chiark / gitweb /
update Japanese
authorhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Mon, 17 Oct 2011 20:32:10 +0000 (20:32 +0000)
committerhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Mon, 17 Oct 2011 20:32:10 +0000 (20:32 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@8952 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/best-pkging-practices.po

index 7d31d0d..b2ca615 100644 (file)
@@ -1213,7 +1213,7 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "メンテナスクリプトは冪等でなければなりません。これは、通常は 1 回呼ばれる"
 "スクリプトが 2 回呼ばれた場合、何も悪いことが起きないのを保証する必要が"
-"あるということです。"
+"あるという意味です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1235,10 +1235,16 @@ msgid ""
 "in any case can only be in the <literal>configure</literal> stage of the "
 "<filename>postinst</filename> script."
 msgstr ""
+"質問や対話的な設定はすべて最小限に止めておく必要があります。必要になった時は、"
+"インターフェイスに <systemitem role=\"package\">debconf</systemitem> パッケージ"
+"を使いましょう。どのような場合でも、質問は <filename>postinst</filename> "
+"スクリプトの <literal>configure</literal> 段階にのみ、配置することができます。"
 
+#FIXME-trans: enable?
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:653
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Keep the maintainer scripts as simple as possible.  We suggest you use pure "
 "POSIX shell scripts.  Remember, if you do need any bash features, the "
@@ -1246,6 +1252,12 @@ msgid ""
 "preferred to Perl, since they enable <systemitem role=\"package\">debhelper</"
 "systemitem> to easily add bits to the scripts."
 msgstr ""
+"メンテナスクリプトは、できる限りシンプルなものにしておきましょう。あなたが、"
+"純粋な POSIX シェルスクリプトを使っているものだとします。覚えておいてください。"
+"何かしら bash の機能が必要になったら、メンテナスクリプトは bash のシェバン行"
+"にしておく必要があります。スクリプトを少し"
+"<systemitem role=\"package\">debhelper</systemitem> "
+"Perl より、POSIX シェルあるいは Bash の方が好まれます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1256,6 +1268,10 @@ msgid ""
 "completely gone, that is, it must remove any files created, directly or "
 "indirectly, in any maintainer script."
 msgstr ""
+"メンテナスクリプトを変更したら、パッケージの削除や二重インストール、purge "
+"のテストを確認してください。purge されたパッケージが完全に削除されたことを"
+"確認してください。つまり、メンテナスクリプト中で直接/間接を問わず作成された"
+"ファイルを削除する必要があるということです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1264,6 +1280,7 @@ msgid ""
 "If you need to check for the existence of a command, you should use "
 "something like"
 msgstr ""
+"コマンドの存在をチェックする必要がある場合は、こんな感じで行います"
 
 # type: Content of: <chapter><section><programlisting>
 #. type: Content of: <chapter><section><programlisting>
@@ -1279,6 +1296,8 @@ msgid ""
 "If you don't wish to hard-code the path of a command in your maintainer "
 "script, the following POSIX-compliant shell function may help:"
 msgstr ""
+"メンテナスクリプト中でコマンドの path をハードコードしたくない場合には、"
+"以下の POSIX 互換シェル機能が役立つでしょう:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:676
@@ -1289,6 +1308,11 @@ msgid ""
 "<literal>command -v</literal>, <command>type</command>, and <command>which</"
 "command> are not POSIX."
 msgstr ""
+"コマンド名を引数として渡すことで、<varname>$PATH</varname> の検索するのに"
+"この関数を使うことができます。コマンドが見つかった場合は true (ゼロ) を返し、"
+"そうでない場合は false を返します。<literal>command -v</literal>、<command>"
+"type</command>、<command>which</command> は POSIX に無いので、これがもっとも"
+"汎用性の高いやり方です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1301,6 +1325,12 @@ msgid ""
 "scripts which are run before the <filename>/usr</filename> partition is "
 "mounted.  Most scripts won't have this problem, though."
 msgstr ""
+"<command>which</command> は、Required となっている <systemitem role"
+"=\"package\">debianutils</systemitem> パッケージにあるので、別解として利用"
+"可能ですが、ルートパーティションにありません。つまり、<filename>/usr/bin"
+"</filename> にあって <filename>/bin</filename> ではないので、<filename>/usr"
+"</filename> パーティションがマウントする前に走るスクリプトの中では使えない"
+"ということです。ほとんどのスクリプトは、この問題を持つようなことはありませんが。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>