chiark / gitweb /
update Japanese translation
authorhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sat, 20 Nov 2010 17:27:46 +0000 (17:27 +0000)
committerhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sat, 20 Nov 2010 17:27:46 +0000 (17:27 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@7769 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/beyond-pkging.po
po4a/ja/developer-duties.po
po4a/ja/l10n.po
po4a/ja/pkgs.po
po4a/ja/resources.po
po4a/ja/tools.po

index 34223e5..f486f3b 100644 (file)
@@ -5,10 +5,9 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: developers-reference 3.4.2\n"
 "POT-Creation-Date: 2010-06-20 09:22-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2010-01-05 18:27+0900\n"
-"Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
-"Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
-"Language: Japanese\n"
+"PO-Revision-Date: 2010-10-01 08:04+0900\n"
+"Last-Translator: Hideki Yamane <henrich@debian.org>\n"
+"Language-Team: Japanese <debian-japanese@lists.debian.org>\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
@@ -212,10 +211,10 @@ msgid ""
 "\">devscripts</systemitem>) to generate a list of all affected packages, and "
 "include the output in your mail to &email-debian-devel;."
 msgstr ""
-"<command>dd-list</command> プログラムを利用することと、明確になっているのであ"
-"ã\81°å½±é\9f¿ã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\82\92 (<systemitem role=\"package\">devscripts</"
-"systemitem> パッケージの) <command>whodepends</command> を使って出力して、"
-"&email-debian-devel; へのメールに含めて下さい。"
+"<command>dd-list</command> プログラムを利用することと、明確になっているのであ"
+"ã\82\8cã\81°å½±é\9f¿ã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\82\92 (<systemitem role=\"package"
+"\">devscripts</systemitem> パッケージの) <command>whodepends</command> を使っ"
+"て出力して、&email-debian-devel; へのメールに含めて下さい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -448,10 +447,11 @@ msgid ""
 "with the name of a source or a binary package."
 msgstr ""
 "パッケージメンテナのメールアドレスを探しだすのは骨が折れます。幸いな事に、"
-"<literal><replaceable>パッケージ名</replaceable>@&packages-host;</literal> という"
-"シンプルなメールのエイリアスがあり、メンテナらの個人アドレスが何であれメンテ"
-"ナへメールを届ける手段となっています。<replaceable>パッケージ名</replaceable> は"
-"パッケージのソース名かバイナリパッケージ名に置き換えてください。"
+"<literal><replaceable>パッケージ名</replaceable>@&packages-host;</literal> と"
+"いうシンプルなメールのエイリアスがあり、メンテナらの個人アドレスが何であれメ"
+"ンテナへメールを届ける手段となっています。<replaceable>パッケージ名</"
+"replaceable> はパッケージのソース名かバイナリパッケージ名に置き換えてくださ"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -463,9 +463,8 @@ msgid ""
 "literal> email address."
 msgstr ""
 "<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> 経由でソースパッケージの購読を行って"
-"いる人に連絡を取りたくなるかもしれません。その場合は "
-"<literal><replaceable>パッケージ名</replaceable>@&pts-host;</literal> メールアドレ"
-"スが使えます。"
+"いる人に連絡を取りたくなるかもしれません。その場合は <literal><replaceable>"
+"パッケージ名</replaceable>@&pts-host;</literal> メールアドレスが使えます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -849,8 +848,8 @@ msgid ""
 "the BTS mail about the package."
 msgstr ""
 "<filename>control</filename> ファイルの<literal>Maintainer</literal> 欄と"
-"<filename>changelog</filename> にはパッケージ作業を行った人を記載する必要が"
-"ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\81¯ã\82¹ã\83\9dã\83³ã\82µã\83¼å¯¾è±¡è\80\85ã\80\81ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81\86ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§ã\80\81ã\82¹ã\83\9dã\83³ã\82µã\83¼"
+"<filename>changelog</filename> にはパッケージ作業を行った人を記載する必要が"
+"ります。つまりはスポンサー対象者、ということです。そうすることで、スポンサー"
 "対象者がパッケージに対する BTS メールを受け取れるようになります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
index 1f5c99d..477dc26 100644 (file)
@@ -69,10 +69,10 @@ msgid ""
 "faq;\">PGP FAQ</ulink>."
 msgstr ""
 "秘密鍵の取扱いには十二分に注意してください。Debian サーバ (<xref linkend="
-"\"server-machines\"/> 参照) のような公開サーバや複数のユーザがいるマシンに"
-"は置かないようにしてください。鍵をバックアップして、コピーはオフラ"
-"インな場所に置きましょう。ソフトの使い方については付属のドキュメントを参照"
-"してください。<ulink url=\"&url-pgp-faq;\">PGP FAQ</ulink> を読みましょう。"
+"\"server-machines\"/> 参照) のような公開サーバや複数のユーザがいるマシンに"
+"置かないようにしてください。鍵をバックアップして、コピーはオフラインな場所に"
+"置きましょう。ソフトの使い方については付属のドキュメントを参照してください。"
+"<ulink url=\"&url-pgp-faq;\">PGP FAQ</ulink> を読みましょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -382,8 +382,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "大抵の場合、パッケージに対するバグ報告については <xref linkend=\"bug-handling"
 "\"/>で記述されているように対応する必要があります。しかしながら、注意を必要と"
-"する特別なカテゴリのバグがあります—リリースクリティカルバグ (RC bug) と呼ば"
-"ã\82\8cã\82\8bã\82\82ã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82<literal>critical</literal>ã\80\81<literal>grave</literal>ã\80\81"
+"する特別なカテゴリのバグがあります—リリースクリティカルバグ (RC bug) と呼ば"
+"るものです。<literal>critical</literal>、<literal>grave</literal>、"
 "<literal>serious</literal> の重要度が付けられている全てのバグ報告は、Debian "
 "の次期安定版リリースからパッケージに含めるかどうかについての影響を持つと見な"
 "されています。これらのバグは Debian のリリースを遅らせたり、フリーズ時にパッ"
@@ -457,9 +457,9 @@ msgid ""
 "ticket in Debian RT by sending a mail to &email-keyring; with the words "
 "'Debian RT' somewhere in the subject line (case doesn't matter)."
 msgstr ""
-"'Debian RT' という単語 (大文字小文字は関係なし) がサブジェクトのどこかに"
-"入ったメールを &email-keyring; に投げて Debian RT でチケットをオープンして、"
-"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\82\92å\8e»ã\82\8bã\81®ã\82\92 Debian key ring ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81«ç\9f¥ã\82\89ã\81\9bã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
+"'Debian RT' という単語 (大文字小文字は関係なし) がサブジェクトのどこかに入っ"
+"たメールを &email-keyring; に投げて Debian RT でチケットをオープンして、あな"
+"たがプロジェクトを去るのを Debian key ring メンテナに知らせてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #~ msgid ""
index c660cea..72ca461 100644 (file)
@@ -50,8 +50,8 @@ msgstr ""
 "久保田智広さんによる <ulink url=\"&url-i18n-intro;\">Introduction to i18n</"
 "ulink> によると、I18N (internationalization) はソフトウェアや関連する技術を調"
 "整し、ソフトウェアが複数の言語、習慣、その他世界の物事などを扱えるようにして"
-"おくことで、対して L10N (localization) は既に国際化されているソフトウェアに"
-"して特定の言語を実装することを意味します。"
+"おくことで、対して L10N (localization) は既に国際化されているソフトウェアに"
+"して特定の言語を実装することを意味します。"
 
 # type: Content of: <chapter><para>
 #. type: Content of: <chapter><para>
@@ -81,8 +81,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "i18n の問題を横においたとしても、一般的なガイドラインは与えられておらず、"
 "Debian 内で移植作業用の buildd のメカニズムと比較できるような l10n 用に中心と"
-"なるインフラは実際のところ存在していません。そのため、多くの作業は手動で行わねば"
-"なりません。"
+"なるインフラは実際のところ存在していません。そのため、多くの作業は手動で行わ"
+"ã\81­ã\81°ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -97,8 +97,8 @@ msgid ""
 "Handling translation of the texts contained in a package is still a manual "
 "task, and the process depends on the kind of text you want to see translated."
 msgstr ""
-"パッケージに含まれている文章の翻訳の取扱いは未だ手動であり、作業のやり方は"
-"訳を表示させたい文の種類に因ります。"
+"パッケージに含まれている文章の翻訳の取扱いは未だ手動であり、作業のやり方は"
+"訳を表示させたい文の種類に因ります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -114,10 +114,10 @@ msgid ""
 "translation files found in the actual packages, but no real infrastructure "
 "to ease the translation process."
 msgstr ""
-"プログラムのメッセージについては、ほとんどの場合 gettext という仕組みが使わ"
-"ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82å¤\9aã\81\8fã\81®å ´å\90\88ã\80\81翻訳ã\81¯ <ulink url=\"&url-l10n-tp;\">Free Translation "
-"Project</ulink> や <ulink url=\"&url-l10n-gnome;\">Gnome 翻訳プロジェクト"
-"</ulink>、<ulink url=\"&url-l10n-kde;/\">KDE one</ulink> などの開発元 "
+"プログラムのメッセージについては、ほとんどの場合 gettext という仕組みが使わ"
+"ています。多くの場合、翻訳は <ulink url=\"&url-l10n-tp;\">Free Translation "
+"Project</ulink> や <ulink url=\"&url-l10n-gnome;\">Gnome 翻訳プロジェクト</"
+"ulink>、<ulink url=\"&url-l10n-kde;/\">KDE one</ulink> などの開発元 "
 "(upstream) のプロジェクトで取り扱われています。Debian で唯一の集約化された情"
 "報は <ulink url=\"&url-l10n;\">Debian の翻訳に関する統計</ulink>で、実際の"
 "パッケージ内での翻訳ファイルの状況について確認できますが、翻訳作業を実際に容"
@@ -133,12 +133,12 @@ msgid ""
 "should use the <ulink url=\"&url-ddtp;\">Debian Description Translation "
 "Project (DDTP)</ulink>."
 msgstr ""
-"パッケージ説明文の翻訳作業はかなり昔に始まりました―実際にそれを使うツール"
-"ã\81\8cã\81»ã\82\93ã\81®å°\91ã\81\97ã\81\97ã\81\8bæ©\9fè\83½ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\8bã\81£ã\81\9fã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\82\82 (ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\80\81APT ã\81 ã\81\91ã\81\8c設å®\9aã\82\92"
-"正確に行ったときのみ利用できたのです)。メンテナはパッケージの説明文をサポート"
-"ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81«ä½\95ã\82\82ç\89¹å\88¥ã\81ªã\81\93ã\81¨ã\82\92ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82翻訳è\80\85ã\81¯ <ulink url"
-"=\"&url-ddtp;\">Debian Description Translation Project (DDTP)</ulink> を使う"
-"必要があります。"
+"パッケージ説明文の翻訳作業はかなり昔に始まりました―実際にそれを使うツールがほ"
+"ã\82\93ã\81®å°\91ã\81\97ã\81\97ã\81\8bæ©\9fè\83½ã\82\92æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\8bã\81£ã\81\9fã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\82\82 (ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\80\81APT ã\81 ã\81\91ã\81\8c設å®\9aã\82\92正確ã\81«"
+"行ったときのみ利用できたのです)。メンテナはパッケージの説明文をサポートするの"
+"ã\81«ä½\95ã\82\82ç\89¹å\88¥ã\81ªã\81\93ã\81¨ã\82\92ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82翻訳è\80\85ã\81¯ <ulink url=\"&url-ddtp;"
+"\">Debian Description Translation Project (DDTP)</ulink> を使う必要がありま"
+"す。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: l10n.dbk:66
@@ -152,12 +152,13 @@ msgid ""
 "translation statistics</ulink> site (about what is integrated in the "
 "packages)."
 msgstr ""
-"<systemitem role=\"package\">debconf</systemitem> テンプレートについては、"
-"メンテナは翻訳者の作業を容易にするため <systemitem role=\"package\">"
-"po-debconf</systemitem> パッケージを使う必要があります。翻訳者は作業に DDTP を"
-"使うことが出来ます (フランスチームとブラジルチームは使っていませんが)。"
-"<ulink url=\"&url-ddtp;\">DDTP のサイト</ulink> (実際に何が翻訳されているか) " "と <ulink url=\"&url-l10n;\">Debian の翻訳に関する統計</ulink> サイト "
-"(パッケージに何が含まれているか) の双方で統計情報を得ることが出来ます。"
+"<systemitem role=\"package\">debconf</systemitem> テンプレートについては、メ"
+"ンテナは翻訳者の作業を容易にするため <systemitem role=\"package\">po-"
+"debconf</systemitem> パッケージを使う必要があります。翻訳者は作業に DDTP を使"
+"うことが出来ます (フランスチームとブラジルチームは使っていませんが)。<ulink "
+"url=\"&url-ddtp;\">DDTP のサイト</ulink> (実際に何が翻訳されているか) と "
+"<ulink url=\"&url-l10n;\">Debian の翻訳に関する統計</ulink> サイト (パッケー"
+"ジに何が含まれているか) の双方で統計情報を得ることが出来ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -188,8 +189,8 @@ msgid ""
 "For package-specific documentation (man pages, info documents, other "
 "formats), almost everything remains to be done."
 msgstr ""
-"パッケージ固有のドキュメント (man ページ、info ドキュメントその他) は、"
-"ã\81»ã\81¨ã\82\93ã\81©ã\81\99ã\81¹ã\81¦ã\81\8cæ\89\8bä»\98ã\81\8bã\81\9aã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"パッケージ固有のドキュメント (man ページ、info ドキュメントその他) は、ほとん"
+"どすべてが手付かずです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -228,11 +229,11 @@ msgid ""
 "free to provide your feedback, so that this document can be enhanced."
 msgstr ""
 "これはメンテナが i18n や l10n を考えるのにあたって直面するであろう問題の一覧"
-"です。読み進める間、Debian でこれらの点について実際のコンセンサスは得られて"
-"ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\82\92念頭ã\81«ã\81\8aã\81\84ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯å\8d\98ã\81«ã\82¢ã\83\89ã\83\90ã\82¤ã\82¹ã\81§ã\81\99ã\80\82å\87ºã\81¦ã\81\8dã\81\9få\95\8fé¡\8cã\81«"
-"ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\82\82ã\81£ã\81¨è\89¯ã\81\84è\80\83ã\81\88ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\80\81ã\81\82ã\82\8bã\81\84ã\81¯ã\81\84ã\81\8fã\81\8bã\81®ç\82¹ã\81§è³\9bå\90\8cã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84ã\81¨ã\81\84ã\81\86å ´å\90\88ã\81¯ã\80\81"
-"連絡をして頂いて構いません。そのことによって、この文章の質をさらに高めること"
-"ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"です。読み進める間、Debian でこれらの点について実際のコンセンサスは得られて"
+"ã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\82\92念頭ã\81«ã\81\8aã\81\84ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯å\8d\98ã\81«ã\82¢ã\83\89ã\83\90ã\82¤ã\82¹ã\81§ã\81\99ã\80\82å\87ºã\81¦ã\81\8dã\81\9få\95\8fé¡\8cã\81«ã\81¤ã\81\84"
+"ã\81¦ã\82\82ã\81£ã\81¨è\89¯ã\81\84è\80\83ã\81\88ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\80\81ã\81\82ã\82\8bã\81\84ã\81¯ã\81\84ã\81\8fã\81\8bã\81®ç\82¹ã\81§è³\9bå\90\8cã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84ã\81¨ã\81\84ã\81\86å ´å\90\88ã\81¯ã\80\81é\80£çµ¡ã\82\92"
+"して頂いて構いません。そのことによって、この文章の質をさらに高めることができ"
+"ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -248,10 +249,10 @@ msgid ""
 "dispatch the material to translate to volunteers with no need for "
 "interaction from your part."
 msgstr ""
-"パッケージの説明文や <systemitem role=\"package\">debconf</systemitem> "
-"ã\83\86ã\83³ã\83\97ã\83¬ã\83¼ã\83\88ã\82\92翻訳ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81¯ä½\95ã\82\82ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82DDTP ã\81®"
-"ã\82¤ã\83³ã\83\95ã\83©ã\81\8cä½\9c業è\80\85ã\81«ç¿»è¨³ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ç´ æ\9d\90ã\82\92å\89²ã\82\8aå½\93ã\81¦ã\82\8bã\81®ã\81«ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9få\81´ã\81\8bã\82\89å\83\8dã\81\8dã\81\8bã\81\91ã\82\8b"
-"必要はありません。"
+"パッケージの説明文や <systemitem role=\"package\">debconf</systemitem> テンプ"
+"ã\83¬ã\83¼ã\83\88ã\82\92翻訳ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81¯ä½\95ã\82\82ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82DDTP ã\81®ã\82¤ã\83³ã\83\95ã\83©"
+"ã\81\8cä½\9c業è\80\85ã\81«ç¿»è¨³ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ç´ æ\9d\90ã\82\92å\89²ã\82\8aå½\93ã\81¦ã\82\8bã\81®ã\81«ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9få\81´ã\81\8bã\82\89å\83\8dã\81\8dã\81\8bã\81\91ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81¯ã\81\82"
+"りません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -264,11 +265,11 @@ msgid ""
 "translation and of the reviewing process.  Once they are done, you will get "
 "your translated document from them in your mailbox."
 msgstr ""
-"他の素材 (gettext ファイル、man ページ、その他のドキュメント)については、"
-"最も良い解決策は文章をインターネットのどこかに置いて debian-i18n で他の言語へ"
-"翻訳を頼むことです。翻訳チームのメンバーの何名かはこのメーリングリストに登録"
-"ã\81\97ã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81翻訳ã\81¨ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ä½\9c業ã\82\92æ\8b\85å½\93ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ä¸\80æ\97¦ä½\9c業ã\81\8cå®\8cäº\86ã\81\99ã\82\8cã\81°ã\80\81翻訳ã\81\95ã\82\8cã\81\9f"
-"文章がメールボックスへと届くでしょう。"
+"他の素材 (gettext ファイル、man ページ、その他のドキュメント)については、最も"
+"良い解決策は文章をインターネットのどこかに置いて debian-i18n で他の言語へ翻訳"
+"を頼むことです。翻訳チームのメンバーの何名かはこのメーリングリストに登録して"
+"ã\81\8aã\82\8aã\80\81翻訳ã\81¨ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ä½\9c業ã\82\92æ\8b\85å½\93ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ä¸\80æ\97¦ä½\9c業ã\81\8cå®\8cäº\86ã\81\99ã\82\8cã\81°ã\80\81翻訳ã\81\95ã\82\8cã\81\9fæ\96\87ç« ã\81\8c"
+"メールボックスへと届くでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -287,8 +288,8 @@ msgid ""
 "review.  Once it has been done, you should feel more confident in the "
 "quality of the translation, and feel safe to include it in your package."
 msgstr ""
-"時折、あなたのパッケージ内の文章を訳して翻訳をパッケージに含めるように依頼"
-"ã\81\99ã\82\8b人ã\81\8cå\87ºã\81¦ã\81\8dã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cã\81\9dã\81®è¨\80èª\9eã\81«è©³ã\81\97ã\81\8fã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\80\81å\95\8fé¡\8cã\81¨ã\81ªã\82\8aå¾\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"時折、あなたのパッケージ内の文章を訳して翻訳をパッケージに含めるように依頼"
+"る人が出てきます。これはあなたがその言語に詳しくない場合、問題となり得ます。"
 "その文章を対応する l10n メーリングリストに投稿し、レビューを依頼するのが良い"
 "考えです。一旦レビューが終われば、翻訳の質に自信を持つでしょうし、パッケージ"
 "に含めるのにも安心を覚えるでしょう。"
@@ -308,10 +309,10 @@ msgid ""
 "translation with your new changes.  Keep in mind that this task takes time; "
 "at least one week to get the update reviewed and all."
 msgstr ""
-"放置していた文章に翻訳文がある場合、毎回元の文章を更新する際には、以前翻訳"
-"ã\81\97ã\81\9f人ã\81«æ\96°ã\81\9fã\81«å¤\89æ\9b´ã\81\97ã\81\9fç\82¹ã\81«å\90\88ã\82\8fã\81\9bã\81¦ç¿»è¨³ã\82\92æ\9b´æ\96°ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ã\82\88ã\81\86ã\81«ä¾\9dé ¼ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8c"
-"ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ä½\9c業ã\81«ã\81¯æ\99\82é\96\93ã\81\8cã\81\8bã\81\8bã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92è¦\9aã\81\88ã\81¦ã\81\8aã\81\84ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84â\80\95æ\9b´æ\96°ã\82\92ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼"
-"ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81£ã\81\9fã\82\8aã\81\99ã\82\8bã\81«ã\81¯å°\91ã\81ªã\81\8fã\81¨ã\82\82\80±é\96\93ã\81¯ã\81\8bã\81\8bã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"放置していた文章に翻訳文がある場合、毎回元の文章を更新する際には、以前翻訳"
+"ã\81\9f人ã\81«æ\96°ã\81\9fã\81«å¤\89æ\9b´ã\81\97ã\81\9fç\82¹ã\81«å\90\88ã\82\8fã\81\9bã\81¦ç¿»è¨³ã\82\92æ\9b´æ\96°ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\86ã\82\88ã\81\86ã\81«ä¾\9dé ¼ã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8a"
+"ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ä½\9c業ã\81«ã\81¯æ\99\82é\96\93ã\81\8cã\81\8bã\81\8bã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92è¦\9aã\81\88ã\81¦ã\81\8aã\81\84ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84â\80\95æ\9b´æ\96°ã\82\92ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\81\97ã\81¦ã\82\82"
+"らったりするには少なくとも1週間はかかります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -324,8 +325,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "翻訳者が応答してこない場合、対応する l10n メーリングリストに助力を願い出ま"
 "しょう。すべてうまくいかなかった場合は、翻訳文中に翻訳がとにかく古い事の警告"
-"を入れておくの忘れないようにして、できれば読者がオリジナルの文章を参照するよ"
-"にしましょう。"
+"を入れておくの忘れないようにして、できれば読者がオリジナルの文章を参照するよ"
+"ã\81\86ã\81«ã\81\97ã\81¾ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -355,8 +356,8 @@ msgid ""
 "corresponding debian-l10n-XXX mailing list)."
 msgstr ""
 "最も良い解決策は開発元のバグという印を付けておいて (forward)、以前の翻訳者と"
-"関連するチーム (対応する debian-l10n-XXX メーリングリスト) に転送すること"
-"ã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"関連するチーム (対応する debian-l10n-XXX メーリングリスト) に転送すること"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -372,9 +373,9 @@ msgid ""
 "within Debian concerning these points, and that in any case, you should "
 "collaborate with your team and the package maintainer."
 msgstr ""
-"これを読み進める間、Debian においてこれらの点に関する一般的な手続きは存在"
-"ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\80\81ã\81\9dã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81\8bã\81ªã\82\8bå ´å\90\88ã\81§ã\82\82ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\82\84ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨å\8d\94調ã\81\97ã\81¦"
-"作業する必要があることを念頭においてください。"
+"これを読み進める間、Debian においてこれらの点に関する一般的な手続きは存在して"
+"ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\80\81ã\81\9dã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81\8bã\81ªã\82\8bå ´å\90\88ã\81§ã\82\82ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\82\84ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨å\8d\94調ã\81\97ã\81¦ä½\9c業ã\81\99"
+"る必要があることを念頭においてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -392,9 +393,9 @@ msgid ""
 "to the maintainer of the package (see next point)."
 msgstr ""
 "翻訳したい文章を選び、誰もまだ作業をしていないことを確認し (debian-l10n-XXX "
-"メーリングリストを参照。日本語の場合は debian-doc@debian.or.jp を参照して"
-"ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84\80\81翻訳ã\81\97ã\80\81l10n ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81§ä»\96ã\81®ã\83\8dã\82¤ã\83\86ã\82£ã\83\96ã\82¹ã\83\94ã\83¼ã\82«ã\83¼ã\81«ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82\92"
-"ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\82\89ã\81\84ã\80\81ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81«æ\8f\90ä¾\9bã\81\97ã\81¾ã\81\99 (次ã\81®æ®µã\82\92å\8f\82ç\85§)ã\80\82"
+"メーリングリストを参照。日本語の場合は debian-doc@debian.or.jp を参照してくだ"
+"ã\81\95ã\81\84\80\81翻訳ã\81\97ã\80\81l10n ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81§ä»\96ã\81®ã\83\8dã\82¤ã\83\86ã\82£ã\83\96ã\82¹ã\83\94ã\83¼ã\82«ã\83¼ã\81«ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82\92ã\81\97"
+"てもらい、パッケージメンテナに提供します (次の段を参照)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -411,9 +412,9 @@ msgid ""
 "everyone, and avoid the chaos resulting in having several versions of the "
 "same document in bug reports."
 msgstr ""
-"含めてもらう翻訳が正しいかどうかを提供する前に確認してください (l10n "
-"ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81§ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82\92ä¾\9dé ¼ã\81\97ã\81¾ã\81\97ã\82\87ã\81\86\80\82ç\9a\86ã\81®æ\99\82é\96\93ã\82\92ç¯\80ç´\84ã\81\97ã\80\81ã\83\90ã\82°ã\83¬ã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81«"
-"複数バージョンの同じ文章があるというカオス状態を避けることになります。"
+"含めてもらう翻訳が正しいかどうかを提供する前に確認してください (l10n メーリン"
+"ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\81§ã\83¬ã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82\92ä¾\9dé ¼ã\81\97ã\81¾ã\81\97ã\82\87ã\81\86\80\82ç\9a\86ã\81®æ\99\82é\96\93ã\82\92ç¯\80ç´\84ã\81\97ã\80\81ã\83\90ã\82°ã\83¬ã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81«è¤\87æ\95°ã\83\90ã\83¼"
+"ジョンの同じ文章があるというカオス状態を避けることになります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -424,9 +425,9 @@ msgid ""
 "severity higher than 'wishlist', since the lack of translation never "
 "prevented a program from running."
 msgstr ""
-"最も良いやり方は、パッケージに対して翻訳を含めて通常のバグとして登録する"
-"ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82å¿\98ã\82\8cã\81\9aã\81«ã\80\8cpatchã\80\8dã\82¿ã\82°ã\82\92使ã\81\84ã\80\81翻訳ã\81\8c欠ã\81\91ã\81¦ã\81\84ã\81\9fã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\83\97ã\83­ã\82°ã\83©ã\83 ã\81®"
-"動作に支障は無いので「wishlist」以上の重要度を使わないようにしましょう。"
+"最も良いやり方は、パッケージに対して翻訳を含めて通常のバグとして登録すること"
+"ã\81§ã\81\99ã\80\82å¿\98ã\82\8cã\81\9aã\81«ã\80\8cpatchã\80\8dã\82¿ã\82°ã\82\92使ã\81\84ã\80\81翻訳ã\81\8c欠ã\81\91ã\81¦ã\81\84ã\81\9fã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\82\82ã\83\97ã\83­ã\82°ã\83©ã\83 ã\81®å\8b\95ä½\9cã\81«"
+"支障は無いので「wishlist」以上の重要度を使わないようにしましょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -443,10 +444,10 @@ msgid ""
 "you consider an error can be right (or even needed) in the given language."
 msgstr ""
 "メンテナとしては、翻訳については関連の l10n メーリングリストに尋ねること無く"
-"どの様な方法であれいじらないこと (レイアウトを変えることでさえしないこと) で"
-"ã\80\82ã\82\82ã\81\97ã\81\84ã\81\98ã\81£ã\81¦ã\81\97ã\81¾ã\81\86ã\81¨ã\80\81ä¾\8bã\81\88ã\81°ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\82¨ã\83³ã\82³ã\83¼ã\83\87ã\82£ã\83³ã\82°ã\82\92ç ´å£\8aã\81\99ã\82\8bå\8d±é\99ºã\81\8cã\81\82ã\82\8a"
-"ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\95ã\82\89ã\81«ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cé\96\93é\81\95ã\81\84ã\81 ã\81¨ã\81\8aã\82\82ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\9dã\81®è¨\80èª\9eã\81§ã\81¯æ­£è§£ã\81§ã\81\82ã\82\8b (ã\81¾ã\81\9f"
-"は必要ですらある) ことがあり得ます。"
+"どの様な方法であれいじらないこと (レイアウトを変えることでさえしないこと) で"
+"ã\81\99ã\80\82ã\82\82ã\81\97ã\81\84ã\81\98ã\81£ã\81¦ã\81\97ã\81¾ã\81\86ã\81¨ã\80\81ä¾\8bã\81\88ã\81°ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81®ã\82¨ã\83³ã\82³ã\83¼ã\83\87ã\82£ã\83³ã\82°ã\82\92ç ´å£\8aã\81\99ã\82\8bå\8d±é\99ºã\81\8cã\81\82"
+"ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\95ã\82\89ã\81«ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cé\96\93é\81\95ã\81\84ã\81 ã\81¨ã\81\8aã\82\82ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\9dã\81®è¨\80èª\9eã\81§ã\81¯æ­£è§£ã\81§ã\81\82ã\82\8b "
+"(または必要ですらある) ことがあり得ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -456,9 +457,9 @@ msgid ""
 "report it.  Translators are often the most attentive readers of a given "
 "text, and if they don't report the errors they find, nobody will."
 msgstr ""
-"翻訳者としては、元の文章に間違いを見つけた場合は必ず報告することです。"
-"翻訳者はしばしばその文章の最も注意深い読者であり、翻訳者が見つけた間違い"
-"ã\82\92å ±å\91\8aã\81\97ã\81ªã\81\84ã\81®ã\81ªã\82\89ã\81°èª°ã\82\82å ±å\91\8aã\81\97ã\81ªã\81\84ã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82"
+"翻訳者としては、元の文章に間違いを見つけた場合は必ず報告することです。翻訳者"
+"はしばしばその文章の最も注意深い読者であり、翻訳者が見つけた間違いを報告しな"
+"いのならば誰も報告しないでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -471,12 +472,12 @@ msgid ""
 "on debian-i18n, or even on debian-devel (but beware, l10n discussions very "
 "often become flamewars on that list :)"
 msgstr ""
-"いずれの場合でも、l10n に関する最も大きな問題は複数人の協調であり、誤解から"
-"小さな問題でフレームウォーを起こすのはとても簡単だということです。ですので、"
-"ã\82\82ã\81\97è²´æ\96¹ã\81®è©±ã\81\97ç\9b¸æ\89\8bã\81¨å\95\8fé¡\8cã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\81¯ã\80\81é\96¢é\80£ã\81\99ã\82\8b l10n ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88"
-"や debian-i18n メーリングリスト、さらにあるいは debian-devel メーリングリスト"
-"に助けを求めてください (ですが、ご注意を。l10n 関連の議論は debian-devel では"
-"繁にフレームウォーになります :)"
+"いずれの場合でも、l10n に関する最も大きな問題は複数人の協調であり、誤解から"
+"さな問題でフレームウォーを起こすのはとても簡単だということです。ですので、も"
+"ã\81\97è²´æ\96¹ã\81®è©±ã\81\97ç\9b¸æ\89\8bã\81¨å\95\8fé¡\8cã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\81¯ã\80\81é\96¢é\80£ã\81\99ã\82\8b l10n ã\83¡ã\83¼ã\83ªã\83³ã\82°ã\83ªã\82¹ã\83\88ã\82\84 "
+"debian-i18n メーリングリスト、さらにあるいは debian-devel メーリングリストに"
+"助けを求めてください (ですが、ご注意を。l10n 関連の議論は debian-devel では頻"
+"繁にフレームウォーになります :)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
index bd02b82..88f6bb7 100644 (file)
@@ -123,9 +123,9 @@ msgid ""
 "upload, or reply to the rejection email in case you are already re-uploading."
 msgstr ""
 "パッケージについて、NEW パッケージキューの管理者への説明が必要だろうと思う場"
-"合は、changelog に説明を含めて &email-ftpmaster; へ送ってください。アップ"
-"ã\83­ã\83¼ã\83\89å¾\8cã\81§ã\81\82ã\82\8cã\81°ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨ã\81\97ã\81¦å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\81£ã\81\9fã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81«è¿\94ä¿¡ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\82\82ã\81\97ã\81\8fã\81¯æ\97¢"
-"ã\81«å\86\8dã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\82\92ã\81®æ\9c\80中ã\81®å ´å\90\88ã\81¯ reject ã\81®ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦è¿\94ä¿¡ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
+"合は、changelog に説明を含めて &email-ftpmaster; へ送ってください。アップロー"
+"ã\83\89å¾\8cã\81§ã\81\82ã\82\8cã\81°ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨ã\81\97ã\81¦å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\81£ã\81\9fã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81«è¿\94ä¿¡ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\82\82ã\81\97ã\81\8fã\81¯æ\97¢ã\81«å\86\8d"
+"アップロードをの最中の場合は reject のメールに対して返信してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -144,8 +144,8 @@ msgstr ""
 "い。これは、セキュリティチームが脆弱性を追跡するのに役立ちます。アドバイザリ"
 "の ID が分かる前にバグ修正のためのアップロードが行われた場合は、以前の "
 "changelog エントリを次のアップロード時に修正するのが推奨されています。このよ"
-"うな場合でも、元々の changelog での記載に可能な限り背景情報へのポインタを全"
-"含めてください。"
+"うな場合でも、元々の changelog での記載に可能な限り背景情報へのポインタを全"
+"含めてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -241,11 +241,11 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "パッケージについて行った変更は <filename>debian/changelog</filename> に記録さ"
 "れなくてはいけません。これらの変更には、何が変更されたのか、(不確かであれば) "
-"何故なのか、そしてどのバグが閉じられたのかの簡潔な説明文を付加する必要が"
-"ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81¯ <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package"
-"</replaceable>/changelog.Debian.gz</filename>、あるいは native パッケージの"
-"場合は <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package</replaceable>/"
-"changelog.gz</filename> にインストールされます。"
+"何故なのか、そしてどのバグが閉じられたのかの簡潔な説明文を付加する必要があり"
+"ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81¯ <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package</"
+"replaceable>/changelog.Debian.gz</filename>、あるいは native パッケージの場合"
+"は <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package</replaceable>/changelog.gz</"
+"filename> にインストールされます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -388,8 +388,8 @@ msgid ""
 "Optionally run <command>debdiff</command> (see <xref linkend=\"debdiff\"/>) "
 "to analyze changes from an older version, if one exists."
 msgstr ""
-"もし古いバージョンがあれば、それからの変更点を分析するために追加で <command>"
-"debdiff</command> を実行する (<xref linkend=\"debdiff\"/> を参照) 。"
+"もし古いバージョンがあれば、それからの変更点を分析するために追加で "
+"<command>debdiff</command> を実行する (<xref linkend=\"debdiff\"/> を参照) 。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -468,8 +468,8 @@ msgstr ""
 "lzma}</filename>) を含んでいます。native ではないパッケージのソースパッケージ"
 "は Debian のソース control ファイルと、オリジナルのソースコードの tarball "
 "(<filename>.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</filename>)、そして Debian での変更点 "
-"(ソース形式“1.0”は <filename>.diff.gz</filename>、ソース形式“3.0 (quilt)”"
-"は <filename>.debian.tar.{gz,bz2,lzma}</filename>) を含んでいます。"
+"(ソース形式“1.0”は <filename>.diff.gz</filename>、ソース形式“3.0 (quilt)”は "
+"<filename>.debian.tar.{gz,bz2,lzma}</filename>) を含んでいます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:241
@@ -483,13 +483,12 @@ msgstr ""
 "ソース形式“1.0”では、パッケージが native かどうかはビルド時に <command>dpkg-"
 "source</command> によって決められていました。最近では望むソース形式を "
 "<filename>debian/source/format</filename> に“3.0 (quilt)”または“3.0 "
-"(native)”と記述することによって明示することが推奨されています。この章の残り"
-"部分は native ではないパッケージについてのみ記しています。"
+"(native)”と記述することによって明示することが推奨されています。この章の残り"
+"部分は native ではないパッケージについてのみ記しています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:248
-#, fuzzy
 msgid ""
 "The first time a version is uploaded which corresponds to a particular "
 "upstream version, the original source tar file should be uploaded and "
@@ -497,11 +496,12 @@ msgid ""
 "same tar file should be used to build the new diffs and <filename>.dsc</"
 "filename> files, and will not need to be re-uploaded."
 msgstr ""
-"初回には、バージョンは特定の開発元のバージョン (upstream version) に該当する"
-"ものアップロードされます。元のソース tar ファイルは、アップロードされて "
-"<filename>.changes</filename> ファイルに含められている必要があります。その後、"
-"新しい diff ファイルや <filename>.dsc</filename> ファイルの生成には全く同じ "
-"tar ファイルを使わなければならず、これを再アップロードする必要はありません。"
+"初回には、特定の開発元のバージョン (upstream version) に該当するバージョンが"
+"アップロードされます。元のソース tar ファイルは、アップロードされて "
+"<filename>.changes</filename> ファイルに含まれている必要があります。その"
+"後、新しい diff ファイルや <filename>.dsc</filename> ファイルの生成には全く同"
+"じ tar ファイルを使わなければならず、これを再アップロードする必要はありませ"
+"ん。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:255
@@ -530,8 +530,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "アップロード時にオリジナルのソースが含まれていない場合、アップロードされる "
 "<filename>.dsc</filename> と diff ファイルを構築する際に <command>dpkg-"
-"source</command> が使用するオリジナルの tar ファイルは、<emphasis>必ず"
-"</emphasis>既にアーカイブにあるものと 1 バイトも違わぬものでなくてはなりませ"
+"source</command> が使用するオリジナルの tar ファイルは、<emphasis>必ず</"
+"emphasis>既にアーカイブにあるものと 1 バイトも違わぬものでなくてはなりませ"
 "ん。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -544,12 +544,12 @@ msgid ""
 "<filename>debian</filename> directory are preserved since they are stored in "
 "a tar archive."
 msgstr ""
-"注æ\84\8fã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81\9fã\81 ã\81\8dã\81\9fã\81\84ã\81®ã\81¯、native ではないパッケージでは、diff はパッチ内の"
-"ファイルパーミッションを保存しないので、<filename>*.orig.tar."
-"{gz,bz2,lzma}</filename> 内に存在しないファイルのパーミッションは保持され"
-"ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81ã\82½ã\83¼ã\82¹å½¢å¼\8fâ\80\9c3.0 (quilt)â\80\9dã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\80\81<filename>debian"
-"</filename> ディレクトリ内にあるファイルのパーミッションは tar アーカイブで"
-"保存されるのでそのままになります。"
+"注æ\84\8fã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81\9fã\81 ã\81\8dã\81\9fã\81\84ã\81®ã\81§ã\81\99ã\81\8c、native ではないパッケージでは、diff はパッチ内の"
+"ファイルパーミッションを保存しないので、<filename>*.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</"
+"filename> 内に存在しないファイルのパーミッションは保持されません。しかし、"
+"ã\82½ã\83¼ã\82¹å½¢å¼\8fâ\80\9c3.0 (quilt)â\80\9dã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bå ´å\90\88ã\80\81<filename>debian</filename> ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯"
+"トリ内にあるファイルのパーミッションは tar アーカイブで保存されるのでそのまま"
+"になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -698,15 +698,15 @@ msgid ""
 "managers are usually willing to include your fix nonetheless in a regular "
 "upload to <literal>stable</literal>."
 msgstr ""
-"以前、<literal>安定版 (stable)</literal> へのアップロードはセキュリティ問題"
-"ã\81¸ã\81®å¯¾å\87¦ã\81¨å\90\8cç­\89ã\81«å\8f\96ã\82\8aæ\89±ã\82\8fã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81ã\81\93ã\81®æ\85£ç¿\92ã\81¯å»\83ã\82\8cã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81Debian "
-"ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£å\8b§å\91\8aã\81\8cã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81\9fé\9a\9bã\80\81ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£å\8b§å\91\8aã\81¸ã\81®ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81«"
-"使われたものが自動的に適切な <filename>proposed-updates</filename> アーカイブ"
-"ã\81«ã\82³ã\83\94ã\83¼ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£æ\83\85å ±ã\81®å\8f\96ã\82\8aæ\89±ã\81\84æ\96¹ã\81®è©³ç´°ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ <xref "
-"linkend=\"bug-security\"/> を参照してください。セキュリティチームがその問題"
-"は <literal>DSA</literal> を通じて修正するには軽微過ぎると思った場合であっても"
-"、安定版のリリースマネージャらはそれに関わらず <literal>安定版 (stable)"
-"</literal> への定期アップロードに修正を含めようとするでしょう。"
+"以前、<literal>安定版 (stable)</literal> へのアップロードはセキュリティ問題"
+"ã\81®å¯¾å\87¦ã\81¨å\90\8cç­\89ã\81«å\8f\96ã\82\8aæ\89±ã\82\8fã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\97ã\81\9fã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81ã\81\93ã\81®æ\85£ç¿\92ã\81¯å»\83ã\82\8cã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81Debian ã\82»"
+"ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£å\8b§å\91\8aã\81\8cã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81\9fé\9a\9bã\80\81ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£å\8b§å\91\8aã\81¸ã\81®ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81«ä½¿ã\82\8fã\82\8cã\81\9f"
+"ものが自動的に適切な <filename>proposed-updates</filename> アーカイブにコピー"
+"ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£æ\83\85å ±ã\81®å\8f\96ã\82\8aæ\89±ã\81\84æ\96¹ã\81®è©³ç´°ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ <xref linkend=\"bug-"
+"security\"/> を参照してください。セキュリティチームがその問題は "
+"<literal>DSA</literal> を通じて修正するには軽微過ぎると思った場合であっても、"
+"安定版のリリースマネージャらはそれに関わらず <literal>安定版 (stable)</"
+"literal> への定期アップロードに修正を含めようとするでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -715,8 +715,8 @@ msgid ""
 "Changing anything else in the package that isn't important is discouraged, "
 "because even trivial fixes can cause bugs later on."
 msgstr ""
-"些細な修正でも後ほどバグを引き起こすことがあるので、重要でないものは何で"
-"ã\81\82ã\82\8dã\81\86ã\81¨å¤\89æ\9b´ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81¯æ\8e¨å¥¨ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
+"些細な修正でも後ほどバグを引き起こすことがあるので、重要でないものは何であろ"
+"うと変更するのは推奨されません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:358
@@ -732,14 +732,14 @@ msgid ""
 "discouraged."
 msgstr ""
 "<literal>安定版 (stable)</literal> にアップロードされるパッケージは<literal>"
-"安定版 (stable)</literal> を動作しているシステム上でコンパイルされていなけれ"
-"ã\81ªã\82\89ã\81\9aã\80\81ã\83©ã\82¤ã\83\96ã\83©ã\83ª (ã\82\84ã\81\9dã\81®ä»\96ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸) ã\81¸ã\81®ä¾\9då­\98ã\81¯<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)"
-"</literal> で入手可能なものに限られます。例えば、<literal>安定版 (stable)"
-"</literal> にアップロードされたパッケージが<literal>不安定版 (unstable)"
-"</literal> にのみ存在するライブラリパッケージに依存していると reject されます。"
-"他のパッケージへの依存を (<literal>提供 (Provides)</literal> や <filename>"
-"shlibs</filename> をいじることで) 変更するのは、他のパッケージをインストール"
-"できないようにする可能性があるので認められません。"
+"安定版 (stable)</literal> を動作しているシステム上でコンパイルされていなけれ"
+"ã\81°ã\81ªã\82\89ã\81\9aã\80\81ã\83©ã\82¤ã\83\96ã\83©ã\83ª (ã\82\84ã\81\9dã\81®ä»\96ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸) ã\81¸ã\81®ä¾\9då­\98ã\81¯<literal>å®\89å®\9aç\89\88 "
+"(stable)</literal> で入手可能なものに限られます。例えば、<literal>安定版 "
+"(stable)</literal> にアップロードされたパッケージが<literal>不安定版 "
+"(unstable)</literal> にのみ存在するライブラリパッケージに依存していると "
+"reject されます。他のパッケージへの依存を (<literal>提供 (Provides)</"
+"literal> や <filename>shlibs</filename> をいじることで) 変更するのは、他の"
+"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\82\92ã\82¤ã\83³ã\82¹ã\83\88ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84ã\82\88ã\81\86ã\81«ã\81\99ã\82\8bå\8f¯è\83½æ\80§ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81®ã\81§èª\8dã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:368
@@ -748,9 +748,9 @@ msgid ""
 "long as it hasn't been archived. The same rules as for <literal>stable</"
 "literal> apply."
 msgstr ""
-"<literal>旧安定版 (oldstable)</literal> ディストリビューションへのアップ"
-"ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¯ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81ªã\81\84é\99\90ã\82\8aå\8f¯è\83½ã\81§ã\81\99ã\80\82<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)</literal>"
-"ã\81¨å\90\8cã\81\98ã\83«ã\83¼ã\83«ã\81\8cé\81©ç\94¨ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"<literal>旧安定版 (oldstable)</literal> ディストリビューションへのアップロー"
+"ã\83\89ã\81¯ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81ªã\81\84é\99\90ã\82\8aå\8f¯è\83½ã\81§ã\81\99ã\80\82<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)</literal>ã\81¨å\90\8c"
+"じルールが適用されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -797,8 +797,8 @@ msgstr ""
 "dsc ファイル) を anonymous ftp で <literal>&ftp-upload-host;</literal> の "
 "<ulink url=\"ftp://&ftp-upload-host;&upload-queue;\">&upload-queue;</ulink> "
 "へアップロードする必要があります。そこでファイルを処理するためには、Debian "
-"Developers keyring または Debian Maintainers keyring (<ulink "
-"url=\"&url-wiki-dm;\"></ulink> 参照) にある鍵で署名しておく必要があります。"
+"Developers keyring または Debian Maintainers keyring (<ulink url=\"&url-wiki-"
+"dm;\"></ulink> 参照) にある鍵で署名しておく必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -808,10 +808,10 @@ msgid ""
 "upload may be rejected because the archive maintenance software will parse "
 "the changes file and see that not all files have been uploaded."
 msgstr ""
-"changes ファイルは最後に転送する必要があることに注意してください。そうしない"
-"ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\83³ã\82¹ã\82\92è¡\8cã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\82½ã\83\95ã\83\88ã\81\8c changes ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\82\92ã\83\91ã\83¼ã\82¹ã\81\97ã\81¦å\85¨ã\81¦"
-"ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81\8cã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81¨å\88¤æ\96­ã\81\97ã\81¦ã\80\81ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¯ reject ã\81\95ã\82\8cã\82\8b"
-"かもしれません。"
+"changes ファイルは最後に転送する必要があることに注意してください。そうしない"
+"ã\81¨ã\82¢ã\83¼ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\83³ã\82¹ã\82\92è¡\8cã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\82½ã\83\95ã\83\88ã\81\8c changes ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\82\92ã\83\91ã\83¼ã\82¹ã\81\97ã\81¦å\85¨"
+"ã\81¦ã\81®ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81\8cã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81¨å\88¤æ\96­ã\81\97ã\81¦ã\80\81ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¯ reject ã\81\95ã\82\8c"
+"ã\82\8bã\81\8bã\82\82ã\81\97ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:403
@@ -821,10 +821,10 @@ msgid ""
 "These handy programs help automate the process of uploading packages into "
 "Debian."
 msgstr ""
-"パッケージのアップロードを行う際には <link linkend=\"dupload\">dupload</link> "
-"や <link linkend=\"dput\">dput</link> が便利なことにも気づくことでしょう。これらの"
-"便利なプログラムは、パッケージを Debian にアップロードする作業を自動化するのに"
-"役立ちます。"
+"パッケージのアップロードを行う際には <link linkend=\"dupload\">dupload</"
+"link> や <link linkend=\"dput\">dput</link> が便利なことにも気づくことでしょ"
+"う。これらの便利なプログラムは、パッケージを Debian にアップロードする作業を"
+"自動化するのに役立ちます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:408
@@ -833,8 +833,9 @@ msgid ""
 "&upload-queue;README\"/> and the Debian package <link linkend=\"dcut\">dcut</"
 "link>."
 msgstr ""
-"パッケージを削除するには <ulink url=\"ftp://&ftp-upload-host;&upload-queue;README\"/> "
-"と <link linkend=\"dcut\">dcut</link> Debian パッケージを参照してください。"
+"パッケージを削除するには <ulink url=\"ftp://&ftp-upload-host;&upload-queue;"
+"README\"/> と <link linkend=\"dcut\">dcut</link> Debian パッケージを参照して"
+"ください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -850,10 +851,10 @@ msgid ""
 "preparing a <link linkend=\"nmu\">Non-Maintainer Upload</link>, you might "
 "want to give the maintainer a few days to react."
 msgstr ""
-"パッケージを直ちにアップロードするのが良い時もありますが、パッケージがアー"
-"ã\82«ã\82¤ã\83\96ã\81«å\85¥ã\82\8bã\81®ã\81\8cæ\95°æ\97¥å¾\8cã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81®ã\81\8cè\89¯ã\81\84ã\81¨æ\80\9dã\81\86æ\99\82ã\82\82ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ä¾\8bã\81\88ã\81°ã\80\81<link "
-"linkend=\"nmu\">Non-Maintainer アップロード</link>の準備をする際は、メンテナ"
-"に対して猶予期間を数日間与えたいと思うでしょう。"
+"パッケージを直ちにアップロードするのが良い時もありますが、パッケージがアー"
+"ã\82¤ã\83\96ã\81«å\85¥ã\82\8bã\81®ã\81\8cæ\95°æ\97¥å¾\8cã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81®ã\81\8cè\89¯ã\81\84ã\81¨æ\80\9dã\81\86æ\99\82ã\82\82ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ä¾\8bã\81\88ã\81°ã\80\81<link linkend="
+"\"nmu\">Non-Maintainer アップロード</link>の準備をする際は、メンテナに対して"
+"猶予期間を数日間与えたいと思うでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:425
@@ -867,12 +868,12 @@ msgid ""
 "per day to <literal>&ftp-upload-host;</literal>."
 msgstr ""
 "delayed ディレクトリにアップロードされると、パッケージは <ulink url=\"http://"
-"ftp-master.debian.org/deferred.html\">the deferred uploads queue</ulink> に保"
-"されます。指定した待ち時間が終わると、パッケージは処理のため通常の incoming "
-"ディレクトリに移動されます。この作業は <literal>&ftp-upload-host;</literal> の "
-"<literal>DELAYED/[012345678]-day</literal> ディレクトリへのアップロードを通じて"
-"自動的に処理されます。0-day は一日に複数回 <literal>&ftp-upload-host;</literal> "
-"へアップロードするのに使われます。"
+"ftp-master.debian.org/deferred.html\">the deferred uploads queue</ulink> に保"
+"存されます。指定した待ち時間が終わると、パッケージは処理のため通常の "
+"incoming ディレクトリに移動されます。この作業は <literal>&ftp-upload-host;</"
+"literal> の <literal>DELAYED/[012345678]-day</literal> ディレクトリへのアップ"
+"ロードを通じて自動的に処理されます。0-day は一日に複数回 <literal>&ftp-"
+"upload-host;</literal> へアップロードするのに使われます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:435
@@ -933,10 +934,10 @@ msgid ""
 "literal>. This queue does not support <link linkend=\"delayed-incoming"
 "\">delayed uploads</link>."
 msgstr ""
-"パッケージは ssh を使って <literal>&ssh-upload-host;</literal> へアップロードする"
-"ã\81\93ã\81¨ã\82\82å\8f¯è\83½ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81¯ <literal>/srv/upload.debian.org/UploadQueue</literal> " 
-"に置く必要があります。このキューは<link linkend=\"delayed-incoming\">遅延アップ"
-"ロード</link>をサポートしていません。"
+"パッケージは ssh を使って <literal>&ssh-upload-host;</literal> へアップロード"
+"ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\82å\8f¯è\83½ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\81¯ <literal>/srv/upload.debian.org/UploadQueue</"
+"literal> に置く必要があります。このキューは<link linkend=\"delayed-incoming"
+"\">遅延アップロード</link>をサポートしていません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -957,13 +958,14 @@ msgid ""
 "manually.  When uploads are handled manually, the change to the archive may "
 "take up to a month to occur.  Please be patient."
 msgstr ""
-"Debian アーカイブメンテナはパッケージのアップロードに関して責任を持っています。"
-"多くの部分は、アップロードはアーカイブ用のメンテナンスツール <command>katie"
-"</command> によって日々自動的に行われています。特に、<literal>不安定版 (unstable)"
-"</literal> に存在しているパッケージの更新は自動的に処理されます。それ以外の場合、"
-"特に新規パッケージの場合は、アップロードされたパッケージをディストリビューション"
-"に含めるのは手動で行われます。アップロードが手動で処理される場合は、アーカイブへの"
-"変更は実施されるまでに一ヶ月ほどかかります。お待ちください。"
+"Debian アーカイブメンテナはパッケージのアップロードに関して責任を持っていま"
+"す。多くの部分は、アップロードはアーカイブ用のメンテナンスツール "
+"<command>katie</command> によって日々自動的に行われています。特に、<literal>"
+"不安定版 (unstable)</literal> に存在しているパッケージの更新は自動的に処理さ"
+"れます。それ以外の場合、特に新規パッケージの場合は、アップロードされたパッ"
+"ケージをディストリビューションに含めるのは手動で行われます。アップロードが手"
+"動で処理される場合は、アーカイブへの変更は実施されるまでに一ヶ月ほどかかりま"
+"す。お待ちください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -974,10 +976,10 @@ msgid ""
 "be closed by the upload.  Please examine this notification carefully, "
 "checking if any bugs you meant to close didn't get triggered."
 msgstr ""
-"どの場合であっても、パッケージがアーカイブに追加されたことや、バグが"
-"ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81§é\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\81\9fã\81\93ã\81¨ã\82\92å\91\8aã\81\92ã\82\8bã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81®é\80\9aç\9f¥ã\82\92å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
-"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cé\96\89ã\81\98ã\82\88ã\81\86ã\81¨ã\81\97ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\81\8cå\87¦ç\90\86ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\81®é\80\9aç\9f¥ã\82\92注æ\84\8fæ·±ã\81\8f確èª\8d"
-"ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
+"どの場合であっても、パッケージがアーカイブに追加されたことや、バグがアップ"
+"ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81§é\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\81\9fã\81\93ã\81¨ã\82\92å\91\8aã\81\92ã\82\8bã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81§ã\81®é\80\9aç\9f¥ã\82\92å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\82ã\81ªã\81\9f"
+"ã\81\8cé\96\89ã\81\98ã\82\88ã\81\86ã\81¨ã\81\97ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\81\8cå\87¦ç\90\86ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\81\93ã\81®é\80\9aç\9f¥ã\82\92注æ\84\8fæ·±ã\81\8f確èª\8dã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -987,8 +989,9 @@ msgid ""
 "package was inserted into.  If there is a disparity, you will receive a "
 "separate email notifying you of that.  Read on below."
 msgstr ""
-"インストール通知もパッケージがどのセクションに入ったかを示す情報を含んでいます。"
-"不一致がある場合は、それを示す別のメール通知を受け取ります。以下も参照ください。"
+"インストール通知もパッケージがどのセクションに入ったかを示す情報を含んでいま"
+"す。不一致がある場合は、それを示す別のメール通知を受け取ります。以下も参照く"
+"ださい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1018,16 +1021,14 @@ msgid ""
 "filename> file are actually just hints."
 msgstr ""
 "<filename>debian/control</filename> ファイルの <literal>セクション (Section)"
-"</literal> フィールドと <literal>優先度 (Priority)</literal> フィールドは"
-"実際にアーカイブ内でどこに配置されるか、あるいはプライオリティが何かという"
-"指定ではありません。<filename>debian/control</filename> ファイル中の値は、"
-"実際のところは単なるヒントです。"
+"</literal> フィールドと <literal>優先度 (Priority)</literal> フィールドは実際"
+"にアーカイブ内でどこに配置されるか、あるいはプライオリティが何かという指定で"
+"はありません。<filename>debian/control</filename> ファイル中の値は、実際のと"
+"ころは単なるヒントです。"
 
-#FIXME-Trans: canonical?
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:510
-#, fuzzy
 msgid ""
 "The archive maintainers keep track of the canonical sections and priorities "
 "for packages in the <literal>override file</literal>.  If there is a "
@@ -1038,17 +1039,17 @@ msgid ""
 "filename> file for your next upload, or else you may wish to make a change "
 "in the <literal>override file</literal>."
 msgstr ""
-"アーカイブメンテナは <literal>override ファイル</literal>内で、パッケージに"
-"ã\81¤ã\81\84ã\81¦å®\9aã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81\9fã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¨å\84ªå\85\88度ã\82\92確èª\8dã\81\97ç¶\9aã\81\91ます。<literal>override ファイル"
+"アーカイブメンテナは、<literal>override ファイル</literal>内でパッケージにつ"
+"ã\81\84ã\81¦å®\9aã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81\9fã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³ã\81¨å\84ªå\85\88度ã\82\92常ã\81«ç¢ºèª\8dã\81\97ã\81¦ã\81\84ます。<literal>override ファイル"
 "</literal>と <filename>debian/control</filename> で指定されたパッケージの"
 "フィールドに不一致がある場合、パッケージがアーカイブにインストールされる際に"
-"相違について記述されたメールを受け取ります。<filename>debian/control</filename> "
-"ファイルを次回のアップロード時に修正することもできますし、<literal>override "
-"ファイル</literal>に変更を加えるように依頼するのもよいでしょう。"
+"相違について記述されたメールを受け取ります。<filename>debian/control</"
+"filename> ファイルを次回のアップロード時に修正することもできますし、"
+"<literal>override ファイル</literal>に変更を加えるように依頼するのもよいで"
+"しょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:520
-#, fuzzy
 msgid ""
 "To alter the actual section that a package is put in, you need to first make "
 "sure that the <filename>debian/control</filename> file in your package is "
@@ -1059,13 +1060,13 @@ msgid ""
 "section/priority</literal>, and include the justification for the change in "
 "the body of the bug report."
 msgstr ""
-"パッケージが現状置かれているセクションを変更するには、まずパッケージの <filename>"
-"debian/control</filename> ファイルが正しいことを確認する必要があります。次に、"
-"<systemitem role=\"package\">ftp.debian.org</systemitem> に対し、あなたの"
-"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å¯¾ã\81\99ã\82\8bã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³ã\81\82ã\82\8bã\81\84ã\81¯å\84ªå\85\88度ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦å\8f¤ã\81\84ã\82\82ã\81®ã\81\8bã\82\89æ\96°ã\81\97ã\81\84ã\82\82ã\81®ã\81¸å¤\89æ\9b´"
-"ã\81\99ã\82\8bä¾\9dé ¼ã\81®ã\83\90ã\82°ç\99»é\8c²ã\82\92ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82<literal>override: PACKAGE1:section/priority, [...], "
-"PACKAGEX:section/priority</literal> のようなサブジェクトを使い、バグ報告の本文に"
-"変更に関する根拠を記述してください。"
+"パッケージが現状で置かれているセクションを変更するには、まずパッケージの "
+"<filename>debian/control</filename> ファイルが正しいことを確認する必要があり"
+"ます。次に、<systemitem role=\"package\">ftp.debian.org</systemitem> に対し、"
+"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å¯¾ã\81\99ã\82\8bã\82»ã\82¯ã\82·ã\83§ã\83³ã\81\82ã\82\8bã\81\84ã\81¯å\84ªå\85\88度ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦å\8f¤ã\81\84ã\82\82ã\81®ã\81\8bã\82\89æ\96°ã\81\97ã\81\84"
+"ã\82\82ã\81®ã\81¸å¤\89æ\9b´ã\81\99ã\82\8bä¾\9dé ¼ã\81®ã\83\90ã\82°ç\99»é\8c²ã\82\92ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82<literal>override: PACKAGE1:section/"
+"priority, [...], PACKAGEX:section/priority</literal> のようなサブジェクトを使"
+"い、バグ報告の本文に変更に関する根拠を記述してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1083,7 +1084,6 @@ msgstr ""
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:537
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Note that the <literal>Section</literal> field describes both the section as "
 "well as the subsection, which are described in <xref linkend=\"archive-"
@@ -1091,11 +1091,11 @@ msgid ""
 "allowable subsections can be found in <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-"
 "archive.html#s-subsections\"></ulink>."
 msgstr ""
-"<xref linkend=\"archive-sections\"/> で書かれているように、<literal>セクション "
-"(Section)</literal>フィールドにはセクション同様にサブセクションも記述するのに"
-"注意ください。セクションが main の場合は、それは書かないようにしてください。"
-"利用可能なサブセクションは <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-archive.html#"
-"s-subsections\"></ulink> から探せます。"
+"<xref linkend=\"archive-sections\"/> で書かれているように、<literal>セクショ"
+"ン (Section)</literal>フィールドにはセクション同様にサブセクションも記述する"
+"のに注意ください。セクションが main の場合は、それは書かないようにしてくださ"
+"い。利用可能なサブセクションは <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-archive."
+"html#s-subsections\"></ulink> で検索できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -1188,15 +1188,14 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:584
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Some find it useful to get periodic reports on open bugs.  You can add a "
 "cron job such as the following if you want to get a weekly email outlining "
 "all the open bugs against your packages:"
 msgstr ""
-"定期的にオープンになっているバグについてのレポートを受け取るのも良いでしょう。"
-"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81§ã\82ªã\83¼ã\83\97ã\83³ã\81«ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\83\90ã\82°ã\81®å\85¨ä¸\80覧ã\82\92æ¯\8eé\80±å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\82\8aã\81\9fã\81\84å ´å\90\88ã\80\81"
-"以下のような cron ジョブを追加します:"
+"定期的にオープンになっているバグについてのレポートを受け取るのも良いでしょ"
+"ã\81\86ã\80\82ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81§ã\82ªã\83¼ã\83\97ã\83³ã\81«ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\83\90ã\82°ã\81®å\85¨ä¸\80覧ã\82\92æ¯\8eé\80±å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\82\8aã\81\9fã\81\84å ´"
+"合、以下のような cron ジョブを追加します:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: pkgs.dbk:589
@@ -1242,8 +1241,8 @@ msgstr ""
 "れているのを確認してください。新しくメールを書いていて元々の報告者のメールア"
 "ドレスを思い出せない場合は、<email><replaceable>123</replaceable>-"
 "submitter@&bugs-host;</email> というメールアドレスが報告者へ連絡するのと、"
-"<emphasis>さらに</emphasis>バグのログへあなたがメールしたのを記録するのにも"
-"使えます (これは <email><replaceable>123</replaceable>@&bugs-host;</email> へ"
+"<emphasis>さらに</emphasis>バグのログへあなたがメールしたのを記録するのにも使"
+"えます (これは <email><replaceable>123</replaceable>@&bugs-host;</email> へ"
 "メールのコピーを送らなくても済むことを意味しています)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1296,7 +1295,6 @@ msgstr "バグを掃除する"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:631
-#, fuzzy
 msgid ""
 "As a package maintainer, you will often find bugs in other packages or have "
 "bugs reported against your packages which are actually bugs in other "
@@ -1307,14 +1305,14 @@ msgid ""
 "documentation</ulink>.  This section contains some guidelines for managing "
 "your own bugs, based on the collective Debian developer experience."
 msgstr ""
-"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¯ã\80\81ä»\96ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«ã\83\90ã\82°ã\82\92è¦\8bã\81¤ã\81\91ã\81\9fã\82\8aã\80\81è\87ªå\88\86ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«"
-"対して報告されたバグが実際には他のパッケージにあるバグであったりということが"
-"頻繁にあるでしょう。バグ追跡システムの機能は <ulink url=\"&url-bts-devel;\">"
-"Debian 開発者向けの BTS ドキュメント</ulink> に記載されています。バグ報告の"
-"再指定 (reassign) やマージ (merge)、そしてタグ付けなどの作業は <ulink url=\""
-"&url-bts-control;\">BTS 制御サーバのドキュメント</ulink> に記述されています。"
-"ã\81\93ã\81®ç« ã\81«ã\81¯ã\80\81Debian é\96\8bç\99ºè\80\85ã\81\8bã\82\89é\9b\86ã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81\9fçµ\8cé¨\93ã\82\92å\85\83ã\81«ã\81\97ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\81®æ\89±ã\81\84æ\96¹ã\81®ã\82¬ã\82¤ã\83\89ã\83©ã\82¤ã\83³"
-"ã\81\8cå\90«ã\81¾ã\82\8cã\81¦います。"
+"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81«ã\81ªã\82\8bã\81¨ã\80\81ä»\96ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«ã\83\90ã\82°ã\82\92è¦\8bã\81¤ã\81\91ã\81\9fã\82\8aã\80\81è\87ªå\88\86ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å¯¾"
+"して報告されたバグが実際には他のパッケージにあるバグであったりということが頻"
+"繁にあるでしょう。バグ追跡システムの機能は <ulink url=\"&url-bts-devel;"
+"\">Debian 開発者向けの BTS ドキュメント</ulink> に記載されています。バグ報告"
+"の再指定 (reassign) やマージ (merge)、そしてタグ付けなどの作業は <ulink url="
+"\"&url-bts-control;\">BTS 制御サーバのドキュメント</ulink> に記述されていま"
+"ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ç« ã\81§ã\81¯ã\80\81Debian é\96\8bç\99ºè\80\85ã\81\8bã\82\89é\9b\86ã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81\9fçµ\8cé¨\93ã\82\92å\85\83ã\81«ã\81\97ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\81®æ\89±ã\81\84æ\96¹ã\81®ã\82¬ã\82¤ã\83\89"
+"ã\83©ã\82¤ã\83³ã\82\92å\90«ã\82\93ã\81§います。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1325,9 +1323,9 @@ msgid ""
 "details.  However, handling the bugs in your own packages is even more "
 "important."
 msgstr ""
-"他のパッケージで見つけた問題についてバグを登録するのは、メンテナとしての責務"
-"一つです。詳細については <xref linkend=\"submit-bug\"/> を参照してください。"
-"しかし、自分のパッケージのバグを管理するのはさらに重要です。"
+"他のパッケージで見つけた問題についてバグを登録するのは、メンテナとしての責務"
+"の一つです。詳細については <xref linkend=\"submit-bug\"/> を参照してくださ"
+"ã\81\84ã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81è\87ªå\88\86ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83\90ã\82°ã\82\92管ç\90\86ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81¯ã\81\95ã\82\89ã\81«é\87\8dè¦\81ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1338,7 +1336,6 @@ msgstr "以下がバグ報告を取り扱う手順です:"
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:652
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Decide whether the report corresponds to a real bug or not.  Sometimes users "
 "are just calling a program in the wrong way because they haven't read the "
@@ -1349,19 +1346,18 @@ msgid ""
 "shouldn't detect its misuse in order to give an informative error message.  "
 "This is an issue that may need to be brought up with the upstream author."
 msgstr ""
-"報告が実際にバグに関連するものか否かを決めてください。時々ユーザはドキュメント"
-"を読んでいないため、誤ったプログラムの使い方をしているだけのことがあります。"
-"ã\81\93ã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81«å\88¤æ\96­ã\81\97ã\81\9få ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81«å\95\8fé¡\8cã\82\92修正ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81«å\8d\81å\88\86ã\81ªæ\83\85å ±ã\82\92ä¸\8eã\81\88ã\81¦ (è\89¯ã\81\84"
-"ドキュメントへのポインタを教えるなどして) バグを閉じます。同じ報告が何度も"
-"繰り返し来る場合には、ドキュメントが十分なものかどうか、あるいは有益なエラー"
-"ã\83¡ã\83\83ã\82»ã\83¼ã\82¸ã\82\92ä¸\8eã\81\88ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\80\81誤ã\81£ã\81\9f使ã\81\84æ\96¹ã\82\92æ¤\9cç\9f¥ã\81\99ã\82\8bæ§\98ã\81«ã\81¯ã\81ªã\81£ã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\82\92自身に"
+"報告が実際にバグに関連するものか否かを決めてください。ユーザはドキュメントを"
+"読んでいないため、誤ったプログラムの使い方をしているだけのことが時々ありま"
+"ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81«å\88¤æ\96­ã\81\97ã\81\9få ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81«å\95\8fé¡\8cã\82\92修正ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81«å\8d\81å\88\86ã\81ªæ\83\85å ±ã\82\92ä¸\8eã\81\88ã\81¦ "
+"(良いドキュメントへのポインタを教えるなどして) バグを閉じます。同じ報告が何度"
+"も繰り返し来る場合には、ドキュメントが十分なものかどうか、あるいは有益なエ"
+"ã\83©ã\83¼ã\83¡ã\83\83ã\82»ã\83¼ã\82¸ã\82\92ä¸\8eã\81\88ã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\80\81誤ã\81£ã\81\9f使ã\81\84æ\96¹ã\82\92æ¤\9cç\9f¥ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\81ªã\81\84ã\81®ã\81§ã\81¯ã\80\81ã\81¨自身に"
 "問い直してください。これは開発元の作者に伝える必要がある問題かもしれません。"
 
-#FIXME-trans: "If you don't find any," - any what?
+# FIXME-trans: "If you don't find any," - any what?
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:662
-#, fuzzy
 msgid ""
 "If the bug submitter disagrees with your decision to close the bug, they may "
 "reopen it until you find an agreement on how to handle it.  If you don't "
@@ -1374,16 +1370,16 @@ msgid ""
 "so, please read the <ulink url=\"&url-tech-ctte;\">recommended procedure</"
 "ulink>."
 msgstr ""
-"バグを閉じるという貴方の判断にバグ報告者らが同意しない場合には、それをどう"
-"取り扱うかについての同意が見つかるまで、彼らは再度オープンな状態 (reopen) に"
-"ã\81\99ã\82\8bã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82ã\81\9dã\81®ã\83\90ã\82°ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\82\82ã\81\86è­°è«\96ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cç\84¡ã\81\84ã\81¨ã\81\84ã\81\86å ´å\90\88、バグは存在する"
+"バグを閉じるという貴方の判断にバグ報告者らが同意しない場合には、それをどう"
+"り扱うかについての同意が見つかるまで、彼らは再度オープンな状態 (reopen) にす"
+"ã\82\8bã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82ã\81\9dã\81®ã\83\90ã\82°ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\82\82ã\81\86è­°è«\96ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cç\84¡ã\81\84ã\81¨ã\81\84ã\81\86å ´å\90\88ã\81¯、バグは存在する"
 "が修正することはないと知らせるため、バグに対して <literal>wontfix</literal> "
-"ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8bã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82ã\81\93ã\81®æ±ºå®\9aã\81\8cå\8f\97ã\81\91å\85¥ã\82\8cã\81\8cã\81\9fã\81\84æ\99\82ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9f (ã\81\82ã\82\8bã\81\84"
-"ã\81¯å ±å\91\8aè\80\85) ã\81¯ã\83\90ã\82°ã\82\92 <systemitem role=\"package\">tech-ctte</systemitem> ã\81«"
-"指定 (reassign) して技術委員会 (technical committee) の判断を仰いでください "
-"(パッケージへ報告されたものをそのままにしておきたい場合は、BTS の clone "
-"ã\82³ã\83\9eã\83³ã\83\89ã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\92è¡\8cã\81\86å\89\8dã\81«ã\81¯<ulink url=\"&url-tech-ctte;\">"
-"推奨手順</ulink>を読んでおいてください。"
+"ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81«ã\81ªã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®æ±ºå®\9aã\81\8cå\8f\97ã\81\91å\85¥ã\82\8cã\81\8cã\81\9fã\81\84æ\99\82ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9f (ã\81\82ã\82\8b"
+"ã\81\84ã\81¯å ±å\91\8aè\80\85) ã\81¯ã\83\90ã\82°ã\82\92 <systemitem role=\"package\">tech-ctte</systemitem> ã\81«å\86\8d"
+"指定 (reassign) して技術委員会 (technical committee) の判断を仰いでください "
+"(パッケージへ報告されたものをそのままにしておきたい場合は、BTS の clone コマ"
+"ã\83³ã\83\89ã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84\80\82ã\81\93ã\82\8cã\82\92è¡\8cã\81\86å\89\8dã\81«ã\81¯<ulink url=\"&url-tech-ctte;\">æ\8e¨å¥¨æ\89\8b"
+"順</ulink>を読んでおいてください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:676
@@ -1399,15 +1395,15 @@ msgid ""
 "mailed to the maintainers of the package being reassigned to, so they won't "
 "know about it until they look at a bug overview for their packages."
 msgstr ""
-"バグが実際にあるが、他のパッケージによって引き起こされている場合は、バグを"
-"正しいパッケージに再指定 (reassign) します。どのパッケージに再指定するべきか"
-"が分からない場合は、<link linkend=\"irc-channels\">IRC</link> か "
-"&email-debian-devel; で聞いてください。再指定するパッケージのメンテナに通知を"
-"してください。例えば <email><replaceable>packagename</replaceable>@packages."
-"debian.org</email> 宛にメッセージを Cc: してメール中に理由を説明するなどします。"
-"å\8d\98ã\81«å\86\8dæ\8c\87å®\9aã\81\97ã\81\9fã\81 ã\81\91ã\81§ã\81¯å\86\8dæ\8c\87å®\9aã\81\95ã\82\8cã\81\9få\85\88ã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81«ã\81¯ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81¯<emphasis>é\80\81ä¿¡ã\81\95ã\82\8cã\81¾"
-"せん</emphasis>ので、彼らがパッケージのバグ一覧を見るまでそれを知ることは"
-"ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82"
+"バグが実際にあるが、他のパッケージによって引き起こされている場合は、バグを"
+"しいパッケージに再指定 (reassign) します。どのパッケージに再指定するべきかが"
+"分からない場合は、<link linkend=\"irc-channels\">IRC</link> か &email-debian-"
+"devel; で聞いてください。再指定するパッケージのメンテナに通知をしてください。"
+"例えば <email><replaceable>packagename</replaceable>@packages.debian.org</"
+"email> 宛にメッセージを Cc: してメール中に理由を説明するなどします。単に再指"
+"å®\9aã\81\97ã\81\9fã\81 ã\81\91ã\81§ã\81¯å\86\8dæ\8c\87å®\9aã\81\95ã\82\8cã\81\9få\85\88ã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81«ã\81¯ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81¯<emphasis>é\80\81ä¿¡ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93</"
+"emphasis>ので、彼らがパッケージのバグ一覧を見るまでそれを知ることはありませ"
+"ん。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1420,12 +1416,12 @@ msgid ""
 "should block \"your\" bug with the reassigned, cloned bug to document the "
 "relationship."
 msgstr ""
-"バグがあなたのパッケージの動作に影響する場合は、バグを複製し (clone)、複製"
-"ã\81\97ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\82\92ã\81\9dã\81®æ\8c\99å\8b\95ã\82\92å®\9fé\9a\9bã\81«èµ·ã\81\93ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å\86\8dæ\8c\87å®\9aã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92æ¤\9cè¨\8eã\81\97ã\81¦"
-"ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\81\95ã\82\82ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83\90ã\82°ä¸\80覧ã\81«ã\83\90ã\82°ã\81\8cè¦\8bã\81¤ã\81\8bã\82\89ã\81ªã\81\84ã\81®ã\81§"
-"、多分ユーザに同じバグを何度も繰り返し報告される羽目になる可能性があります。"
-"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81¯ã\80\81å\86\8dæ\8c\87å®\9a (reassign) ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦ã\80\8cè\87ªå\88\86ã\81®ã\80\8dã\83\90ã\82°ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92é\98²ã\81\8eã\80\81ã\83\90ã\82°ã\81®"
-"複製 (clone) によって関係があることを記載しておく必要があります。"
+"バグがあなたのパッケージの動作に影響する場合は、バグを複製し (clone)、複製"
+"ã\81\9fã\83\90ã\82°ã\82\92ã\81\9dã\81®æ\8c\99å\8b\95ã\82\92å®\9fé\9a\9bã\81«èµ·ã\81\93ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81«å\86\8dæ\8c\87å®\9aã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92æ¤\9cè¨\8eã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 "
+"ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\81\95ã\82\82ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81®ã\83\90ã\82°ä¸\80覧ã\81«ã\83\90ã\82°ã\81\8cè¦\8bã\81¤ã\81\8bã\82\89ã\81ªã\81\84ã\81®ã\81§ã\80\81å¤\9a"
+"分ユーザに同じバグを何度も繰り返し報告される羽目になる可能性があります。あな"
+"ã\81\9fã\81¯ã\80\81å\86\8dæ\8c\87å®\9a (reassign) ã\81«ã\82\88ã\81£ã\81¦ã\80\8cè\87ªå\88\86ã\81®ã\80\8dã\83\90ã\82°ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92é\98²ã\81\8eã\80\81ã\83\90ã\82°ã\81®è¤\87製 "
+"(clone) によって関係があることを記載しておく必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1438,9 +1434,9 @@ msgid ""
 "cosmetic."
 msgstr ""
 "時々、重要度の定義に合うようにバグの重要度を調整する必要もあります。これは、"
-"人々はバグ修正を確実に早くしてもらうために重要度を極端に上げようとするからです。"
-"要望された変更点が単に体裁的なものな時には、バグは要望 (wishlist) に格下げ"
-"されるでしょう。"
+"人々はバグ修正を確実に早くしてもらうために重要度を極端に上げようとするからで"
+"す。要望された変更点が単に体裁的なものな時には、バグは要望 (wishlist) に格下"
+"ã\81\92ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81§ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1455,8 +1451,8 @@ msgid ""
 "its relative, the unmerge command, see the BTS control server documentation."
 msgstr ""
 "バグが確かにあるが既に他の誰かによって同じ問題が報告されている場合は、2 つの"
-"関連したバグを BTS の merge コマンドを使って 1 つにマージします。このように"
-"ã\81\99ã\82\8bã\81¨ã\80\81ã\83\90ã\82°ã\81\8c修正ã\81\95ã\82\8cã\81\9fæ\99\82ã\81«å\85¨ã\81¦ã\81®æ\8a\95稿è\80\85ã\81«é\80\9aç\9f¥ã\81\8cã\81\84ã\81\8dã\81¾ã\81\99 (ã\81§ã\81\99ã\81\8cã\80\81ã\81\9dã\81®ã\83\90ã\82°å ±å\91\8a"
+"関連したバグを BTS の merge コマンドを使って 1 つにマージします。このように"
+"ると、バグが修正された時に全ての投稿者に通知がいきます (ですが、そのバグ報告"
 "の投稿者へのメールは報告の他の投稿者には自動的には通知されないことに注意して"
 "ください)。merge コマンドや類似の unmerge コマンドの技術詳細については、BTS "
 "制御サーバドキュメントを参照してください。"
@@ -1473,12 +1469,12 @@ msgid ""
 "on how to reproduce it.  After a few months, if this information has not "
 "been sent by someone, the bug may be closed."
 msgstr ""
-"バグ報告者は情報を書き漏らしている場合、必要な情報を尋ねる必要があります。"
-"ã\81\9dã\81®æ§\98ã\81ªã\83\90ã\82°ã\81«å\8d°ã\82\92ã\81¤ã\81\91ã\82\8bã\81«ã\81¯ <literal>moreinfo</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92使ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
-"ã\81\95ã\82\89ã\81«ã\80\81ã\81\9dã\81®ã\83\90ã\82°ã\82\92å\86\8dç\8f¾ã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81«ã\81¯ã\80\81<literal>unreproducible</literal> "
-"タグを付けます。誰もそのバグを再現できない場合、どうやって再現するのか、さらに"
-"情報を何ヶ月経っても、この情報が誰からも送られてこない場合はバグは閉じても"
-"構いません。"
+"バグ報告者は情報を書き漏らしている場合、必要な情報を尋ねる必要があります。"
+"ã\81®æ§\98ã\81ªã\83\90ã\82°ã\81«å\8d°ã\82\92ã\81¤ã\81\91ã\82\8bã\81«ã\81¯ <literal>moreinfo</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92使ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\95ã\82\89"
+"ã\81«ã\80\81ã\81\9dã\81®ã\83\90ã\82°ã\82\92å\86\8dç\8f¾ã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81«ã\81¯ã\80\81<literal>unreproducible</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92"
+"付けます。誰もそのバグを再現できない場合、どうやって再現するのか、さらに情報"
+"を何ヶ月経っても、この情報が誰からも送られてこない場合はバグは閉じても構いま"
+"せん。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1495,15 +1491,15 @@ msgid ""
 "sure to send the patch to the BTS and to tag the bug as <literal>patch</"
 "literal>."
 msgstr ""
-"バグがパッケージに起因する場合、さっさと直します。自分では直せない場合は、バ"
-"ã\81« <literal>help</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\81¾ã\81\99ã\80\82&email-debian-devel; ã\82\84 "
-"&email-debian-qa; で助けを求めることも出来ます。開発元 (upstream) の問題であれば"
-"、作者に転送する必要があります。バグを転送するだけでは十分ではありません。"
-"ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\94ã\81¨ã\81«ã\83\90ã\82°ã\81\8c修正ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\8bã\81©ã\81\86ã\81\8bã\82\92確èª\8dã\81\97ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\81\84ã\81\91ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\82\82ã\81\97修正"
-"ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8cã\81°ã\80\81ã\81\9dã\82\8cã\82\92é\96\89ã\81\98ã\80\81ã\81\9dã\81\86ã\81§ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ä½\9cè\80\85ã\81«ç¢ºèª\8dã\82\92å\8f\96ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82å¿\85è¦\81ã\81ª"
-"技能を持っていてバグを修正するパッチが用意できる場合は、同時に作者に送りましょう。"
-"ã\83\91ã\83\83ã\83\81ã\82\92 BTS ã\81«é\80\81ä»\98ã\81\97ã\81¦ã\83\90ã\82°ã\81« <literal>patch</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\82\8bã\81®ã\82\92å¿\98ã\82\8cã\81ªã\81\84ã\81§"
-"ください。"
+"バグがパッケージに起因する場合、さっさと直します。自分では直せない場合は、バ"
+"ã\82°ã\81« <literal>help</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\81¾ã\81\99ã\80\82&email-debian-devel; ã\82\84 &email-"
+"debian-qa; で助けを求めることも出来ます。開発元 (upstream) の問題であれば、作"
+"者に転送する必要があります。バグを転送するだけでは十分ではありません。リリー"
+"ã\82¹ã\81\94ã\81¨ã\81«ã\83\90ã\82°ã\81\8c修正ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\8bã\81©ã\81\86ã\81\8bã\82\92確èª\8dã\81\97ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ã\81\84ã\81\91ã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\82\82ã\81\97修正ã\81\95ã\82\8c"
+"ã\81¦ã\81\84ã\82\8cã\81°ã\80\81ã\81\9dã\82\8cã\82\92é\96\89ã\81\98ã\80\81ã\81\9dã\81\86ã\81§ã\81ªã\81\91ã\82\8cã\81°ä½\9cè\80\85ã\81«ç¢ºèª\8dã\82\92å\8f\96ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82å¿\85è¦\81ã\81ªæ\8a\80"
+"能を持っていてバグを修正するパッチが用意できる場合は、同時に作者に送りましょ"
+"ã\81\86ã\80\82ã\83\91ã\83\83ã\83\81ã\82\92 BTS ã\81«é\80\81ä»\98ã\81\97ã\81¦ã\83\90ã\82°ã\81« <literal>patch</literal> ã\82¿ã\82°ã\82\92ä»\98ã\81\91ã\82\8bã\81®ã\82\92å¿\98"
+"ã\82\8cã\81ªã\81\84ã\81§ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:742
@@ -1516,10 +1512,10 @@ msgid ""
 "several developers working on the same package."
 msgstr ""
 "ローカル環境でバグを修正した、あるいは VCS リポジトリに修正をコミットした場合"
-"には、バグに <literal>pending</literal> タグを付けてバグが修正されたことと次"
-"ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81§ã\83\90ã\82°ã\81\8cé\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\81§ã\81\82ã\82\8dã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92å\9b\9eã\82\8aã\81«ç\9f¥ã\82\89ã\81\9bã\81¾ã\81\99 (<filename>"
-"changelog</filename> に <literal>closes:</literal> を追加します)。これは複数の"
-"開発者が同一のパッケージで作業している際に特に役立ちます。"
+"には、バグに <literal>pending</literal> タグを付けてバグが修正されたことと次"
+"ã\81®ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81§ã\83\90ã\82°ã\81\8cé\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\81§ã\81\82ã\82\8dã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\82\92å\9b\9eã\82\8aã\81«ç\9f¥ã\82\89ã\81\9bã\81¾ã\81\99 "
+"(<filename>changelog</filename> に <literal>closes:</literal> を追加します)。"
+"これは複数の開発者が同一のパッケージで作業している際に特に役立ちます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1529,9 +1525,9 @@ msgid ""
 "closed indicating the version in which it was fixed. This can be done "
 "automatically, read <xref linkend=\"upload-bugfix\"/>."
 msgstr ""
-"一旦修正されたパッケージがアーカイブから入手可能になったら、バグはどのバージョン"
-"ã\81§ä¿®æ­£ã\81\95ã\82\8cã\81\9fã\81\8bã\82\92æ\8c\87å®\9aã\81\97ã\81¦é\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯è\87ªå\8b\95ç\9a\84ã\81«è¡\8cã\82\8fã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82"
-"<xref linkend=\"upload-bugfix\"/> を読んでください。"
+"一旦修正されたパッケージがアーカイブから入手可能になったら、バグはどのバー"
+"ã\82¸ã\83§ã\83³ã\81§ä¿®æ­£ã\81\95ã\82\8cã\81\9fã\81\8bã\82\92æ\8c\87å®\9aã\81\97ã\81¦é\96\89ã\81\98ã\82\89ã\82\8cã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯è\87ªå\8b\95ç\9a\84ã\81«è¡\8cã\82\8fã\82\8c"
+"ます。<xref linkend=\"upload-bugfix\"/> を読んでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -1550,6 +1546,12 @@ msgid ""
 "package has been installed into the archive, you can and should close the "
 "bug in the BTS.  Also, the bug should be closed with the correct version."
 msgstr ""
+"バグや問題があなたのパッケージで修正されたとしたら、そのバグを閉じるのは"
+"パッケージメンテナとしての責任になります。しかし、バグを修正したパッケージが "
+"Debian アーカイブに受け入れられるまではバグを閉じてはいけません。"
+"従って、一旦更新したパッケージがアーカイブにインストールされたという通知を"
+"受け取った場合は、BTS でバグを閉じることができますし、そうしなければいけません。"
+"もちろん、バグは正しいバージョンで閉じなくてはいけません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1560,6 +1562,10 @@ msgid ""
 "filename> file, following a certain syntax, and the archive maintenance "
 "software will close the bugs for you.  For example:"
 msgstr ""
+"ですが、アップロード後に手動でバグをクローズしなくても済む方法があります — "
+"<filename>debian/changelog</filename> に以下の特定の書き方にて修正したバグを"
+"列挙すれば、それだけで後はアーカイブのメンテナンスソフトがバグをクローズ"
+"してくれます。例:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -1587,8 +1593,8 @@ msgid ""
 "Technically speaking, the following Perl regular expression describes how "
 "bug closing changelogs are identified:"
 msgstr ""
-"技術的には、どの様にしてバグを閉じる changelog が判別されているかを以下の Perl "
-"の正規表現にて記述しています:"
+"技術的に言うと、どの様にしてバグを閉じる changelog が判別されているかを以下の "
+"Perl の正規表現にて記述しています:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -1608,18 +1614,26 @@ msgid ""
 "(basically, exactly the bugs mentioned in the changelog-part in the "
 "<filename>.changes</filename> file are closed)."
 msgstr ""
+"<literal>closes: #<replaceable>XXX</replaceable></literal> という書き方が推奨"
+"されています。これは、最も分かり易いエントリで、<filename>changelog</filename> "
+"の本文に挿入するのがもっとも簡単だからです。<command>dpkg-buildpackage</command> "
+"に <literal>-v</literal> スイッチを指定して別バージョンを指定しない限り、"
+"最も新しい changelog のエントリにあるバグだけが閉じられます (基本的には、です。"
+"正確には <filename>.changes</filename> ファイルの changelog-part で明示された"
+"バグが閉じられます)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:801
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Historically, uploads identified as <link linkend=\"nmu\">non-maintainer "
 "upload (NMU)</link> were tagged <literal>fixed</literal> instead of being "
 "closed, but that practice was ceased with the advent of version-tracking.  "
 "The same applied to the tag <literal>fixed-in-experimental</literal>."
 msgstr ""
-""
-"同じことが <literal>fixed-in-experimental</literal> タグに適用されます。"
+"歴史的に、<link linkend=\"nmu\">non-maintainer upload (NMU)</link> と判別される"
+"アップロードは closed ではなく <literal>fixed</literal> とタグがされてきましたが、"
+"この習慣はバージョントラッキングの進化によって廃れています。"
+"同じことが <literal>fixed-in-experimental</literal> タグにも言えます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:807
@@ -1636,6 +1650,16 @@ msgid ""
 "<replaceable>YYY</replaceable> is the first version where the bug has been "
 "fixed."
 msgstr ""
+"もしバグ場号を間違って入力したり、changelog のエントリにバグを入れ忘れた場合、"
+"そのミスが起こすであろうダメージを防ぐのを躊躇わないでください。誤って閉じた"
+"バグを再度オープンにするには、バグトラッキングシステムのコントロールアドレスで"
+"ある &email-bts-control; に <literal>reopen <replaceable>XXX</replaceable>"
+"</literal> コマンドを投げます。アップロードで修正されたがまだ残っているバグを"
+"閉じるには <filename>.changes</filename> ファイルを <email><replaceable>XXX</"
+"replaceable>-done@&bugs-host;</email> にメールします。<replaceable>XXX</"
+"replaceable> はバグ番号で、メールの本文の最初の 2 行に Version: <replaceable>"
+"YYY</replaceable> と空白行を入れます。<replaceable>YYY</replaceable> はバグが"
+"修正された最初のバージョンです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:819
@@ -1648,6 +1672,12 @@ msgid ""
 "of a version if the changes in that version of the package don't have any "
 "bearing on the bug."
 msgstr ""
+"上に書いたような changelog を使ったバグの閉じ方は必須ではない、ということは"
+"念頭に置いておいてください。行ったアップロードとは無関係に単にバグを閉じたい、"
+"という場合は、説明をメールに書いて <email><replaceable>XXX</replaceable>-done"
+"@&bugs-host;</email> に送ってバグを閉じてください。そのバージョンのパッケージ"
+"での変更がバグに何も関係ない場合は、そのバージョンの changelog エントリでは"
+"バグを<emphasis role=\"strong\">閉じないで</emphasis>ください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1781,7 +1811,7 @@ msgstr ""
 "tracker.debian.org/\">Debian セキュリティ追跡システム</ulink>をメンテナンスし"
 "ています。これはセキュリティ問題として知られている全ての公開情報を含んでいま"
 "す: どのパッケージ/バージョンが影響を受ける/修正されているか、つまりは安定"
-"版、テスト版、不安定版が脆弱かどうか、という情報です。まだ機密扱いの情報は"
+"版、テスト版、不安定版が脆弱かどうか、という情報です。まだ機密扱いの情報は"
 "追跡システムには追加されません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1814,11 +1844,11 @@ msgid ""
 "problem and corresponding fix, and whether it is already a matter of public "
 "knowledge."
 msgstr ""
-"Debian 内での他の多くの活動とは違い、時折セキュリティ問題に関する情報について"
-"は暫くの間秘密にしておく必要があります。これによって、ソフトウェアのディスト"
-"ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82¿ã\81\8cã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cå\8d±é\99ºã\81«ã\81\95ã\82\89ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\80å°\8fé\99\90ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\80\81å\85¬é\96\8bæ\99\82æ\9c\9fã\82\92å\90\88ã\82\8fã\81\9bã\82\8b"
-"ことができます。今回がそうであるかは、問題と対応する修正の性質や、既に既知の"
-"ものになっているかどうかによります。"
+"Debian 内での他の多くの活動とは違い、セキュリティ問題に関する情報については、"
+"暫くの間秘密にしておく必要がしばしばあります。これによって、ソフトウェアの"
+"ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82¿ã\81\8cã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cå\8d±é\99ºã\81«ã\81\95ã\82\89ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\80å°\8fé\99\90ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\80\81å\85¬é\96\8bæ\99\82æ\9c\9fã\82\92"
+"合わせることができます。今回がそうであるかは、問題と対応する修正の性質や、"
+"既に既知のものとなっているかどうかによります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1919,8 +1949,8 @@ msgid ""
 "has become public."
 msgstr ""
 "機密であることを要求されたにも関わらず、情報を公開するのには 2 つの理由があり"
-"ます: 問題が一定期間既知の状態になっている、あるいは問題や攻撃コードが公開さ"
-"た場合です。"
+"ます: 問題が一定期間既知の状態になっている、あるいは問題や攻撃コードが公開さ"
+"ã\82\8cã\81\9få ´å\90\88ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:975
@@ -2054,9 +2084,9 @@ msgid ""
 "them with fixed packages suitable for a security advisory for the stable "
 "Debian release."
 msgstr ""
-"あなたがセキュリティチームに対し、彼らの職務に関して手助けできる方法の一つは、"
-"安定版 Debian リリース用のセキュリティ勧告に適した修正版パッケージを提供する"
-"ことです。"
+"あなたがセキュリティチームに対し、彼らの職務に関して手助けできる方法の一つ"
+"は、安定版 Debian リリース用のセキュリティ勧告に適した修正版パッケージを提供"
+"ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2095,7 +2125,6 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1077
-#, fuzzy
 msgid ""
 "In some cases, it is not possible to back-port a security fix, for example "
 "when large amounts of source code need to be modified or rewritten.  If this "
@@ -2103,16 +2132,15 @@ msgid ""
 "this is only done in extreme situations, and you must always coordinate that "
 "with the security team beforehand."
 msgstr ""
-"いくつかのケースでは、例えば大量のソースコードの変更や書き直しが必要など、"
-"ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£ä¿®æ­£ã\82\92ã\83\90ã\83\83ã\82¯ã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®æ§\98ã\81ªå ´å\90\88ã\80\81æ\96°ã\81\97ã\81\84"
-"ã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³ (new upstream version) ã\81¸ç§»è¡\8cã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81\8bã\82\82ã\81\97ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81"
-"ã\81\93ã\82\8cã\81¯æ¥µç«¯ã\81ªç\8a¶æ³\81ã\81®å ´å\90\88ã\81«ã\81®ã\81¿è¡\8cã\82\8fã\82\8cã\82\8bã\82\82ã\81®ã\81§ã\81\82ã\82\8aã\80\81å®\9fè¡\8cã\81\99ã\82\8bå\89\8dã\81«å¿\85ã\81\9aã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£"
-"ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81¨èª¿æ\80§をしなければなりません。"
+"いくつかのケースでは、例えば大量のソースコードの変更や書き直しが必要など、"
+"ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£ä¿®æ­£ã\82\92ã\83\90ã\83\83ã\82¯ã\83\9dã\83¼ã\83\88ã\81§ã\81\8dã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\81®æ§\98ã\81ªå ´å\90\88ã\80\81æ\96°ã\81\97ã\81\84ã\83\90ã\83¼"
+"ã\82¸ã\83§ã\83³ (new upstream version) ã\81¸ç§»è¡\8cã\81\99ã\82\8bå¿\85è¦\81ã\81\8cã\81\82ã\82\8bã\81\8bã\82\82ã\81\97ã\82\8cã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\80\82ã\81\97ã\81\8bã\81\97ã\80\81ã\81\93"
+"れは極端な状況の場合にのみ行われるものであり、実行する前に必ずセキュリティ"
+"ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81¨èª¿æ\95´をしなければなりません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1084
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Related to this is another important guideline: always test your changes.  "
 "If you have an exploit available, try it and see if it indeed succeeds on "
@@ -2120,16 +2148,15 @@ msgid ""
 "actions as well, as sometimes a security fix can break seemingly unrelated "
 "features in subtle ways."
 msgstr ""
-"これに関してはもう一つ重要な指針があります: 必ず変更についてテストをしてください。"
-"攻撃用コード (exploit) が入手可能な場合には、それを試してみて、パッチを当てて"
-"いないパッケージで成功するか、修正したパッケージでは失敗することかどうかを"
-"確かめてみてください。他の確認として、セキュリティ修正は時折表面上はそれとなく"
-"関係が無いような機能を壊すことがあるので、通常の動作も同様にテストしてください。"
+"これに関してはもう一つ重要な指針があります: 必ず変更についてテストをしてくだ"
+"さい。攻撃用コード (exploit) が入手可能な場合には、それを試してみて、パッチを"
+"当てていないパッケージで成功するか、修正したパッケージでは失敗することかどう"
+"かを確かめてみてください。他の確認として、セキュリティ修正は時折表面上はそれ"
+"関係が無いような機能を壊すことがあるので、通常の動作も同様にテストしてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1091
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Do <emphasis role=\"strong\">NOT</emphasis> include any changes in your "
 "package which are not directly related to fixing the vulnerability.  These "
@@ -2140,13 +2167,13 @@ msgid ""
 "package which would otherwise be rejected from the stable release, so please "
 "do not attempt to do this."
 msgstr ""
-"脆弱性の修正に直接関係しない変更をパッケージへ<emphasis role=\"strong\">加えない"
-"</emphasis>ようにしてください。この様な変更は元に戻さなくてはならなくなるだけで、"
-"時間を無駄にします。他に直したいバグがパッケージにある場合は、セキュリティ勧告が"
-"発行された後、通常通りに proposed-update にアップロードを行ってください。"
-"ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£æ\9b´æ\96°ã\81®ä»\95çµ\84ã\81¿ã\81¯ã\80\81ã\81\9dã\82\8c以å¤\96ã\81®æ\96¹æ³\95ã\81§ã\81¯å®\89å®\9aç\89\88ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\8bã\82\89 reject ã\81\95ã\82\8cã\82\8b"
-"であろう変更をあなたのパッケージに加える方法ではありませんので、この様な事はしないで"
-"ください。"
+"脆弱性の修正に直接関係しない変更をパッケージへ<emphasis role=\"strong\">加え"
+"ない</emphasis>ようにしてください。この様な変更は元に戻さなくてはならなくなる"
+"だけで、時間を無駄にします。他に直したいバグがパッケージにある場合は、セキュ"
+"リティ勧告が発行された後、通常通りに proposed-update にアップロードを行ってく"
+"ã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£æ\9b´æ\96°ã\81®ä»\95çµ\84ã\81¿ã\81¯ã\80\81ã\81\9dã\82\8c以å¤\96ã\81®æ\96¹æ³\95ã\81§ã\81¯å®\89å®\9aç\89\88ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\8bã\82\89 "
+"reject されるであろう変更をあなたのパッケージに加える方法ではありませんので、"
+"ã\81\93ã\81®æ§\98ã\81ªäº\8bã\81¯ã\81\97ã\81ªã\81\84ã\81§ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1101
@@ -2159,14 +2186,13 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "変更点を可能な限り見直してください。以前のバージョンとの変更点を繰り返し確認"
 "してください (これには <systemitem role=\"package\">patchutils</systemitem> "
-"パッケージの <command>interdiff</command> や <systemitem role=\"package\">"
-"devscripts</systemitem> の <command>debdiff</command> が役立ちます。"
-"<xref linkend=\"debdiff\"/> を参照してください)。"
+"パッケージの <command>interdiff</command> や <systemitem role=\"package"
+"\">devscripts</systemitem> の <command>debdiff</command> が役立ちます。<xref "
+"linkend=\"debdiff\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1109
-#, fuzzy
 msgid "Be sure to verify the following items:"
 msgstr "以下の項目を必ず確認してください"
 
@@ -2187,8 +2213,8 @@ msgstr ""
 "テスト版 (testing)</literal> の場合は <literal>testing-security</literal> "
 "に、そして以前の安定版リリースへの場合は <literal>oldstable-security</"
 "literal> となります。<replaceable>distribution</replaceable><literal>-"
-"proposed-updates</literal> や <literal>stable</literal> を対象にしな"
-"ã\81\84ã\81§ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84!"
+"proposed-updates</literal> や <literal>stable</literal> を対象にしないでくだ"
+"さい!"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -2210,6 +2236,14 @@ msgid ""
 "However, if a CVE identifier has not yet been assigned, do not wait for it "
 "but continue the process. The identifier can be cross-referenced later."
 msgstr ""
+"説明が十分にされている、意味がある changelog エントリを書くこと。"
+"他の人は、これらを元に特定のバグが修正されているのかを見つけ出します。"
+"登録されている <emphasis role=\"strong\">Debian バグ</emphasis> に対して "
+"<literal>closes:</literal> 行を追加すること。外部のリファレンス、できれば "
+"<emphasis role=\"strong\">CVE 識別番号</emphasis> を常に含めること、そう"
+"すれば相互参照が可能になります。しかし、CVE 識別番号がまだ付与されていない"
+"場合には、それを待たずに作業を進めてください。識別番号は後ほど付与することが"
+"できます。"
 
 # FIXME: etch1 -> <stable code>
 # convention
@@ -2264,6 +2298,9 @@ msgid ""
 "{gz,bz2,lzma}</filename></emphasis> as used in the normal archive, otherwise "
 "it is not possible to move the security fix into the main archives later."
 msgstr ""
+"通常のアーカイブで使われているのと<emphasis role=\"strong\">全く同じ <filename>"
+"*.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</filename></emphasis>を必ず使うようにしてください。"
+"さもなくば、後ほどセキュリティ習性を main アーカイブに移動することができません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1172
@@ -2274,6 +2311,12 @@ msgid ""
 "machine (see <xref linkend=\"server-machines\"/>) or setup a chroot (see "
 "<xref linkend=\"pbuilder\"/> and <xref linkend=\"debootstrap\"/>)."
 msgstr ""
+"ビルドを行っているディストリビューションからインストールしたパッケージだけが"
+"含まれている<emphasis role=\"strong\">クリーンなシステム上で</emphasis>"
+"パッケージをビルドしてください。その様なシステムを自分で持っていない場合は、"
+"debian.org マシン (<xref linkend=\"server-machines\"/> を参照してください) を"
+"使うこともできますし、chroot を設定することもできます (<xref linkend="
+"\"pbuilder\"/> と <xref linkend=\"debootstrap\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -2310,6 +2353,14 @@ msgid ""
 "That way, the stable distribution will end up without a security update for "
 "this package instead."
 msgstr ""
+"セキュリティチームと調整する事無しに <literal>proposed-updates</literal> へ"
+"修正したものをアップロード<emphasis role=\"strong\">しない</emphasis>ように"
+"してください。<literal>security.debian.org</literal> からパッケージは "
+"<literal>proposed-updates</literal> ディレクトリに自動的にコピーされます。"
+"アーカイブに同じ、あるいはより高いバージョン番号のものが既にインストール"
+"されている場合は、セキュリティアップデートはアーカイブシステムに reject "
+"されます。そうすると、安定版ディストリビューションはこのパッケージに対する"
+"セキュリティ更新無しで終了してしまうでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1202
@@ -2319,6 +2370,10 @@ msgid ""
 "the archives.  For security uploads, the place to upload to is "
 "<literal>ftp://security-master.debian.org/pub/SecurityUploadQueue/</literal>."
 msgstr ""
+"一旦、新しいパッケージを作成してテストし、セキュリティチームによって許可を受けたら、"
+"アーカイブへインストールできるようにするためにアップロードをする必要があります。"
+"セキュリティに関するアップロードの場合、アップロード先は <literal>ftp://"
+"security-master.debian.org/pub/SecurityUploadQueue/</literal> になります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1208
@@ -2327,6 +2382,9 @@ msgid ""
 "automatically be built for all architectures and stored for verification by "
 "the security team."
 msgstr ""
+"セキュリティキューへアップロードしたものが許可されると、パッケージは自動的に"
+"すべてのアーキテクチャに対してビルドされ、セキュリティチームによる確認の為に"
+"保存されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2336,6 +2394,8 @@ msgid ""
 "by the security team.  This is necessary since there might be fixes for "
 "security problems that cannot be disclosed yet."
 msgstr ""
+"許可、あるいは確認を待っているアップロードには、セキュリティチームのみがアクセス"
+"できます。これは、まだ公開できないセキュリティ問題の修正があるかも知れないためです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2346,6 +2406,10 @@ msgid ""
 "<replaceable>distribution</replaceable><literal>-proposed-updates</literal> "
 "on <literal>&ftp-master-host;</literal>."
 msgstr ""
+"セキュリティチームのメンバーがパッケージを許可した場合は、proposed パッケージ"
+"に対する <literal>&ftp-master-host;</literal> 上の適切な <replaceable>"
+"distribution</replaceable><literal>-proposed-updates</literal> と同様に "
+"<literal>security.debian.org</literal> 上にインストールされます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -2361,6 +2425,9 @@ msgid ""
 "process.  These procedures should be manually followed by maintainers.  This "
 "chapter gives guidelines on what to do in these cases."
 msgstr ""
+"アーカイブの変更作業のいくつかは、Debian のアップロードプロセスでは自動的なもの"
+"にはなっていません。これらの手続きはメンテナによる手動での作業である必要があります。"
+"この章では、この様な場合に何をするかのガイドラインを提供します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2375,8 +2442,8 @@ msgid ""
 "See the <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian Policy Manual</ulink> for "
 "guidelines on what section a package belongs in."
 msgstr ""
-"パッケージがどのセクションに属するかのガイドラインは <ulink url=\""
-"&url-debian-policy;\">Debian ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
+"パッケージがどのセクションに属するかのガイドラインは <ulink url=\"&url-"
+"debian-policy;\">Debian ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1239
@@ -2386,9 +2453,10 @@ msgid ""
 "package should be moved to `main' or `contrib'.<placeholder type=\"footnote"
 "\" id=\"0\"/>"
 msgstr ""
-"時折パッケージは属しているセクションが変わることがあります。例えば「non-free」"
-"セクションのパッケージが新しいバージョンで GPL になった場合、パッケージは「main」"
-"か「contrib」に移動する必要があります。<placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/>"
+"時折パッケージは属しているセクションが変わることがあります。例えば「non-"
+"free」セクションのパッケージが新しいバージョンで GPL になった場合、パッケージ"
+"は「main」か「contrib」に移動する必要があります。<placeholder type=\"footnote"
+"\" id=\"0\"/>"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1246
@@ -2405,15 +2473,16 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "パッケージのどれかがセクションを変更する必要がある場合、希望するセクションに"
 "パッケージを配置するためパッケージの control 情報を変更してから再アップロード"
-"します (詳細については <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian ポリシー"
-"ã\83\9eã\83\8bã\83¥ã\82¢ã\83«</ulink>ã\82\92å\8f\82ç\85§ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84\80\82å¿\85ã\81\9a <filename>.orig.tar.{gz,bz2,lzma}"
-"</filename> を (開発元のバージョンが新しいものになったのではなくても) アップ"
-"ロードに含める必要があります。新しいセクションが正しい場合は、自動的に移動"
-"ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82移å\8b\95ã\81\95ã\82\8cã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81«ã\81¯ã\80\81ä½\95ã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81\9fã\81®ã\81\8bã\82\92ç\90\86解ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81« ftpmaster "
-"に連絡を取ります。"
+"します (詳細については <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian ポリシー"
+"ã\83\8bã\83¥ã\82¢ã\83«</ulink>ã\82\92å\8f\82ç\85§ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84\80\82å¿\85ã\81\9a <filename>.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</"
+"filename> を (開発元のバージョンが新しいものになったのではなくても) アップ"
+"ロードに含める必要があります。新しいセクションが正しい場合は、自動的に移動"
+"ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\80\82移å\8b\95ã\81\95ã\82\8cã\81ªã\81\84å ´å\90\88ã\81«ã\81¯ã\80\81ä½\95ã\81\8cèµ·ã\81\93ã\81£ã\81\9fã\81®ã\81\8bã\82\92ç\90\86解ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\81« ftpmaster ã\81«é\80£"
+"絡を取ります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1258
+#, fuzzy
 msgid ""
 "If, on the other hand, you need to change the <literal>subsection</literal> "
 "of one of your packages (e.g., ``devel'', ``admin''), the procedure is "
@@ -2421,6 +2490,11 @@ msgid ""
 "the package, and re-upload that.  Also, you'll need to get the override file "
 "updated, as described in <xref linkend=\"override-file\"/>."
 msgstr ""
+"一方で、もしパッケージの一つの<literal>サブセクション</literal> (例:「devel」"
+"「admin」) を変更する必要がある、という場合には、手順は全く異なります。"
+"パッケージの control ファイルにあるサブセクションを修正して、再アップロード"
+"します。また、<xref linkend=\"override-file\"/> に記述してあるように override "
+"ファイルを更新する必要が出てくるでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2446,6 +2520,18 @@ msgid ""
 "these rules when you use it to report a bug against the <literal>ftp.debian."
 "org</literal> pseudo-package."
 msgstr ""
+"何らかの理由でパッケージを完全に削除したくなった場合 (もう必要がなくなった古い"
+"互換用ライブラリの場合、など)、パッケージを削除するよう <literal>ftp.debian.org</literal> "
+"に対してバグ登録をする必要があります; すべてのバグ同様、通常このバグは重要度 "
+"normal です。バグの題名は <literal>RM: <replaceable>パッケージ名</replaceable> "
+"<replaceable>[アーキテクチャ一覧]</replaceable> -- <replaceable>理由</replaceable>"
+"</literal> という形式である必要があります。<replaceable>パッケージ名</replaceable>"
+"は削除されるパッケージ、<replaceable>理由</replaceable>は削除を依頼する理由の"
+"短い要約です。<replaceable>[アーキテクチャ一覧]</replaceable>はオプションで、"
+"削除依頼が全アーキテクチャではなく一部のアーキテクチャのみに適用される場合にのみ、"
+"必要となります。<command>reportbug</command> は <literal>ftp.debian.org</literal> "
+"擬似パッケージに対してバグを報告しようとした場合に、これらのルールに則ってバグ"
+"の題名を作成しようとすることに注意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2458,7 +2544,14 @@ msgid ""
 "ulink> for a complete list. That page also provides a convenient overview of "
 "pending removal requests."
 msgstr ""
+"あなたがメンテナンスしているパッケージを削除したくなった場合は、題名の"
+"先頭に <literal>ROM</literal> (Request Of Maintainer) という文字を付けたバグ"
+"にこれを記述する必要があります。パッケージの削除理由に使われる他の一般的な略語"
+"が幾つかありますので、完全な一覧については <ulink url=\"http://&ftp-master-host;"
+"/removals.html\"></ulink> を参照してください。このページでは、まだ作業されて"
+"いない削除依頼の便利な一覧も見ることができます。"
 
+# FIXME-TRANS: experimental は試験版?実験版
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1295
 msgid ""
@@ -2469,6 +2562,12 @@ msgid ""
 "<literal>unstable</literal> and no package in <literal>testing</literal> "
 "depends on it."
 msgstr ""
+"削除は<literal>不安定版 (unstable)</literal>、<literal>実験版 (experimental)"
+"</literal>、<literal>安定版 (stable)</literal> ディストリビューションに対して"
+"のみ実施が可能であることに注意してください。パッケージは <literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> から直接は削除されません。代わりに<literal>不安定版 (unstable)"
+"</literal> から削除された後で自動的に削除され、<literal>テスト版 (testing)"
+"</literal> にあるパッケージは削除されたパッケージに依存しなくなります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2486,12 +2585,16 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1313
+#, fuzzy
 msgid ""
 "In your removal request, you have to detail the reasons justifying the "
 "request.  This is to avoid unwanted removals and to keep a trace of why a "
 "package has been removed.  For example, you can provide the name of the "
 "package that supersedes the one to be removed."
 msgstr ""
+"削除依頼では、依頼を判断する理由を詳細に書く必要があります。これは不必要な"
+"削除を避け、何故パッケージが削除されたのかを追跡できるようにするためです。"
+"例えば、パッケージ名を"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2563,6 +2666,15 @@ msgid ""
 "proper testing of your packages, the need to replace a package should not "
 "occur too often anyway."
 msgstr ""
+"以前は、<filename>incoming</filename> からパッケージを削除することが可能"
+"でした。しかし、新しい incoming システムが導入されたことにより、これはもはや"
+"不可能となっています。その代わりに、置き換えたいパッケージよりも高いバージョン"
+"のリビジョンの新しいパッケージをアップロードする必要があります。両方の"
+"バージョンのパッケージがアーカイブにインストールされますが、一つ前のバージョン"
+"はすぐに高いバージョンで置き換えられるため、実際にはバージョンが高い方だけが "
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> で利用可能になります。しかし、もし"
+"あなたがパッケージをきちんとテストしていれば、パッケージを置き換える必要は"
+"そんなに頻繁には無いはずです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2718,9 +2830,9 @@ msgid ""
 "if you are not a porter, you should read most of this chapter."
 msgstr ""
 "Debian がサポートするアーキテクチャの数は増え続けています。あなたが移植作業者"
-"ではない、あるいは別のアーキテクチャを使うことが無いという場合であっても、移植性"
-"の問題に注意を払うことはメンテナとしてのあなたの義務です。従って、あなたが移植"
-"作業者でなくても、この章の大半を読む必要があります。"
+"ではない、あるいは別のアーキテクチャを使うことが無いという場合であっても、移"
+"植性の問題に注意を払うことはメンテナとしてのあなたの義務です。従って、あなた"
+"が移植作業者でなくても、この章の大半を読む必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:1486
@@ -2791,7 +2903,6 @@ msgstr ""
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1534
-#, fuzzy
 msgid ""
 "If you can't set up a proper chroot, <command>dpkg-depcheck</command> may be "
 "of assistance (see <xref linkend=\"dpkg-depcheck\"/>)."
@@ -2806,8 +2917,8 @@ msgid ""
 "See the <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian Policy Manual</ulink> for "
 "instructions on setting build dependencies."
 msgstr ""
-"ビルドの依存情報の指定方法については、<ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian "
-"ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
+"ビルドの依存情報の指定方法については、<ulink url=\"&url-debian-policy;"
+"\">Debian ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2822,9 +2933,9 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "意図がある場合以外は、アーキテクチャの値を <literal>all</literal> または "
 "<literal>any</literal> 以外に指定しないでください。非常に多くの場合、メンテナ"
-"が <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debianポリシーマニュアル</ulink> の"
-"指示に従っていません。アーキテクチャを単一のものに指定する (<literal>i386"
-"</literal> あるいは <literal>amd64</literal> など) は大抵誤りです。"
+"が <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debianポリシーマニュアル</ulink> の指示"
+"に従っていません。アーキテクチャを単一のものに指定する (<literal>i386</"
+"literal> あるいは <literal>amd64</literal> など) は大抵誤りです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2941,7 +3052,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1637
 msgid "Recompilation or binary-only NMU"
-msgstr ""
+msgstr "再コンパイル、あるいは binary-only NMU"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1639
@@ -3022,8 +3133,9 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1689
+#, fuzzy
 msgid "When to do a source NMU if you are a porter"
-msgstr ""
+msgstr "あなたが移植作業者の場合、source NMU を行う時は何時か"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1691
@@ -3116,8 +3228,8 @@ msgid ""
 "Web pages containing the status of each port can be found at <ulink url="
 "\"&url-debian-ports;\"></ulink>."
 msgstr ""
-"各移植版についての状況を含んだウェブページは <ulink url="
-"\"&url-debian-ports;\"></ulink> から参照できます。"
+"各移植版についての状況を含んだウェブページは <ulink url=\"&url-debian-ports;"
+"\"></ulink> から参照できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -3128,6 +3240,10 @@ msgid ""
 "lists are used to coordinate porters, and to connect the users of a given "
 "port with the porters."
 msgstr ""
+"Debian の各移植版はメーリングリストを持っています。移植作業のメーリングリスト"
+"は <ulink url=\"&url-debian-port-lists;\"></ulink> で見ることができます。"
+"これらのリストは移植作業者の作業の調整や移植版のユーザと移植作業者をつなぐ"
+"ために使われています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -3141,6 +3257,8 @@ msgid ""
 "Descriptions of several porting tools can be found in <xref linkend=\"tools-"
 "porting\"/>."
 msgstr ""
+"移植用のツールの説明をいくつか <xref linkend=\"tools-porting\"/> で見ることが"
+"できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -3212,7 +3330,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1815
 msgid "When your package is <emphasis>not</emphasis> portable"
-msgstr ""
+msgstr "あなたのパッケージが移植可能なものでは<emphasis>ない</emphasis>場合"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -3386,7 +3504,8 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1949
 msgid "Upload fixing only release-critical bugs older than 7 days: 2 days"
-msgstr "7 日以上経っているリリースクリティカルバグのみを修正するアップロード: 2 日"
+msgstr ""
+"7 日以上経っているリリースクリティカルバグのみを修正するアップロード: 2 日"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1954
@@ -4124,9 +4243,8 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2517
-#, fuzzy
 msgid "An example of this is:"
-msgstr "この"
+msgstr "この場合の例:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><informaltable><tgroup><tbody><row><entry>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><informaltable><tgroup><tbody><row><entry>
@@ -4334,7 +4452,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2658
 msgid "Make sure that you included only the minimal amount of changes;"
-msgstr ""
+msgstr "必ず最小限な量だけの変更を含めるようにする;"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -4396,6 +4514,9 @@ msgid ""
 "critical; currently, these are <literal>critical</literal>, <literal>grave</"
 "literal> and <literal>serious</literal> bugs."
 msgstr ""
+"ある重要度以上のバグすべてが通常リリースクリティカルであると見なされます。"
+"現在のところ、<literal>critical (致命的)</literal>、<literal>grave (重大)"
+"</literal>、<literal>serious (深刻)</literal> バグがそれにあたります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2704
@@ -4406,6 +4527,11 @@ msgid ""
 "get into <literal>testing</literal>, and consequently won't be released in "
 "<literal>stable</literal>."
 msgstr ""
+"そのようなバグは、Debian の <literal>安定版 (stable)</literal> リリース時に、"
+"そのパッケージがリリースされる見込みに影響があるものと仮定されます: "
+"一般的に、パッケージでオープンになっているリリースクリティカルバグがある場合、"
+"そのパッケージは<literal>テスト版 (testing)</literal> に入らず、その結果"
+"<literal>安定版 (stable)</literal> ではリリースされません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2711
@@ -4416,6 +4542,11 @@ msgid ""
 "unstable for a release architecture. The <literal>testing</literal> bug "
 "count is defined analogously."
 msgstr ""
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> でのバグのカウント数は、リリース対象"
+"アーキテクチャの不安定版 (unstable) で利用可能な<replaceable>パッケージ"
+"</replaceable>/<replaceable>バージョン</replaceable>の組み合わせに適用される"
+"とマークされたすべてのリリースクリティカルバグです。<literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> のバグのカウント数も同様に定義します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -4424,6 +4555,8 @@ msgid ""
 "How could installing a package into <literal>testing</literal> possibly "
 "break other packages?"
 msgstr ""
+"どのようにすれば、他のパッケージを壊す可能性があるパッケージを"
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> へインストールできますか?"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2722
@@ -4435,6 +4568,13 @@ msgid ""
 "bin</literal>, <literal>acme-bar-bin</literal>, <literal>libacme-foo1</"
 "literal> and <literal>libacme-foo-dev</literal>, the old version is removed."
 msgstr ""
+"ディストリビューションにおけるアーカイブの構造では、一つのバージョンのパッケージ"
+"だけを持つことができ、パッケージは名前によって定義されています。"
+"そのため、ソースパッケージ <literal>acmefoo</literal> が<literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> にインストールされると、付随するバイナリパッケージ "
+"<literal>acme-foo-bin</literal>、<literal>acme-bar-bin</literal>、"
+"<literal>libacme-foo1</literal>、<literal>libacme-foo-dev</literal> の古い"
+"バージョンが削除されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4445,6 +4585,11 @@ msgid ""
 "old <literal>acmefoo</literal> will remove <literal>libacme-foo0</literal>, "
 "which will break any packages which depend on it."
 msgstr ""
+"しかし、古いバージョンではライブラリに古い soname を含んだ <literal>"
+"libacme-foo0</literal> のようなバイナリパッケージを提供しているかもしれません"
+"。古い <literal>acmefoo</literal> を削除するのは <literal>"
+"libacme-foo0</literal> を削除することになり、これに依存しているパッケージを"
+"壊してしまいます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4478,3 +4623,6 @@ msgid ""
 "If you are having problems with complicated groups of packages like this, "
 "contact &email-debian-devel; or &email-debian-release; for help."
 msgstr ""
+"この様に複雑な組み合わせのパッケージで問題がある場合は、&email-debian-devel; "
+"あるいは &email-debian-release; に連絡を取って手助けを求めてください。"
+
index 6aba63e..b0ff0c8 100644 (file)
@@ -1841,7 +1841,6 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: resources.dbk:872
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Once the package is accepted, the system sends a confirmation mail to the "
 "maintainer and closes all the bugs marked as fixed by the upload, and the "
@@ -1859,7 +1858,7 @@ msgstr ""
 "ロードの際に修正済みとされたバグをクローズし、auto-builder がパッケージのリコ"
 "ンパイルを始めます。Debian アーカイブに実際にインストールされるまで、パッケー"
 "ジはすぐに <ulink url=\"&url-incoming;\"></ulink> にてアクセス可能になりま"
-"す。この作業は1日1回行われます (様々な経緯から `dinstall run' とも呼ばれてい"
+"す。この作業は 1 日に 4 回行われます (様々な経緯から `dinstall run' とも呼ばれてい"
 "ます)。そしてパッケージは incoming から削除され、他のパッケージ全てと共に "
 "pool にインストールされます。他のすべての更新 (例えば <filename>Packages</"
 "filename> インデックスファイルや <filename>Sources</filename> インデックス"
@@ -1881,8 +1880,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "アーカイブメンテナンスのソフトウェアは、あなたがアップロードした OpenPGP/"
 "GnuPG で署名された <filename>.changes</filename> ファイルも適切なメーリングリ"
-"ã\82¹ã\83\88ã\81¸ã\81¨é\80\81ä¿¡ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81\8c <literal>Distribution</literal> ã\81¨ã\81\97ã\81¦ "
-"<literal>stable</literal> ã\81\8c設定されてリリースされた場合、案内は &email-"
+"ã\82¹ã\83\88ã\81¸ã\81¨é\80\81ä¿¡ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81® <literal>Distribution</literal> ã\81\8c"
+"<literal>stable</literal> ã\81«設定されてリリースされた場合、案内は &email-"
 "debian-changes; に送られます。パッケージの <literal>Distribution</literal> と"
 "して <literal>unstable</literal> や <literal>experimental</literal> が設定さ"
 "れている場合、案内は代わりに &email-debian-devel-changes; へと投稿されます。"
index c1bdc4e..4b404f0 100644 (file)
@@ -70,8 +70,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "パッケージの説明文のほとんどは実際のパッケージの説明から取ったものです。より"
 "詳細な情報はパッケージ内のドキュメントで確認できます。<command>apt-cache "
-"show <replaceable>パッケージ名</replaceable></command> コマンドでも情報を"
-"得られます。"
+"show <replaceable>パッケージ名</replaceable></command> コマンドでも情報を得ら"
+"れます。"
 
 # type: Content of: <appendix><section><title>
 #. type: Content of: <appendix><section><title>
@@ -706,9 +706,9 @@ msgid ""
 "\"package\">dput</systemitem>, <xref linkend=\"dput\"/>) helps in removing "
 "files from the ftp upload directory."
 msgstr ""
-"<command>dcut</command> スクリプト (<systemitem role=\"package\">dput</systemitem> "
-"パッケージの一部、<xref linkend=\"dput\"/> 参照)は、ftp アップロードディレクトリから"
-"ファイルを削除するのに役立ちます。"
+"<command>dcut</command> スクリプト (<systemitem role=\"package\">dput</"
+"systemitem> パッケージの一部、<xref linkend=\"dput\"/> 参照)は、ftp アップ"
+"ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\83\87ã\82£ã\83¬ã\82¯ã\83\88ã\83ªã\81\8bã\82\89ã\83\95ã\82¡ã\82¤ã\83«ã\82\92å\89\8aé\99¤ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81«å½¹ç«\8bã\81¡ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <appendix><section><title>
 #. type: Content of: <appendix><section><title>
@@ -890,7 +890,6 @@ msgstr ""
 
 #. type: Content of: <appendix><section><section><title>
 #: tools.dbk:418
-
 msgid "<command>dpkg-depcheck</command>"
 msgstr "<command>dpkg-depcheck</command>"
 
@@ -1154,4 +1153,3 @@ msgstr ""
 "<systemitem role=\"package\">debview</systemitem> は、Debian バイナリパッケー"
 "ジを参照する Emacs モードを提供します。これを使うと、パッケージを解凍しなくて"
 "も実行できるようになります。"
-