題となっているメンテナに関す"
+"る有用な情報をかき集める必要があります。これには以下のようなものが含まれてい"
+"ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:214
-msgid "The <literal>echelon</literal> information available through the <ulink url=\"&url-debian-db;\">developers' LDAP database</ulink>, which indicates when the developer last posted to a Debian mailing list.  (This includes mails about uploads distributed via the &email-debian-devel-changes; list.)  Also, remember to check whether the maintainer is marked as on vacation in the database."
-msgstr "<ulink url=\"&url-debian-db;\">開発者 LDAP データベース</ulink> を通じて得られる <literal>echelon</literal> 情報は、開発者が最後に Debian メーリングリストに投稿したはいつなのかを示します (これには &email-debian-devel-changes; での配布物のアップロードのメールも含まれます)。また、データベースでメンテナが休暇中かどうかも確認してください"
+msgid ""
+"The <literal>echelon</literal> information available through the <ulink url="
+"\"&url-debian-db;\">developers' LDAP database</ulink>, which indicates when "
+"the developer last posted to a Debian mailing list.  (This includes mails "
+"about uploads distributed via the &email-debian-devel-changes; list.)  Also, "
+"remember to check whether the maintainer is marked as on vacation in the "
+"database."
+msgstr ""
+"<ulink url=\"&url-debian-db;\">開発者 LDAP データベース</ulink> を通じて得ら"
+"れる <literal>echelon</literal> 情報は、開発者が最後に Debian メーリングリス"
+"トに投稿したはいつなのかを示します (これには &email-debian-devel-changes; で"
+"の配布物のアップロードのメールも含まれます)。また、データベースでメンテナが休"
+"暇中かどうかも確認してください"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:224
-msgid "The number of packages this maintainer is responsible for, and the condition of those packages.  In particular, are there any RC bugs that have been open for ages? Furthermore, how many bugs are there in general? Another important piece of information is whether the packages have been NMUed, and if so, by whom."
-msgstr "このメンテナが対応しているパッケージ数やパッケージの状態。特に、長期間放置され続けている RC バグがあるかどうか? さらに通常どの程度の数のバグがあるか? もう一つの重要な情報はパッケージが NMU されているかどうか、されているとしたら誰によって行われているか、です。"
+msgid ""
+"The number of packages this maintainer is responsible for, and the condition "
+"of those packages.  In particular, are there any RC bugs that have been open "
+"for ages? Furthermore, how many bugs are there in general? Another important "
+"piece of information is whether the packages have been NMUed, and if so, by "
+"whom."
+msgstr ""
+"このメンテナが対応しているパッケージ数やパッケージの状態。特に、長期間放置さ"
+"れ続けている RC バグがあるかどうか? さらに通常どの程度の数のバグがあるか? も"
+"う一つの重要な情報はパッケージが NMU されているかどうか、されているとしたら誰"
+"によって行われているか、です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:233
-msgid "Is there any activity of the maintainer outside of Debian? For example, they might have posted something recently to non-Debian mailing lists or news groups."
-msgstr "Debian 以外でメンテナの活動があるかどうか? 例えば、近頃 Debian 以外のメーリングリストや news グループへの投稿をしているなど。"
+msgid ""
+"Is there any activity of the maintainer outside of Debian? For example, they "
+"might have posted something recently to non-Debian mailing lists or news "
+"groups."
+msgstr ""
+"Debian 以外でメンテナの活動があるかどうか? 例えば、近頃 Debian 以外のメーリン"
+"グリストや news グループへの投稿をしているなど。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:240
-msgid "A bit of a problem are packages which were sponsored — the maintainer is not an official Debian developer.  The <literal>echelon</literal> information is not available for sponsored people, for example, so you need to find and contact the Debian developer who has actually uploaded the package.  Given that they signed the package, they're responsible for the upload anyhow, and are likely to know what happened to the person they sponsored."
-msgstr "パッケージがスポンサーされている、つまりメンテナが公式の Debian 開発者ではない場合はちょっとした問題となります。例えば <literal>echelon</literal> の情報は、スポンサーされている人は利用できません。そのため実際にパッケージをアップロードした Debian 開発者を探して確認を取る必要があります。彼らがパッケージにサインしたということは、アップロードについて何であれ責任を持ち、スポンサーした人に何が起こっているかを知っていそうだということです。"
+msgid ""
+"A bit of a problem are packages which were sponsored — the maintainer is not "
+"an official Debian developer.  The <literal>echelon</literal> information is "
+"not available for sponsored people, for example, so you need to find and "
+"contact the Debian developer who has actually uploaded the package.  Given "
+"that they signed the package, they're responsible for the upload anyhow, and "
+"are likely to know what happened to the person they sponsored."
+msgstr ""
+"パッケージがスポンサーされている、つまりメンテナが公式の Debian 開発者ではな"
+"い場合はちょっとした問題となります。例えば <literal>echelon</literal> の情報"
+"は、スポンサーされている人は利用できません。そのため実際にパッケージをアップ"
+"ロードした Debian 開発者を探して確認を取る必要があります。彼らがパッケージに"
+"サインしたということは、アップロードについて何であれ責任を持ち、スポンサーし"
+"た人に何が起こっているかを知っていそうだということです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:248
-msgid "It is also allowed to post a query to &email-debian-devel;, asking if anyone is aware of the whereabouts of the missing maintainer.  Please Cc: the person in question."
-msgstr "&email-debian-devel; に、活動が見えないメンテナの居所に誰か気づいているかという質問を投稿するのもありです。問題の人を Cc: に入れてください。"
+msgid ""
+"It is also allowed to post a query to &email-debian-devel;, asking if anyone "
+"is aware of the whereabouts of the missing maintainer.  Please Cc: the "
+"person in question."
+msgstr ""
+"&email-debian-devel; に、活動が見えないメンテナの居所に誰か気づいているかとい"
+"う質問を投稿するのもありです。問題の人を Cc: に入れてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:253
-msgid "Once you have gathered all of this, you can contact &email-mia;.  People on this alias will use the information you provide in order to decide how to proceed.  For example, they might orphan one or all of the packages of the maintainer.  If a package has been NMUed, they might prefer to contact the NMUer before orphaning the package — perhaps the person who has done the NMU is interested in the package."
-msgstr "ここに書かれた全てを収集したなら、&email-mia;に連絡しましょう。この名前のエリアスを担当している人はあなたが供給した情報を使ってどう進めるかを判断します。例えば、そのメンテナのパッケージの一部または全てをオーファンするかも知れません。パッケージがNMUされていた場合は、パッケージをオーファンする前にNMUをした人に連絡する事を選ぶかもしれません — NMUをした人はきっとパッケージに関心があるでしょうから。"
+msgid ""
+"Once you have gathered all of this, you can contact &email-mia;.  People on "
+"this alias will use the information you provide in order to decide how to "
+"proceed.  For example, they might orphan one or all of the packages of the "
+"maintainer.  If a package has been NMUed, they might prefer to contact the "
+"NMUer before orphaning the package — perhaps the person who has done the NMU "
+"is interested in the package."
+msgstr ""
+"ここに書かれた全てを収集したなら、&email-mia;に連絡しましょう。この名前のエリ"
+"アスを担当している人はあなたが供給した情報を使ってどう進めるかを判断します。"
+"例えば、そのメンテナのパッケージの一部または全てをオーファンするかも知れませ"
+"ん。パッケージがNMUされていた場合は、パッケージをオーファンする前にNMUをした"
+"人に連絡する事を選ぶかもしれません — NMUをした人はきっとパッケージに関心があ"
+"るでしょうから。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:261
-msgid "One last word: please remember to be polite.  We are all volunteers and cannot dedicate all of our time to Debian.  Also, you are not aware of the circumstances of the person who is involved.  Perhaps they might be seriously ill or might even have died — you do not know who may be on the receiving side.  Imagine how a relative will feel if they read the e-mail of the deceased and find a very impolite, angry and accusing message!"
-msgstr "最後に一言: 礼儀正しく振る舞いましょう。我々は所詮ボランティアで、全ての時間を Debian に捧げられるわけではありません。また、関わっている人の状況がわかるわけでもありません。重い病気にかかっているかかもしれないし、あるいは死んでしまっているかもしれません - メッセージを受け取る側にどんな人がいるかは分かりません。亡くなった方のご親戚の方がメールを読んだ場合に、非常に無礼で怒った叱責調のメッセージを見つけてどうお感じになるかを想像してください。"
+msgid ""
+"One last word: please remember to be polite.  We are all volunteers and "
+"cannot dedicate all of our time to Debian.  Also, you are not aware of the "
+"circumstances of the person who is involved.  Perhaps they might be "
+"seriously ill or might even have died — you do not know who may be on the "
+"receiving side.  Imagine how a relative will feel if they read the e-mail of "
+"the deceased and find a very impolite, angry and accusing message!"
+msgstr ""
+"最後に一言: 礼儀正しく振る舞いましょう。我々は所詮ボランティアで、全ての時間"
+"を Debian に捧げられるわけではありません。また、関わっている人の状況がわかる"
+"わけでもありません。重い病気にかかっているかかもしれないし、あるいは死んでし"
+"まっているかもしれません - メッセージを受け取る側にどんな人がいるかは分かりま"
+"せん。亡くなった方のご親戚の方がメールを読んだ場合に、非常に無礼で怒った叱責"
+"調のメッセージを見つけてどうお感じになるかを想像してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:269
-msgid "On the other hand, although we are volunteers, we do have a responsibility.  So you can stress the importance of the greater good — if a maintainer does not have the time or interest anymore, they should let go and give the package to someone with more time."
-msgstr "一方で、我々はボランティアではありますが責任を持っています。全体の幸せの重要性をよく考える必要があります — もしメンテナが時間が足りなかったり、もう興味を無くしてしまった場合は、パッケージを誰か他のより時間がある人間に与えるべきです。"
+msgid ""
+"On the other hand, although we are volunteers, we do have a responsibility.  "
+"So you can stress the importance of the greater good — if a maintainer does "
+"not have the time or interest anymore, they should let go and give the "
+"package to someone with more time."
+msgstr ""
+"一方で、我々はボランティアではありますが責任を持っています。全体の幸せの重要"
+"性をよく考える必要があります — もしメンテナが時間が足りなかったり、もう興味を"
+"無くしてしまった場合は、パッケージを誰か他のより時間がある人間に与えるべきで"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:275
-msgid "If you are interested in working in the MIA team, please have a look at the README file in <filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> on <literal> qa.debian.org</literal> where the technical details and the MIA procedures are documented and contact &email-mia;."
-msgstr "MIA チームで働くのに興味を持った場合は、技術上の詳細と MIA の手順が記載されている <literal>qa.debian.org</literal> 上の <filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> 内の README ファイルを参照して、&email-mia; に連絡を取ってください。"
+msgid ""
+"If you are interested in working in the MIA team, please have a look at the "
+"README file in <filename>/org/qa.debian.org/mia</filename> on <literal> qa."
+"debian.org</literal> where the technical details and the MIA procedures are "
+"documented and contact &email-mia;."
+msgstr ""
+"MIA チームで働くのに興味を持った場合は、技術上の詳細と MIA の手順が記載されて"
+"いる <literal>qa.debian.org</literal> 上の <filename>/org/qa.debian.org/mia</"
+"filename> 内の README ファイルを参照して、&email-mia; に連絡を取ってくださ"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:283
@@ -235,8 +562,16 @@ msgstr "Debian 開発者候補に対応する"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:285
-msgid "Debian's success depends on its ability to attract and retain new and talented volunteers.  If you are an experienced developer, we recommend that you get involved with the process of bringing in new developers.  This section describes how to help new prospective developers."
-msgstr "Debian の成功は新たな才能あるボランティアをどう魅了し確保するかにかかっています。あなたが経験豊かな開発者なら、新たな開発者を呼び込むプロセスに関与するべきです。このセクションでは新たな開発者候補者をどうやって手助けするのかについて記述します。"
+msgid ""
+"Debian's success depends on its ability to attract and retain new and "
+"talented volunteers.  If you are an experienced developer, we recommend that "
+"you get involved with the process of bringing in new developers.  This "
+"section describes how to help new prospective developers."
+msgstr ""
+"Debian の成功は新たな才能あるボランティアをどう魅了し確保するかにかかっていま"
+"す。あなたが経験豊かな開発者なら、新たな開発者を呼び込むプロセスに関与するべ"
+"きです。このセクションでは新たな開発者候補者をどうやって手助けするのかについ"
+"て記述します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:291
@@ -245,23 +580,57 @@ msgstr "パッケージのスポンサーを行う"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:293
-msgid "Sponsoring a package means uploading a package for a maintainer who is not able to do it on their own, a new maintainer applicant.  Sponsoring a package also means accepting responsibility for it."
-msgstr "パッケージのスポンサーになるというのは自分の権限ではパッケージをアップロードできない、新規メンテナ応募者のパッケージをアップロードするということです。また、パッケージのスポンサーを行うことはそれに伴う責任を引き受けることを意味します。"
+msgid ""
+"Sponsoring a package means uploading a package for a maintainer who is not "
+"able to do it on their own, a new maintainer applicant.  Sponsoring a "
+"package also means accepting responsibility for it."
+msgstr ""
+"パッケージのスポンサーになるというのは自分の権限ではパッケージをアップロード"
+"できない、新規メンテナ応募者のパッケージをアップロードするということです。ま"
+"た、パッケージのスポンサーを行うことはそれに伴う責任を引き受けることを意味し"
+"ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:304
-msgid "New maintainers usually have certain difficulties creating Debian packages — this is quite understandable.  That is why the sponsor is there, to check the package and verify that it is good enough for inclusion in Debian.  (Note that if the sponsored package is new, the ftpmasters will also have to inspect it before letting it in.)"
-msgstr "新たなメンテナは大抵 Debian パッケージの作成する際に何らかの困難に会いますーこれは非常に理解できることです。これはなぜスポンサーがいてパッケージをチェックし Debian に含めるのに充分良いものであるかどうかを確認するのかの根拠です。(注記: スポンサーされたパッケージが新規の場合、Debian に入れる前に ftpmaster らがそのパッケージをチェックする必要があります)。"
+msgid ""
+"New maintainers usually have certain difficulties creating Debian packages — "
+"this is quite understandable.  That is why the sponsor is there, to check "
+"the package and verify that it is good enough for inclusion in Debian.  "
+"(Note that if the sponsored package is new, the ftpmasters will also have to "
+"inspect it before letting it in.)"
+msgstr ""
+"新たなメンテナは大抵 Debian パッケージの作成する際に何らかの困難に会いますー"
+"これは非常に理解できることです。これはなぜスポンサーがいてパッケージをチェッ"
+"クし Debian に含めるのに充分良いものであるかどうかを確認するのかの根拠です。"
+"(注記: スポンサーされたパッケージが新規の場合、Debian に入れる前に ftpmaster "
+"らがそのパッケージをチェックする必要があります)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:311
-msgid "Sponsoring merely by signing the upload or just recompiling is <emphasis role=\"strong\">definitely not recommended</emphasis>.  You need to build the source package just like you would build a package of your own.  Remember that it doesn't matter that you left the prospective developer's name both in the changelog and the control file, the upload can still be traced to you."
-msgstr "単にサインしてアップロードするや、再コンパイルするだけのスポンサー作業は<emphasis role=\"strong\">全く推奨されません</emphasis>。ソースパッケージを自分自身がパッケージをビルドするようにビルドする必要があります。changelog と control ファイルに開発候補者の名前を残してあろうとも、アップロード誰がしたかは遡及できることを忘れないでください。"
+msgid ""
+"Sponsoring merely by signing the upload or just recompiling is <emphasis "
+"role=\"strong\">definitely not recommended</emphasis>.  You need to build "
+"the source package just like you would build a package of your own.  "
+"Remember that it doesn't matter that you left the prospective developer's "
+"name both in the changelog and the control file, the upload can still be "
+"traced to you."
+msgstr ""
+"単にサインしてアップロードするや、再コンパイルするだけのスポンサー作業は"
+"<emphasis role=\"strong\">全く推奨されません</emphasis>。ソースパッケージを自"
+"分自身がパッケージをビルドするようにビルドする必要があります。changelog と "
+"control ファイルに開発候補者の名前を残してあろうとも、アップロード誰がしたか"
+"は遡及できることを忘れないでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:318
-msgid "If you are an application manager for a prospective developer, you can also be their sponsor.  That way you can also verify how the applicant is handling the 'Tasks and Skills' part of their application."
-msgstr "もしあなたが開発候補者の応募管理者であれば、彼らのスポンサーとなることもできます。こうすることで応募者が応募作業の 'Tasks and Skills' 部分をどう取り扱えるかを判断できます。"
+msgid ""
+"If you are an application manager for a prospective developer, you can also "
+"be their sponsor.  That way you can also verify how the applicant is "
+"handling the 'Tasks and Skills' part of their application."
+msgstr ""
+"もしあなたが開発候補者の応募管理者であれば、彼らのスポンサーとなることもでき"
+"ます。こうすることで応募者が応募作業の 'Tasks and Skills' 部分をどう取り扱え"
+"るかを判断できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:325
@@ -270,23 +639,52 @@ msgstr "スポンサーされたパッケージを取り扱う"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:327
-msgid "By uploading a sponsored package to Debian, you are certifying that the package meets minimum Debian standards.  That implies that you must build and test the package on your own system before uploading."
-msgstr "スポンサーされたパッケージを Debian にアップロードすることは、Debian の標準について最低限は合致していることを保証することです。つまり、アップロード前に自分自身のシステムでパッケージをビルド、テストしなくてはいけないという意味です。"
+msgid ""
+"By uploading a sponsored package to Debian, you are certifying that the "
+"package meets minimum Debian standards.  That implies that you must build "
+"and test the package on your own system before uploading."
+msgstr ""
+"スポンサーされたパッケージを Debian にアップロードすることは、Debian の標準に"
+"ついて最低限は合致していることを保証することです。つまり、アップロード前に自"
+"分自身のシステムでパッケージをビルド、テストしなくてはいけないという意味で"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:332
-msgid "You cannot simply upload a binary <filename>.deb</filename> from the sponsoree.  In theory, you should only ask for the diff file and the location of the original source tarball, and then you should download the source and apply the diff yourself.  In practice, you may want to use the source package built by your sponsoree.  In that case, you have to check that they haven't altered the upstream files in the <filename>.orig.tar.gz</filename> file that they're providing."
-msgstr "あなたは、スポンサー対象者からの <filename>.deb</filename> バイナリを単にアップロードすることはできません。通常、diff ファイルとオリジナルのソース tar ファイルを要求して、それから自分でソースをダウンロードして diff を適用する必要があります。実際には、スポンサー対象者が生成したソースパッケージを使うということです。この場合、彼らが提供した <filename>.orig.tar.gz</filename> ファイル中の開発元 (upstream) を改変していないことをチェックする必要があります。"
+msgid ""
+"You cannot simply upload a binary <filename>.deb</filename> from the "
+"sponsoree.  In theory, you should only ask for the diff file and the "
+"location of the original source tarball, and then you should download the "
+"source and apply the diff yourself.  In practice, you may want to use the "
+"source package built by your sponsoree.  In that case, you have to check "
+"that they haven't altered the upstream files in the <filename>.orig.tar.gz</"
+"filename> file that they're providing."
+msgstr ""
+"あなたは、スポンサー対象者からの <filename>.deb</filename> バイナリを単にアッ"
+"プロードすることはできません。通常、diff ファイルとオリジナルのソース tar "
+"ファイルを要求して、それから自分でソースをダウンロードして diff を適用する必"
+"要があります。実際には、スポンサー対象者が生成したソースパッケージを使うとい"
+"うことです。この場合、彼らが提供した <filename>.orig.tar.gz</filename> ファイ"
+"ル中の開発元 (upstream) を改変していないことをチェックする必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:341
-msgid "Do not be afraid to write the sponsoree back and point out changes that need to be made.  It often takes several rounds of back-and-forth email before the package is in acceptable shape.  Being a sponsor means being a mentor."
-msgstr "スポンサー対象者に必要な変更点を指摘の連絡するのを恐れないでください。パッケージが受け入れ可能な形になる前に何度もメールのやりとりが起こるのはよくあることです。スポンサーになるということはメンター (mentor) になるということです。"
+msgid ""
+"Do not be afraid to write the sponsoree back and point out changes that need "
+"to be made.  It often takes several rounds of back-and-forth email before "
+"the package is in acceptable shape.  Being a sponsor means being a mentor."
+msgstr ""
+"スポンサー対象者に必要な変更点を指摘の連絡するのを恐れないでください。パッ"
+"ケージが受け入れ可能な形になる前に何度もメールのやりとりが起こるのはよくある"
+"ことです。スポンサーになるということはメンター (mentor) になるということで"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:346
 msgid "Once the package meets Debian standards, build and sign it with"
-msgstr "一旦 Debian の標準に合致するようになったら、incoming ディレクトリにアップロードする前にパッケージを以下の様にしてビルドして署名してください"
+msgstr ""
+"一旦 Debian の標準に合致するようになったら、incoming ディレクトリにアップロー"
+"ドする前にパッケージを以下の様にしてビルドして署名してください"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: beyond-pkging.dbk:348
@@ -299,26 +697,47 @@ msgstr ""
 "dpkg-buildpackage -k<replaceable>KEY-ID</replaceable>\n"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
-#FIXME devided articles
+# FIXME devided articles
 #: beyond-pkging.dbk:352
-msgid "before uploading it to the incoming directory.  Of course, you can also use any part of your <replaceable>KEY-ID</replaceable>, as long as it's unique in your secret keyring."
-msgstr "もちろん、秘密鍵のキーリング中で唯一である限り、どの <replaceable>KEY-ID</replaceable> も使うことができます。"
+msgid ""
+"before uploading it to the incoming directory.  Of course, you can also use "
+"any part of your <replaceable>KEY-ID</replaceable>, as long as it's unique "
+"in your secret keyring."
+msgstr ""
+"もちろん、秘密鍵のキーリング中で唯一である限り、どの <replaceable>KEY-ID</"
+"replaceable> も使うことができます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:357
-msgid "The Maintainer field of the <filename>control</filename> file and the <filename>changelog</filename> should list the person who did the packaging, i.e., the sponsoree.  The sponsoree will therefore get all the BTS mail about the package."
-msgstr "<filename>control</filename> ファイルと <filename>changelog</filename> のメンテナ欄はパッケージを行った人を記載する必要があります。例えばスポンサー対象者、ということです。そうすることで、スポンサー対象者がパッケージに対する BTS メールを受け取れるようになります。"
+msgid ""
+"The Maintainer field of the <filename>control</filename> file and the "
+"<filename>changelog</filename> should list the person who did the packaging, "
+"i.e., the sponsoree.  The sponsoree will therefore get all the BTS mail "
+"about the package."
+msgstr ""
+"<filename>control</filename> ファイルと <filename>changelog</filename> のメン"
+"テナ欄はパッケージを行った人を記載する必要があります。例えばスポンサー対象"
+"者、ということです。そうすることで、スポンサー対象者がパッケージに対する BTS "
+"メールを受け取れるようになります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:363
-msgid "If you prefer to leave a more evident trace of your sponsorship job, you can add a line stating it in the most recent changelog entry."
-msgstr "スポンサーを行ったという状況証拠を残しておいて後から確認したいという場合は、最も新しい changelog のエントリにそのような記述を追加できます。"
+msgid ""
+"If you prefer to leave a more evident trace of your sponsorship job, you can "
+"add a line stating it in the most recent changelog entry."
+msgstr ""
+"スポンサーを行ったという状況証拠を残しておいて後から確認したいという場合は、"
+"最も新しい changelog のエントリにそのような記述を追加できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
-#FIXME keep tabs?
+# FIXME keep tabs?
 #: beyond-pkging.dbk:367
-msgid "You are encouraged to keep tabs on the package you sponsor using <xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> ."
-msgstr "<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> を使って、スポンサーしたパッケージの状況を把握するのをお勧めします。"
+msgid ""
+"You are encouraged to keep tabs on the package you sponsor using <xref "
+"linkend=\"pkg-tracking-system\"/> ."
+msgstr ""
+"<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> を使って、スポンサーしたパッケージの"
+"状況を把握するのをお勧めします。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:373
@@ -327,8 +746,13 @@ msgstr "新たな開発者を支持する (advocate)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:375
-msgid "See the page about <ulink url=\"&url-newmaint-advocate;\">advocating a prospective developer</ulink> at the Debian web site."
-msgstr "Debian ウェブサイトの<ulink url=\"&url-newmaint-advocate;\">開発者志願者の支持者になる (advocating a prospective developer)</ulink>のページを参照してください。"
+msgid ""
+"See the page about <ulink url=\"&url-newmaint-advocate;\">advocating a "
+"prospective developer</ulink> at the Debian web site."
+msgstr ""
+"Debian ウェブサイトの<ulink url=\"&url-newmaint-advocate;\">開発者志願者の支"
+"持者になる (advocating a prospective developer)</ulink>のページを参照してくだ"
+"さい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:382
@@ -337,6 +761,10 @@ msgstr "新規メンテナ申請 (new maintainer applications) を取り扱う"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:384
-msgid "Please see <ulink url=\"&url-newmaint-amchecklist;\">Checklist for Application Managers</ulink> at the Debian web site."
-msgstr "Debian のウェブサイトにある <ulink url=\"&url-newmaint-amchecklist;\">申請管理者用チェックリスト (Checklist for Application Managers)</ulink> を参照してください。"
-
+msgid ""
+"Please see <ulink url=\"&url-newmaint-amchecklist;\">Checklist for "
+"Application Managers</ulink> at the Debian web site."
+msgstr ""
+"Debian のウェブサイトにある <ulink url=\"&url-newmaint-amchecklist;\">申請管"
+"理者用チェックリスト (Checklist for Application Managers)</ulink> を参照して"
+"ください。"
index c2d947e..8475209 100644 (file)
@@ -1,11 +1,11 @@
 # Debian Developer's Reference (Japanese)
-# (C) Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>, 2007-2008.
+# (C) Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>, 2007-2009.
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: developers-reference 3.3.9\n"
-"POT-Creation-Date: 2009-06-25 22:00+0300\n"
-"PO-Revision-Date: 2008-06-14 20:04+0900\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.2\n"
+"POT-Creation-Date: 2009-09-06 02:31+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2009-09-06 02:04+0900\n"
 "Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
 "Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
@@ -260,9 +260,9 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "他の開発者に通知するために行わなければならないことが 2 つあります。まず、"
 "<email>debian-private@&lists-host;</email> にサブジェクトの先頭に [VAC] と付"
-"けたメール<placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/> を送り、休暇で出かける"
-"場合は期間を表明します。もし問題が起きた場合に何をするのかという特別な指示"
-"を出すこともできます。"
+"けたメールを送ります<placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/>。休暇に"
+"行く際、メールの本文にいつまで休暇予定なのかを記述して送ってください。問題が"
+"起こった際にどうすれば良いのか、特別な指示を書いておくこともできます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -353,11 +353,11 @@ msgid ""
 "to include the software in Debian. Sometimes the social cost to the Debian "
 "community is not worth the benefits the software may bring."
 msgstr ""
-"開発元の開発者らが Debian やフリーソフトウェアコミュニティに対して敵対的で"
-"ã\81\82ã\82\8bã\80\81ã\81\82ã\82\8bã\81\84ã\81¯æ\95µå¯¾ç\9a\84ã\81«ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\8dã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\82\92è¦\8bã\81¤ã\81\91ã\81\9få ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\82\92 Debian "
-"に含める必要があるかを再考しなければならなくなるでしょう。時折 Debian "
-"ã\82³ã\83\9fã\83¥ã\83\8bã\83\86ã\82£ã\81«å¯¾ã\81\99ã\82\8b社ä¼\9aç\9a\84ã\81ªã\82³ã\82¹ã\83\88ã\81¯ã\80\81ã\81\9dã\81®ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\81\8cã\82\82ã\81\9fã\82\89ã\81\99ã\81§ã\81\82ã\82\8dã\81\86å\88©ç\9b\8a"
-"ã\81«è¦\8bå\90\88ã\82\8fã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"開発元の開発者らが Debian やフリーソフトウェアコミュニティに対して敵対的で"
+"る、あるいは敵対的になってきているのを見つけた場合は、ソフトウェアを Debian "
+"に含める必要があるかを再考しなければならなくなるでしょう。時折 Debian コミュ"
+"ã\83\8bã\83\86ã\82£ã\81«å¯¾ã\81\99ã\82\8b社ä¼\9aç\9a\84ã\81ªã\82³ã\82¹ã\83\88ã\81¯ã\80\81ã\81\9dã\81®ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\81\8cã\82\82ã\81\9fã\82\89ã\81\99ã\81§ã\81\82ã\82\8dã\81\86å\88©ç\9b\8aã\81«è¦\8bå\90\88"
+"わない場合があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -466,6 +466,6 @@ msgstr ""
 #~ "You can also give some special instructions on what to do if a problem "
 #~ "occurs."
 #~ msgstr ""
-#~ "</footnote>ã\81®æ\9c¬æ\96\87ã\81«ã\80\81ã\81\84ã\81¤ã\81¾ã\81§ä¼\91æ\9a\87äº\88å®\9aã\81ªã\81®ã\81\8bã\82\92è¨\98è¿°ã\81\97ã\81¦ä¼\91æ\9a\87ã\81«è¡\8cã\81\8fé\9a\9bã\81«é\80\81ã\81£ã\81¦"
-#~ "ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82å\95\8fé¡\8cã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81\9fé\9a\9bã\81«ã\81©ã\81\86ã\81\99ã\82\8cã\81°è\89¯ã\81\84ã\81®ã\81\8bã\80\81ç\89¹å\88¥ã\81ªæ\8c\87示ã\82\92æ\9b¸ã\81\84ã\81¦ã\81\8aã\81\8fã\81\93ã\81¨"
-#~ "もできます。"
+#~ "</footnote>ã\80\82ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81®æ\9c¬æ\96\87ã\81«ã\80\81ã\81\84ã\81¤ã\81¾ã\81§ä¼\91æ\9a\87äº\88å®\9aã\81ªã\81®ã\81\8bã\82\92è¨\98è¿°ã\81\97ã\81¦ä¼\91æ\9a\87ã\81«è¡\8cã\81\8fé\9a\9b"
+#~ "ã\81«é\80\81ã\81£ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82å\95\8fé¡\8cã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81\9fé\9a\9bã\81«ã\81©ã\81\86ã\81\99ã\82\8cã\81°è\89¯ã\81\84ã\81®ã\81\8bã\80\81ç\89¹å\88¥ã\81ªæ\8c\87示ã\82\92æ\9b¸ã\81\84ã\81¦"
+#~ "ã\81\8aã\81\8fã\81\93ã\81¨ã\82\82ã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82"
index a22088e..5bde8db 100644 (file)
@@ -16,8 +16,7 @@ msgstr ""
 #: l10n.dbk:7
 msgid ""
 "Internationalizing, translating, being internationalized and being translated"
-msgstr ""
-"国際化、翻訳、国際化されること、翻訳されること"
+msgstr "国際化、翻訳、国際化されること、翻訳されること"
 
 # type: Content of: <chapter><para>
 #: l10n.dbk:9
index 0d7d41c..7ae0b8a 100644 (file)
@@ -1,13 +1,13 @@
 # Debian Developer's Reference (Japanese)
-# Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>, 2007.
+# Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>, 2007-2009.
 #
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: developers-reference 3.3.9\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.2\n"
 "Report-Msgid-Bugs-To: \n"
-"POT-Creation-Date: 2008-06-14 14:15+0900\n"
-"PO-Revision-Date: 2007-08-02 22:30+0900\n"
+"POT-Creation-Date: 2009-09-06 02:31+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2009-09-06 22:30+0900\n"
 "Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
 "Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
@@ -15,16 +15,19 @@ msgstr ""
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
 
 # type: Content of: <chapter><title>
+#. type: Content of: <chapter><title>
 #: new-maintainer.dbk:7
 msgid "Applying to Become a Maintainer"
 msgstr "開発者になるために応募する"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
+#. type: Content of: <chapter><section><title>
 #: new-maintainer.dbk:9
 msgid "Getting started"
 msgstr "さあ、はじめよう"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:11
 msgid ""
 "So, you've read all the documentation, you've gone through the <ulink url="
@@ -42,6 +45,7 @@ msgstr ""
 "を受け入れてもらえるようになるのでしょうか?"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:19
 msgid ""
 "Firstly, subscribe to &email-debian-devel; if you haven't already.  Send the "
@@ -53,14 +57,15 @@ msgid ""
 "follow Debian's development."
 msgstr ""
 "まず始めに、まだであれば &email-debian-devel; を購読しましょう。"
-"<literal>subscribe</literal> という単語を<literal>サブジェクト</literal>に"
-"書いた &email-debian-devel-req; へのメールを送ってください。何か問題がある場"
-"合は、&email-listmaster; のメーリングリスト管理者に確認をとりましょう。メーリ"
-"ã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81®è©³ã\81\97ã\81\84æ\83\85å ±ã\81¯ <xref linkend=\"mailing-lists\"/> ã\81§è¦\8bã\81¤ã\81\91ã\82\89"
-"ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81\97ã\81¦ &email-debian-devel-announce; ã\81¯ã\80\81Debian ã\81®é\96\8bç\99ºã\81«æ\90ºã\82\8fã\82\8aã\81\9fい"
-"ã\81¨ã\81\84ã\81\86人ã\81¯èª°ã\81§ã\82\82読ã\82\80義å\8b\99ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\80\81ã\82\82ã\81\86ä¸\80ã\81¤ã\81®ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"<literal>subscribe</literal> という単語を<literal>サブジェクト</literal>に"
+"いた &email-debian-devel-req; へのメールを送ってください。何か問題がある場合"
+"は、&email-listmaster; のメーリングリスト管理者に確認をとりましょう。メーリン"
+"ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81®è©³ã\81\97ã\81\84æ\83\85å ±ã\81¯ <xref linkend=\"mailing-lists\"/> ã\81§è¦\8bã\81¤ã\81\91ã\82\89ã\82\8c"
+"ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81\97ã\81¦ &email-debian-devel-announce; ã\81¯ã\80\81Debian ã\81®é\96\8bç\99ºã\81«æ\90ºã\82\8fã\82\8aã\81\9fã\81\84ã\81¨い"
+"う人は誰でも読む義務がある、もう一つのメーリングリストです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:29
 msgid ""
 "You should subscribe and lurk (that is, read without posting) for a bit "
@@ -72,6 +77,7 @@ msgstr ""
 "しようとしているのか表明をする必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:34
 msgid ""
 "Another good list to subscribe to is &email-debian-mentors;.  See <xref "
@@ -84,6 +90,7 @@ msgstr ""
 "い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:40
 msgid ""
 "When you know how you want to contribute to &debian-formal;, you should get "
@@ -118,6 +125,7 @@ msgstr ""
 "パッチや改善案を送ってください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:57
 msgid ""
 "One pitfall could be a too-generic local part in your mailadress: Terms like "
@@ -129,11 +137,13 @@ msgstr ""
 "す。詳しくは <ulink url=\"&url-debian-lists;\"></ulink> を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
+#. type: Content of: <chapter><section><title>
 #: new-maintainer.dbk:64
 msgid "Debian mentors and sponsors"
 msgstr "Debian メンター (mentors) とスポンサー (sponsors) について "
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:66
 msgid ""
 "The mailing list &email-debian-mentors; has been set up for novice "
@@ -147,6 +157,7 @@ msgstr ""
 "は <xref linkend=\"mailing-lists\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:72
 msgid ""
 "Those who prefer one-on-one help (e.g., via private email) should also post "
@@ -163,7 +174,9 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #.  FIXME - out of order
 #. Those who are seeking a
-#. sponsor can request one at <ulink url="http://www.internatif.org/bortzmeyer/debian/sponsor/"></ulink>.
+#. sponsor can request one at <ulink url="http://www.internatif.org/bortzmeyer/debian/sponsor/">
+#. </ulink>.
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:76
 msgid ""
 "In addition, if you have some packages ready for inclusion in Debian, but "
@@ -181,6 +194,7 @@ msgstr ""
 "んでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:89
 msgid ""
 "If you wish to be a mentor and/or sponsor, more information is available in "
@@ -190,11 +204,13 @@ msgstr ""
 "でより詳細な情報が手に入ります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
+#. type: Content of: <chapter><section><title>
 #: new-maintainer.dbk:95
 msgid "Registering as a Debian developer"
 msgstr "Debian 開発者への登録を行う"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:97
 msgid ""
 "Before you decide to register with &debian-formal;, you will need to read "
@@ -218,6 +234,7 @@ msgstr ""
 "Manifesto</ulink>を読むのも良い考えでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:111
 msgid ""
 "The process of registering as a developer is a process of verifying your "
@@ -236,6 +253,7 @@ msgstr ""
 "りする前には新たなメンテナを審査する必要があるのです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:120
 msgid ""
 "Before you actually register you should have shown that you can do competent "
@@ -255,6 +273,7 @@ msgstr ""
 "ンテナを手助けできるのであれば、早速実行しましょう!"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:129
 msgid ""
 "Registration requires that you are familiar with Debian's philosophy and "
@@ -275,9 +294,10 @@ msgstr ""
 "page</ulink> が近くの Debian 開発者を探す手助けとなるでしょう。(近くに "
 "Debian 開発者がいない場合は、ID チェックを通過する別の方法としてケースバイ"
 "ケースで例外処理として扱うことも可能です。詳細については <ulink url=\"&url-"
-"newmaint-id;\">identification page</ulink> を参照してください)。"
+"newmaint-id;\">身分証明のページ</ulink> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:142
 msgid ""
 "If you do not have an OpenPGP key yet, generate one.  Every developer needs "
@@ -297,6 +317,7 @@ msgstr ""
 "てください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:150
 msgid ""
 "Debian uses the <command>GNU Privacy Guard</command> (package <systemitem "
@@ -310,18 +331,8 @@ msgstr ""
 "す。他の OpenPGP 実装も同様に利用できます。OpenPGP は <ulink url=\"&url-"
 "rfc2440;\">RFC 2440</ulink> に準拠した公開標準です。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><para><footnote>
-#: new-maintainer.dbk:157
-msgid ""
-"You need a version 4 key for use in Debian Development.  Your key length "
-"must be at least 1024 bits; there is no reason to use a smaller key, and "
-"doing so would be much less secure.  <footnote>"
-msgstr ""
-"Debian での開発においては、バージョン 4 の鍵の利用が求められます。鍵の長さは"
-"少なくとも 1024 ビットが必要です。それより短い鍵を利用する理由は何もありませ"
-"んし、使った場合はあまり安全ではなくなります。<footnote>"
-
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: new-maintainer.dbk:159
 msgid ""
 "Version 4 keys are keys conforming to the OpenPGP standard as defined in RFC "
@@ -336,6 +347,7 @@ msgstr ""
 "る pgp 2.6.x になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: new-maintainer.dbk:163
 msgid ""
 "Version 4 (primary) keys can either use the RSA or the DSA algorithms, so "
@@ -349,6 +361,7 @@ msgstr ""
 "ありません。特別な理由がない限りは単にデフォルトを選んでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: new-maintainer.dbk:167
 msgid ""
 "The easiest way to tell whether an existing key is a v4 key or a v3 (or v2) "
@@ -369,6 +382,7 @@ msgstr ""
 "になっている場合は、v4 鍵です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: new-maintainer.dbk:174
 msgid ""
 "Another possibility is to pipe the key into <command>pgpdump</command>, "
@@ -378,6 +392,7 @@ msgstr ""
 "Key Packet - Ver 4 のような出力を得るという方法もあります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: new-maintainer.dbk:176
 msgid ""
 "Also note that your key must be self-signed (i.e.  it has to sign all its "
@@ -391,12 +406,22 @@ msgstr ""
 "ますが、古い鍵を持っているような場合は自分でこの署名を追加する必要があるで"
 "しょう。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><para>
-#: new-maintainer.dbk:179
-msgid "</footnote>"
-msgstr "</footnote>"
+# type: Content of: <chapter><section><para><footnote>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
+#: new-maintainer.dbk:157
+msgid ""
+"You need a version 4 key for use in Debian Development.  Your key length "
+"must be at least 1024 bits; there is no reason to use a smaller key, and "
+"doing so would be much less secure.  <placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/"
+">"
+msgstr ""
+"Debian での開発においては、バージョン 4 の鍵の利用が求められます。鍵の長さは"
+"少なくとも 1024 ビットが必要です。それより短い鍵を利用する理由は何もありませ"
+"んし、使った場合はあまり安全ではなくなります。  <placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/"
+">"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:182
 msgid ""
 "If your public key isn't on a public key server such as &pgp-keyserv;, "
@@ -412,6 +437,7 @@ msgstr ""
 "なたの公開鍵をサーバに登録します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:190
 msgid ""
 "Some countries restrict the use of cryptographic software by their "
@@ -429,6 +455,7 @@ msgstr ""
 "できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:198
 msgid ""
 "To apply as a new maintainer, you need an existing Debian Developer to "
@@ -439,13 +466,14 @@ msgid ""
 "Debian successfully."
 msgstr ""
 "新規メンテナの応募をするのであれば、既存の Debian 開発者にあなたの応募をサ"
-"ポートしてもらう (<literal>支持者 (Advocate)</literal> になってもらう) 必要"
-"ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\82ã\82\8bç¨\8b度ã\81®æ\9c\9fé\96\93 Debian ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦è²¢ç\8c®ã\82\92è¡\8cã\81£ã\81\9få¾\8cã\81§ã\80\81ç\99»é\8c²ã\81\95ã\82\8cã\81\9fé\96\8bç\99ºè\80\85"
-"ã\81«ã\81ªã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81«å¿\9cå\8b\9fã\82\92ã\81\97ã\81\9fã\81\84å ´å\90\88ã\80\81é\81\8eå\8e»ä½\95ã\83¶æ\9c\88ã\81\8bã\81«æ¸¡ã\81£ã\81¦ä¸\80ç·\92ã\81«ä½\9c業ã\82\92ã\81\97ã\81\9fæ\97¢å­\98ã\81®é\96\8bç\99º"
-"者に、あなたが Debian に間違いなく貢献できることを信じている旨を表明してもら"
-"必要があります。"
+"ポートしてもらう (<literal>支持者 (Advocate)</literal> になってもらう) 必要"
+"ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\82ã\82\8bç¨\8b度ã\81®æ\9c\9fé\96\93 Debian ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦è²¢ç\8c®ã\82\92è¡\8cã\81£ã\81\9få¾\8cã\81§ã\80\81ç\99»é\8c²ã\81\95ã\82\8cã\81\9fé\96\8bç\99ºè\80\85ã\81«"
+"ã\81ªã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81«å¿\9cå\8b\9fã\82\92ã\81\97ã\81\9fã\81\84å ´å\90\88ã\80\81é\81\8eå\8e»ä½\95ã\83¶æ\9c\88ã\81\8bã\81«æ¸¡ã\81£ã\81¦ä¸\80ç·\92ã\81«ä½\9c業ã\82\92ã\81\97ã\81\9fæ\97¢å­\98ã\81®é\96\8bç\99ºè\80\85"
+"に、あなたが Debian に間違いなく貢献できることを信じている旨を表明してもらう"
+"必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:205
 msgid ""
 "When you have found an advocate, have your GnuPG key signed and have already "
@@ -457,16 +485,17 @@ msgid ""
 "steps of the New Maintainer process.  You can always check your status on "
 "the <ulink url=\"&url-newmaint-db;\">applications status board</ulink>."
 msgstr ""
-"支持者 (Advocate) を見つけ、GnuPG 鍵に署名をしてもらい、既にある程度の間 Debian "
-"に対して貢献的な作業をしているのであれば、応募の準備は完了です。すぐに <ulink url="
-"\"&url-newmaint-apply;\">応募のページ</ulink>で登録できます。登録後、支持者 "
-"(Advocate) はあなたの応募に関してその意志を確認をする必要があります。支持者が"
-"ã\81\93ã\81®æ\89\8bé \86ã\82\92å®\8cäº\86ã\81\99ã\82\8bã\81¨å¿\9cå\8b\9f管ç\90\86è\80\85 (Application Manager) ã\81«å\89²ã\82\8aå½\93ã\81¦ã\82\89ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82å¿\9cå\8b\9f"
-"管理者は、新規メンテナプロセスで必要となる手順をあなたと共に歩んでいく存在で"
-"ã\81\99ã\80\82é\80²æ\8d\97ç\8a¶æ³\81ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ã\80\81常ã\81« <ulink url=\"&url-newmaint-db;\">applications "
-"status board</ulink> のページで確認ができます。"
+"支持者 (Advocate) を見つけ、GnuPG 鍵に署名をしてもらい、既にある程度の間 "
+"Debian に対して貢献的な作業をしているのであれば、応募の準備は完了です。すぐ"
+"に <ulink url=\"&url-newmaint-apply;\">応募のページ</ulink>で登録できます。登"
+"録後、支持者 (Advocate) はあなたの応募に関してその意志を確認をする必要があり"
+"ã\81¾ã\81\99ã\80\82æ\94¯æ\8c\81è\80\85ã\81\8cã\81\93ã\81®æ\89\8bé \86ã\82\92å®\8cäº\86ã\81\99ã\82\8bã\81¨å¿\9cå\8b\9f管ç\90\86è\80\85 (Application Manager) ã\81«å\89²ã\82\8aå½\93ã\81¦"
+"られます。応募管理者は、新規メンテナプロセスで必要となる手順をあなたと共に歩"
+"ã\82\93ã\81§ã\81\84ã\81\8få­\98å\9c¨ã\81§ã\81\99ã\80\82é\80²æ\8d\97ç\8a¶æ³\81ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ã\80\81常ã\81« <ulink url=\"&url-newmaint-db;"
+"\">applications status board</ulink> のページで確認ができます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: new-maintainer.dbk:215
 msgid ""
 "For more details, please consult <ulink url=\"&url-newmaint;\">New "
@@ -479,3 +508,4 @@ msgstr ""
 "新規メンテナのコーナー</ulink> を参考にしてください。実際の応募前に、新規メン"
 "テナプロセスでの必要な手順についてに詳しく理解しておいてください。十分に準備"
 "ができていたら、後で費やす時間を大いに減らすことができます。"
+
index 442a646..af18043 100644 (file)
@@ -249,11 +249,11 @@ msgid ""
 "literal>, <literal>#debian-br</literal> and other similarly named channels "
 "for speakers of other languages."
 msgstr ""
-"Debian 用のメインのチャンネルは一般的にいって <literal>#debian</literal> に"
-"ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯å·¨å¤§ã\81ªã\80\81å¤\9aç\9b®ç\9a\84ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\80\81ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cã\83\88ã\83\94ã\83\83ã\82¯ã\82\84ã\83\9cã\83\83ã\83\88ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦æ\8f\90ä¾\9b"
-"される最近のニュースを見つけることができる場所です。<literal>#debian</"
-"literal> は英語を話す人たち用のもので、他の言語を話す人達のために同様なもの"
-"ã\81«ã\81¯ <literal>#debian.de</literal>ã\80\81<literal>#debian-fr</literal>ã\80\81"
+"Debian 用のメインのチャンネルは一般的にいって <literal>#debian</literal> に"
+"ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯å·¨å¤§ã\81ªã\80\81å¤\9aç\9b®ç\9a\84ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\80\81ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cã\83\88ã\83\94ã\83\83ã\82¯ã\82\84ã\83\9cã\83\83ã\83\88ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦"
+"提供される最近のニュースを見つけることができる場所です。<literal>#debian</"
+"literal> は英語を話す人たち用のもので、他の言語を話す人達のために同様なもの"
+"は <literal>#debian.de</literal>、<literal>#debian-fr</literal>、"
 "<literal>#debian-br</literal> など他にも似通った名前のチャンネルがあります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -266,13 +266,13 @@ msgid ""
 "however open to anyone who wants to lurk (and learn).  Its topic is commonly "
 "full of interesting information for developers."
 msgstr ""
-"Debian 開発での中心のチャンネルは <literal>#debian-devel</literal> です。こ"
-"ã\82\8cã\81¯ã\81¨ã\81¦ã\82\82ã\82¢ã\82¯ã\83\86ã\82£ã\83\96ã\81ªã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\80\81大æ\8aµ 150 äººä»¥ä¸\8aã\81\8c常ã\81«ã\83­ã\82°ã\82¤ã\83³ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
-"ã\81\93ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81¯ Debian ã\81§ä½\9c業ã\81\99ã\82\8b人é\81\94ã\81®ã\81\9fã\82\81ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\81\82ã\81£ã\81¦ã\80\81ã\82µã\83\9dã\83¼ã\83\88ç\94¨"
-"ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93 (ã\81\9dã\81®ã\81\9fã\82\81ã\81«ã\81¯ <literal>#debian</literal> ã\81\8cã\81\82ã\82\8a"
-"ã\81¾ã\81\99\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\81£ã\81\9dã\82\8aè¦\97ã\81\84ã\81¦ã\81¿ã\81\9fã\81\84 (ã\81\9dã\81\97ã\81¦å­¦ã\81³ã\81\9fã\81\84) äººã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\82\82"
-"ã\82ªã\83¼ã\83\97ã\83³ã\81§ã\82\82ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81®ã\83\88ã\83\94ã\83\83ã\82¯ã\81¯ã\80\81é\96\8bç\99ºè\80\85ã\81«ã\81¨ã\81£ã\81¦è\88\88å\91³æ·±ã\81\84æ\83\85å ±"
-"に大概溢れています。"
+"Debian 開発での中心のチャンネルは <literal>#debian-devel</literal> です。こ"
+"ã\81¯ã\81¨ã\81¦ã\82\82ã\82¢ã\82¯ã\83\86ã\82£ã\83\96ã\81ªã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\80\81大æ\8aµ 150 äººä»¥ä¸\8aã\81\8c常ã\81«ã\83­ã\82°ã\82¤ã\83³ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93"
+"ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81¯ Debian ã\81§ä½\9c業ã\81\99ã\82\8b人é\81\94ã\81®ã\81\9fã\82\81ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\81\82ã\81£ã\81¦ã\80\81ã\82µã\83\9dã\83¼ã\83\88ç\94¨ã\81®"
+"ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81§ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93 (ã\81\9dã\81®ã\81\9fã\82\81ã\81«ã\81¯ <literal>#debian</literal> ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾"
+"ã\81\99\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\81£ã\81\9dã\82\8aè¦\97ã\81\84ã\81¦ã\81¿ã\81\9fã\81\84 (ã\81\9dã\81\97ã\81¦å­¦ã\81³ã\81\9fã\81\84) äººã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82ªã\83¼"
+"ã\83\97ã\83³ã\81§ã\82\82ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81®ã\83\88ã\83\94ã\83\83ã\82¯ã\81¯ã\80\81é\96\8bç\99ºè\80\85ã\81«ã\81¨ã\81£ã\81¦è\88\88å\91³æ·±ã\81\84æ\83\85å ±ã\81«å¤§"
+"概溢れています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:151
@@ -287,11 +287,10 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "<literal>#debian-devel</literal> は公開チャンネルなので、&email-debian-"
 "private; で話されている話題について触れるべきではありません。この目的の為に"
-"は、<literal>#debian-private</literal> という鍵で守られた他のチャンネルがあ"
-"ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®é\8dµã\81¯ <filename>master.debian.org:&file-debian-private-archive;</"
+"は、<literal>#debian-private</literal> という鍵で守られた他のチャンネルがあ"
+"ます。この鍵は <filename>master.debian.org:&file-debian-private-archive;</"
 "filename> の debian-private のアーカイブ中にあります。全ファイルで "
-"<literal>#debian-private</literal> を <command>zgrep</command> してくださ"
-"い。"
+"<literal>#debian-private</literal> を <command>zgrep</command> してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:161
@@ -306,15 +305,15 @@ msgid ""
 "<literal>#debian-jr</literal>, <literal>#debian-edu</literal>, "
 "<literal>#debian-oo</literal> (OpenOffice package) ..."
 msgstr ""
-"他にも、特定の話題について専用のチャンネルがあります。<literal>#debian-"
-"bugs</literal> は、バグ潰しパーティ (BSP) を開催するために使われます。"
-"<literal>#debian-boot</literal> は、debian-installer の作業を調整するのに利"
-"用されています。<literal>#debian-doc</literal> は、今あなたが読んでいるよう"
-"な文章のドキュメント化について話すために時折使われています。アーキテクチャや"
-"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ç¾¤ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦è©±ã\81\99ã\81\9fã\82\81ã\80\81ä»\96ã\81«ã\82\82å°\82ç\94¨ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ï¼\9a"
-"<literal>#debian-kde</literal>、<literal>#debian-dpkg</literal>、"
-"<literal>#debian-jr</literal>、<literal>#debian-edu</literal>、"
-"<literal>#debian-oo</literal> (OpenOffice パッケージ) など…"
+"他にも、特定の話題について専用のチャンネルがあります。<literal>#debian-bugs</"
+"literal> は、バグ潰しパーティ (BSP) を開催するために使われます。"
+"<literal>#debian-boot</literal> は、debian-installer の作業を調整するのに利"
+"されています。<literal>#debian-doc</literal> は、今あなたが読んでいるような文"
+"章のドキュメント化について話すために時折使われています。アーキテクチャやパッ"
+"ã\82±ã\83¼ã\82¸ç¾¤ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦è©±ã\81\99ã\81\9fã\82\81ã\80\81ä»\96ã\81«ã\82\82å°\82ç\94¨ã\83\81ã\83£ã\83³ã\83\8dã\83«ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ï¼\9a<literal>#debian-"
+"kde</literal>、<literal>#debian-dpkg</literal>、<literal>#debian-jr</"
+"literal>、<literal>#debian-edu</literal>、<literal>#debian-oo</literal> "
+"(OpenOffice パッケージ) など…"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:172
@@ -616,8 +615,8 @@ msgid ""
 "You should only use this particular location because it will be backed up, "
 "whereas on other hosts it won't."
 msgstr ""
-"他のホストではバックアップされないのに対して、ここではバックアップされるので、"
-"これを使うのは特定の位置づけのものだけにするべきです。"
+"他のホストではバックアップされないのに対して、ここではバックアップされるの"
+"ã\81§ã\80\81ã\81\93ã\82\8cã\82\92使ã\81\86ã\81®ã\81¯ç\89¹å®\9aã\81®ä½\8dç½®ã\81¥ã\81\91ã\81®ã\82\82ã\81®ã\81 ã\81\91ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81¹ã\81\8dã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:325
@@ -690,7 +689,7 @@ msgstr ""
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: resources.dbk:360
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "vore$ dchroot unstable\n"
@@ -835,15 +834,15 @@ msgstr ""
 "見て分かるように、一番上のディレクトリは <filename>dists/</filename> と "
 "<filename>pool/</filename> という 2 つのディレクトリを含んでいます。後者の "
 "“pool” はパッケージが実際に置かれており、アーカイブのメンテナンスデータベース"
-"と関連するプログラムによって利用されます。前者には<literal>stable</"
-"literal>、<literal>testing</literal>、そして <literal>unstable</"
-"literal> というディストリビューションが含まれます。ディストリビューションサ"
-"ブディレクトリ中の <filename>Packages</filename> および <filename>Sources</"
-"filename> ファイルは <filename>pool/</filename> ディレクトリ中のファイルを参"
-"照しています。以下の各ディストリビューションのディレクトリツリーは全く同じ形"
-"式になっています。以下で <literal>stable</literal> について述べていること"
-"は <literal>unstable</literal> や <literal>testing</literal> ディストリ"
-"ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81«ã\82\82å\90\8cæ§\98ã\81«å½\93ã\81¦ã\81¯ã\81¾ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"と関連するプログラムによって利用されます。前者には<literal>stable</literal>、"
+"<literal>testing</literal>、そして <literal>unstable</literal> というディスト"
+"リビューションが含まれます。ディストリビューションサブディレクトリ中の "
+"<filename>Packages</filename> および <filename>Sources</filename> ファイルは "
+"<filename>pool/</filename> ディレクトリ中のファイルを参照しています。以下の各"
+"ディストリビューションのディレクトリツリーは全く同じ形式になっています。以下"
+"で <literal>stable</literal> について述べていることは <literal>unstable</"
+"literal> や <literal>testing</literal> ディストリビューションにも同様に当ては"
+"まります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:457
@@ -898,9 +897,9 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "Debian アーカイブの <literal>main</literal> セクションは<emphasis role="
 "\"strong\">公式な &debian-formal; ディストリビューション</emphasis>を構成する"
-"ものです。<literal>main</literal> セクションが公式なのは、我々のガイドライ"
-"ン全てに合致するものであるからです。他の 2 つのセクションはそうではなく、合致"
-"異なる程度となっています…つまり、&debian-formal; の公式な一部では<emphasis "
+"ものです。<literal>main</literal> セクションが公式なのは、我々のガイドライ"
+"全てに合致するものであるからです。他の 2 つのセクションはそうではなく、合致は"
+"異なる程度となっています…つまり、&debian-formal; の公式な一部では<emphasis "
 "role=\"strong\">ありません</emphasis>。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -925,8 +924,8 @@ msgid ""
 "DFSG, but may fail other requirements.  For instance, they may depend on non-"
 "free packages."
 msgstr ""
-"<literal>contrib</literal> セクションにあるパッケージは DFSG に適合している"
-"要がありますが、他の要求事項を満たせてはいないことでしょう。例えば、non-free "
+"<literal>contrib</literal> セクションにあるパッケージは DFSG に適合している"
+"要がありますが、他の要求事項を満たせてはいないことでしょう。例えば、non-free "
 "パッケージに依存している、などです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -938,9 +937,9 @@ msgid ""
 "infrastructure (such as our bug-tracking system and mailing lists) for non-"
 "free software packages."
 msgstr ""
-"DFSG を満たさないパッケージは <literal>non-free</literal> セクションに配置"
-"ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81¯ Debian ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®ä¸\80é\83¨ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\81¯è\80\83"
-"ã\81\88ã\82\89ã\82\8cã\81¦ã\81¯ã\81\84ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\81\8cã\80\81æ\88\91ã\80\85ã\81¯å\88©ç\94¨ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\82µã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\82\92è¡\8cã\81£ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81non-free ã\82½ã\83\95ã\83\88"
+"DFSG を満たさないパッケージは <literal>non-free</literal> セクションに配置"
+"ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81¯ Debian ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®ä¸\80é\83¨ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\81¯è\80\83ã\81\88"
+"られてはいませんが、我々は利用についてサポートを行っており、non-free ソフト"
 "ウェアのパッケージについて (バグ追跡システムやメーリングリストなどの) インフ"
 "ラストラクチャを提供しています。"
 
@@ -968,9 +967,9 @@ msgstr ""
 "アーカイブの最上位階層で 3 つのセクションに別れていることは、インターネット上"
 "の FTP サーバ経由であれ、CD-ROM であれ、Debian を配布したいと考える人にとって"
 "大事なことです…その様な人は <literal>main</literal> セクションと "
-"<literal>contrib</literal> セクションのみを配布することで、法的なリスクを回"
-"避できます。例えば、<literal>non-free</literal> セクションにあるパッケージ"
-"ã\81®ã\81\84ã\81\8fã\81¤ã\81\8bã\81¯å\95\86ç\9a\84ã\81ªé\85\8då¸\83ã\82\92許å\8f¯ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
+"<literal>contrib</literal> セクションのみを配布することで、法的なリスクを回"
+"できます。例えば、<literal>non-free</literal> セクションにあるパッケージのい"
+"くつかは商的な配布を許可していません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:516
@@ -980,10 +979,10 @@ msgid ""
 "on the CD-ROMs as it's allowed to.  (Since this varies greatly from vendor "
 "to vendor, this job can't be done by the Debian developers.)"
 msgstr ""
-"その一方で、CD-ROMベンダは <literal>non-free</literal> 内のパッケージ群の"
-"個々のパッケージライセンスを簡単に確認でき、問題が無ければその多くを CD-ROM "
-"ã\81«å\90«ã\82\81ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cå\87ºæ\9d¥ã\81¾ã\81\99ã\80\82\81\93ã\82\8cã\81¯ã\83\99ã\83³ã\83\80ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦å¤§ã\81\84ã\81«ç\95°ã\81ªã\82\8bã\81®ã\81§ã\80\81ã\81\93ã\81®ä½\9c業ã\81¯ "
-"Debian 開発者にはできません)。"
+"その一方で、CD-ROMベンダは <literal>non-free</literal> 内のパッケージ群の個々"
+"のパッケージライセンスを簡単に確認でき、問題が無ければその多くを CD-ROM に含"
+"ã\82\81ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cå\87ºæ\9d¥ã\81¾ã\81\99ã\80\82\81\93ã\82\8cã\81¯ã\83\99ã\83³ã\83\80ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦å¤§ã\81\84ã\81«ç\95°ã\81ªã\82\8bã\81®ã\81§ã\80\81ã\81\93ã\81®ä½\9c業ã\81¯ Debian "
+"開発者にはできません)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:522
@@ -997,10 +996,10 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "セクションという用語は、利用可能なパッケージの構成や参照を簡単にしているカテ"
 "ゴリを指すことにも使われている点に注意ください。例えば、<literal>admin</"
-"literal>、<literal>net</literal>、<literal>utils</literal> などです。"
-"昔々、これらのセクション (むしろサブセクション) はDebian アーカイブ内のサブ"
-"ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ªã\81¨ã\81\97ã\81¦å­\98å\9c¨ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82æ\9c\80è¿\91ã\81§ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81¯ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³"
-"ã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81«ã\81®ã\81¿å­\98å\9c¨ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"literal>、<literal>net</literal>、<literal>utils</literal> などです。昔々、こ"
+"れらのセクション (むしろサブセクション) はDebian アーカイブ内のサブディレクト"
+"ã\83ªã\81¨ã\81\97ã\81¦å­\98å\9c¨ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82æ\9c\80è¿\91ã\81§ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81¯ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³ã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81«ã\81®"
+"み存在しています。"
 
 # type: Content of: <chapter>port<section><section><title>
 #: resources.dbk:532
@@ -1042,9 +1041,9 @@ msgstr ""
 "literal> (我々の間での Intel x86 の呼び方) 以外にも、これを書いている時点で "
 "<literal>m68k</literal>、<literal>alpha</literal>、<literal>powerpc</"
 "literal>、<literal>sparc</literal>、<literal>hurd-i386</literal>、"
-"<literal>arm</literal>、<literal>ia64</literal>、<literal>hppa</"
-"literal>、<literal>s390</literal>、<literal>mips</literal>、"
-"<literal>mipsel</literal>、そして <literal>sh</literal> があります。"
+"<literal>arm</literal>、<literal>ia64</literal>、<literal>hppa</literal>、"
+"<literal>s390</literal>、<literal>mips</literal>、<literal>mipsel</literal>、"
+"そして <literal>sh</literal> があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:553
@@ -1060,15 +1059,15 @@ msgid ""
 "literal>."
 msgstr ""
 "&debian-formal; 1.3 では <literal>i386</literal> のみが利用可能でした。"
-"Debian 2.0 では、<literal>i386</literal> と <literal>m68k</literal> アー"
-"ã\82­ã\83\86ã\82¯ã\83\81ã\83£ã\81\8cã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82Debian 2.1 ã\81§ã\81¯ã\80\81<literal>i386</literal>ã\80\81"
-"<literal>m68k</literal>、<literal>alpha</literal>、そして "
-"<literal>sparc</literal> アーキテクチャがリリースされました。Debian 2.2 で"
-"は <literal>powerpc</literal> および <literal>arm</literal> アーキテク"
-"ã\83\81ã\83£ã\81¸ã\81®ã\82µã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81\8c追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82Debian 3.0 ã\81¯ã\80\81æ\96°ã\81\9fã\81« 5 ã\81¤ã\81®ã\82¢ã\83¼ã\82­ã\83\86ã\82¯ã\83\81ã\83£"
-"ã\81¸ã\81®ã\82µã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81\8c追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\97ã\81\9fï¼\9a<literal>ia64</literal>ã\80\81<literal>hppa</"
-"literal>、<literal>s390</literal>、<literal>mips</literal> そして "
-"<literal>mipsel</literal> です。"
+"Debian 2.0 では、<literal>i386</literal> と <literal>m68k</literal> アーキテ"
+"クチャがリリースされました。Debian 2.1 では、<literal>i386</literal>、"
+"<literal>m68k</literal>、<literal>alpha</literal>、そして <literal>sparc</"
+"literal> アーキテクチャがリリースされました。Debian 2.2 では "
+"<literal>powerpc</literal> および <literal>arm</literal> アーキテクチャへのサ"
+"ã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81\8c追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82Debian 3.0 ã\81¯ã\80\81æ\96°ã\81\9fã\81« 5 ã\81¤ã\81®ã\82¢ã\83¼ã\82­ã\83\86ã\82¯ã\83\81ã\83£ã\81¸ã\81®ã\82µã\83\9dã\83¼"
+"ã\83\88ã\81\8c追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\97ã\81\9fï¼\9a<literal>ia64</literal>ã\80\81<literal>hppa</literal>ã\80\81"
+"<literal>s390</literal>、<literal>mips</literal> そして <literal>mipsel</"
+"literal> です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:564
@@ -1120,11 +1119,11 @@ msgstr ""
 "パッケージが特に Debian 用に作られていて Debian 以外で利用されていない場合"
 "は、プログラムのソースを含んだ単純な 1 つの <filename>.tar.gz</filename> ファ"
 "イルがあるだけです。パッケージが他でも利用されている場合は、<filename>.orig."
-"tar.gz</filename> は <literal>upstream ソースコード</literal>と呼ばれるもの"
-"を保持しています。<literal>upstream ソースコード</literal>は "
-"<literal>upstream メンテナ</literal> (大抵の場合はソフトウェアの作者) に"
-"ã\82\88ã\81£ã\81¦é\85\8då¸\83ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\82½ã\83¼ã\82¹ã\82³ã\83¼ã\83\89ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®å ´å\90\88ã\80\81<filename>.diff.gz</"
-"filename> はDebian パッケージメンテナによって加えられた変更を含んでいます。"
+"tar.gz</filename> は <literal>upstream ソースコード</literal>と呼ばれるもの"
+"保持しています。<literal>upstream ソースコード</literal>は <literal>upstream "
+"メンテナ</literal> (大抵の場合はソフトウェアの作者) によって配布されている"
+"ã\82½ã\83¼ã\82¹ã\82³ã\83¼ã\83\89ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®å ´å\90\88ã\80\81<filename>.diff.gz</filename> ã\81¯Debian ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸"
+"メンテナによって加えられた変更を含んでいます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:592
@@ -1150,10 +1149,10 @@ msgid ""
 "actually contained in the <filename>pool</filename> directory in the top-"
 "level of the Debian archive itself."
 msgstr ""
-"前章で説明したディレクトリシステムは、それ自体が<literal>ディストリビュー"
-"ã\82·ã\83§ã\83³ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ª</literal>å\86\85ã\81«å\90«ã\81¾ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81\9eã\82\8cã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼"
-"ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¯ã\80\81å®\9fé\9a\9bã\81«ã\81¯ Debian ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96è\87ªä½\93ã\81®æ\9c\80ä¸\8aä½\8dé\9a\8e層ã\81® <filename>pool</"
-"filename> ディレクトリに含まれています。"
+"前章で説明したディレクトリシステムは、それ自体が<literal>ディストリビューショ"
+"ã\83³ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ª</literal>å\86\85ã\81«å\90«ã\81¾ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81\9eã\82\8cã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³"
+"ã\81¯ã\80\81å®\9fé\9a\9bã\81«ã\81¯ Debian ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96è\87ªä½\93ã\81®æ\9c\80ä¸\8aä½\8dé\9a\8e層ã\81® <filename>pool</filename> "
+"ディレクトリに含まれています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:607
@@ -1201,9 +1200,9 @@ msgid ""
 "(residing in <filename>dists/unstable</filename>).  This reflects the "
 "development process of the Debian project."
 msgstr ""
-"常に <literal>安定版 (stable)</literal> (<filename>dists/stable</filename> "
-"に属します)、<literal>テスト晩 (testing)</literal> (<filename>dists/"
-"testing</filename> に属します)、<literal>不安定版 (unstable)</literal> "
+"常に <literal>安定版 (stable)</literal> (<filename>dists/stable</filename> "
+"属します)、<literal>テスト晩 (testing)</literal> (<filename>dists/testing</"
+"filename> に属します)、<literal>不安定版 (unstable)</literal> "
 "(<filename>dists/unstable</filename> に属します) と呼ばれるディストリビュー"
 "ションが存在しています。これは Debian プロジェクトでの開発プロセスを反映して"
 "います。"
@@ -1219,13 +1218,13 @@ msgid ""
 "make sure everything in this distribution is working properly, it is "
 "sometimes literally unstable."
 msgstr ""
-"活発な開発が<literal>不安定版 (unstable)</literal> ディストリビューションで"
-"行われています (これが、何故このディストリビューションが<literal>開発ディス"
-"ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³</literal>ã\81¨å\91¼ã\81°ã\82\8cã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81\8bã\81¨ã\81\84ã\81\86ç\90\86ç\94±ã\81§ã\81\99\80\82å\85¨ã\81¦ã\81® "
-"Debian 開発者は、このディストリビューション内の自分のパッケージを何時でも更新"
-"ã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\80\81ã\81\93ã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\86\85容ã\81¯æ\97¥ã\80\85å¤\89å\8c\96ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82"
-"ã\81\93ã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\85¨ã\81¦ã\81\8cæ­£ã\81\97ã\81\8få\8b\95ä½\9cã\81\99ã\82\8bã\81\8bã\82\92ä¿\9d証ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ç\89¹"
-"å\88¥ã\81ªå\8aªå\8a\9bã\81¯æ\89\95ã\82\8fã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81®ã\81§ã\80\81æ\99\82ã\81«ã\81¯æ\96\87å­\97é\80\9aã\82\8aä¸\8då®\89å®\9a (unstable) ã\81¨ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"活発な開発が<literal>不安定版 (unstable)</literal> ディストリビューションで"
+"われています (これが、何故このディストリビューションが<literal>開発ディストリ"
+"ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³</literal>ã\81¨å\91¼ã\81°ã\82\8cã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81\8bã\81¨ã\81\84ã\81\86ç\90\86ç\94±ã\81§ã\81\99\80\82å\85¨ã\81¦ã\81® Debian é\96\8b"
+"発者は、このディストリビューション内の自分のパッケージを何時でも更新できま"
+"ã\81\99ã\80\82ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\80\81ã\81\93ã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\86\85容ã\81¯æ\97¥ã\80\85å¤\89å\8c\96ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®"
+"ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\85¨ã\81¦ã\81\8cæ­£ã\81\97ã\81\8få\8b\95ä½\9cã\81\99ã\82\8bã\81\8bã\82\92ä¿\9d証ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ç\89¹å\88¥ã\81ª"
+"努力は払われていないので、時には文字通り不安定 (unstable) となります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:640
@@ -1238,11 +1237,12 @@ msgid ""
 "been installed.  See <xref linkend=\"testing\"/> ."
 msgstr ""
 "<link linkend=\"testing\">テスト版 (testing)</link> ディストリビューション"
-"は、パッケージが特定の判定規準を満たした際に<literal>不安定版</literal>から"
-"自動的に移動されることで生成されています。この判定規準は<literal>テスト版</literal>"
-"に含まれるパッケージとして十分な品質であることを保証する必要があります。<literal>"
-"テスト版</literal>への更新は、新しいパッケージがインストールされた後、毎日 2 回"
-"実施されています。<xref linkend=\"testing\"/> を参照してください。"
+"は、パッケージが特定の判定規準を満たした際に<literal>不安定版</literal>から自"
+"動的に移動されることで生成されています。この判定規準は<literal>テスト版</"
+"literal>に含まれるパッケージとして十分な品質であることを保証する必要がありま"
+"す。<literal>テスト版</literal>への更新は、新しいパッケージがインストールされ"
+"た後、毎日 2 回実施されています。<xref linkend=\"testing\"/> を参照してくださ"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:648
@@ -1263,22 +1263,22 @@ msgid ""
 "literal> and stays there until it is finally archived.  On archiving, the "
 "contents are moved to <literal>&archive-host;</literal>)."
 msgstr ""
-"一定の開発期間後、リリースマネージャが適当であると決定すると、<literal>テスト版 "
-"(testing)</literal> ディストリビューションはフリーズされます。これは、"
-"<literal>不安定版 (unstable)</literal> から<literal>テスト版 (testing)</literal> "
-"へのパッケージ移動をどのように行うかのポリシーがきつくなることを意味しています。"
-"ã\83\90ã\82°ã\81\8cå¤\9aã\81\99ã\81\8eã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81¯å\89\8aé\99¤ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\90ã\82°ä¿®æ­£ä»¥å¤\96ã\81®å¤\89æ\9b´ã\81\8c<literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 "
-"(testing)</literal> に入ることは許可されません。いくらかの時間経過後、進行状況に"
-"応じて<literal>テスト版 (testing)</literal> ディストリビューションはより一層"
-"ã\83\95ã\83ªã\83¼ã\82ºã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\8f\96æ\89±ã\81\84詳細ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ "
-"debian-devel-announce にてリリースチームが発表します。リリースチームが満足する"
-"程度に残っていた問題が修正された後、ディストリビューションがリリースされます。"
-"ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81¯ã\80\81<literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 (testing)</literal> ã\81\8c<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)"
-"</literal> へとリネームされる事を意味しており、<literal>テスト版 (testing)"
-"</literal> 用の新しいコピーが作成され、以前の<literal>安定版 (stable)</literal> "
-"は<literal>旧安定版 (oldstable)</literal> にリネームされ、最終的にアーカイブされる"
-"ã\81¾ã\81§å­\98å\9c¨ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ä½\9c業ã\81§ã\81¯ã\80\81ã\82³ã\83³ã\83\86ã\83³ã\83\84ã\81¯ <literal>&archive-host;"
-"</literal> へと移動されます。"
+"一定の開発期間後、リリースマネージャが適当であると決定すると、<literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> ディストリビューションはフリーズされます。これは、"
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> から<literal>テスト版 (testing)</"
+"literal> へのパッケージ移動をどのように行うかのポリシーがきつくなることを意味"
+"ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\90ã\82°ã\81\8cå¤\9aã\81\99ã\81\8eã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81¯å\89\8aé\99¤ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\90ã\82°ä¿®æ­£ä»¥å¤\96ã\81®å¤\89æ\9b´ã\81\8c"
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> に入ることは許可されません。いくらかの"
+"時間経過後、進行状況に応じて<literal>テスト版 (testing)</literal> ディストリ"
+"ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¯ã\82\88ã\82\8aä¸\80層ã\83\95ã\83ªã\83¼ã\82ºã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81®å\8f\96æ\89±"
+"い詳細については debian-devel-announce にてリリースチームが発表します。リリー"
+"スチームが満足する程度に残っていた問題が修正された後、ディストリビューション"
+"ã\81\8cã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81¯ã\80\81<literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 (testing)</literal> ã\81\8c"
+"<literal>安定版 (stable)</literal> へとリネームされる事を意味しており、"
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> 用の新しいコピーが作成され、以前の"
+"<literal>安定版 (stable)</literal> は<literal>旧安定版 (oldstable)</literal> "
+"ã\81«ã\83ªã\83\8dã\83¼ã\83 ã\81\95ã\82\8cã\80\81æ\9c\80çµ\82ç\9a\84ã\81«ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81¾ã\81§å­\98å\9c¨ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ä½\9c業ã\81§"
+"は、コンテンツは <literal>&archive-host;</literal> へと移動されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:665
@@ -1298,20 +1298,21 @@ msgid ""
 "forth).  Please refer to <link linkend=\"upload-stable\">uploads to the "
 "<literal>stable</literal> distribution</link> for details."
 msgstr ""
-"この開発サイクルは、<literal>不安定版 (unstable)</literal> ディストリビューション"
-"が、一定期間<literal>テスト版 (testing)</literal>を過ごした後で<literal>安定版 "
-"(stable)</literal>になる仮定に基づいています。一旦ディストリビューションが安定した"
-"と考えられたとしても、必然的にいくつかのバグは残っています — これが安定版ディストリ"
-"ビューションが時折更新されている理由です。しかし、これらの更新はとても注意深くテスト"
-"されており、新たなバグを招き入れるリスクを避けるためにそれぞれ個々にアーカイブに収録"
-"されるようになっています。<literal>安定版 (stable)</literal> への追加提案は、"
-"<filename>proposed-updates</filename> ディレクトリにて参照可能です。<filename>"
-"proposed-updates</filename> にある合格したこれらのパッケージは、定期的にまとめて"
-"安定版ディストリビューションに移動され、安定版ディストリビューションのリビジョン"
-"レベルが 1 つ増えることになります (例: ‘3.0’ は ‘3.0r1’ に、‘2.2r4’ は ‘2.2r5’ "
-"になり、以下同様)。詳細に付いては、<link linkend=\"upload-stable\"><literal>"
-"安定版 (stable)</literal> ディストリビューションへのアップロード</link>を参照して"
-"ください。"
+"この開発サイクルは、<literal>不安定版 (unstable)</literal> ディストリビュー"
+"ションが、一定期間<literal>テスト版 (testing)</literal>を過ごした後で"
+"<literal>安定版 (stable)</literal>になる仮定に基づいています。一旦ディストリ"
+"ビューションが安定したと考えられたとしても、必然的にいくつかのバグは残ってい"
+"ます — これが安定版ディストリビューションが時折更新されている理由です。しか"
+"し、これらの更新はとても注意深くテストされており、新たなバグを招き入れるリス"
+"クを避けるためにそれぞれ個々にアーカイブに収録されるようになっています。"
+"<literal>安定版 (stable)</literal> への追加提案は、<filename>proposed-"
+"updates</filename> ディレクトリにて参照可能です。<filename>proposed-updates</"
+"filename> にある合格したこれらのパッケージは、定期的にまとめて安定版ディスト"
+"リビューションに移動され、安定版ディストリビューションのリビジョンレベルが 1 "
+"つ増えることになります (例: ‘3.0’ は ‘3.0r1’ に、‘2.2r4’ は ‘2.2r5’ になり、"
+"以下同様)。詳細に付いては、<link linkend=\"upload-stable\"><literal>安定版 "
+"(stable)</literal> ディストリビューションへのアップロード</link>を参照してく"
+"ださい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:682
@@ -1320,10 +1321,10 @@ msgid ""
 "freeze period, since the <literal>unstable</literal> distribution remains in "
 "place in parallel with <literal>testing</literal>."
 msgstr ""
-"<literal>不安定版 (unstable)</literal>での開発はフリーズ期間中も続けられて"
-"ã\81\84ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«æ³¨æ\84\8fã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88"
-"ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¯<literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 (testing)</literal> ã\81¨ã\81¯å¹³è¡\8cã\81\97ã\81\9fç\8a¶æ\85\8bã\81§ã\81\82"
-"ã\82\8aã\81¤ã\81¥ã\81\91ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\8bã\82\89ã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal>での開発はフリーズ期間中も続けられて"
+"ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«æ³¨æ\84\8fã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ª"
+"ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¯<literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 (testing)</literal> ã\81¨ã\81¯å¹³è¡\8cã\81\97ã\81\9fç\8a¶æ\85\8bã\81§ã\81\82ã\82\8aã\81¤"
+"づけているからです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: resources.dbk:689
@@ -1337,8 +1338,8 @@ msgid ""
 "distribution after they have undergone some degree of testing in "
 "<literal>unstable</literal>."
 msgstr ""
-"パッケージは通常、<literal>不安定版 (unstable)</literal> におけるテスト版"
-"への移行基準を満たした後で<literal>テスト版 (testing)</literal> ディストリビュー"
+"パッケージは通常、<literal>不安定版 (unstable)</literal> におけるテスト版への"
+"移行基準を満たした後で<literal>テスト版 (testing)</literal> ディストリビュー"
 "ションへとインストールされます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1372,13 +1373,13 @@ msgstr ""
 "<literal>試験版 (experimental) </literal> は特殊なディストリビューションで"
 "す。これは、`安定版' や `不安定版' と同じ意味での完全なディストリビューション"
 "ではありません。その代わり、ソフトウェアがシステムを破壊する可能性がある、あ"
-"るいは<literal>不安定版</literal>ディストリビューションに導入することですら"
-"不安定過ぎる (だが、それにもかかわらず、パッケージにする理由はある) ものであ"
-"ã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81ªã\80\81ã\81¨ã\81¦ã\82\82å®\9fé¨\93ç\9a\84ã\81ªè¦\81ç´ ã\82\92å\90«ã\82\80ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\81®ä¸\80æ\99\82ç\9a\84ã\81ªç½®ã\81\8då ´ã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92æ\84\8f"
-"味しています。<literal>試験版 (experimental)</literal> からパッケージをダウ"
-"ã\83³ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\97ã\81¦ã\82¤ã\83³ã\82¹ã\83\88ã\83¼ã\83«ã\81\99ã\82\8bã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81¯ã\80\81å\8d\81å\88\86ã\81«æ³¨æ\84\8fã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\9få¾\85ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84"
-"ã\81¾ã\81\99ã\80\82è¦\81ã\81\99ã\82\8bã\81«ã\80\81<literal>試é¨\93ç\89\88 (experimental)</literal> ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼"
-"ã\82·ã\83§ã\83³ã\82\92å\88©ç\94¨ã\81\99ã\82\8bã\81¨ã\80\81ã\81©ã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81«ã\81ªã\82\8bã\81\8bã\81¯å\85¨ã\81\8fã\82\8fã\81\8bã\82\89ã\81ªã\81\84ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"るいは<literal>不安定版</literal>ディストリビューションに導入することですら"
+"安定過ぎる (だが、それにもかかわらず、パッケージにする理由はある) ものである"
+"ã\82\88ã\81\86ã\81ªã\80\81ã\81¨ã\81¦ã\82\82å®\9fé¨\93ç\9a\84ã\81ªè¦\81ç´ ã\82\92å\90«ã\82\80ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\81®ä¸\80æ\99\82ç\9a\84ã\81ªç½®ã\81\8då ´ã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92æ\84\8få\91³"
+"しています。<literal>試験版 (experimental)</literal> からパッケージをダウン"
+"ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\97ã\81¦ã\82¤ã\83³ã\82¹ã\83\88ã\83¼ã\83«ã\81\99ã\82\8bã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81¯ã\80\81å\8d\81å\88\86ã\81«æ³¨æ\84\8fã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\9få¾\85ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾"
+"ã\81\99ã\80\82è¦\81ã\81\99ã\82\8bã\81«ã\80\81<literal>試é¨\93ç\89\88 (experimental)</literal> ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³"
+"を利用すると、どのようになるかは全くわからないということです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:715
@@ -1388,12 +1389,12 @@ msgid ""
 "literal>:"
 msgstr ""
 "以下が、<literal>試験版 (experimental)</literal> 用の <citerefentry> "
-"<refentrytitle>sources.list</refentrytitle> <manvolnum>5</manvolnum> "
-"</citerefentry>です:"
+"<refentrytitle>sources.list</refentrytitle> <manvolnum>5</manvolnum> </"
+"citerefentry>です:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><programlisting>
 #: resources.dbk:719
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "deb http://ftp.<replaceable>xy</replaceable>.debian.org/debian/ experimental main\n"
@@ -1411,10 +1412,10 @@ msgid ""
 "instance, an experimental compressed file system should probably go into "
 "<literal>experimental</literal>."
 msgstr ""
-"ソフトウェアがシステムに多大なダメージを与える可能性がある場合、<literal>試"
-"験版 (experimental)</literal> へ配置する方が良いでしょう。例えば、実験的な圧"
-"縮ファイルシステムは恐らく<literal>試験版 (experimental)</literal> に行くこ"
-"ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8bã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82"
+"ソフトウェアがシステムに多大なダメージを与える可能性がある場合、<literal>試"
+"版 (experimental)</literal> へ配置する方が良いでしょう。例えば、実験的な圧縮"
+"ファイルシステムは恐らく<literal>試験版 (experimental)</literal> に行くことに"
+"なるでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: resources.dbk:730
@@ -1432,11 +1433,11 @@ msgstr ""
 "てしまう場合であれば、アップロードしないでおくか<literal>試験版 "
 "(experimental)</literal> へアップロードするかしましょう。新しいバージョン、"
 "ベータ版などで、利用する設定が完全に変わっているソフトウェアは、メンテナの配"
-"慮に従って<literal>試験版 (experimental)</literal> へ入れることができます。"
-"ã\82\82ã\81\97ã\82\82é\9d\9eäº\92æ\8f\9bæ\80§ã\82\84è¤\87é\9b\91ã\81ªã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\82°ã\83¬ã\83¼ã\83\89対å¿\9cã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ä½\9c業ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\81ªã\81©ã\81¯ã\80\81"
-"<literal>試験版 (experimental)</literal> をステージングエリアとして利用する"
-"ã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81®çµ\90æ\9e\9cã\80\81ã\83\86ã\82¹ã\83\88ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81¯æ\97©æ\9c\9fã\81«æ\96°ã\81\97ã\81\84ã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³ã\81®å\88©ç\94¨ã\81\8cå\8f¯"
-"になります。"
+"慮に従って<literal>試験版 (experimental)</literal> へ入れることができます。"
+"しも非互換性や複雑なアップグレード対応について作業している場合などは、"
+"<literal>試験版 (experimental)</literal> をステージングエリアとして利用する"
+"ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81®çµ\90æ\9e\9cã\80\81ã\83\86ã\82¹ã\83\88ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81¯æ\97©æ\9c\9fã\81«æ\96°ã\81\97ã\81\84ã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³ã\81®å\88©ç\94¨ã\81\8cå\8f¯è\83½"
+"になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 # propagate
@@ -1451,12 +1452,12 @@ msgid ""
 "automatically removed once you upload the package in <literal>unstable</"
 "literal> with a higher version number."
 msgstr ""
-"試験版 (experimental) のソフトウェアは<literal>不安定版 (unstable)</"
-"literal> へ説明文に幾つかの警告を加えた上で入れることも可能ではありますが、"
-"ã\81\8aå\8b§ã\82\81ã\81¯ã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81¯ã\80\81<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\81®ã\83\91ã\83\83"
-"ケージは<literal>テスト版 (testing)</literal> へ移行し、そして<literal>安"
-"定版 (stable)</literal> になることが期待されているからです。<literal>試験"
-"版 (experimental)</literal> を使うのをためらうべきではありません。何故なら "
+"試験版 (experimental) のソフトウェアは<literal>不安定版 (unstable)</literal> "
+"へ説明文に幾つかの警告を加えた上で入れることも可能ではありますが、お勧めはで"
+"ã\81\8dã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81¯ã\80\81<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81¯"
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> へ移行し、そして<literal>安定版 "
+"(stable)</literal> になることが期待されているからです。<literal>試験版 "
+"(experimental)</literal> を使うのをためらうべきではありません。何故なら "
 "ftpmaster には何の苦痛も与えませんし、試験版 (experimental) のパッケージは一"
 "旦<literal>不安定版 (unstable)</literal> により大きなバージョン番号でアップ"
 "ロードされると自動的に削除されるからです。"
@@ -1487,10 +1488,10 @@ msgid ""
 "<literal>-v</literal> to <command>dpkg-buildpackage</command> to finally get "
 "them closed."
 msgstr ""
-"<literal>試験版 (experimental)</literal> のバグを修正したパッケージを<literal>"
-"不安定版 (unstable)</literal> にアップロードする際、最終的にバグをクローズするために"
-" <command>dpkg-buildpackage</command> で <literal>-v</literal> オプションの利用"
-"を検討してください。"
+"<literal>試験版 (experimental)</literal> のバグを修正したパッケージを"
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> にアップロードする際、最終的にバグをク"
+"ローズするために <command>dpkg-buildpackage</command> で <literal>-v</"
+"literal> オプションの利用を検討してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: resources.dbk:768
@@ -1499,6 +1500,7 @@ msgstr "リリースのコードネーム"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:770
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Every released Debian distribution has a <literal>code name</literal>: "
 "Debian 1.1 is called <literal>buzz</literal>; Debian 1.2, <literal>rex</"
@@ -1516,19 +1518,20 @@ msgid ""
 "These architectures are planned to be integrated into the mainstream "
 "distribution at some future date."
 msgstr ""
-"リリースされた Debian ディストリビューションは全て<literal>コードネーム</literal>"
-"を持っています: Debian 1.1 は <literal>buzz</literal>、Debian 1.2 は <literal>"
-"rex</literal>、Debian 1.3 は <literal>bo</literal>、Debian 2.0 は <literal>hamm"
-"</literal>、Debian 2.1 は <literal>slink</literal>、Debian 2.2 は "
-"<literal>potato</literal>、Debian 3.0 は <literal>woody</literal>、Debian 3.1 "
-"は <literal>sarge</literal>、Debian 4.0 は <literal>etch</literal> です。"
-"<literal>sid</literal> と呼ばれる「擬似ディストリビューション」もあり、これは現在の "
-"<literal>unstable</literal> ディストリビューションを指します。パッケージは安定に"
-"近づくと <literal>unstable</literal> から <literal>testing</literal> へと移動"
-"されるので、<literal>sid</literal> そのものは決してリリースされません。通常の Debian "
-"ディストリビューションの内容同様に、<literal>sid</literal> は Debian ではまだ公式に"
-"サポートあるいはリリースされていないアーキテクチャのパッケージを含んで"
-"います。これらのアーキテクチャは、いつか主流ディストリビューションに統合される予定です。"
+"リリースされた Debian ディストリビューションは全て<literal>コードネーム</"
+"literal>を持っています: Debian 1.1 は <literal>buzz</literal>、Debian 1.2 "
+"は <literal>rex</literal>、Debian 1.3 は <literal>bo</literal>、Debian 2.0 "
+"は <literal>hamm</literal>、Debian 2.1 は <literal>slink</literal>、Debian "
+"2.2 は <literal>potato</literal>、Debian 3.0 は <literal>woody</literal>、"
+"Debian 3.1 は <literal>sarge</literal>、Debian 4.0 は <literal>etch</"
+"literal> です。<literal>sid</literal> と呼ばれる「擬似ディストリビューショ"
+"ン」もあり、これは現在の <literal>unstable</literal> ディストリビューションを"
+"指します。パッケージは安定に近づくと <literal>unstable</literal> から "
+"<literal>testing</literal> へと移動されるので、<literal>sid</literal> そのも"
+"のは決してリリースされません。通常の Debian ディストリビューションの内容同様"
+"に、<literal>sid</literal> は Debian ではまだ公式にサポートあるいはリリースさ"
+"れていないアーキテクチャのパッケージを含んでいます。これらのアーキテクチャ"
+"は、いつか主流ディストリビューションに統合される予定です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:787
@@ -1542,14 +1545,14 @@ msgid ""
 "the version is released, which would cause all FTP mirrors to re-retrieve "
 "the whole distribution (which is quite large)."
 msgstr ""
-"Debian はオープンな開発体制 (つまり、誰もが開発について参加/追いかけが可能) "
-"ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\81\8aã\82\88ã\81³ <literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88ç\89\88 "
-"(testing)</literal> ディストリビューションすら Debian の FTP および HTTP サーバ"
-"ã\83\8dã\83\83ã\83\88ã\83¯ã\83¼ã\82¯ã\82\92é\80\9aã\81\98ã\81¦ã\82¤ã\83³ã\82¿ã\83¼ã\83\8dã\83\83ã\83\88ã\81¸æ\8f\90ä¾\9bã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82å¾\93ã\81£ã\81¦ã\80\81ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹å\80\99è£\9cç\89\88ã\82\92å\90«ã\82\80"
-"ディレクトリを<literal>テスト版 (testing)</literal> と呼んだ場合、このバージョン"
-"がリリースされる際に<literal>安定版 (stable)</literal> へとリネームする必要がある"
-"ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92æ\84\8få\91³ã\81\97ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81ã\81\99ã\81¹ã\81¦ã\81® FTP ã\83\9fã\83©ã\83¼ã\81\8cã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\81\99ã\81¹ã\81¦ (ã\81¨ã\81¦ã\82\82"
-"巨大です) を再回収することになります。"
+"Debian はオープンな開発体制 (つまり、誰もが開発について参加/追いかけが可能) "
+"ã\81¨ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81<literal>ä¸\8då®\89å®\9aç\89\88 (unstable)</literal> ã\81\8aã\82\88ã\81³ <literal>ã\83\86ã\82¹ã\83\88"
+"版 (testing)</literal> ディストリビューションすら Debian の FTP および HTTP "
+"ã\82µã\83¼ã\83\90ã\83\8dã\83\83ã\83\88ã\83¯ã\83¼ã\82¯ã\82\92é\80\9aã\81\98ã\81¦ã\82¤ã\83³ã\82¿ã\83¼ã\83\8dã\83\83ã\83\88ã\81¸æ\8f\90ä¾\9bã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82å¾\93ã\81£ã\81¦ã\80\81ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹"
+"候補版を含むディレクトリを<literal>テスト版 (testing)</literal> と呼んだ場"
+"合、このバージョンがリリースされる際に<literal>安定版 (stable)</literal> へと"
+"ã\83ªã\83\8dã\83¼ã\83 ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92æ\84\8få\91³ã\81\97ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81ã\81\99ã\81¹ã\81¦ã\81® FTP ã\83\9fã\83©ã\83¼ã\81\8cã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88"
+"リビューションすべて (とても巨大です) を再回収することになります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:797
@@ -1561,11 +1564,12 @@ msgid ""
 "version.  That's the reason why the first official Debian release was 1.1, "
 "and not 1.0.)"
 msgstr ""
-"一方、最初からディストリビューションディレクトリを <literal>Debian-x.y</literal> "
-"と呼んでいた場合、皆 Debian リリース <literal>x.y</literal> が利用可能になっている"
-"と考えるでしょう。(これは過去にあったことで、CD-ROM ベンダが Debian 1.0 の CD-ROM "
-"を pre-1.0 開発版を元に作成したことによります。これが。何故最初の公式 Debian の"
-"リリース版が 1.0 ではなく 1.1 であったかという理由です)。 "
+"一方、最初からディストリビューションディレクトリを <literal>Debian-x.y</"
+"literal> と呼んでいた場合、皆 Debian リリース <literal>x.y</literal> が利用可"
+"能になっていると考えるでしょう。(これは過去にあったことで、CD-ROM ベンダが "
+"Debian 1.0 の CD-ROM を pre-1.0 開発版を元に作成したことによります。これが。"
+"何故最初の公式 Debian のリリース版が 1.0 ではなく 1.1 であったかという理由で"
+"す)。 "
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:805
@@ -1579,14 +1583,14 @@ msgid ""
 "<literal>stable</literal>, <literal>testing</literal>, and "
 "<literal>unstable</literal> point to the appropriate release directories."
 msgstr ""
-"従って、アーカイブ内のディストリビューションディレクトリの名前はリリースの状態では"
-"なくコードネームで決定されます (例えば `slink' など)。これらの名称は開発期間中と"
-"リリース後も同じものであり続けます。そして、簡単に変更可能なシンボリックリンクに"
-"ã\82\88ã\81£ã\81¦ã\80\81ç\8f¾å\9c¨ã\81®å®\89å®\9aç\89\88ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\82\92示ã\81\99ã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81\8cã\80\81"
-"<literal>stable</literal>、<literal>testing</literal>、<literal>unstable"
-"</literal> へのシンボリックリンクがそれぞれ相応しいリリースディレクトリを指して"
-"ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\80\81å®\9fé\9a\9bã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ªã\81§ã\81¯<literal>ã\82³ã\83¼ã\83\89ã\83\8dã\83¼ã\83 "
-"</literal>を使っている理由です。"
+"従って、アーカイブ内のディストリビューションディレクトリの名前はリリースの状"
+"態ではなくコードネームで決定されます (例えば `slink' など)。これらの名称は開"
+"発期間中とリリース後も同じものであり続けます。そして、簡単に変更可能なシンボ"
+"ã\83ªã\83\83ã\82¯ã\83ªã\83³ã\82¯ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦ã\80\81ç\8f¾å\9c¨ã\81®å®\89å®\9aç\89\88ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\82\92示ã\81\99ã\81\93ã\81¨ã\81«"
+"なります。これが、<literal>stable</literal>、<literal>testing</literal>、"
+"<literal>unstable</literal> へのシンボリックリンクがそれぞれ相応しいリリース"
+"ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ªã\82\92æ\8c\87ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81®ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\80\81å®\9fé\9a\9bã\81®ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82·ã\83§ã\83³ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ª"
+"では<literal>コードネーム</literal>を使っている理由です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: resources.dbk:819
@@ -1606,14 +1610,15 @@ msgid ""
 "mirrors is as up-to-date as it can be since they update when triggered from "
 "the internal sites (we call this push mirroring)."
 msgstr ""
-"各種ダウンロードアーカイブサイトおよびウェブサイトは、中央サーバを巨大なトラフィック"
-"から守るために複数ミラーが利用可能となっています。実際のところ、中央サーバのいくつか"
-"は公開アクセスが出来るようにはなっていません - 代わりに一次ミラーが負荷を捌いていま"
-"す。このようにして、ユーザは常にミラーにアクセスして利用可能になっており、Debian を"
-"多くのサーバやネットワーク越しに配布するのに必要な帯域が楽になり、ユーザが一次配布元"
-"に集中しすぎてサイトがダウンしてしまうのをおおよそ避けられるようになります。一次配布"
-"ミラーは内部サイトからのトリガーによって更新されるので、可能な限り最新になっている "
-"(我々はこれをプッシュミラーと呼んでいます)。"
+"各種ダウンロードアーカイブサイトおよびウェブサイトは、中央サーバを巨大なトラ"
+"フィックから守るために複数ミラーが利用可能となっています。実際のところ、中央"
+"サーバのいくつかは公開アクセスが出来るようにはなっていません - 代わりに一次ミ"
+"ラーが負荷を捌いています。このようにして、ユーザは常にミラーにアクセスして利"
+"用可能になっており、Debian を多くのサーバやネットワーク越しに配布するのに必要"
+"な帯域が楽になり、ユーザが一次配布元に集中しすぎてサイトがダウンしてしまうの"
+"をおおよそ避けられるようになります。一次配布ミラーは内部サイトからのトリガー"
+"によって更新されるので、可能な限り最新になっている (我々はこれをプッシュミ"
+"ラーと呼んでいます)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:832
@@ -1652,9 +1657,9 @@ msgid ""
 "installing them in the Debian archive.  It consists of a set of directories "
 "and scripts that are installed on <literal>&ftp-master-host;</literal>."
 msgstr ""
-"Incoming システムは、更新されたパッケージを集めて Debian アーカイブにインストール"
-"ã\81\99ã\82\8bå½¹å\89²ã\82\92æ\9e\9cã\81\9fã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯ <literal>&ftp-master-host;</literal> ä¸\8aã\81«ã\82¤ã\83³ã\82¹"
-"トールされたディレクトリとスクリプトの集合体です。"
+"Incoming システムは、更新されたパッケージを集めて Debian アーカイブにインス"
+"ã\83\88ã\83¼ã\83«ã\81\99ã\82\8bå½¹å\89²ã\82\92æ\9e\9cã\81\9fã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯ <literal>&ftp-master-host;</literal> "
+"上にインストールされたディレクトリとスクリプトの集合体です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:853
@@ -1678,22 +1683,23 @@ msgid ""
 "the package is refused and is moved to the <filename>reject</filename> "
 "directory."
 msgstr ""
-"全てのメンテナによってアップロードされたパッケージは <filename>UploadQueue"
-"</filename> というディレクトリに置かれます。このディレクトリは、毎分 <command>"
-"queued</command> と呼ばれるデーモンによってスキャンされ、<filename>*.command</"
-"filename> ファイルが実行されて、そのまま正しく署名された <filename>*.changes"
-"</filename> ファイルが対応するファイルと共に <filename>unchecked</filename> "
-"ディレクトリに移動されます。このディレクトリは ftp-master の様に制限されており、"
-"ほとんどの開発者には見えるようにはなっていません。ディレクトリはアップロードされた"
-"パッケージと暗号署名の完全性を照合する <command>katie</command> スクリプトによって"
-"15分毎にスキャンされます。パッケージがインストール可能であると判断されると、"
-"<filename>accepted</filename> ディレクトリに移動されます。これがパッケージの"
-"初アップロードの場合 (あるいは新たなバイナリパッケージを含んでいる場合)、ftpmaster "
-"による許可を待つ場所である <filename>new</filename> ディレクトリに移動されます。"
-"パッケージが ftpmaster によって手動でインストールされるファイルを含む場合は "
-"<filename>byhand</filename> ディレクトリ に移動します。それ以外の場合は、エラーが"
-"検出されるとパッケージは拒否されて <filename>reject</filename> ディレクトリへと"
-"移動されます。"
+"全てのメンテナによってアップロードされたパッケージは <filename>UploadQueue</"
+"filename> というディレクトリに置かれます。このディレクトリは、毎分 "
+"<command>queued</command> と呼ばれるデーモンによってスキャンされ、"
+"<filename>*.command</filename> ファイルが実行されて、そのまま正しく署名され"
+"た <filename>*.changes</filename> ファイルが対応するファイルと共に "
+"<filename>unchecked</filename> ディレクトリに移動されます。このディレクトリ"
+"は ftp-master の様に制限されており、ほとんどの開発者には見えるようにはなって"
+"いません。ディレクトリはアップロードされたパッケージと暗号署名の完全性を照合"
+"する <command>katie</command> スクリプトによって15分毎にスキャンされます。"
+"パッケージがインストール可能であると判断されると、<filename>accepted</"
+"filename> ディレクトリに移動されます。これがパッケージの初アップロードの場合 "
+"(あるいは新たなバイナリパッケージを含んでいる場合)、ftpmaster による許可を待"
+"つ場所である <filename>new</filename> ディレクトリに移動されます。パッケージ"
+"が ftpmaster によって手動でインストールされるファイルを含む場合は "
+"<filename>byhand</filename> ディレクトリ に移動します。それ以外の場合は、エ"
+"ラーが検出されるとパッケージは拒否されて <filename>reject</filename> ディレク"
+"トリへと移動されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:872
@@ -1710,15 +1716,16 @@ msgid ""
 "been made, a special script is called to ask all the primary mirrors to "
 "update themselves."
 msgstr ""
-"パッケージが受け入れられると、システムは確認のメールをメンテナに送り、アップロード"
-"の際に修正済みとされたバグをクローズし、auto-builder がパッケージのリコンパイルを"
-"始めます。Debian アーカイブに実際にインストールされるまで、パッケージはすぐに "
-"<ulink url=\"&url-incoming;\"></ulink> にてアクセス可能になります。この作業は"
-"1日1回行われます (様々な経緯から `dinstall run' とも呼ばれています)。そして"
-"パッケージは incoming から削除され、他のパッケージ全てと共に pool にインストール"
-"されます。他のすべての更新 (例えば <filename>Packages</filename> インデックス"
-"ファイルや <filename>Sources</filename> インデックスファイル) が作成されると、"
-"一次ミラー全てを更新する特別なスクリプトが呼び出されます。"
+"パッケージが受け入れられると、システムは確認のメールをメンテナに送り、アップ"
+"ロードの際に修正済みとされたバグをクローズし、auto-builder がパッケージのリコ"
+"ンパイルを始めます。Debian アーカイブに実際にインストールされるまで、パッケー"
+"ジはすぐに <ulink url=\"&url-incoming;\"></ulink> にてアクセス可能になりま"
+"す。この作業は1日1回行われます (様々な経緯から `dinstall run' とも呼ばれてい"
+"ます)。そしてパッケージは incoming から削除され、他のパッケージ全てと共に "
+"pool にインストールされます。他のすべての更新 (例えば <filename>Packages</"
+"filename> インデックスファイルや <filename>Sources</filename> インデックス"
+"ファイル) が作成されると、一次ミラー全てを更新する特別なスクリプトが呼び出さ"
+"れます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:884
@@ -1732,13 +1739,14 @@ msgid ""
 "literal>, the announcement will be posted to &email-debian-devel-changes; "
 "instead."
 msgstr ""
-"アーカイブメンテナンスのソフトウェアは、あなたがアップロードした OpenPGP/GnuPG "
-"で署名された <filename>.changes</filename> ファイルも適切なメーリングリストへと"
-"送信します。パッケージが <literal>Distribution:</literal> として <literal>stable"
-"</literal> が設定されてリリースされた場合、案内は &email-debian-changes; に"
-"送られます。パッケージの <literal>Distribution:</literal> として <literal>"
-"unstable</literal> や <literal>experimental</literal> が設定されている場合、"
-"案内は代わりに &email-debian-devel-changes; へと投稿されます。"
+"アーカイブメンテナンスのソフトウェアは、あなたがアップロードした OpenPGP/"
+"GnuPG で署名された <filename>.changes</filename> ファイルも適切なメーリングリ"
+"ストへと送信します。パッケージが <literal>Distribution:</literal> として "
+"<literal>stable</literal> が設定されてリリースされた場合、案内は &email-"
+"debian-changes; に送られます。パッケージの <literal>Distribution:</literal> "
+"として <literal>unstable</literal> や <literal>experimental</literal> が設定"
+"されている場合、案内は代わりに &email-debian-devel-changes; へと投稿されま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:894
@@ -1746,9 +1754,9 @@ msgid ""
 "Though ftp-master is restricted, a copy of the installation is available to "
 "all developers on <literal>&ftp-master-mirror;</literal>."
 msgstr ""
-"ftp-master は利用が制限されているサーバなので、インストールされたもののコピーは "
-"<literal>&ftp-master-mirror;</literal> 上で全ての開発者が利用できるようになって"
-"います。"
+"ftp-master は利用が制限されているサーバなので、インストールされたもののコピー"
+"は <literal>&ftp-master-mirror;</literal> 上で全ての開発者が利用できるように"
+"ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: resources.dbk:957
@@ -1769,11 +1777,11 @@ msgid ""
 "links to a page which provides information, including the package "
 "description, the dependencies, and package download links."
 msgstr ""
-"パッケージはそれぞれ複数の目的別のウェブページを持っています。<literal>"
-"http://&packages-host;/<replaceable>package-name</replaceable></literal> は"
-"各ディストリビューション中でそれぞれ利用可能なパッケージバージョンを表示します。"
-"ã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³æ¯\8eã\81®ã\83ªã\83³ã\82¯å\85\88ã\81®ã\83\9aã\83¼ã\82¸ã\81¯ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®èª¬æ\98\8eã\80\81ä¾\9då­\98é\96¢ä¿\82ã\80\81ã\83\80ã\82¦ã\83³ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¸ã\81®ã\83ªã\83³ã\82¯"
-"を含んだ情報を提供しています。"
+"パッケージはそれぞれ複数の目的別のウェブページを持っています。"
+"<literal>http://&packages-host;/<replaceable>package-name</replaceable></"
+"literal> は各ディストリビューション中でそれぞれ利用可能なパッケージバージョン"
+"ã\82\92表示ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³æ¯\8eã\81®ã\83ªã\83³ã\82¯å\85\88ã\81®ã\83\9aã\83¼ã\82¸ã\81¯ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®èª¬æ\98\8eã\80\81ä¾\9då­\98é\96¢ä¿\82ã\80\81ã\83\80"
+"ã\82¦ã\83³ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¸ã\81®ã\83ªã\83³ã\82¯ã\82\92å\90«ã\82\93ã\81 æ\83\85å ±ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:968
@@ -1782,9 +1790,9 @@ msgid ""
 "of a given package at the URL <literal>http://&bugs-host;/"
 "<replaceable>package-name</replaceable></literal>."
 msgstr ""
-"バグ追跡システムは個々のパッケージのバグを記録していきます。"
-"<literal>http://&bugs-host;/<replaceable>package-name</replaceable></literal> "
-"というような URL で与えたパッケージ名のバグを閲覧できます。"
+"バグ追跡システムは個々のパッケージのバグを記録していきます。<literal>http://"
+"&bugs-host;/<replaceable>package-name</replaceable></literal> というような "
+"URL で与えたパッケージ名のバグを閲覧できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: resources.dbk:975
@@ -1796,46 +1804,39 @@ msgstr "<command>dak ls</command> ユーティリティ"
 msgid ""
 "<command>dak ls</command> is part of the dak suite of tools, listing "
 "available package versions for all known distributions and architectures.  "
-"The <command>dak</command> tool is available on <literal>&ftp-master-host; "
-"</literal>, and on the mirror on <literal>&ftp-master-mirror;</literal>.  It "
+"The <command>dak</command> tool is available on <literal>&ftp-master-host; </"
+"literal>, and on the mirror on <literal>&ftp-master-mirror;</literal>.  It "
 "uses a single argument corresponding to a package name. An example will "
 "explain it better:"
 msgstr ""
-"<command>dak ls</command> は dak ツールスイートの一部で、全ディストリビューション"
-"およびアーキテクチャの中から利用可能なパッケージバージョンをリストアップします。"
-"<command>dak</command> ツールは <literal>&ftp-master-host;</literal> 上と、"
-"<literal>&ftp-master-mirror;</literal> 上のミラーにて利用できます。パッケージ名に"
-"対して一つの引数を使います。実際に例を挙げた方が分かりやすいでしょう:"
+"<command>dak ls</command> は dak ツールスイートの一部で、全ディストリビュー"
+"ションおよびアーキテクチャの中から利用可能なパッケージバージョンをリストアッ"
+"プします。<command>dak</command> ツールは <literal>&ftp-master-host;</"
+"literal> 上と、<literal>&ftp-master-mirror;</literal> 上のミラーにて利用でき"
+"ます。パッケージ名に対して一つの引数を使います。実際に例を挙げた方が分かりや"
+"すいでしょう:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: resources.dbk:984
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "$ dak ls evince\n"
-"evince | 0.1.5-2sarge1 |     oldstable | source, alpha, arm, hppa, i386, "
-"ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince | 0.1.5-2sarge1 |     oldstable | source, alpha, arm, hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 "evince |    0.4.0-5 |     etch-m68k | source, m68k\n"
-"evince |    0.4.0-5 |        stable | source, alpha, amd64, arm, hppa, i386, "
-"ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince |    0.4.0-5 |        stable | source, alpha, amd64, arm, hppa, i386, ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 "evince |   2.20.2-1 |       testing | source\n"
-"evince | 2.20.2-1+b1 |       testing | alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, "
-"ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
-"evince |   2.22.2-1 |      unstable | source, alpha, amd64, arm, armel, "
-"hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince | 2.20.2-1+b1 |       testing | alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince |   2.22.2-1 |      unstable | source, alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 msgstr ""
 "\n"
 "$ dak ls evince\n"
-"evince | 0.1.5-2sarge1 |     oldstable | source, alpha, arm, hppa, i386, "
-"ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince | 0.1.5-2sarge1 |     oldstable | source, alpha, arm, hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 "evince |    0.4.0-5    |     etch-m68k | source, m68k\n"
-"evince |    0.4.0-5    |        stable | source, alpha, amd64, arm, hppa, i386, "
-"ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince |    0.4.0-5    |        stable | source, alpha, amd64, arm, hppa, i386, ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 "evince |   2.20.2-1    |       testing | source\n"
-"evince | 2.20.2-1+b1   |       testing | alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, "
-"ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
-"evince |   2.22.2-1    |      unstable | source, alpha, amd64, arm, armel, "
-"hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince | 2.20.2-1+b1   |       testing | alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, ia64, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
+"evince |   2.22.2-1    |      unstable | source, alpha, amd64, arm, armel, hppa, i386, ia64, m68k, mips, mipsel, powerpc, s390, sparc\n"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:994
@@ -1846,9 +1847,10 @@ msgid ""
 "of the package has been recompiled on all architectures."
 msgstr ""
 "この例では、<literal>不安定版 (unstable)</literal> でのバージョンは <literal>"
-"テスト版 (testing)</literal> のバージョンと違っており、テスト版のパッケージは全"
-"アーキテクチャについて、binary-only NMU されたパッケージになっています。それぞれ"
-"のバージョンのパッケージは、全アーキテクチャ上で再コンパイルされています。"
+"テスト版 (testing)</literal> のバージョンと違っており、テスト版のパッケージは"
+"全アーキテクチャについて、binary-only NMU されたパッケージになっています。そ"
+"れぞれのバージョンのパッケージは、全アーキテクチャ上で再コンパイルされていま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: resources.dbk:1004
@@ -1863,10 +1865,10 @@ msgid ""
 "emails that the package maintainer gets, simply by subscribing to the "
 "package in the PTS."
 msgstr ""
-"パッケージ追跡システム (PTS) は、ソースパッケージの動きを追いかけるメールベー"
-"ã\81®ã\83\84ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81\8cæ\84\8få\91³ã\81\99ã\82\8bæ\89\80ã\81¯ã\80\81PTS ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦è³¼èª­ (subscribe) ã\82\92"
-"行うだけで、パッケージメンテナが受け取るメールとまったく同じものを受け取れると"
-"いうことです。"
+"パッケージ追跡システム (PTS) は、ソースパッケージの動きを追いかけるメールベー"
+"ã\82¹ã\81®ã\83\84ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81\8cæ\84\8få\91³ã\81\99ã\82\8bæ\89\80ã\81¯ã\80\81PTS ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦è³¼èª­ (subscribe) "
+"を行うだけで、パッケージメンテナが受け取るメールとまったく同じものを受け取れ"
+"ã\82\8bã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1011
@@ -1874,8 +1876,8 @@ msgid ""
 "Each email sent through the PTS is classified under one of the keywords "
 "listed below.  This will let you select the mails that you want to receive."
 msgstr ""
-"PTS から送られるメールは以下のキーワードリストのうち一つに分類されます。"
-"ã\81\93ã\82\8cã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦ã\80\81å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\82\8aã\81\9fã\81\84ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\82\92é\81¸å\88¥ã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"PTS から送られるメールは以下のキーワードリストのうち一つに分類されます。これ"
+"によって、受け取りたいメールを選別できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1015
@@ -1903,7 +1905,8 @@ msgid ""
 "The email notifications from <email>control@&bugs-host;</email> about bug "
 "report status changes."
 msgstr ""
-"バグ報告の状態変更について、<email>control@&bugs-host;</email> からのメール通知。"
+"バグ報告の状態変更について、<email>control@&bugs-host;</email> からのメール通"
+"知。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1036
@@ -1916,8 +1919,8 @@ msgid ""
 "The email notification from <command>katie</command> when an uploaded source "
 "package is accepted."
 msgstr ""
-"アップロードされたソースパッケージが受理された際の <command>katie</command> から"
-"のメール通知。"
+"アップロードされたソースパッケージが受理された際の <command>katie</command> "
+"ã\81\8bã\82\89ã\81®ã\83¡ã\83¼ã\83«é\80\9aç\9f¥ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1045
@@ -1930,8 +1933,8 @@ msgid ""
 "Other warning and error emails from <command>katie</command> (such as an "
 "override disparity for the section and/or the priority field)."
 msgstr ""
-"<command>katie</command> からの他の警告/エラーメール (セクション (section) "
-"優先度 (priority) フィールドの相違の上書きなど)。"
+"<command>katie</command> からの他の警告/エラーメール (セクション (section) "
+"優先度 (priority) フィールドの相違の上書きなど)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1054
@@ -1947,11 +1950,11 @@ msgid ""
 "order to prevent spam, all messages sent to these addresses must contain the "
 "<literal>X-PTS-Approved</literal> header with a non-empty value."
 msgstr ""
-"自動ではない、パッケージの購読者にコンタクトしたい人によって PTS に送られるメール。"
-"ã\81\93ã\82\8cã\81¯ã\80\81<literal><replaceable>sourcepackage</replaceable>@&pts-host;</literal> "
-"にメールすることで可能になります。spam メールを防ぐため、このアドレスに送られる"
-"ã\83¡ã\83\83ã\82»ã\83¼ã\82¸ã\81¯å\85¨ã\81¦ç©ºã\81®å\80¤ã\81® <literal>X-PTS-Approved</literal> ã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\82\92å\90«ã\82\80å¿\85è¦\81ã\81\8c"
-"あります。"
+"自動ではない、パッケージの購読者にコンタクトしたい人によって PTS に送られる"
+"ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯ã\80\81<literal><replaceable>sourcepackage</replaceable>@&pts-host;"
+"</literal> にメールすることで可能になります。spam メールを防ぐため、このアド"
+"ã\83¬ã\82¹ã\81«é\80\81ã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\83¡ã\83\83ã\82»ã\83¼ã\82¸ã\81¯å\85¨ã\81¦ç©ºã\81®å\80¤ã\81® <literal>X-PTS-Approved</literal> ã\83\98ã\83\83"
+"ã\83\80ã\82\92å\90«ã\82\80å¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1066
@@ -1976,8 +1979,8 @@ msgid ""
 "Regular summary emails about the package's status.  Currently, only "
 "progression in <literal>testing</literal> is sent."
 msgstr ""
-"パッケージのステータスについて、一定期間のサマリメール。現状では <literal>テスト版 "
-"(testing)</literal> への移行状況のみが送られている。"
+"パッケージのステータスについて、一定期間のサマリメール。現状では <literal>テ"
+"スト版 (testing)</literal> への移行状況のみが送られている。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1085
@@ -1997,10 +2000,11 @@ msgid ""
 "uploads your package for another architecture, you can get an email to track "
 "how your package gets recompiled for all architectures."
 msgstr ""
-"バイナリパッケージが受け入れられた際に <command>katie</command> から送られる通知"
-"メールです。言い換えると、あなたのパッケージがビルドデーモンや他のアーキテクチャに"
-"ついて移植者によってアップロードされた場合は、どの様に全アーキテクチャに対してリコ"
-"ンパイルされているかを追跡するためのメールを受け取れるということです。"
+"バイナリパッケージが受け入れられた際に <command>katie</command> から送られる"
+"通知メールです。言い換えると、あなたのパッケージがビルドデーモンや他のアーキ"
+"テクチャについて移植者によってアップロードされた場合は、どの様に全アーキテク"
+"チャに対してリコンパイルされているかを追跡するためのメールを受け取れるという"
+"ことです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1100
@@ -2015,10 +2019,10 @@ msgid ""
 "\"cvs\" name is historic, in most cases commit notifications will come from "
 "some other VCS like subversion or git."
 msgstr ""
-"パッケージが VCS リポジトリを持っていて、メンテナがコミット通知を PTS に転送する"
-"ã\82\88ã\81\86ã\81«è¨­å®\9aã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\81® VCS ã\82³ã\83\9fã\83\83ã\83\88é\80\9aç\9f¥ã\81§ã\81\99ã\80\82æ­´å\8f²ç\9a\84ã\81ªçµ\8cç·¯ã\81\8bã\82\89 \"cvs\" ã\81¨ã\81\84ã\81\86"
-"名前が使われていますが、大抵の場合は subversion や git のような他の VCS からの"
-"通知です。"
+"パッケージが VCS リポジトリを持っていて、メンテナがコミット通知を PTS に転送"
+"ã\81\99ã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«è¨­å®\9aã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\81® VCS ã\82³ã\83\9fã\83\83ã\83\88é\80\9aç\9f¥ã\81§ã\81\99ã\80\82æ­´å\8f²ç\9a\84ã\81ªçµ\8cç·¯ã\81\8bã\82\89 \"cvs\" "
+"という名前が使われていますが、大抵の場合は subversion や git のような他の "
+"VCS からの通知です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1111
@@ -2031,8 +2035,8 @@ msgid ""
 "Translations of descriptions or debconf templates submitted to the Debian "
 "Description Translation Project."
 msgstr ""
-"Debian Description 翻訳プロジェクトに投稿された descriptions の翻訳や debconf "
-"テンプレート。"
+"Debian Description 翻訳プロジェクトに投稿された descriptions の翻訳や "
+"debconf テンプレート。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1120
@@ -2076,11 +2080,12 @@ msgid ""
 "if it's a valid binary package, the PTS will subscribe you to the "
 "corresponding source package."
 msgstr ""
-"<replaceable>email</replaceable> を対応するソースパッケージ <replaceable>"
-"sourcepackage</replaceable> への連絡先として登録します。二番目の引数が存在しない"
-"場合には送信者アドレスが使われます。<replaceable>sourcepackage</replaceable> "
-"が正しくないソースパッケージである場合は、警告メールが送付されます。正しいバイナリ"
-"パッケージである場合には、PTS は対応するソースパッケージの購読者として登録します。"
+"<replaceable>email</replaceable> を対応するソースパッケージ "
+"<replaceable>sourcepackage</replaceable> への連絡先として登録します。二番目の"
+"引数が存在しない場合には送信者アドレスが使われます。"
+"<replaceable>sourcepackage</replaceable> が正しくないソースパッケージである場"
+"合は、警告メールが送付されます。正しいバイナリパッケージである場合には、PTS "
+"は対応するソースパッケージの購読者として登録します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1150
@@ -2094,9 +2099,9 @@ msgid ""
 "<replaceable>sourcepackage</replaceable> using the specified email address "
 "or the sender address if the second argument is left out."
 msgstr ""
-"指定されたメールアドレス、あるいは二番目の引数が空の場合は送信者のアドレスを利用"
-"して、ソースパッケージ <replaceable>sourcepackage</replaceable> に対するそれまで"
-"の購読を取り消します。"
+"指定されたメールアドレス、あるいは二番目の引数が空の場合は送信者のアドレスを"
+"利用して、ソースパッケージ <replaceable>sourcepackage</replaceable> に対する"
+"ã\81\9dã\82\8cã\81¾ã\81§ã\81®è³¼èª­ã\82\92å\8f\96ã\82\8aæ¶\88ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1160
@@ -2137,9 +2142,9 @@ msgid ""
 "keywords, <link linkend=\"pkg-tracking-system\">see above</link>.  Here's a "
 "quick summary:"
 msgstr ""
-"キーワードは利用したいものを入れてください。キーワードの説明は、"
-"<link linkend=\"pkg-tracking-system\">上記を確認してください</link>。"
-"以下が簡単なサマリです:"
+"キーワードは利用したいものを入れてください。キーワードの説明は、<link "
+"linkend=\"pkg-tracking-system\">上記を確認してください</link>。以下が簡単なサ"
+"マリです:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1188
@@ -2159,8 +2164,7 @@ msgstr ""
 msgid ""
 "<literal>summary</literal>: automatic summary mails about the state of a "
 "package"
-msgstr ""
-"<literal>summary</literal>: パッケージ状態の自動サマリメール"
+msgstr "<literal>summary</literal>: パッケージ状態の自動サマリメール"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1205
@@ -2168,8 +2172,8 @@ msgid ""
 "<literal>contact</literal>: mails sent to the maintainer through the "
 "*@packages.debian.org aliases"
 msgstr ""
-"<literal>contact</literal>: *@packages.debian.org エイリアスアドレスを"
-"通じてメンテナに送られるメール"
+"<literal>contact</literal>: *@packages.debian.org エイリアスアドレスを通じて"
+"メンテナに送られるメール"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1211
@@ -2180,8 +2184,7 @@ msgstr "<literal>cvs</literal>: VCS へのコミット通知"
 #: resources.dbk:1216
 msgid ""
 "<literal>ddtp</literal>: translations of descriptions and debconf templates"
-msgstr ""
-"<literal>ddtp</literal>: description や debconf テンプレートの翻訳"
+msgstr "<literal>ddtp</literal>: description や debconf テンプレートの翻訳"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1221
@@ -2189,7 +2192,8 @@ msgid ""
 "<literal>derivatives</literal>: changes made on the package by derivative "
 "distributions"
 msgstr ""
-"<literal>derivatives</literal>: 派生ディストリビューションによるパッケージ変更"
+"<literal>derivatives</literal>: 派生ディストリビューションによるパッケージ変"
+"更"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1227
@@ -2197,7 +2201,8 @@ msgid ""
 "<literal>upload-source</literal>: announce of a new source upload that has "
 "been accepted"
 msgstr ""
-"<literal>upload-source</literal>: 新たなソースパッケージが受け付けられたアナウンス"
+"<literal>upload-source</literal>: 新たなソースパッケージが受け付けられたアナ"
+"ウンス"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1233
@@ -2205,8 +2210,8 @@ msgid ""
 "<literal>upload-binary</literal>: announce of a new binary-only upload "
 "(porting)"
 msgstr ""
-"<literal>upload-binary</literal>: 新たなバイナリのみのアップロード (binary-only "
-"upload) のアナウンス (porting)"
+"<literal>upload-binary</literal>: 新たなバイナリのみのアップロード (binary-"
+"only upload) のアナウンス (porting)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1239
@@ -2214,16 +2219,15 @@ msgid ""
 "<literal>katie-other</literal>: other mails from ftpmasters (override "
 "disparity, etc.)"
 msgstr ""
-"<literal>katie-other</literal>: ftpmaster からの他のメール (override disparity "
-"など。)"
+"<literal>katie-other</literal>: ftpmaster からの他のメール (override "
+"disparity など。)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1245
 msgid ""
 "<literal>default</literal>: all the other mails (those which aren't "
 "automatic)"
-msgstr ""
-"<literal>default</literal>: 他のすべてのメール (自動ではないもの)"
+msgstr "<literal>default</literal>: 他のすべてのメール (自動ではないもの)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1252
@@ -2236,8 +2240,8 @@ msgid ""
 "Same as the previous item but for the given source package, since you may "
 "select a different set of keywords for each source package."
 msgstr ""
-"前の項目同様ですが、指定したソースパッケージについて、それぞれのソースパッケージに"
-"異なったキーワードをしたい場合に利用します。"
+"前の項目同様ですが、指定したソースパッケージについて、それぞれのソースパッ"
+"ケージに異なったキーワードをしたい場合に利用します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1261
@@ -2254,9 +2258,9 @@ msgid ""
 "Define the list (=) of accepted keywords.  This changes the default set of "
 "keywords accepted by a user."
 msgstr ""
-"与えられたキーワードで、メールが受け入れ (+) あるいは拒否 (-) に分類されます。"
-"受け入れキーワードのリストを定義 (=) してください。これはユーザによって受け入れ"
-"られるデフォルトのキーワードリストを変更します。"
+"与えられたキーワードで、メールが受け入れ (+) あるいは拒否 (-) に分類されま"
+"す。受け入れキーワードのリストを定義 (=) してください。これはユーザによって受"
+"ã\81\91å\85¥ã\82\8cã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\83\87ã\83\95ã\82©ã\83«ã\83\88ã\81®ã\82­ã\83¼ã\83¯ã\83¼ã\83\89ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\82\92å¤\89æ\9b´ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1271
@@ -2275,9 +2279,9 @@ msgid ""
 "Define the list (=) of accepted keywords.  This changes the set of accepted "
 "keywords of all the currently active subscriptions of a user."
 msgstr ""
-"与えられたキーワードで、メールが受け入れ (+) あるいは拒否 (-) に分類されます。"
-"受け入れキーワードのリストを定義 (=) してください。これは現在購読しているユーザに"
-"よって受け入れられているデフォルトのキーワードリストを変更します。"
+"与えられたキーワードで、メールが受け入れ (+) あるいは拒否 (-) に分類されま"
+"す。受け入れキーワードのリストを定義 (=) してください。これは現在購読している"
+"ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦å\8f\97ã\81\91å\85¥ã\82\8cã\82\89ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\83\87ã\83\95ã\82©ã\83«ã\83\88ã\81®ã\82­ã\83¼ã\83¯ã\83¼ã\83\89ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\82\92å¤\89æ\9b´ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1281
@@ -2294,7 +2298,8 @@ msgid ""
 "Same as previous item but overrides the keywords list for the indicated "
 "source package."
 msgstr ""
-"上の項目と同じですが、指定したソースパッケージのキーワードリストを上書きします。"
+"上の項目と同じですが、指定したソースパッケージのキーワードリストを上書きしま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><term>
 #: resources.dbk:1290
@@ -2304,7 +2309,8 @@ msgstr "<literal>quit | thanks | --</literal>"
 # type: Content of: <chapter><section><section><variablelist><varlistentry><listitem><para>
 #: resources.dbk:1293
 msgid "Stops processing commands.  All following lines are ignored by the bot."
-msgstr "コマンド処理を終了します。これ以下の全ての行は bot からは無視されます。"
+msgstr ""
+"コマンド処理を終了します。これ以下の全ての行は bot からは無視されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1299
@@ -2315,9 +2321,9 @@ msgid ""
 "non-maintainer upload."
 msgstr ""
 "<command>pts-subscribe</command> コマンドラインユーティリティ (<systemitem "
-"role=\"package\">devscripts</systemitem> パッケージに含まれています) は、"
-"例えば non-maintainer アップロードが行われた後など、手動でパッケージの一時的な"
-"購読ã\81\8cè¡\8cã\81\88ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"role=\"package\">devscripts</systemitem> パッケージに含まれています) は、例え"
+"ば non-maintainer アップロードが行われた後など、手動でパッケージの一時的な購"
+"読が行えます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: resources.dbk:1307
@@ -2334,12 +2340,12 @@ msgid ""
 "are <literal>X-Loop</literal>, <literal>X-PTS-Package</literal>, <literal>X-"
 "PTS-Keyword</literal> and <literal>X-Unsubscribe</literal>."
 msgstr ""
-"パッケージの購読を行うと、<literal><replaceable>sourcepackage</replaceable>"
-"@&pts-host;</literal> へ送られるメールを受けとるようになります。このメールは "
-"(例えば <command>procmail</command> を使って) 別のメールボックスへとフィルタ"
-"ã\81§ã\81\8dã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«ç\89¹å\88¥ã\81ªã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81\8cã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81¯ <literal>X-Loop"
-"</literal>、<literal>X-PTS-Package</literal>、<literal>X-PTS-Keyword"
-"</literal>、<literal>X-Unsubscribe</literal> です。"
+"パッケージの購読を行うと、<literal><replaceable>sourcepackage</"
+"replaceable>@&pts-host;</literal> へ送られるメールを受けとるようになります。"
+"このメールは (例えば <command>procmail</command> を使って) 別のメールボックス"
+"ã\81¸ã\81¨ã\83\95ã\82£ã\83«ã\82¿ã\81§ã\81\8dã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«ç\89¹å\88¥ã\81ªã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81\8cã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82追å\8a ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81¯ "
+"<literal>X-Loop</literal>、<literal>X-PTS-Package</literal>、<literal>X-PTS-"
+"Keyword</literal>、<literal>X-Unsubscribe</literal> です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1317
@@ -2347,12 +2353,12 @@ msgid ""
 "Here is an example of added headers for a source upload notification on the "
 "<systemitem role=\"package\">dpkg</systemitem> package:"
 msgstr ""
-"以下は <systemitem role=\"package\">dpkg</systemitem> パッケージに対する"
-"ã\82½ã\83¼ã\82¹ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ä»\98å\8a ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\83\98ã\83\83ã\83\80ã\81®ä¾\8bã\81§ã\81\99:"
+"以下は <systemitem role=\"package\">dpkg</systemitem> パッケージに対するソー"
+"スアップロードについて付加されるヘッダの例です:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: resources.dbk:1320
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "X-Loop: dpkg@&pts-host;\n"
@@ -2394,12 +2400,12 @@ msgid ""
 "<literal>debian.org</literal> machine, otherwise you'll have to add the "
 "<literal>X-PTS-Approved: 1</literal> header."
 msgstr ""
-"VCS リポジトリを設定してコミット通知を行うようにするのであれば、<literal>"
-"<replaceable>sourcepackage</replaceable>_cvs@&pts-host;</literal> にメールの"
-"ã\82³ã\83\94ã\83¼ã\81\8cé\80\81ã\82\8cã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«ã\81\97ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\81\84ã\81\91ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82<literal>cvs</literal> ã\82­ã\83¼ã\83¯ã\83¼ã\83\89ã\82\92"
-"許可した人だけがこれらの通知を受け取ります。メールは <literal>debian.org</literal> "
-"のマシンから送られる必要があり、それ以外の場合は <literal>X-PTS-Approved: 1"
-"</literal> ヘッダを付け加える必要があるのに注意してください。"
+"VCS リポジトリを設定してコミット通知を行うようにするのであれば、"
+"<literal><replaceable>sourcepackage</replaceable>_cvs@&pts-host;</literal> に"
+"ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81®ã\82³ã\83\94ã\83¼ã\81\8cé\80\81ã\82\8cã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«ã\81\97ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\81\84ã\81\91ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82<literal>cvs</literal> ã\82­ã\83¼"
+"ワードを許可した人だけがこれらの通知を受け取ります。メールは <literal>debian."
+"org</literal> のマシンから送られる必要があり、それ以外の場合は <literal>X-"
+"PTS-Approved: 1</literal> ヘッダを付け加える必要があるのに注意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1346
@@ -2427,12 +2433,12 @@ msgid ""
 "package.  Furthermore there's a form that allows easy subscription to the "
 "PTS via email."
 msgstr ""
-"PTS は各ソースパッケージについての大量の情報をまとめたウェブインターフェイスを "
-"<ulink url=\"http://&pts-host;/\"></ulink> に持っています。その機能はたくさんの"
-"有用なリンク (BTS、QA の状態、連絡先情報、DDTS の翻訳状態、buildd のログ) や"
-"様々な所からの情報 (最近の changelog エントリ30個、testing の状態など…)を集めた"
-"ã\82\82ã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ç\89¹å®\9aã\81®ã\82½ã\83¼ã\82¹ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ç\9f¥ã\82\8aã\81\9fã\81\84å ´å\90\88ã\81«é\9d\9e常ã\81«æ\9c\89ç\94¨ã\81ªã\83\84ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81\99ã\80\82"
-"さらに PTS をメールを使って購読する簡単なフォームもあります。"
+"PTS は各ソースパッケージについての大量の情報をまとめたウェブインターフェイス"
+"を <ulink url=\"http://&pts-host;/\"></ulink> に持っています。その機能はたく"
+"さんの有用なリンク (BTS、QA の状態、連絡先情報、DDTS の翻訳状態、buildd のロ"
+"グ) や様々な所からの情報 (最近の changelog エントリ30個、testing の状態など…)"
+"ã\82\92é\9b\86ã\82\81ã\81\9fã\82\82ã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ç\89¹å®\9aã\81®ã\82½ã\83¼ã\82¹ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ç\9f¥ã\82\8aã\81\9fã\81\84å ´å\90\88ã\81«é\9d\9e常ã\81«æ\9c\89ç\94¨ã\81ª"
+"ã\83\84ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\95ã\82\89ã\81« PTS ã\82\92ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\82\92使ã\81£ã\81¦è³¼èª­ã\81\99ã\82\8bç°¡å\8d\98ã\81ªã\83\95ã\82©ã\83¼ã\83 ã\82\82ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1364
@@ -2441,8 +2447,9 @@ msgid ""
 "with a URL like <literal>http://&pts-host;/<replaceable>sourcepackage</"
 "replaceable></literal>."
 msgstr ""
-"特定のソースパッケージに関しては <literal>http://&pts-host;/<replaceable>"
-"sourcepackage</replaceable></literal> のような URL で直接ウェブページに飛べます。"
+"特定のソースパッケージに関しては <literal>http://&pts-host;/"
+"<replaceable>sourcepackage</replaceable></literal> のような URL で直接ウェブ"
+"ページに飛べます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1369
@@ -2453,9 +2460,9 @@ msgid ""
 "static information (news items that are meant to stay available "
 "indefinitely)  and news items in the latest news section."
 msgstr ""
-"このウェブインターフェイスは、パッケージ開発のポータルとなるようにデザインされて"
-"ã\81\84ã\81¾ã\81\99: è\87ªå\88\86ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83\9aã\83¼ã\82¸ä¸\8aã\81«ã\82«ã\82¹ã\82¿ã\83 ã\81\97ã\81\9fã\82³ã\83³ã\83\86ã\83³ã\83\84ã\82\92ä»\98ã\81\91å\8a ã\81\88ã\82\89ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82"
-"固定情報 (...) や新しい項目を latest news section に追加できます。"
+"このウェブインターフェイスは、パッケージ開発のポータルとなるようにデザインさ"
+"ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99: è\87ªå\88\86ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83\9aã\83¼ã\82¸ä¸\8aã\81«ã\82«ã\82¹ã\82¿ã\83 ã\81\97ã\81\9fã\82³ã\83³ã\83\86ã\83³ã\83\84ã\82\92ä»\98ã\81\91å\8a ã\81\88ã\82\89ã\82\8c"
+"ます。固定情報 (...) や新しい項目を latest news section に追加できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1375
@@ -2469,8 +2476,8 @@ msgid ""
 "the availability of a project hosted on <link linkend=\"alioth\">Alioth</"
 "link> for co-maintaining the package"
 msgstr ""
-"複数人でのパッケージメンテナンスのため、<link linkend=\"alioth\">Alioth"
-"</link> でホストされている利用可能なプロジェクト"
+"複数人でのパッケージメンテナンスのため、<link linkend=\"alioth\">Alioth</"
+"link> でホストされている利用可能なプロジェクト"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1386
@@ -2492,8 +2499,7 @@ msgstr "ソフトウェア専用 IRC チャンネルの存在"
 msgid ""
 "any other available resource that could be useful in the maintenance of the "
 "package"
-msgstr ""
-"パッケージのメンテナンスについて、他の利用可能な有用なリソース"
+msgstr "パッケージのメンテナンスについて、他の利用可能な有用なリソース"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1407
@@ -2524,8 +2530,7 @@ msgstr "バックポート版が準備できた"
 #: resources.dbk:1432
 msgid ""
 "the maintainer is on vacation (if they wish to publish this information)"
-msgstr ""
-"メンテナが休暇中 (この情報を公開したい場合に表示)"
+msgstr "メンテナが休暇中 (この情報を公開したい場合に表示)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: resources.dbk:1437
@@ -2551,14 +2556,13 @@ msgid ""
 "pseudo-header, then the result is a link to that URL instead of a complete "
 "news item."
 msgstr ""
-"これらの news は同様のやり方で生成します: <email>pts-static-news@qa.debian.org"
-"</email> や <email>pts-news@qa.debian.org</email> へとメールを送るだけです。"
-"メールは"
-"ソースパッケージの名前を <literal>X-PTS-Package</literal> メールヘッダや "
-"<literal>Package</literal> (BTS への報告のように) 擬似ヘッダで"
-""
-"<literal>X-PTS-Url</literal> メールヘッダや<literal>Url</literal> "
-"擬似ヘッダ中に URL がある場合は、完全な news 項目の代わりにその URL へのリンクとなります。"
+"これらの news は同様のやり方で生成します: <email>pts-static-news@qa.debian."
+"org</email> や <email>pts-news@qa.debian.org</email> へとメールを送るだけで"
+"す。メールはソースパッケージの名前を <literal>X-PTS-Package</literal> メール"
+"ヘッダや <literal>Package</literal> (BTS への報告のように) 擬似ヘッダで"
+"<literal>X-PTS-Url</literal> メールヘッダや<literal>Url</literal> 擬似ヘッダ"
+"中に URL がある場合は、完全な news 項目の代わりにその URL へのリンクとなりま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: resources.dbk:1458
@@ -2567,13 +2571,13 @@ msgid ""
 "PTS.  The first one adds a link to the cvsweb interface of debian-cd in the "
 "Static information section:"
 msgstr ""
-"PTS 中の news 項目の生成に使われる正しいメールの例を幾つか挙げます。最初の1つ目は "
-"Static information section 中の debian-dc の cvsweb インターフェイスへのリンク"
-"を付け加えるものです:"
+"PTS 中の news 項目の生成に使われる正しいメールの例を幾つか挙げます。最初の1つ"
+"目は Static information section 中の debian-dc の cvsweb インターフェイスへの"
+"ã\83ªã\83³ã\82¯ã\82\92ä»\98ã\81\91å\8a ã\81\88ã\82\8bã\82\82ã\81®ã\81§ã\81\99:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: resources.dbk:1462
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "From: Raphael Hertzog &lt;hertzog@debian.org&gt;\n"
@@ -2598,13 +2602,13 @@ msgid ""
 "to the PTS so that it is published on the PTS web page of the package.  Note "
 "the use of the BCC field to avoid answers sent to the PTS by mistake."
 msgstr ""
-"二つ目のはメーリングリストへアナウンスを送るもので、PTS にも送られるのでパッケージ"
-"ã\81® PTS ã\82¦ã\82§ã\83\96ã\83\9aã\83¼ã\82¸ã\81§å\85¬é\96\8bã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82誤ã\81£ã\81¦ PTS ã\81«è¿\94ä¿¡ã\81\8cé\80\81ã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92é\81¿ã\81\91ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81« BCC "
-"欄を利用していることに注意してください。"
+"二つ目のはメーリングリストへアナウンスを送るもので、PTS にも送られるのでパッ"
+"ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81® PTS ã\82¦ã\82§ã\83\96ã\83\9aã\83¼ã\82¸ã\81§å\85¬é\96\8bã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82誤ã\81£ã\81¦ PTS ã\81«è¿\94ä¿¡ã\81\8cé\80\81ã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92é\81¿ã\81\91"
+"るために BCC 欄を利用していることに注意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: resources.dbk:1475
-#, no-wrap
+#, fuzzy, no-wrap
 msgid ""
 "\n"
 "From: Raphael Hertzog &lt;hertzog@debian.org&gt;\n"
@@ -2647,8 +2651,8 @@ msgstr ""
 "information contained in the previous one."
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
+# FIXME ページ名が訳されないのでそのままにしてある
 #: resources.dbk:1499
-#FIXME ページ名が訳されないのでそのままにしてある
 msgid "Developer's packages overview"
 msgstr "Developer's packages overview"
 
@@ -2663,13 +2667,12 @@ msgid ""
 "bugs by severity, list of available versions in each distribution, testing "
 "status and much more including links to any other useful information."
 msgstr ""
-"QA (quality assurance、品質保証) ウェブポータルは、一人の開発者 (共同メンテナとして"
-") のすべての"
-"パッケージを全てリストアップした表を表示する<ulink url=\"&url-ddpo;\">"
-"</ulink> "
-"この表は開発者のパッケージについて良い要約情報を与えてくれます: 重要度に"
-"応じたバグの数やそれぞれのディストリビューションで利用可能なバージョン番号、"
-"testing の状態やその他有用な情報源へのリンクなどを含んでいます。"
+"QA (quality assurance、品質保証) ウェブポータルは、一人の開発者 (共同メンテナ"
+"として) のすべてのパッケージを全てリストアップした表を表示する<ulink url="
+"\"&url-ddpo;\"></ulink> この表は開発者のパッケージについて良い要約情報を与え"
+"てくれます: 重要度に応じたバグの数やそれぞれのディストリビューションで利用可"
+"能なバージョン番号、testing の状態やその他有用な情報源へのリンクなどを含んで"
+"います。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1510
@@ -2680,8 +2683,9 @@ msgid ""
 "responsibility."
 msgstr ""
 "It is a good idea to look up your own data regularly so that you don't "
-"forget any open bugs, and so that you don't forget which packages are your "
-"そしてどのパッケージに対して責任を持っているのかを忘れないでしょう。responsibility."
+"forget any open bugs, and so that you don't forget which packages are your そ"
+"してどのパッケージに対して責任を持っているのかを忘れないでしょう。"
+"responsibility."
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: resources.dbk:1517
@@ -2697,11 +2701,11 @@ msgid ""
 "project/task managers, file hosting services, mailing lists, CVS "
 "repositories etc.  All these tools are managed via a web interface."
 msgstr ""
-"Alioth は GForge (SourceForge から派生したソフトウェア) に多少変更を加えたものを"
-"基にした Debian のサービスです。このソフトは開発者に容易に使えるバグトラッキング"
-"ã\82·ã\82¹ã\83\86ã\83 ã\80\81ã\83\91ã\83\83ã\83\81管ç\90\86ã\80\81ã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ï¼\8fã\82¿ã\82¹ã\82¯ç®¡ç\90\86ã\80\81ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\80\81ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°"
-"ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\80\81CVS ã\83ªã\83\9dã\82¸ã\83\88ã\83ªã\81ªã\81©ã\81®ã\83\84ã\83¼ã\83«ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81®æ©\9fè\83½å\85¨ã\81¦ã\81¯ã\82¦ã\82§ã\83\96ã\82¤ã\83³ã\82¿ã\83¼"
-"フェイスから管理します。"
+"Alioth は GForge (SourceForge から派生したソフトウェア) に多少変更を加えたも"
+"のを基にした Debian のサービスです。このソフトは開発者に容易に使えるバグト"
+"ã\83©ã\83\83ã\82­ã\83³ã\82°ã\82·ã\82¹ã\83\86ã\83 ã\80\81ã\83\91ã\83\83ã\83\81管ç\90\86ã\80\81ã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ï¼\8fã\82¿ã\82¹ã\82¯ç®¡ç\90\86ã\80\81ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\82¢ã\83\83ã\83\97"
+"ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\80\81ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\80\81CVS ã\83ªã\83\9dã\82¸ã\83\88ã\83ªã\81ªã\81©ã\81®ã\83\84ã\83¼ã\83«ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\89ã\81®æ©\9f"
+"能全てはウェブインターフェイスから管理します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1526
@@ -2713,12 +2717,12 @@ msgid ""
 "or its derivatives. It's heavily used by many Debian teams and provides "
 "hosting for all sorts of VCS repositories."
 msgstr ""
-"Debian によってバックアップされている、あるいは Debian が中心となっている"
-"ã\83\95ã\83ªã\83¼ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\80\81Debian ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦å§\8bã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81\9fã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\81«"
+"Debian によってバックアップされている、あるいは Debian が中心となっている"
+"リーソフトウェアプロジェクトに対して、Debian によって始められたプロジェクトに"
 "ついて外部の開発者が協力を行うのが楽になるようにというのと、Debian やその派生"
-"ディストリビューションのプロモーションが目的であるプロジェクトを支援する機能を提供"
-"ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81«ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82å¤\9aã\81\8fã\81® Debian ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81«é\9d\9e常ã\81«ã\82\88ã\81\8få\88©ç\94¨ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81ã\81\82ã\82\89ã\82\86ã\82\8b種é¡\9eã\81® "
-"VCS リポジトリを提供しています。"
+"ディストリビューションのプロモーションが目的であるプロジェクトを支援する機能"
+"ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81«ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82å¤\9aã\81\8fã\81® Debian ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81«é\9d\9e常ã\81«ã\82\88ã\81\8få\88©ç\94¨ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81ã\81\82"
+"らゆる種類の VCS リポジトリを提供しています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1533
@@ -2727,9 +2731,9 @@ msgid ""
 "activate it by using the recover password facility.  External developers can "
 "request guest accounts on Alioth."
 msgstr ""
-"全ての Debian 開発者は自動的に Alioth のアカウントを持ちます。Debian 開発者は、"
-"ã\83\91ã\82¹ã\83¯ã\83¼ã\83\89復æ\97§æ©\9fè\83½ã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\82¢ã\82«ã\82¦ã\83³ã\83\88ã\82\92æ\9c\89å\8a¹ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82ä»\96ã\81®é\96\8bç\99ºè\80\85ã\81¯ "
-"Alioth 上でゲストアカウントを発行してもらえます。"
+"全ての Debian 開発者は自動的に Alioth のアカウントを持ちます。Debian 開発者"
+"ã\81¯ã\80\81ã\83\91ã\82¹ã\83¯ã\83¼ã\83\89復æ\97§æ©\9fè\83½ã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\82¢ã\82«ã\82¦ã\83³ã\83\88ã\82\92æ\9c\89å\8a¹ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82ä»\96ã\81®é\96\8bç\99º"
+"者は Alioth 上でゲストアカウントを発行してもらえます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:1538
@@ -2775,6 +2779,18 @@ msgid ""
 "msg00018.html\"></ulink>."
 msgstr ""
 "2002 年 10 月から、HP は LWN の購読権を興味のあるすべての Debian Developer に"
-"提供しています。この権利の利用方法については、<ulink "
-"url=\"http://&lists-host;/debian-devel-announce/2002/10/msg00018.html\">"
-"</ulink> を確認してください。"
+"提供しています。この権利の利用方法については、<ulink url=\"http://&lists-"
+"host;/debian-devel-announce/2002/10/msg00018.html\"></ulink> を確認してくださ"
+"い。"
+
+# type: Content of: <chapter><section><section><para>
+#, fuzzy
+#~ msgid ""
+#~ "As of November 2008, Gandi.net offers a discount rate on their VPS "
+#~ "hosting for Debian Developers.  See <ulink url=\"http://&lists-host;/"
+#~ "debian-devel-announce/2008/11/msg00004.html\"></ulink>."
+#~ msgstr ""
+#~ "2002 年 10 月から、HP は LWN の購読権を興味のあるすべての Debian "
+#~ "Developer に提供しています。この権利の利用方法については、<ulink url="
+#~ "\"http://&lists-host;/debian-devel-announce/2002/10/msg00018.html\"></"
+#~ "ulink> を確認してください。"
index aa33e62..9961e27 100644 (file)
@@ -310,8 +310,8 @@ msgid ""
 "information about why these might or might not be desired."
 msgstr ""
 "パッケージビルドツールは <filename>debian/rules</filename> を書く作業を楽にし"
-"てくれます。詳細な情報については <xref linkend=\"helper-scripts\"/> を参照し"
-"てください。"
+"てくれます。これらを望む、あるいは望むことができない理由についての詳細な情報については "
+"<xref linkend=\"helper-scripts\"/> を参照してください。"
 
 # type: Content of: <appendix><section><section><title>
 #: tools.dbk:156