chiark / gitweb /
(style convention) Use <command>lintian</command> instead of lintian
[developers-reference.git] / po4a / ja / pkgs.po
index af33086..0fb9643 100644 (file)
@@ -4,11 +4,11 @@
 msgid ""
 msgstr ""
 "Project-Id-Version: developers-reference 3.4.4\n"
-"POT-Creation-Date: 2010-06-20 09:23-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2010-01-05 18:27+0900\n"
-"Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
+"POT-Creation-Date: 2010-11-21 07:59-0400\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-02-13 15:32+0100\n"
+"Last-Translator: Hideki Yamane <henrich@debian.org>\n"
 "Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
-"Language: \n"
+"Language: Japanese\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
 "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
@@ -68,14 +68,13 @@ msgstr ""
 "パッケージ化しようとしているソフトについて誰もまだ作業していないようであれ"
 "ば、まずは <systemitem role=\"package\">wnpp</systemitem> 擬似パッケージ "
 "(pseudo-package) に対してバグ報告を投稿する必要があります (<xref linkend="
-"\"submit-bug\"/>)。このバグ報告には、新規パッケージの作成予定や、パッケージの"
-"説明 (自分自身が分かるだけではないもの)、作業しようとしているパッケージのライ"
-"ã\82»ã\83³ã\82¹ã\80\81ã\83\80ã\82¦ã\83³ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81\8cå\8f¯è\83½ã\81ªç\8f¾å\9c¨ã\81® URL ã\82\92å\90«ã\82\81ます。"
+"\"submit-bug\"/>)。このバグ報告には、パッケージの説明、作業しようとしている"
+"パッケージのライセンス、ダウンロードが可能な現在の URL を含めた新規パッケージ"
+"ã\81®ä½\9cæ\88\90äº\88å®\9a (è\87ªå\88\86è\87ªèº«ã\81\8cå\88\86ã\81\8bã\82\8bã\81 ã\81\91ã\81§ã\81¯ã\81ªã\81\84ã\82\82ã\81®) ã\82\92è¨\98è¿°ã\81\97ます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:31
-#, fuzzy
 msgid ""
 "You should set the subject of the bug to <literal>ITP: <replaceable>foo</"
 "replaceable> -- <replaceable>short description</replaceable></literal>, "
@@ -124,9 +123,9 @@ msgid ""
 "upload, or reply to the rejection email in case you are already re-uploading."
 msgstr ""
 "パッケージについて、NEW パッケージキューの管理者への説明が必要だろうと思う場"
-"合は、アップロード後にメンテナとして受け取るメールへの返信、あるいは既に再"
-"ã\82¢ã\83\83ã\83\97ã\83­ã\83¼ã\83\89ã\81¨ã\81\84ã\81\86å ´å\90\88ã\81¯ reject ã\81®ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81«å¯¾ã\81\97ã\81¦ã\81®è¿\94ä¿¡ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\80\81説æ\98\8eã\82\92 "
-"changelog に含めて &email-ftpmaster; へ送ってください。"
+"合は、changelog に説明を含めて &email-ftpmaster; へ送ってください。アップロー"
+"ã\83\89å¾\8cã\81§ã\81\82ã\82\8cã\81°ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨ã\81\97ã\81¦å\8f\97ã\81\91å\8f\96ã\81£ã\81\9fã\83¡ã\83¼ã\83«ã\81«è¿\94ä¿¡ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82ã\82\82ã\81\97ã\81\8fã\81¯æ\97¢ã\81«å\86\8d"
+"アップロード最中の場合は reject メールに対して返信してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -145,8 +144,8 @@ msgstr ""
 "い。これは、セキュリティチームが脆弱性を追跡するのに役立ちます。アドバイザリ"
 "の ID が分かる前にバグ修正のためのアップロードが行われた場合は、以前の "
 "changelog エントリを次のアップロード時に修正するのが推奨されています。このよ"
-"うな場合でも、元々の changelog での記載に、可能な限り背景情報へのポインタを全"
-"含めてください。"
+"うな場合でも、元々の changelog での記載に可能な限り背景情報へのポインタを全て"
+"含めてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -155,8 +154,8 @@ msgid ""
 "There are a number of reasons why we ask maintainers to announce their "
 "intentions:"
 msgstr ""
-"我々がメンテナにã\81\9dã\81®æ\84\8få\9b³ã\82\92ã\82¢ã\83\8aã\82¦ã\83³ã\82¹ã\81\99ã\82\8bæ§\98ã\81«æ±\82ã\82\81ã\82\8bã\81®ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\84ã\81\8fã\81¤ã\82\82ã\81®ç\90\86ç\94±ã\81\8cã\81\82"
-"ります。"
+"我々がメンテナにæ\84\8få\9b³ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81¨ã\81\93ã\82\8dã\82\92ã\82¢ã\83\8aã\82¦ã\83³ã\82¹ã\81\99ã\82\8bæ§\98ã\81«æ±\82ã\82\81ã\82\8bã\81®ã\81«ã\81¯ã\80\81ã\81\84ã\81\8fã\81¤ã\82\82"
+"ã\81®ç\90\86ç\94±ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -241,14 +240,16 @@ msgid ""
 "filename> for native packages."
 msgstr ""
 "パッケージについて行った変更は <filename>debian/changelog</filename> に記録さ"
-"れる必要があります。これらの変更には、何が変更されたのか、(疑問であれば) 何故"
-"なのか、そしてどのバグが完了されたのかの簡潔な説明文を付加する必要がありま"
-"す。"
+"れなくてはいけません。これらの変更には、何が変更されたのか、(不確かであれば) "
+"何故なのか、そしてどのバグが閉じられたのかの簡潔な説明文を付加する必要があり"
+"ます。このファイルは <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package</"
+"replaceable>/changelog.Debian.gz</filename>、あるいは native パッケージの場合"
+"は <filename>/usr/share/doc/<replaceable>package</replaceable>/changelog.gz</"
+"filename> にインストールされます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:122
-#, fuzzy
 msgid ""
 "The <filename>debian/changelog</filename> file conforms to a certain "
 "structure, with a number of different fields.  One field of note, the "
@@ -257,7 +258,7 @@ msgid ""
 "Debian Policy section titled <filename>debian/changelog</filename>."
 msgstr ""
 "<filename>debian/changelog</filename> ファイルは、幾つもの異なった項目からな"
-"る特定の構造に従っています。文書のとある項目、<literal>distribution</"
+"る特定の構造に従っています。一点を取り上げてみると、<literal>distribution</"
 "literal> については<xref linkend=\"distribution\"/>に記述されています。この"
 "ファイルの構造について、より詳細な情報は Debian ポリシーの <filename>debian/"
 "changelog</filename> という章で確認できます。"
@@ -364,9 +365,9 @@ msgstr ""
 #: pkgs.dbk:176
 msgid ""
 "Normally, a package should <emphasis>not</emphasis> be uploaded if it causes "
-"lintian to emit errors (they will start with <literal>E</literal>)."
+"<command>lintian</command> to emit errors (they will start with <literal>E</literal>)."
 msgstr ""
-"通常、lintian がエラーを出力するようであれば、パッケージをアップロードしては"
+"通常、<command>lintian</command> がエラーを出力するようであれば、パッケージをアップロードしては"
 "<emphasis>いけません</emphasis> (エラーは <literal>E</literal> で始まりま"
 "す)。"
 
@@ -383,13 +384,12 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:186
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Optionally run <command>debdiff</command> (see <xref linkend=\"debdiff\"/>) "
 "to analyze changes from an older version, if one exists."
 msgstr ""
-"もし古いバージョンがあれば、それからの変更点を分析するために追加で <xref "
-"linkend=\"debdiff\"/> を実行する。"
+"もし古いバージョンがあれば、それからの変更点を分析するために追加で "
+"<command>debdiff</command> を実行する (<xref linkend=\"debdiff\"/> を参照) 。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -452,10 +452,8 @@ msgstr ""
 "オリジナルのソースコードの tarball ファイルに、Debian によって作成された変更"
 "点を含む別のファイルが付随している (より一般的な) パッケージ"
 
-# FIXME: control ファイル?コントロールファイル?
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:232
-#, fuzzy
 msgid ""
 "For the native packages, the source package includes a Debian source control "
 "file (<filename>.dsc</filename>) and the source tarball (<filename>.tar.{gz,"
@@ -475,7 +473,6 @@ msgstr ""
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:241
-#, fuzzy
 msgid ""
 "With source format “1.0”, whether a package is native or not was determined "
 "by <command>dpkg-source</command> at build time. Nowadays it is recommended "
@@ -486,8 +483,8 @@ msgstr ""
 "ソース形式“1.0”では、パッケージが native かどうかはビルド時に <command>dpkg-"
 "source</command> によって決められていました。最近では望むソース形式を "
 "<filename>debian/source/format</filename> に“3.0 (quilt)”または“3.0 "
-"(native)”と記述することによって明示することが推奨されています。この章の残り"
-"は native ではないパッケージについてのみに関係しています。"
+"(native)”と記述することによって明示することが推奨されています。この章の残り"
+"部分は native ではないパッケージについてのみ記しています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -499,10 +496,14 @@ msgid ""
 "same tar file should be used to build the new diffs and <filename>.dsc</"
 "filename> files, and will not need to be re-uploaded."
 msgstr ""
+"初回には、特定の開発元のバージョン (upstream version) に該当するバージョンが"
+"アップロードされます。元のソース tar ファイルは、アップロードされて "
+"<filename>.changes</filename> ファイルに含まれている必要があります。その後、"
+"新しい diff ファイルや <filename>.dsc</filename> ファイルの生成には全く同じ "
+"tar ファイルを使わなければならず、これを再アップロードする必要はありません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:255
-#, fuzzy
 msgid ""
 "By default, <command>dpkg-genchanges</command> and <command>dpkg-"
 "buildpackage</command> will include the original source tar file if and only "
@@ -511,14 +512,15 @@ msgid ""
 "literal> to always include it or <literal>-sd</literal> to always leave it "
 "out."
 msgstr ""
-"デフォルトで、<command>dpkg-genchanges</command> および <command>dpkg-"
-"buildpackage</command> この挙動は、常に含めるのに <literal>-sa</literal> を常"
-"に含めないのには <literal>-sd</literal> を使うことで"
+"デフォルトでは、<command>dpkg-genchanges</command> および <command>dpkg-"
+"buildpackage</command> は前述されている changelog エントリと現在のエントリが"
+"異なった upstream バージョンを持つ場合にのみ、オリジナルのソース tar ファイル"
+"を含めようとします。この挙動は、<literal>-sa</literal> を使って常に含めたり、"
+"<literal>-sd</literal> を使うことで常に含めないようにするように変更できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:263
-#, fuzzy
 msgid ""
 "If no original source is included in the upload, the original source tar-"
 "file used by <command>dpkg-source</command> when constructing the <filename>."
@@ -528,7 +530,7 @@ msgstr ""
 "アップロード時にオリジナルのソースが含まれていない場合、アップロードされる "
 "<filename>.dsc</filename> と diff ファイルを構築する際に <command>dpkg-"
 "source</command> が使用するオリジナルの tar ファイルは、<emphasis>必ず</"
-"empashis>既にアーカイブにあるものと 1 バイトも変わらぬものでなくてはなりませ"
+"emphasis>既にアーカイブにあるものと 1 バイトも違わぬものでなくてはなりませ"
 "ん。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -541,6 +543,12 @@ msgid ""
 "<filename>debian</filename> directory are preserved since they are stored in "
 "a tar archive."
 msgstr ""
+"注意していただきたいのですが、native ではないパッケージでは、diff はパッチ内"
+"のファイルパーミッションを保存しないので、<filename>*.orig.tar.{gz,bz2,lzma}"
+"</filename> 内に存在しないファイルのパーミッションは保持されません。しかし、"
+"ソース形式“3.0 (quilt)”を使っている場合、<filename>debian</filename> ディレク"
+"トリ内にあるファイルのパーミッションは tar アーカイブで保存されるのでそのまま"
+"になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -630,7 +638,6 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:313
-#, fuzzy
 msgid ""
 "To ensure that your upload will be accepted, you should discuss the changes "
 "with the stable release team before you upload. For that, send a mail to the "
@@ -644,7 +651,7 @@ msgstr ""
 "(stable)</literal> にある現在のパッケージバージョンに適用したいパッチを含めた"
 "メールを &email-debian-release; メーリングリストに送ってください。<literal>安"
 "定版 (stable)</literal> ディストリビューションへアップロードするパッケージの "
-"changelog のエントリには常に verbose で詳細にしてください。"
+"changelog のエントリには常にくどいほど詳細にしてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -654,12 +661,15 @@ msgid ""
 "Basically, a package should only be uploaded to <literal>stable</literal> if "
 "one of the following happens:"
 msgstr ""
+"<literal>安定版 (stable)</literal> へのアップロード時には特に注意を払うことが"
+"必要です。基本的に、以下のいずれかが起こった際にのみ <literal>安定版 (stable)"
+"</literal> へパッケージはアップロードされます:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:328
 msgid "a truly critical functionality problem"
-msgstr "æ\9c¬å½\93ã\81«è\87´å\91½ç\9a\84ã\81ªæ©\9fè\83½ã\81¸ã\81®å\95\8fé¡\8cã\81\8cã\81\82ã\82\8b"
+msgstr "本当に致命的な機能の問題がある"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -687,6 +697,15 @@ msgid ""
 "managers are usually willing to include your fix nonetheless in a regular "
 "upload to <literal>stable</literal>."
 msgstr ""
+"以前、<literal>安定版 (stable)</literal> へのアップロードはセキュリティ問題へ"
+"の対処と同等に取り扱われていました。しかし、この慣習は廃れており、Debian セ"
+"キュリティ勧告がリリースされた際、セキュリティ勧告へのアップロードに使われた"
+"ものが自動的に適切な <filename>proposed-updates</filename> アーカイブにコピー"
+"されます。セキュリティ情報の取り扱い方の詳細については <xref linkend=\"bug-"
+"security\"/> を参照してください。セキュリティチームがその問題は "
+"<literal>DSA</literal> を通じて修正するには軽微過ぎると思った場合であっても、"
+"安定版のリリースマネージャらはそれに関わらず <literal>安定版 (stable)</"
+"literal> への定期アップロードに修正を含めようとするでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -695,6 +714,8 @@ msgid ""
 "Changing anything else in the package that isn't important is discouraged, "
 "because even trivial fixes can cause bugs later on."
 msgstr ""
+"些細な修正でも後ほどバグを引き起こすことがあるので、重要でないものは何であろ"
+"うと変更するのは推奨されません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:358
@@ -709,6 +730,15 @@ msgid ""
 "files), possibly making those other packages uninstallable, is strongly "
 "discouraged."
 msgstr ""
+"<literal>安定版 (stable)</literal> にアップロードされるパッケージは<literal>"
+"安定版 (stable)</literal> を動作しているシステム上でコンパイルされていなけれ"
+"ばならず、ライブラリ (やその他のパッケージ) への依存は<literal>安定版 "
+"(stable)</literal> で入手可能なものに限られます。例えば、<literal>安定版 "
+"(stable)</literal> にアップロードされたパッケージが<literal>不安定版 "
+"(unstable)</literal> にのみ存在するライブラリパッケージに依存していると "
+"reject されます。他のパッケージへの依存を (<literal>提供 (Provides)</"
+"literal> や <filename>shlibs</filename> をいじることで) 変更するのは、他の"
+"パッケージをインストールできないようにする可能性があるので認められません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:368
@@ -717,6 +747,9 @@ msgid ""
 "long as it hasn't been archived. The same rules as for <literal>stable</"
 "literal> apply."
 msgstr ""
+"<literal>旧安定版 (oldstable)</literal> ディストリビューションへのアップロー"
+"ドはアーカイブされてない限り可能です。<literal>安定版 (stable)</literal>と同"
+"じルールが適用されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -759,6 +792,12 @@ msgid ""
 "be signed with a key in the Debian Developers keyring or the Debian "
 "Maintainers keyring (see <ulink url=\"&url-wiki-dm;\"></ulink>)."
 msgstr ""
+"パッケージをアップロードするには、ファイル (署名された changes ファイルと "
+"dsc ファイル) を anonymous ftp で <literal>&ftp-upload-host;</literal> の "
+"<ulink url=\"ftp://&ftp-upload-host;&upload-queue;\">&upload-queue;</ulink> "
+"へアップロードする必要があります。そこでファイルを処理するためには、Debian "
+"Developers keyring または Debian Maintainers keyring (<ulink url=\"&url-wiki-"
+"dm;\"></ulink> 参照) にある鍵で署名しておく必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -768,6 +807,10 @@ msgid ""
 "upload may be rejected because the archive maintenance software will parse "
 "the changes file and see that not all files have been uploaded."
 msgstr ""
+"changes ファイルは最後に転送する必要があることに注意してください。そうしない"
+"とアーカイブのメンテナンスを行っているソフトが changes ファイルをパースして全"
+"てのファイルがアップロードされていないと判断して、アップロードは reject され"
+"るかもしれません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:403
@@ -777,6 +820,10 @@ msgid ""
 "These handy programs help automate the process of uploading packages into "
 "Debian."
 msgstr ""
+"パッケージのアップロードを行う際には <link linkend=\"dupload\">dupload</"
+"link> や <link linkend=\"dput\">dput</link> が便利なことにも気づくことでしょ"
+"う。これらの便利なプログラムは、パッケージを Debian にアップロードする作業を"
+"自動化するのに役立ちます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:408
@@ -785,6 +832,9 @@ msgid ""
 "&upload-queue;README\"/> and the Debian package <link linkend=\"dcut\">dcut</"
 "link>."
 msgstr ""
+"パッケージを削除するには <ulink url=\"ftp://&ftp-upload-host;&upload-queue;"
+"README\"/> と <link linkend=\"dcut\">dcut</link> Debian パッケージを参照して"
+"ください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -800,6 +850,10 @@ msgid ""
 "preparing a <link linkend=\"nmu\">Non-Maintainer Upload</link>, you might "
 "want to give the maintainer a few days to react."
 msgstr ""
+"パッケージを直ちにアップロードするのが良い時もありますが、パッケージがアーカ"
+"イブに入るのが数日後であるのが良いと思う時もあります。例えば、<link linkend="
+"\"nmu\">Non-Maintainer アップロード</link>の準備をする際は、メンテナに対して"
+"猶予期間を数日間与えたいと思うでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:425
@@ -812,6 +866,13 @@ msgid ""
 "<literal>DELAYED/[012345678]-day</literal>. 0-day is uploaded multiple times "
 "per day to <literal>&ftp-upload-host;</literal>."
 msgstr ""
+"delayed ディレクトリにアップロードされると、パッケージは <ulink url=\"http://"
+"ftp-master.debian.org/deferred.html\">the deferred uploads queue</ulink> に保"
+"存されます。指定した待ち時間が終わると、パッケージは処理のため通常の "
+"incoming ディレクトリに移動されます。この作業は <literal>&ftp-upload-host;</"
+"literal> の <literal>DELAYED/[012345678]-day</literal> ディレクトリへのアップ"
+"ロードを通じて自動的に処理されます。0-day は一日に複数回 <literal>&ftp-"
+"upload-host;</literal> へアップロードするのに使われます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:435
@@ -819,6 +880,8 @@ msgid ""
 "With dput, you can use the <literal>--delayed <replaceable>DELAY</"
 "replaceable></literal> parameter to put the package into one of the queues."
 msgstr ""
+"dput を使うと、パッケージを遅延キューに入れるのに <literal>--delayed "
+"<replaceable>DELAY</replaceable></literal> パラメータを使えます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -829,7 +892,6 @@ msgstr "セキュリティアップロード"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:443
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Do <emphasis role=\"strong\">NOT</emphasis> upload a package to the security "
 "upload queue (<literal>oldstable-security</literal>, <literal>stable-"
@@ -871,6 +933,10 @@ msgid ""
 "literal>. This queue does not support <link linkend=\"delayed-incoming"
 "\">delayed uploads</link>."
 msgstr ""
+"パッケージは ssh を使って <literal>&ssh-upload-host;</literal> へアップロード"
+"することも可能です。ファイルは <literal>/srv/upload.debian.org/UploadQueue</"
+"literal> に置く必要があります。このキューは<link linkend=\"delayed-incoming"
+"\">遅延アップロード</link>をサポートしていません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -891,6 +957,14 @@ msgid ""
 "manually.  When uploads are handled manually, the change to the archive may "
 "take up to a month to occur.  Please be patient."
 msgstr ""
+"Debian アーカイブメンテナはパッケージのアップロードに関して責任を持っていま"
+"す。多くの部分は、アップロードはアーカイブ用のメンテナンスツール "
+"<command>katie</command> によって日々自動的に行われています。特に、<literal>"
+"不安定版 (unstable)</literal> に存在しているパッケージの更新は自動的に処理さ"
+"れます。それ以外の場合、特に新規パッケージの場合は、アップロードされたパッ"
+"ケージをディストリビューションに含めるのは手動で行われます。アップロードが手"
+"動で処理される場合は、アーカイブへの変更は実施されるまでに一ヶ月ほどかかりま"
+"す。お待ちください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -901,6 +975,10 @@ msgid ""
 "be closed by the upload.  Please examine this notification carefully, "
 "checking if any bugs you meant to close didn't get triggered."
 msgstr ""
+"どの場合であっても、パッケージがアーカイブに追加されたことや、バグがアップ"
+"ロードで閉じられたことを告げるメールでの通知を受け取ることになります。あなた"
+"が閉じようとしたバグが処理されてない場合は、この通知を注意深く確認してくださ"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -910,6 +988,9 @@ msgid ""
 "package was inserted into.  If there is a disparity, you will receive a "
 "separate email notifying you of that.  Read on below."
 msgstr ""
+"インストール通知もパッケージがどのセクションに入ったかを示す情報を含んでいま"
+"す。不一致がある場合は、それを示す別のメール通知を受け取ります。以下も参照く"
+"ださい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -918,6 +999,8 @@ msgid ""
 "Note that if you upload via queues, the queue daemon software will also send "
 "you a notification by email."
 msgstr ""
+"キュー経由でアップロードした場合は、キューデーモンソフトウェアもメールで通知"
+"を行うことに留意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -936,6 +1019,11 @@ msgid ""
 "control over these fields.  The values in the <filename>debian/control</"
 "filename> file are actually just hints."
 msgstr ""
+"<filename>debian/control</filename> ファイルの <literal>セクション (Section)"
+"</literal> フィールドと <literal>優先度 (Priority)</literal> フィールドは実際"
+"にアーカイブ内でどこに配置されるか、あるいはプライオリティが何かという指定で"
+"はありません。<filename>debian/control</filename> ファイル中の値は、実際のと"
+"ころは単なるヒントです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -950,6 +1038,14 @@ msgid ""
 "filename> file for your next upload, or else you may wish to make a change "
 "in the <literal>override file</literal>."
 msgstr ""
+"アーカイブメンテナは、<literal>override ファイル</literal>内でパッケージにつ"
+"いて定められたセクションと優先度を常に確認しています。<literal>override ファ"
+"イル</literal>と <filename>debian/control</filename> で指定されたパッケージの"
+"フィールドに不一致がある場合、パッケージがアーカイブにインストールされる際に"
+"相違について記述されたメールを受け取ります。<filename>debian/control</"
+"filename> ファイルを次回のアップロード時に修正することもできますし、"
+"<literal>override ファイル</literal>に変更を加えるように依頼するのもよいで"
+"しょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:520
@@ -963,6 +1059,13 @@ msgid ""
 "section/priority</literal>, and include the justification for the change in "
 "the body of the bug report."
 msgstr ""
+"パッケージが現状で置かれているセクションを変更するには、まずパッケージの "
+"<filename>debian/control</filename> ファイルが正しいことを確認する必要があり"
+"ます。次に、<systemitem role=\"package\">ftp.debian.org</systemitem> に対し、"
+"あなたのパッケージに対するセクションあるいは優先度について古いものから新しい"
+"ものへ変更する依頼のバグ登録をします。<literal>override: PACKAGE1:section/"
+"priority, [...], PACKAGEX:section/priority</literal> のようなサブジェクトを使"
+"い、バグ報告の本文に変更に関する根拠を記述してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -978,7 +1081,6 @@ msgstr ""
 "citerefentry> と <ulink url=\"&url-bts-devel;#maintincorrect\"></ulink> を参"
 "照してください。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:537
 msgid ""
@@ -988,6 +1090,11 @@ msgid ""
 "allowable subsections can be found in <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-"
 "archive.html#s-subsections\"></ulink>."
 msgstr ""
+"<xref linkend=\"archive-sections\"/> で書かれているように、<literal>セクショ"
+"ン (Section)</literal>フィールドにはセクション同様にサブセクションも記述する"
+"のに注意ください。セクションが main の場合は、それは書かないようにしてくださ"
+"い。利用可能なサブセクションは <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-archive."
+"html#s-subsections\"></ulink> で検索できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -1006,8 +1113,8 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "すべての開発者は Debian <ulink url=\"&url-bts;\">バグ追跡システム</ulink>を取"
 "り扱えるようでなければいけません。これはどの様にしてバグ報告を正しく登録する"
-"か (<xref linkend=\"submit-bug\"/> 参照)、どの様に更新をして整理しなおすか、"
-"ã\81\9dã\81\97ã\81¦ã\81©ã\81®æ§\98ã\81«ã\81\97ã\81¦å\87¦ç\90\86ã\82\92ã\81\97ã\81¦å®\8cäº\86ã\81\99ã\82\8bã\81\8bã\82\92ç\9f¥ã\81£ã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\82\92å\90«ã\81¿ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
+"か (<xref linkend=\"submit-bug\"/> 参照)、どの様に更新及び整理するか、そして"
+"どの様にして処理をして完了するかを知っていることを含みます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -1085,6 +1192,9 @@ msgid ""
 "cron job such as the following if you want to get a weekly email outlining "
 "all the open bugs against your packages:"
 msgstr ""
+"定期的にオープンになっているバグについてのレポートを受け取るのも良いでしょ"
+"う。あなたのパッケージでオープンになっているバグの全一覧を毎週受け取りたい場"
+"合、以下のような cron ジョブを追加します:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: pkgs.dbk:589
@@ -1129,8 +1239,8 @@ msgstr ""
 "えば <email><replaceable>123</replaceable>@&bugs-host;</email>) の両方に送ら"
 "れているのを確認してください。新しくメールを書いていて元々の報告者のメールア"
 "ドレスを思い出せない場合は、<email><replaceable>123</replaceable>-"
-"submitter@&bugs-host;</email> ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\82¢ã\83\89ã\83¬ã\82¹ã\82\92å ±å\91\8aè\80\85ã\81¸é\80£çµ¡ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81«ä½¿ã\81\88"
-"ます。<emphasis>さらに</emphasis>バグのログへあなたのメールを記録するのにも使"
+"submitter@&bugs-host;</email> ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\83¡ã\83¼ã\83«ã\82¢ã\83\89ã\83¬ã\82¹ã\81\8cå ±å\91\8aè\80\85ã\81¸é\80£çµ¡ã\81\99ã\82\8bã\81®ã\81¨ã\80\81"
+"<emphasis>さらに</emphasis>バグのログへあなたがメールしたのを記録するのにも使"
 "えます (これは <email><replaceable>123</replaceable>@&bugs-host;</email> へ"
 "メールのコピーを送らなくても済むことを意味しています)。"
 
@@ -1155,7 +1265,7 @@ msgid ""
 "fixing a bug by changing and uploading the package, you can automate bug "
 "closing as described in <xref linkend=\"upload-bugfix\"/>."
 msgstr ""
-"既にバグに対処していた場合 (例えば修正済み)、説明のメッセージを "
+"既にバグに対処していた場合 (例えば修正済みの時)、説明のメッセージを "
 "<email><replaceable>123</replaceable>-done@&bugs-host;</email> に送ることで "
 "<literal>done</literal> とマークしておいて (閉じて) ください。パッケージを変"
 "更してアップロードすることでバグを修正する場合は、<xref linkend=\"upload-"
@@ -1194,6 +1304,14 @@ msgid ""
 "documentation</ulink>.  This section contains some guidelines for managing "
 "your own bugs, based on the collective Debian developer experience."
 msgstr ""
+"パッケージメンテナになると、他のパッケージにバグを見つけたり、自分のパッケー"
+"ジに対して報告されたバグが実際には他のパッケージにあるバグであったりというこ"
+"とが頻繁にあるでしょう。バグ追跡システムの機能は <ulink url=\"&url-bts-devel;"
+"\">Debian 開発者向けの BTS ドキュメント</ulink> に記載されています。バグ報告"
+"の再指定 (reassign) やマージ (merge)、そしてタグ付けなどの作業は <ulink url="
+"\"&url-bts-control;\">BTS 制御サーバのドキュメント</ulink> に記述されていま"
+"す。この章では、Debian 開発者から集められた経験を元にしたバグの扱い方のガイド"
+"ラインを含んでいます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1204,12 +1322,15 @@ msgid ""
 "details.  However, handling the bugs in your own packages is even more "
 "important."
 msgstr ""
+"他のパッケージで見つけた問題についてバグを登録するのは、メンテナとしての責務"
+"の一つです。詳細については <xref linkend=\"submit-bug\"/> を参照してくださ"
+"い。しかし、自分のパッケージのバグを管理するのはさらに重要です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:647
 msgid "Here's a list of steps that you may follow to handle a bug report:"
-msgstr ""
+msgstr "以下がバグ報告を取り扱う手順です:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1224,7 +1345,15 @@ msgid ""
 "shouldn't detect its misuse in order to give an informative error message.  "
 "This is an issue that may need to be brought up with the upstream author."
 msgstr ""
+"報告が実際にバグに関連するものか否かを決めてください。ユーザはドキュメントを"
+"読んでいないため、誤ったプログラムの使い方をしているだけのことが時々ありま"
+"す。このように判断した場合は、ユーザに問題を修正するのに十分な情報を与えて "
+"(良いドキュメントへのポインタを教えるなどして) バグを閉じます。同じ報告が何度"
+"も繰り返し来る場合には、ドキュメントが十分なものかどうか、あるいは有益なエ"
+"ラーメッセージを与えるよう、誤った使い方を検知していないのでは、と自身に問い"
+"直してください。これは開発元の作者に伝える必要がある問題かもしれません。"
 
+# FIXME-trans: "If you don't find any," - any what?
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:662
@@ -1240,6 +1369,16 @@ msgid ""
 "so, please read the <ulink url=\"&url-tech-ctte;\">recommended procedure</"
 "ulink>."
 msgstr ""
+"バグを閉じるという貴方の判断にバグ報告者らが同意しない場合には、それをどう取"
+"り扱うかについての同意が見つかるまで、彼らは再度オープンな状態 (reopen) にす"
+"るでしょう。そのバグについてもう議論することが無いという場合は、バグは存在す"
+"るが修正することはないと知らせるため、バグに対して <literal>wontfix</"
+"literal> タグを付けることになります。この決定が受け入れがたい時には、あなた "
+"(あるいは報告者) はバグを <systemitem role=\"package\">tech-ctte</"
+"systemitem> に再指定 (reassign) して技術委員会 (technical committee) の判断を"
+"仰いでください (パッケージへ報告されたものをそのままにしておきたい場合は、"
+"BTS の clone コマンドを使ってください)。これを行う前には<ulink url=\"&url-"
+"tech-ctte;\">推奨手順</ulink>を読んでおいてください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:676
@@ -1255,6 +1394,15 @@ msgid ""
 "mailed to the maintainers of the package being reassigned to, so they won't "
 "know about it until they look at a bug overview for their packages."
 msgstr ""
+"バグが実際にあるが、他のパッケージによって引き起こされている場合は、バグを正"
+"しいパッケージに再指定 (reassign) します。どのパッケージに再指定するべきかが"
+"分からない場合は、<link linkend=\"irc-channels\">IRC</link> か &email-debian-"
+"devel; で聞いてください。再指定するパッケージのメンテナに通知をしてください。"
+"例えば <email><replaceable>packagename</replaceable>@packages.debian.org</"
+"email> 宛にメッセージを Cc: してメール中に理由を説明するなどします。単に再指"
+"定しただけでは再指定された先のメンテナにはメールは<emphasis>送信されません</"
+"emphasis>ので、彼らがパッケージのバグ一覧を見るまでそれを知ることはありませ"
+"ん。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1267,6 +1415,12 @@ msgid ""
 "should block \"your\" bug with the reassigned, cloned bug to document the "
 "relationship."
 msgstr ""
+"バグがあなたのパッケージの動作に影響する場合は、バグを複製し (clone)、複製し"
+"たバグをその挙動を実際に起こしているパッケージに再指定することを検討してくだ"
+"さい。さもなければ、あなたのパッケージのバグ一覧にバグが見つからないので、多"
+"分ユーザに同じバグを何度も繰り返し報告される羽目になる可能性があります。あな"
+"たは、再指定 (reassign) によって「自分の」バグということを防ぎ、バグの複製 "
+"(clone) によって関係があることを記載しておく必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1278,6 +1432,10 @@ msgid ""
 "even be dropped to wishlist severity when the requested change is just "
 "cosmetic."
 msgstr ""
+"時々、重要度の定義に合うようにバグの重要度を調整する必要もあります。これは、"
+"人々はバグ修正を確実に早くしてもらうために重要度を極端に上げようとするからで"
+"す。要望された変更点が単に体裁的なものな時には、バグは要望 (wishlist) に格下"
+"げされるでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1291,6 +1449,12 @@ msgid ""
 "submitter.) For more details on the technicalities of the merge command and "
 "its relative, the unmerge command, see the BTS control server documentation."
 msgstr ""
+"バグが確かにあるが既に他の誰かによって同じ問題が報告されている場合は、2 つの"
+"関連したバグを BTS の merge コマンドを使って 1 つにマージします。このようにす"
+"ると、バグが修正された時に全ての投稿者に通知がいきます (ですが、そのバグ報告"
+"の投稿者へのメールは報告の他の投稿者には自動的には通知されないことに注意して"
+"ください)。merge コマンドや類似の unmerge コマンドの技術詳細については、BTS "
+"制御サーバドキュメントを参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1304,6 +1468,12 @@ msgid ""
 "on how to reproduce it.  After a few months, if this information has not "
 "been sent by someone, the bug may be closed."
 msgstr ""
+"バグ報告者は情報を書き漏らしている場合、必要な情報を尋ねる必要があります。そ"
+"の様なバグに印をつけるには <literal>moreinfo</literal> タグを使います。さら"
+"に、そのバグを再現できない場合には、<literal>unreproducible</literal> タグを"
+"付けます。誰もそのバグを再現できない場合、どうやって再現するのか、さらに情報"
+"を何ヶ月経っても、この情報が誰からも送られてこない場合はバグは閉じても構いま"
+"せん。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1320,6 +1490,15 @@ msgid ""
 "sure to send the patch to the BTS and to tag the bug as <literal>patch</"
 "literal>."
 msgstr ""
+"バグがパッケージに起因する場合、さっさと直します。自分では直せない場合は、バ"
+"グに <literal>help</literal> タグを付けます。&email-debian-devel; や &email-"
+"debian-qa; で助けを求めることも出来ます。開発元 (upstream) の問題であれば、作"
+"者に転送する必要があります。バグを転送するだけでは十分ではありません。リリー"
+"スごとにバグが修正されているかどうかを確認しなければいけません。もし修正され"
+"ていれば、それを閉じ、そうでなければ作者に確認を取る必要があります。必要な技"
+"能を持っていてバグを修正するパッチが用意できる場合は、同時に作者に送りましょ"
+"う。パッチを BTS に送付してバグに <literal>patch</literal> タグを付けるのを忘"
+"れないでください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:742
@@ -1331,6 +1510,11 @@ msgid ""
 "<filename>changelog</filename>).  This is particularly useful if you are "
 "several developers working on the same package."
 msgstr ""
+"ローカル環境でバグを修正した、あるいは VCS リポジトリに修正をコミットした場合"
+"には、バグに <literal>pending</literal> タグを付けてバグが修正されたことと次"
+"のアップロードでバグが閉じられるであろうことを回りに知らせます "
+"(<filename>changelog</filename> に <literal>closes:</literal> を追加します)。"
+"これは複数の開発者が同一のパッケージで作業している際に特に役立ちます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -1340,6 +1524,9 @@ msgid ""
 "closed indicating the version in which it was fixed. This can be done "
 "automatically, read <xref linkend=\"upload-bugfix\"/>."
 msgstr ""
+"一旦修正されたパッケージがアーカイブから入手可能になったら、バグはどのバー"
+"ジョンで修正されたかを指定して閉じられる必要があります。これは自動的に行われ"
+"ます。<xref linkend=\"upload-bugfix\"/> を読んでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -1358,6 +1545,12 @@ msgid ""
 "package has been installed into the archive, you can and should close the "
 "bug in the BTS.  Also, the bug should be closed with the correct version."
 msgstr ""
+"バグや問題があなたのパッケージで修正されたとしたら、そのバグを閉じるのはパッ"
+"ケージメンテナとしての責任になります。しかし、バグを修正したパッケージが "
+"Debian アーカイブに受け入れられるまではバグを閉じてはいけません。従って、一旦"
+"更新したパッケージがアーカイブにインストールされたという通知を受け取った場合"
+"は、BTS でバグを閉じることができますし、そうしなければいけません。もちろん、"
+"バグは正しいバージョンで閉じなくてはいけません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1368,6 +1561,10 @@ msgid ""
 "filename> file, following a certain syntax, and the archive maintenance "
 "software will close the bugs for you.  For example:"
 msgstr ""
+"ですが、アップロード後に手動でバグをクローズしなくても済む方法があります — "
+"<filename>debian/changelog</filename> に以下の特定の書き方にて修正したバグを"
+"列挙すれば、それだけで後はアーカイブのメンテナンスソフトがバグをクローズして"
+"くれます。例:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -1395,6 +1592,8 @@ msgid ""
 "Technically speaking, the following Perl regular expression describes how "
 "bug closing changelogs are identified:"
 msgstr ""
+"技術的に言うと、どの様にしてバグを閉じる changelog が判別されているかを以下"
+"の Perl の正規表現にて記述しています:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -1414,6 +1613,13 @@ msgid ""
 "(basically, exactly the bugs mentioned in the changelog-part in the "
 "<filename>.changes</filename> file are closed)."
 msgstr ""
+"<literal>closes: #<replaceable>XXX</replaceable></literal> という書き方が推奨"
+"されています。これは、最も分かり易いエントリで、<filename>changelog</"
+"filename> の本文に挿入するのがもっとも簡単だからです。<command>dpkg-"
+"buildpackage</command> に <literal>-v</literal> スイッチを指定して別バージョ"
+"ンを指定しない限り、最も新しい changelog のエントリにあるバグだけが閉じられま"
+"す (基本的には、です。正確には <filename>.changes</filename> ファイルの "
+"changelog-part で明示されたバグが閉じられます)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:801
@@ -1423,6 +1629,10 @@ msgid ""
 "closed, but that practice was ceased with the advent of version-tracking.  "
 "The same applied to the tag <literal>fixed-in-experimental</literal>."
 msgstr ""
+"歴史的に、<link linkend=\"nmu\">non-maintainer upload (NMU)</link> と判別され"
+"るアップロードは closed ではなく <literal>fixed</literal> とタグがされてきま"
+"したが、この習慣はバージョントラッキングの進化によって廃れています。同じこと"
+"が <literal>fixed-in-experimental</literal> タグにも言えます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:807
@@ -1439,6 +1649,16 @@ msgid ""
 "<replaceable>YYY</replaceable> is the first version where the bug has been "
 "fixed."
 msgstr ""
+"もしバグ場号を間違って入力したり、changelog のエントリにバグを入れ忘れた場"
+"合、そのミスが起こすであろうダメージを防ぐのを躊躇わないでください。誤って閉"
+"じたバグを再度オープンにするには、バグトラッキングシステムのコントロールアド"
+"レスである &email-bts-control; に <literal>reopen <replaceable>XXX</"
+"replaceable></literal> コマンドを投げます。アップロードで修正されたがまだ残っ"
+"ているバグを閉じるには <filename>.changes</filename> ファイルを "
+"<email><replaceable>XXX</replaceable>-done@&bugs-host;</email> にメールしま"
+"す。<replaceable>XXX</replaceable> はバグ番号で、メールの本文の最初の 2 行に "
+"Version: <replaceable>YYY</replaceable> と空白行を入れます。"
+"<replaceable>YYY</replaceable> はバグが修正された最初のバージョンです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:819
@@ -1451,6 +1671,12 @@ msgid ""
 "of a version if the changes in that version of the package don't have any "
 "bearing on the bug."
 msgstr ""
+"上に書いたような changelog を使ったバグの閉じ方は必須ではない、ということは念"
+"頭に置いておいてください。行ったアップロードとは無関係に単にバグを閉じたい、"
+"という場合は、説明をメールに書いて <email><replaceable>XXX</replaceable>-"
+"done@&bugs-host;</email> に送ってバグを閉じてください。そのバージョンのパッ"
+"ケージでの変更がバグに何も関係ない場合は、そのバージョンの changelog エントリ"
+"ではバグを<emphasis role=\"strong\">閉じないで</emphasis>ください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -1581,11 +1807,11 @@ msgid ""
 "confidential is not added to the tracker."
 msgstr ""
 "セキュリティチームは集約的なデータベース、<ulink url=\"http://security-"
-"tracker.debian.org/\">Debian セキュリティ追跡システム</ulink>をメンテナンスし"
-"ています。これはセキュリティ問題として知られている全ての公開情報を含んでいま"
-"ã\81\99: ã\81©ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ï¼\8fã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³ã\81\8cå½±é\9f¿ã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bï¼\8f修正ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\82\8bã\81\8bã\80\81ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\81¯å®\89å®\9a"
-"版、テスト版、不安定版が脆弱化かどうか、という情報です。まだ機密扱いの情報は"
-"追跡システムには追加されません。"
+"tracker.debian.org/\">Debian セキュリティ追跡システム (Debian Security Tracker)"
+"</ulink>をメンテナンスしています。これはセキュリティ問題として知られている全て"
+"ã\81®å\85¬é\96\8bæ\83\85å ±ã\82\92å\90«ã\82\93ã\81§ã\81\84ã\81¾ã\81\99: ã\81©ã\81®ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ï¼\8fã\83\90ã\83¼ã\82¸ã\83§ã\83³ã\81\8cå½±é\9f¿ã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bï¼\8f修正ã\81\95ã\82\8cã\81¦"
+"いるか、つまりは安定版、テスト版、不安定版が脆弱かどうか、という情報です。まだ"
+"機密扱いの情報は追跡システムには追加されません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:898
@@ -1617,11 +1843,11 @@ msgid ""
 "problem and corresponding fix, and whether it is already a matter of public "
 "knowledge."
 msgstr ""
-"Debian 内での他の多くの活動とは違い、時折セキュリティ問題に関する情報について"
-"は暫くの間秘密にしておく必要があります。これによって、ソフトウェアのディスト"
-"ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82¿ã\81\8cã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cå\8d±é\99ºã\81«ã\81\95ã\82\89ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\80å°\8fé\99\90ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\80\81å\85¬é\96\8bæ\99\82æ\9c\9fã\82\92å\90\88ã\82\8fã\81\9bã\82\8b"
-"ことができます。今回がそうであるかは、問題と対応する修正の性質や、既に既知の"
-"ã\82\82ã\81®ã\81«なっているかどうかによります。"
+"Debian 内での他の多くの活動とは違い、セキュリティ問題に関する情報については、"
+"暫くの間秘密にしておく必要がしばしばあります。これによって、ソフトウェアの"
+"ã\83\87ã\82£ã\82¹ã\83\88ã\83ªã\83\93ã\83¥ã\83¼ã\82¿ã\81\8cã\83¦ã\83¼ã\82¶ã\81\8cå\8d±é\99ºã\81«ã\81\95ã\82\89ã\81\95ã\82\8cã\82\8bã\81®ã\82\92æ\9c\80å°\8fé\99\90ã\81«ã\81\99ã\82\8bã\81\9fã\82\81ã\80\81å\85¬é\96\8bæ\99\82æ\9c\9fã\82\92"
+"合わせることができます。今回がそうであるかは、問題と対応する修正の性質や、既"
+"ã\81«æ\97¢ç\9f¥ã\81®ã\82\82ã\81®ã\81¨なっているかどうかによります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1709,7 +1935,7 @@ msgid ""
 "public."
 msgstr ""
 "機密を要する場合は、修正を<literal>不安定版 (unstable)</literal> (や公開 VCS "
-"ã\83ªã\83\9dã\82¸ã\83\88ã\83ªã\81ªã\81©ã\81\9dã\81®ä»\96ã\81©ã\81\93ã\81§も) へ修正をアップロードしないよう、注意してくださ"
+"ã\83ªã\83\9dã\82¸ã\83\88ã\83ªã\81ªã\81©ã\81\9dã\81®ä»\96ã\81©ã\81\93ã\81¸も) へ修正をアップロードしないよう、注意してくださ"
 "い。コードその物が公開されている場合、変更の詳細を難読化するだけでは十分では"
 "なく、皆によって解析され得る (そしてされる) でしょう。"
 
@@ -1722,8 +1948,8 @@ msgid ""
 "has become public."
 msgstr ""
 "機密であることを要求されたにも関わらず、情報を公開するのには 2 つの理由があり"
-"ます: 問題がしばらくの間既知になっている、あるいは問題や攻撃コードが公開され"
-"た場合です。"
+"ます: 問題が一定期間既知の状態になっている、あるいは問題や攻撃コードが公開さ"
+"ã\82\8cã\81\9få ´å\90\88ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:975
@@ -1852,15 +2078,14 @@ msgstr "セキュリティ問題に対処するパッケージを用意する"
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1058
-#, fuzzy
 msgid ""
 "One way that you can assist the security team in their duties is to provide "
 "them with fixed packages suitable for a security advisory for the stable "
 "Debian release."
 msgstr ""
-"ã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\82\92å½¼ã\82\89ã\81®ä½\9c業ç¯\84å\9b²å\86\85ã\81§æ\89\8bå\8a©ã\81\91ã\81§ã\81\8dã\82\8bæ\96¹æ³\95ã\81®ä¸\80ã\81¤ã\81¯ã\80\81å®\89å®\9aç\89\88 "
-"Debian リリース用のセキュリティ勧告に適した修正版パッケージを提供することで"
-"す。"
+"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cã\82»ã\82­ã\83¥ã\83ªã\83\86ã\82£ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81«å¯¾ã\81\97ã\80\81å½¼ã\82\89ã\81®è\81·å\8b\99ã\81«é\96¢ã\81\97ã\81¦æ\89\8bå\8a©ã\81\91ã\81§ã\81\8dã\82\8bæ\96¹æ³\95ã\81®ä¸\80ã\81¤"
+"は、安定版 Debian リリース用のセキュリティ勧告に適した修正版パッケージを提供"
+"ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1906,6 +2131,11 @@ msgid ""
 "this is only done in extreme situations, and you must always coordinate that "
 "with the security team beforehand."
 msgstr ""
+"いくつかのケースでは、例えば大量のソースコードの変更や書き直しが必要など、セ"
+"キュリティ修正をバックポートできないことがあります。この様な場合、新しいバー"
+"ジョン (new upstream version) へ移行する必要があるかもしれません。しかし、こ"
+"れは極端な状況の場合にのみ行われるものであり、実行する前に必ずセキュリティ"
+"チームと調整をしなければなりません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1917,6 +2147,12 @@ msgid ""
 "actions as well, as sometimes a security fix can break seemingly unrelated "
 "features in subtle ways."
 msgstr ""
+"これに関してはもう一つ重要な指針があります: 必ず変更についてテストをしてくだ"
+"さい。攻撃用コード (exploit) が入手可能な場合には、それを試してみて、パッチを"
+"当てていないパッケージで成功するか、修正したパッケージでは失敗することかどう"
+"かを確かめてみてください。他の確認として、セキュリティ修正は時折表面上はそれ"
+"と関係が無いような機能を壊すことがあるので、通常の動作も同様にテストしてくだ"
+"さい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1931,8 +2167,14 @@ msgid ""
 "package which would otherwise be rejected from the stable release, so please "
 "do not attempt to do this."
 msgstr ""
+"脆弱性の修正に直接関係しない変更をパッケージへ<emphasis role=\"strong\">加え"
+"ない</emphasis>ようにしてください。この様な変更は元に戻さなくてはならなくなる"
+"だけで、時間を無駄にします。他に直したいバグがパッケージにある場合は、セキュ"
+"リティ勧告が発行された後、通常通りに proposed-update にアップロードを行ってく"
+"ださい。セキュリティ更新の仕組みは、それ以外の方法では安定版リリースから "
+"reject されるであろう変更をあなたのパッケージに加える方法ではありませんので、"
+"この様な事はしないでください。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1101
 msgid ""
@@ -1942,12 +2184,17 @@ msgid ""
 "<command>debdiff</command> from <systemitem role=\"package\">devscripts</"
 "systemitem> are useful tools for this, see <xref linkend=\"debdiff\"/>)."
 msgstr ""
+"変更点を可能な限り見直してください。以前のバージョンとの変更点を繰り返し確認"
+"してください (これには <systemitem role=\"package\">patchutils</systemitem> "
+"パッケージの <command>interdiff</command> や <systemitem role=\"package"
+"\">devscripts</systemitem> の <command>debdiff</command> が役立ちます。<xref "
+"linkend=\"debdiff\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1109
 msgid "Be sure to verify the following items:"
-msgstr ""
+msgstr "以下の項目を必ず確認してください"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1114
@@ -1966,8 +2213,8 @@ msgstr ""
 "テスト版 (testing)</literal> の場合は <literal>testing-security</literal> "
 "に、そして以前の安定版リリースへの場合は <literal>oldstable-security</"
 "literal> となります。<replaceable>distribution</replaceable><literal>-"
-"proposed-updates</literal> や <literal>安定版 (stable)</literal> を対象にしな"
-"ã\81\84ã\81§ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84!"
+"proposed-updates</literal> や <literal>stable</literal> を対象にしないでくだ"
+"さい!"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -1989,6 +2236,13 @@ msgid ""
 "However, if a CVE identifier has not yet been assigned, do not wait for it "
 "but continue the process. The identifier can be cross-referenced later."
 msgstr ""
+"説明が十分にされている、意味がある changelog エントリを書くこと。他の人は、こ"
+"れらを元に特定のバグが修正されているのかを見つけ出します。登録されている "
+"<emphasis role=\"strong\">Debian バグ</emphasis> に対して <literal>closes:</"
+"literal> 行を追加すること。外部のリファレンス、できれば <emphasis role="
+"\"strong\">CVE 識別番号</emphasis> を常に含めること、そうすれば相互参照が可能"
+"になります。しかし、CVE 識別番号がまだ付与されていない場合には、それを待たず"
+"に作業を進めてください。識別番号は後ほど付与することができます。"
 
 # FIXME: etch1 -> <stable code>
 # convention
@@ -2008,7 +2262,7 @@ msgstr ""
 "<emphasis role=\"strong\">バージョン番号</emphasis>が正しいことを確認する。現"
 "在のパッケージより大きく、しかし以降のディストリビューションよりパッケージ"
 "バージョンが小さい必要があります。分からない場合は <literal>dpkg --compare-"
-"versions</literal> でテストしてください。以前のアップロードで既に使っている"
+"versions</literal> でテストしてください。以前のアップロードで既に使っている"
 "バージョン番号を再利用しないように注意してください。そうしないと番号が "
 "binNMU と衝突します。<literal>+</literal><replaceable>codename</"
 "replaceable><literal>1</literal> を追加するのが通例です。例えば "
@@ -2043,6 +2297,10 @@ msgid ""
 "{gz,bz2,lzma}</filename></emphasis> as used in the normal archive, otherwise "
 "it is not possible to move the security fix into the main archives later."
 msgstr ""
+"通常のアーカイブで使われているのと<emphasis role=\"strong\">全く同じ "
+"<filename>*.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</filename></emphasis>を必ず使うようにして"
+"ください。さもなくば、後ほどセキュリティ習性を main アーカイブに移動すること"
+"ができません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1172
@@ -2053,6 +2311,12 @@ msgid ""
 "machine (see <xref linkend=\"server-machines\"/>) or setup a chroot (see "
 "<xref linkend=\"pbuilder\"/> and <xref linkend=\"debootstrap\"/>)."
 msgstr ""
+"ビルドを行っているディストリビューションからインストールしたパッケージだけが"
+"含まれている<emphasis role=\"strong\">クリーンなシステム上で</emphasis>パッ"
+"ケージをビルドしてください。その様なシステムを自分で持っていない場合は、"
+"debian.org マシン (<xref linkend=\"server-machines\"/> を参照してください) を"
+"使うこともできますし、chroot を設定することもできます (<xref linkend="
+"\"pbuilder\"/> と <xref linkend=\"debootstrap\"/> を参照してください)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -2060,7 +2324,7 @@ msgstr ""
 msgid "Uploading the fixed package"
 msgstr "修正したパッケージをアップロードする"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
+# type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1185
 msgid ""
@@ -2070,6 +2334,12 @@ msgid ""
 "team.  If the package does not exactly meet the team's requirements, it will "
 "cause many problems and delays in dealing with the unwanted upload."
 msgstr ""
+"セキュリティアップロードキュー (<literal>oldstable-security</literal>、"
+"<literal>stable-security </literal> 等) には、セキュリティチームからの事前許"
+"可無しにパッケージを<emphasis role=\"strong\">アップロードしないでください</"
+"emphasis>。パッケージがチームの要求に完全に合致していない場合、望まれないアッ"
+"プロードに対処するために多くの問題が引き起こされたり遅延が生じることになりま"
+"す。詳細については <xref linkend=\"bug-security\"/> を参照してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1192
@@ -2083,8 +2353,15 @@ msgid ""
 "That way, the stable distribution will end up without a security update for "
 "this package instead."
 msgstr ""
+"セキュリティチームと調整する事無しに <literal>proposed-updates</literal> へ修"
+"正したものをアップロード<emphasis role=\"strong\">しない</emphasis>ようにして"
+"ください。<literal>security.debian.org</literal> からパッケージは "
+"<literal>proposed-updates</literal> ディレクトリに自動的にコピーされます。"
+"アーカイブに同じ、あるいはより高いバージョン番号のものが既にインストールされ"
+"ている場合は、セキュリティアップデートはアーカイブシステムに reject されま"
+"す。そうすると、安定版ディストリビューションはこのパッケージに対するセキュリ"
+"ティ更新無しで終了してしまうでしょう。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1202
 msgid ""
@@ -2093,6 +2370,11 @@ msgid ""
 "the archives.  For security uploads, the place to upload to is "
 "<literal>ftp://security-master.debian.org/pub/SecurityUploadQueue/</literal>."
 msgstr ""
+"一旦、新しいパッケージを作成してテストし、セキュリティチームによって許可を受"
+"けたら、アーカイブへインストールできるようにするためにアップロードをする必要"
+"があります。セキュリティに関するアップロードの場合、アップロード先は "
+"<literal>ftp://security-master.debian.org/pub/SecurityUploadQueue/</literal> "
+"になります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1208
@@ -2101,6 +2383,9 @@ msgid ""
 "automatically be built for all architectures and stored for verification by "
 "the security team."
 msgstr ""
+"セキュリティキューへアップロードしたものが許可されると、パッケージは自動的に"
+"すべてのアーキテクチャに対してビルドされ、セキュリティチームによる確認の為に"
+"保存されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2110,6 +2395,9 @@ msgid ""
 "by the security team.  This is necessary since there might be fixes for "
 "security problems that cannot be disclosed yet."
 msgstr ""
+"許可、あるいは確認を待っているアップロードには、セキュリティチームのみがアク"
+"セスできます。これは、まだ公開できないセキュリティ問題の修正があるかも知れな"
+"いためです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2120,6 +2408,10 @@ msgid ""
 "<replaceable>distribution</replaceable><literal>-proposed-updates</literal> "
 "on <literal>&ftp-master-host;</literal>."
 msgstr ""
+"セキュリティチームのメンバーがパッケージを許可した場合は、proposed パッケージ"
+"に対する <literal>&ftp-master-host;</literal> 上の適切な "
+"<replaceable>distribution</replaceable><literal>-proposed-updates</literal> "
+"と同様に <literal>security.debian.org</literal> 上にインストールされます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -2135,6 +2427,9 @@ msgid ""
 "process.  These procedures should be manually followed by maintainers.  This "
 "chapter gives guidelines on what to do in these cases."
 msgstr ""
+"アーカイブの変更作業のいくつかは、Debian のアップロードプロセスでは自動的なも"
+"のにはなっていません。これらの手続きはメンテナによる手動での作業である必要が"
+"あります。この章では、この様な場合に何をするかのガイドラインを提供します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2149,6 +2444,8 @@ msgid ""
 "See the <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian Policy Manual</ulink> for "
 "guidelines on what section a package belongs in."
 msgstr ""
+"パッケージがどのセクションに属するかのガイドラインは <ulink url=\"&url-"
+"debian-policy;\">Debian ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1239
@@ -2158,6 +2455,10 @@ msgid ""
 "package should be moved to `main' or `contrib'.<placeholder type=\"footnote"
 "\" id=\"0\"/>"
 msgstr ""
+"時折、パッケージは属しているセクションが変わることがあります。例えば「non-"
+"free」セクションのパッケージが新しいバージョンで GPL になった場合、パッケージ"
+"は「main」か「contrib」に移動する必要があります。<placeholder type=\"footnote"
+"\" id=\"0\"/>"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1246
@@ -2172,8 +2473,15 @@ msgid ""
 "valid, it will be moved automatically.  If it does not, then contact the "
 "ftpmasters in order to understand what happened."
 msgstr ""
+"パッケージのどれかがセクションを変更する必要がある場合、希望するセクションに"
+"パッケージを配置するためパッケージの control 情報を変更してから再アップロード"
+"します (詳細については <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian ポリシーマ"
+"ニュアル</ulink>を参照してください)。必ず <filename>.orig.tar.{gz,bz2,lzma}</"
+"filename> を (開発元のバージョンが新しいものになったのではなくても) アップ"
+"ロードに含める必要があります。新しいセクションが正しい場合は、自動的に移動さ"
+"れます。移動されない場合には、何が起こったのかを理解するために ftpmaster に連"
+"絡を取ります。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1258
 msgid ""
@@ -2183,6 +2491,11 @@ msgid ""
 "the package, and re-upload that.  Also, you'll need to get the override file "
 "updated, as described in <xref linkend=\"override-file\"/>."
 msgstr ""
+"一方で、もしパッケージの一つの<literal>サブセクション</literal> (例:「devel」"
+"「admin」) を変更する必要がある、という場合には、手順は全く異なります。パッ"
+"ケージの control ファイルにあるサブセクションを修正して、再アップロードしま"
+"す。また、<xref linkend=\"override-file\"/> に記述してあるように override "
+"ファイルを更新する必要が出てくるでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2208,6 +2521,19 @@ msgid ""
 "these rules when you use it to report a bug against the <literal>ftp.debian."
 "org</literal> pseudo-package."
 msgstr ""
+"何らかの理由でパッケージを完全に削除したくなった場合 (もう必要がなくなった古"
+"い互換用ライブラリの場合、など)、パッケージを削除するよう <literal>ftp."
+"debian.org</literal> に対してバグ登録をする必要があります; すべてのバグ同様、"
+"通常このバグは重要度 normal です。バグの題名は <literal>RM: <replaceable>パッ"
+"ケージ名</replaceable> <replaceable>[アーキテクチャ一覧]</replaceable> -- "
+"<replaceable>理由</replaceable></literal> という形式である必要があります。"
+"<replaceable>パッケージ名</replaceable>は削除されるパッケージ、<replaceable>"
+"理由</replaceable>は削除を依頼する理由の短い要約です。<replaceable>[アーキテ"
+"クチャ一覧]</replaceable>はオプションで、削除依頼が全アーキテクチャではなく一"
+"部のアーキテクチャのみに適用される場合にのみ、必要となります。"
+"<command>reportbug</command> は <literal>ftp.debian.org</literal> 擬似パッ"
+"ケージに対してバグを報告しようとした場合に、これらのルールに則ってバグの題名"
+"を作成しようとすることに注意してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2220,7 +2546,14 @@ msgid ""
 "ulink> for a complete list. That page also provides a convenient overview of "
 "pending removal requests."
 msgstr ""
+"あなたがメンテナンスしているパッケージを削除したくなった場合は、題名の先頭に "
+"<literal>ROM</literal> (Request Of Maintainer) という文字を付けたバグにこれを"
+"記述する必要があります。パッケージの削除理由に使われる他の一般的な略語が幾つ"
+"かありますので、完全な一覧については <ulink url=\"http://&ftp-master-host;/"
+"removals.html\"></ulink> を参照してください。このページでは、まだ作業されてい"
+"ない削除依頼の便利な一覧も見ることができます。"
 
+# FIXME-TRANS: experimental は試験版?実験版
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1295
 msgid ""
@@ -2231,10 +2564,18 @@ msgid ""
 "<literal>unstable</literal> and no package in <literal>testing</literal> "
 "depends on it."
 msgstr ""
+"削除は<literal>不安定版 (unstable)</literal>、<literal>実験版 (experimental)"
+"</literal>、<literal>安定版 (stable)</literal> ディストリビューションに対して"
+"のみ実施が可能であることに注意してください。パッケージは <literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> から直接は削除されません。代わりに<literal>不安定版 "
+"(unstable)</literal> から削除された後で自動的に削除され、<literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> にあるパッケージは削除されたパッケージに依存しなくなりま"
+"す。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1304
+#, fuzzy
 msgid ""
 "There is one exception when an explicit removal request is not necessary: If "
 "a (source or binary) package is an orphan, it will be removed semi-"
@@ -2244,16 +2585,27 @@ msgid ""
 "necessary.  For a source-package, this means that all binary packages it "
 "refers to have been taken over by another source package."
 msgstr ""
+"例外として、明示的な削除依頼が必要ない場合が一つあります: (ソース、あるいはバ"
+"イナリ) パッケージがみなしご化された場合、半自動的に削除されます。バイナリ"
+"パッケージの場合、これはこのバイナリパッケージを生成するソースパッケージがも"
+"はや存在しないということを意味します。バイナリパッケージがいくつかのアーキテ"
+"クチャで生成されなくなったという場合には、削除依頼は必要です。ソースパッケー"
+"ジの場合は、関連の全バイナリパッケージが別のソースパッケージによって上書きさ"
+"れるのを意味しています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1313
+#, fuzzy
 msgid ""
 "In your removal request, you have to detail the reasons justifying the "
 "request.  This is to avoid unwanted removals and to keep a trace of why a "
 "package has been removed.  For example, you can provide the name of the "
 "package that supersedes the one to be removed."
 msgstr ""
+"削除依頼では、依頼を判断する理由を詳細に書く必要があります。これは不必要な削"
+"除を避け、何故パッケージが削除されたのかを追跡できるようにするためです。例え"
+"ば、パッケージ名を"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2267,6 +2619,13 @@ msgid ""
 "retitle the <literal>O:</literal> bug filed against the <literal>wnpp</"
 "literal> package instead of filing a new bug as removal request."
 msgstr ""
+"通常は自分がメンテナンスしているパッケージの削除のみを依頼します。その他の"
+"パッケージを削除したい場合は、メンテナの許可を取る必要があります。パッケージ"
+"がみなしご化されたのでメンテナがいない場合は、まず &email-debian-qa; で削除依"
+"頼について議論をしてください。パッケージの削除についての合意ができたら、削除"
+"依頼の新規バグを登録するのではなく、<literal>wnpp</literal> パッケージに対し"
+"て登録されているバグを reassign して <literal>O:</literal> に題名を変更するべ"
+"きです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2276,6 +2635,9 @@ msgid ""
 "topics may be found at <ulink url=\"http://wiki.debian.org/ftpmaster_Removals"
 "\"></ulink> and <ulink url=\"&url-debian-qa;howto-remove.html\"></ulink>."
 msgstr ""
+"この件、あるいはパッケージ削除に関するその他のトピックについて、さらなる情報"
+"を <ulink url=\"http://wiki.debian.org/ftpmaster_Removals\"></ulink> や "
+"<ulink url=\"&url-debian-qa;howto-remove.html\"></ulink> で参照できます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1334
@@ -2291,6 +2653,16 @@ msgid ""
 "\"package\">devscripts</systemitem> package) and <command>grep-dctrl</"
 "command>.  Removal of orphaned packages is discussed on &email-debian-qa;."
 msgstr ""
+"パッケージを破棄しても構わないか迷う場合には、意見を聞きに &email-debian-"
+"devel; へメールしてください。<systemitem role=\"package\">apt</systemitem> "
+"の <command>apt-cache</command> プログラムも重要です。<literal>apt-"
+"cacheshowpkg <replaceable>パッケージ名</replaceable></literal> として起動した"
+"際、プログラムは<replaceable>パッケージ名</replaceable>の非依存関係を含む詳細"
+"を表示します。他にも <command>apt-cache rdepends</command>、<command>apt-"
+"rdepends</command>、<command>build-rdeps</command> (<systemitem role="
+"\"package\">devscripts</systemitem> パッケージに含まれる)、<command>grep-"
+"dctrl</command> などの有用なプログラムが非依存関係を含む情報を表示します。み"
+"なしご化されたパッケージの削除は、&email-debian-qa; で話し合われます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1347
@@ -2304,6 +2676,14 @@ msgid ""
 "previous Debian releases, they should be marked as fixed in the version "
 "<literal>&lt;most-recent-version-ever-in-Debian&gt;+rm</literal>."
 msgstr ""
+"一旦パッケージが削除されたら、パッケージのバグを処理する必要があります。実際"
+"のコードが別のパッケージに含まれるようになったので、別のパッケージへバグを付"
+"け替える (例えば、<literal>libfoo13</literal> が上書きするので、"
+"<literal>libfoo12</literal> が削除される) か、あるいはソフトウェアがもう "
+"Debian の一部では無くなった場合にはバグを閉じるかする必要があります。バグを閉"
+"じる場合、過去の Debian のリリースにあるパッケージバージョンで修正されたと"
+"マークするのを避けてください。バージョン <literal>&lt;most-recent-version-"
+"ever-in-Debian&gt;+rm</literal> で修正されたとマークしなければなりません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -2325,6 +2705,15 @@ msgid ""
 "proper testing of your packages, the need to replace a package should not "
 "occur too often anyway."
 msgstr ""
+"以前は、<filename>incoming</filename> からパッケージを削除することが可能でし"
+"た。しかし、新しい incoming システムが導入されたことにより、これはもはや不可"
+"能となっています。その代わりに、置き換えたいパッケージよりも高いバージョンの"
+"リビジョンの新しいパッケージをアップロードする必要があります。両方のバージョ"
+"ンのパッケージがアーカイブにインストールされますが、一つ前のバージョンはすぐ"
+"に高いバージョンで置き換えられるため、実際にはバージョンが高い方だけが "
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> で利用可能になります。しかし、もしあな"
+"たがパッケージをきちんとテストしていれば、パッケージを置き換える必要はそんな"
+"に頻繁には無いはずです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2349,6 +2738,18 @@ msgid ""
 "\"removing-pkgs\"/>).  Do not forget to properly reassign the package's bugs "
 "at the same time."
 msgstr ""
+"あなたのパッケージのどれかの開発元のメンテナらがソフトウェアをリネームするの"
+"を決めた時 (あるいはパッケージを間違えて名前を付けた時)、以下の二段階のリネー"
+"ム手続きに従う必要があります。最初の段階では、<filename>debian/control</"
+"filename> ファイルに新しい名前を反映し、利用しなくなるパッケージ名に対して  "
+"Replace、Provides、Conflicts を設定する変更をします (詳細に関しては <ulink "
+"url=\"&url-debian-policy;\">Debian ポリシーマニュアルl</ulink> を参照)。注意"
+"してほしいのは、もし利用しなくなるパッケージ名がリネーム後も動作する場合にの"
+"み <literal>Provides</literal> を付け加えるべきだということです。一旦パッケー"
+"ジをアップロードがアップロードされてアーカイブに移動したら、<literal>ftp."
+"debian.org</literal> に対してバグを報告してください (<xref linkend="
+"\"removing-pkgs\"/> 参照)。同時にパッケージのバグを正しく付け替えするのを忘れ"
+"ないでください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1393
@@ -2364,6 +2765,16 @@ msgid ""
 "bz2</filename>.  This restriction gives each file on the ftp site a unique "
 "name, which helps to ensure consistency across the mirror network."
 msgstr ""
+"他に、パッケージの作成でミスを犯したので置き換えたいという場合があるかもしれ"
+"ません。これを行う方法は唯一つ、バージョン番号を上げて新しいバージョンをアッ"
+"プロードすることです。通常、古いバージョンは無効になります。これはソースを含"
+"めた各パッケージ部分に適用されることに注意してください: パッケージの開発元の"
+"ソース tarball を入れ替えたい場合には、別のバージョンをつけてアップロードする"
+"必要があります。よくある例は <filename>foo_1.00.orig.tar.gz</filename> を "
+"<filename>foo_1.00+0.orig.tar.gz</filename>、あるいは <filename>foo_1.00."
+"orig.tar.bz2</filename> で置き換えるというものです。この制約によって、ftp サ"
+"イト上で各ファイルが一意の名前を持つことになり、ミラーネットワークをまたがっ"
+"た一貫性を保障するのに役立ちます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -2389,6 +2800,19 @@ msgid ""
 "use CC:, because that way the message's subject won't indicate the bug "
 "number)."
 msgstr ""
+"パッケージをもうメンテナンスできなくなってしまった場合、ほかの人に知らせて、"
+"パッケージがみなしご化 (orphaned) とマークされたのが分かるようにする必要があ"
+"ります。パッケージメンテナを <literal>Debian QA Group &orphan-address;</"
+"literal> に設定し、疑似パッケージ<systemitem role=\"package\">wnpp</"
+"systemitem> に対してバグ報告を送信しなければなりません。バグ報告は、パッケー"
+"ジが今みなしご化されていることを示すように <literal>O: <replaceable>パッケー"
+"ジ名</replaceable> -- <replaceable>短い要約</replaceable></literal> というタ"
+"イトルにする必要があります。バグの重要度は <literal>通常 (normal)</literal> "
+"に設定しなければなりません; パッケージの重要 (priority) が standard より高い"
+"場合には重要 (important) に設定する必要があります。必要だと思うのならば、メッ"
+"セージの X-Debbugs-CC: ヘッダのアドレスに &email-debian-devel; を入れてコピー"
+"を送ってください (そう、CC: を使わないでください。その理由は、CC: を使うと、"
+"メッセージの題名がバグ番号を含まないからです)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2401,6 +2825,12 @@ msgid ""
 "replaceable></literal>.  <literal>RFA</literal> stands for <literal>Request "
 "For Adoption</literal>."
 msgstr ""
+"パッケージを手放したいが、しばらくの間はメンテナンスを継続できる場合には、代"
+"わりに <systemitem role=\"package\">wnpp</systemitem> へ <literal>RFA: "
+"<replaceable>パッケージ名</replaceable> -- <replaceable>短い要約</"
+"replaceable></literal> という題名でバグ報告を送信する必要があります。"
+"<literal>RFA</literal> は <literal>Request For Adoption (引き取り依頼)</"
+"literal> を意味しています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2427,8 +2857,12 @@ msgid ""
 "in the WNPP, please take a look at the aforementioned page for information "
 "and procedures."
 msgstr ""
+"新たなメンテナが必要なパッケージの一覧は <ulink url=\"&url-wnpp;\">作業が望ま"
+"れるパッケージ (WNPP、Work-Needing and Prospective Packages list)</ulink> で"
+"入手できます。WNPP でリストに挙がっているパッケージのどれかに対するメンテナン"
+"スを引き継ぎたい場合には、情報と手続きについては前述のページを確認してくださ"
+"い。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1448
 msgid ""
@@ -2438,6 +2872,11 @@ msgid ""
 "reason to believe a maintainer has gone AWOL (absent without leave), see "
 "<xref linkend=\"mia-qa\"/>."
 msgstr ""
+"メンテナンスされていないと思うパッケージを単純に持っていっても構いませんか? "
+"—それはパッケージの乗っ取り (hijacking) です。できますが、もちろんのこと、現"
+"在のメンテナに確認をとってパッケージを持って行って良いか尋ねましょう。メンテ"
+"ナが AWOL (absent without leave、無届け欠席状態) であると信ずる理由があれば、"
+"<xref linkend=\"mia-qa\"/> を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2451,6 +2890,12 @@ msgid ""
 "the attention of the technical committee (see the <ulink url=\"&url-tech-"
 "ctte;\">technical committee web page</ulink> for more information)."
 msgstr ""
+"一般的に、現在のメンテナの同意なしでパッケージを引き取るべきではありません。"
+"彼らがあなたのことを無視したのだとしても、それはパッケージを引き取る理由とは"
+"なりません。メンテナへの不満は開発者のメーリングリストへ送られるべきです。議"
+"論が良い結論に至らない、かつ問題が技術的なものなのであれば、技術委員会に相談"
+"することを検討してください (より詳細については、<ulink url=\"&url-tech-ctte;"
+"\">Debian 技術委員会のページ</ulink> を参照してください)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1464
@@ -2464,12 +2909,20 @@ msgid ""
 "reports.  However, make sure that the old maintainer has no problem with the "
 "fact that they will continue to receive the bugs during that time."
 msgstr ""
+"古いパッケージを引き継いだ場合は、おそらくバグ追跡システムでパッケージの公式"
+"メンテナとして表示されるようにしたいことでしょう。これは、一旦 "
+"<literal>Maintainer</literal> 欄を更新した新しいバージョンをアップロードすれ"
+"ば自動的に行われますが、アップロードが完了してから数時間はかかります。しばら"
+"くは新しいバージョンをアップロードする予定が無い場合は、<xref linkend=\"pkg-"
+"tracking-system\"/> を使ってバグ報告を受け取ることができます。しかし、以前の"
+"メンテナにしばらくの間はバグ報告が届き続けても問題無いことを確認してくださ"
+"い。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
 #: pkgs.dbk:1478
 msgid "Porting and being ported"
-msgstr ""
+msgstr "移植作業、そして移植できるようにすること"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -2480,6 +2933,10 @@ msgid ""
 "duty as a maintainer to be aware of issues of portability.  Therefore, even "
 "if you are not a porter, you should read most of this chapter."
 msgstr ""
+"Debian がサポートするアーキテクチャの数は増え続けています。あなたが移植作業者"
+"ではない、あるいは別のアーキテクチャを使うことが無いという場合であっても、移"
+"植性の問題に注意を払うことはメンテナとしてのあなたの義務です。従って、あなた"
+"が移植作業者でなくても、この章の大半を読む必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:1486
@@ -2492,12 +2949,18 @@ msgid ""
 "literal> architecture, it will be built for each of the other architectures, "
 "amounting to &number-of-arches; more builds."
 msgstr ""
+"移植作業 (Porting) とは、パッケージメンテナが生成したバイナリパッケージの元々"
+"のアーキテクチャとは違うアーキテクチャの Debian パッケージをビルドする作業で"
+"す。これは非常にユニークかつ極めて重要な活動です。事実、移植作業者は実際の "
+"Debian パッケージのコンパイルの大半を行っています。例えば、メンテナが (移植可"
+"能な) ソースパッケージと <literal>i386</literal> のバイナリをアップロードする"
+"と、他の各アーキテクチャ、&number-of-arches; 以上の数のビルドが生成されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1495
 msgid "Being kind to porters"
-msgstr ""
+msgstr "移植作業者に対して協力的になる"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2510,6 +2973,12 @@ msgid ""
 "maintainers — common problems which often stymie porters, and make their "
 "jobs unnecessarily difficult."
 msgstr ""
+"移植作業者は、難解かつ他には無いタスクを抱えています。それは、彼らは膨大な量"
+"のパッケージに対処する必要があるからです。理想を言えば、すべてのソースパッ"
+"ケージは変更を加えないできちんとビルドできるべきです。残念なことに、その様な"
+"場合はほとんどありません。この章は Debian メンテナによってよくコミットされる"
+"「潜在的な問題」のチェックリストを含んでいます — よく移植作業者を困らせ、彼ら"
+"の作業を不必要に難解にする共通の問題です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2521,6 +2990,11 @@ msgid ""
 "tolerant of succinct or even unclear bug reports; do your best to hunt down "
 "whatever the problem is."
 msgstr ""
+"まず初めの、そして最も重要な点はバグや移植作業者から投げかけられた問題に素早"
+"く回答することです。移植作業者をパッケージの副メンテナ (co-maintainer) である"
+"ように丁重に扱ってください (ある意味、その通りではあります)。簡潔、あるいは不"
+"明瞭なバグ報告に寛容になってください。問題が何であれ、原因を捕えることに最善"
+"を尽くしてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2530,8 +3004,10 @@ msgid ""
 "<emphasis>packaging bugs</emphasis> in the source packages.  Here is a "
 "checklist of things you should check or be aware of."
 msgstr ""
+"移植作業者が遭遇する問題のほとんどは、何といっても、ソースパッケージ内での"
+"<emphasis>パッケージ作成のバグ</emphasis>によって引き起こされます。以下は、確"
+"認あるいは注意すべき項目のリストです。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1519
 msgid ""
@@ -2548,14 +3024,26 @@ msgid ""
 "<command>pbuilder</command> program which is provided by the package of the "
 "same name (see <xref linkend=\"pbuilder\"/>)."
 msgstr ""
+"<filename>debian/control</filename> 中の <literal>Build-Depends</literal> と "
+"<literal>Build-Depends-Indep</literal> の設定が正しいことを確認してください。"
+"これを検証するのに最も良い方法は <systemitem role=\"package\">debootstrap</"
+"systemitem> パッケージを使って  <literal>不安定版 (unstable)</literal> の "
+"chroot 環境を作成することです (<xref linkend=\"debootstrap\"/> 参照)。chroot "
+"環境内では、<systemitem role=\"package\">build-essential</systemitem> パッ"
+"ケージと、<literal>Build-Depends</literal> または <literal>Build-Depends-"
+"Indep</literal> に記載されている依存パッケージをインストールしてください。最"
+"後に、chroot 環境でパッケージの生成を試してください。これらの手順は "
+"<command>pbuilder</command> パッケージで提供される同名のプログラムの利用に"
+"よって自動化することができます (<xref linkend=\"pbuilder\"/> 参照)。"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1534
 msgid ""
 "If you can't set up a proper chroot, <command>dpkg-depcheck</command> may be "
 "of assistance (see <xref linkend=\"dpkg-depcheck\"/>)."
 msgstr ""
+"chroot を正しく設定できない場合は、<command>dpkg-depcheck</command> が手助け"
+"になることでしょう (<xref linkend=\"dpkg-depcheck\"/> 参照)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2564,6 +3052,8 @@ msgid ""
 "See the <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian Policy Manual</ulink> for "
 "instructions on setting build dependencies."
 msgstr ""
+"ビルドの依存情報の指定方法については、<ulink url=\"&url-debian-policy;"
+"\">Debian ポリシーマニュアル</ulink>を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2576,6 +3066,11 @@ msgid ""
 "one architecture (such as <literal>i386</literal> or <literal>amd64</"
 "literal>) is usually incorrect."
 msgstr ""
+"意図がある場合以外は、アーキテクチャの値を <literal>all</literal> または "
+"<literal>any</literal> 以外に指定しないでください。非常に多くの場合、メンテナ"
+"が <ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debianポリシーマニュアル</ulink> の指示"
+"に従っていません。アーキテクチャを単一のものに指定する (<literal>i386</"
+"literal> あるいは <literal>amd64</literal> など) は大抵誤りです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2586,6 +3081,11 @@ msgid ""
 "package unpacks properly.  Then, in there, try building your package from "
 "scratch with <command>dpkg-buildpackage</command>."
 msgstr ""
+"ソースパッケージが正しいことを確かめてください。ソースパッケージが正しく展開"
+"されたのを確認するため、<literal>dpkg-source -x <replaceable>package</"
+"replaceable>.dsc</literal> を実行してください。そして、ここでは、一からパッ"
+"ケージを <command>dpkg-buildpackage</command> でビルドするのに挑戦してみてく"
+"ださい。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2596,6 +3096,10 @@ msgid ""
 "should be removed by the <literal>clean</literal> target of <filename>debian/"
 "rules</filename>."
 msgstr ""
+"<filename>debian/files</filename> や <filename>debian/substvars</filename> を"
+"含んだソースパッケージを出していないかを確かめてください。これらは、"
+"<filename>debian/rules</filename> の <literal>clean</literal> ターゲットに"
+"よって削除されるべきです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2607,6 +3111,11 @@ msgid ""
 "setup in a special way.  Try building your package on another machine, even "
 "if it's the same architecture."
 msgstr ""
+"ローカル環境にインストールされていたり、弄くられている設定やプログラムに依存"
+"していないことを確かめてください。例えば、<filename>/usr/local/bin</"
+"filename> やその類のプログラムは決して呼び出してはいけません。特殊なやり方で"
+"設定されたプログラムには依存しないようにしてください。別のマシンでパッケージ"
+"をビルドしてください。それが同じアーキテクチャであっても、です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2617,6 +3126,10 @@ msgid ""
 "be aware that any case like this needs manual bootstrapping and cannot be "
 "done by automated package builders."
 msgstr ""
+"構築中の既にインストールしてあるパッケージに依存しないでください (上記の話の"
+"一例です)。もちろん、このルールには例外はありますが、そのような場合には手動で"
+"一から環境を構築する必要があり、パッケージ作成マシンで自動的に構築することは"
+"できません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
@@ -2627,6 +3140,10 @@ msgid ""
 "you are probably asking for trouble, since different architectures sometimes "
 "standardize on different compilers."
 msgstr ""
+"可能であれば、特定のバージョンのコンパイラに依存しないでください。もし無理で"
+"あれば、その制約をビルドの依存関係に反映されているのを確認してください。だと"
+"しても異なったアーキテクチャでは時折異なったバージョンのコンパイラで統一され"
+"ているので、それでも恐らく問題を引き起こすことになるでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1595
@@ -2638,12 +3155,18 @@ msgid ""
 "the other before.  To test this, try to run <command>dpkg-buildpackage -B</"
 "command>."
 msgstr ""
+"<filename>debian/rules</filename> で、Debian ポリシーマニュアルが定めるよう"
+"に、<literal>binary-arch</literal> 及び <literal>binary-indep</literal> ター"
+"ゲットに分かれて含まれていることを確かめてください。両方のターゲットが独立し"
+"て動作するのを確かめてください。つまり、他のターゲットを事前に呼び出さなくて"
+"も、ターゲットを呼び出せるのを確かめるということです。これをテストするには、"
+"<command>dpkg-buildpackage -B</command> を実行してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1606
 msgid "Guidelines for porter uploads"
-msgstr ""
+msgstr "移植作業者のアップロード (porter upload) に関するガイドライン"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2656,6 +3179,13 @@ msgid ""
 "get it to compile for the other architecture, you are actually doing a "
 "source NMU, so consult <xref linkend=\"nmu-guidelines\"/> instead."
 msgstr ""
+"パッケージが移植作業を行うアーキテクチャで手を入れずに構築できるのであれば、"
+"あなたは幸運で作業は簡単です。この章は、その様な場合に当てはめられます: きち"
+"んとアーカイブにインストールされるために、どうやってバイナリパッケージを構"
+"築・アップロードするかを記述しています。他のアーキテクチャでコンパイルできる"
+"ようにするため、パッケージにパッチを当てる必要がある場合は、実際のところ、"
+"ソース NMU を行なうので、代わりに <xref linkend=\"nmu-guidelines\"/> を参照し"
+"てください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2665,6 +3195,9 @@ msgid ""
 "need to touch any of the files in the source package.  This includes "
 "<filename>debian/changelog</filename>."
 msgstr ""
+"移植作業者のアップロード (porter upload) は、ソースに何も変更を加えません。"
+"ソースパッケージ中のファイルには触る必要はありません。これは "
+"<filename>debian/changelog</filename> を含みます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1621
@@ -2676,6 +3209,11 @@ msgid ""
 "of the package, using the <literal>binary-arch</literal> target in "
 "<filename>debian/rules</filename>."
 msgstr ""
+"<command>dpkg-buildpackage</command> を <literal>dpkg-buildpackage -B -"
+"m<replaceable>porter-email</replaceable></literal> として起動してください。も"
+"ちろん、<replaceable>porter-email</replaceable>にはあなたのメールアドレスを設"
+"定します。これは<filename>debian/rules</filename> の <literal>binary-arch</"
+"literal> を使ってパッケージのバイナリ依存部分のみのビルドを行います。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2687,12 +3225,17 @@ msgid ""
 "have it signed conveniently, or use the remote signing mode of <command>dpkg-"
 "sig</command>."
 msgstr ""
+"移植作業のために Debian マシン上で作業をしていて、アーカイブに入れてもらうた"
+"めにアップロードするパッケージにローカルでサインする必要がある場合は、"
+"<filename>.changes</filename> に対して <command>debsign</command> を手軽に実"
+"行するのもできますし、<command>dpkg-sig</command> のリモート署名モードを使う"
+"こともできます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1637
 msgid "Recompilation or binary-only NMU"
-msgstr ""
+msgstr "再コンパイル、あるいは binary-only NMU"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1639
@@ -2705,6 +3248,13 @@ msgid ""
 "(<command>dak</command> refuses to install new packages if they don't have a "
 "version number greater than the currently available one)."
 msgstr ""
+"時折、最初の移植作業者のアップロード作業は困難なものになります。パッケージが"
+"構築された環境があまり良くないからです (古すぎる、使われていないライブラリが"
+"ある、コンパイラの問題、などなど…)。その場合には、更新した環境で再コンパイル"
+"する必要があるでしょう。しかし、この場合にはバージョンを上げる必要があり、古"
+"いおかしなパッケージは Debian アーカイブ中で入れ替えられることになります (現"
+"在利用可能なものよりバージョン番号が大きくない場合、<command>dak</command> は"
+"新しいパッケージのインストールを拒否します)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1648
@@ -2715,19 +3265,29 @@ msgid ""
 "generated using dpkg's substitution variable <literal>$(Source-Version)</"
 "literal>."
 msgstr ""
+"binary-only NMU がパッケージをインストール不可能にしてしまっていないことを"
+"確認する必要があります。ソースパッケージが、dpkg の substitution 変数 "
+"<literal>$(Source-Version)</literal> を使って内部依存関係を生成している"
+"アーキテクチャ依存パッケージとアーキテクチャ非依存パッケージを生成した"
+"場合に起こる可能性があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1654
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Despite the required modification of the changelog, these are called binary-"
 "only NMUs — there is no need in this case to trigger all other architectures "
 "to consider themselves out of date or requiring recompilation."
 msgstr ""
+"changelog の変更が必要かどうかに関わらず、これらは binary-only NMU と呼ばれます "
+"— この場合には、他の全アーキテクチャで古すぎるかどうかや再コンパイルが必要かなど"
+"を考える必要はありません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1659
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Such recompilations require special ``magic'' version numbering, so that the "
 "archive maintenance tools recognize that, even though there is a new Debian "
@@ -2735,6 +3295,11 @@ msgid ""
 "the archive maintainers will reject your upload (due to lack of "
 "corresponding source code)."
 msgstr ""
+"このような再コンパイルは、特別な「magic」バージョン番号を付けるのを必要とする"
+"ので、アーカイブのメンテナンスツールは、これを理解します。新しい Debian バー"
+"ジョンで、対応するソースアップデートが無くても、です。これを間違えた場合、"
+"アーカイブメンテナは (対応するソースコードが欠落しているので) アップロードを"
+"拒否します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para><footnote><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para><footnote><para>
@@ -2746,6 +3311,11 @@ msgid ""
 "recompile-only NMUs, source NMUs, and security NMUs on the same package, and "
 "has therefore been abandoned in favor of this new syntax."
 msgstr ""
+"過去においては、再コンパイルのみの状態を意味するために、このような NMU はリビ"
+"ジョンの Debian 部分の三つ目の番号を使っていました。しかし、この記法はネイティブ"
+"パッケージの場合に曖昧で、同一パッケージでの再コンパイルのみの NMU と、ソース NMU "
+"と、セキュリティ NMU の正しい順序が付けられなかったため、この新しい記法で置き換え"
+"られました。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1666
@@ -2760,6 +3330,15 @@ msgid ""
 "should have a version number of <literal>3.4+b2</literal>.<placeholder type="
 "\"footnote\" id=\"0\"/>"
 msgstr ""
+"再コンパイルのみの NMU への「magic」は、<literal>b<replaceable>番号"
+"</replaceable></literal> という形式に従った、パッケージのバージョン番号に"
+"対するサフィックスを追加することで引き起こされます。"
+"例えば、再コンパイル対象の最新バージョンが <literal>2.9-3</literal> の場合、"
+"バイナリのみの NMU は <literal>2.9-3+b1</literal> というバージョンになる必要"
+"があります。最新のバージョンが <literal>3.4+b1</literal> (つまり、ネイティブ"
+"パッケージで、前回が再コンパイルの NMU) の場合、バイナリのみの NMU は "
+"<literal>3.4+b2</literal> というバージョン番号にならねばいけません。" 
+"<placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/>"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2769,12 +3348,16 @@ msgid ""
 "buildpackage</command> is <literal>dpkg-buildpackage -B</literal> to only "
 "build the architecture-dependent parts of the package."
 msgstr ""
+"最初の移植作業者のアップロード (porter upload) と同様に、パッケージの"
+"アーキテクチャ依存部分をビルドするための <command>dpkg-buildpackage</command> "
+"の正しい実行の仕方は <literal>dpkg-buildpackage -B</literal> です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1689
+#, fuzzy
 msgid "When to do a source NMU if you are a porter"
-msgstr ""
+msgstr "あなたが移植作業者の場合、source NMU を行う時は何時か"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1691
@@ -2842,7 +3425,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1738
 msgid "Porting infrastructure and automation"
-msgstr ""
+msgstr "移植用のインフラと自動化"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2867,6 +3450,8 @@ msgid ""
 "Web pages containing the status of each port can be found at <ulink url="
 "\"&url-debian-ports;\"></ulink>."
 msgstr ""
+"各移植版についての状況を含んだウェブページは <ulink url=\"&url-debian-ports;"
+"\"></ulink> から参照できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -2877,6 +3462,10 @@ msgid ""
 "lists are used to coordinate porters, and to connect the users of a given "
 "port with the porters."
 msgstr ""
+"Debian の各移植版はメーリングリストを持っています。移植作業のメーリングリスト"
+"は <ulink url=\"&url-debian-port-lists;\"></ulink> で見ることができます。これ"
+"らのリストは移植作業者の作業の調整や移植版のユーザと移植作業者をつなぐために"
+"使われています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -2884,19 +3473,20 @@ msgstr ""
 msgid "Porter tools"
 msgstr "移植用ツール"
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1761
 msgid ""
 "Descriptions of several porting tools can be found in <xref linkend=\"tools-"
 "porting\"/>."
 msgstr ""
+"移植用のツールの説明をいくつか <xref linkend=\"tools-porting\"/> で見ることが"
+"できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1767
 msgid "<systemitem role=\"package\">wanna-build</systemitem>"
-msgstr ""
+msgstr "<systemitem role=\"package\">wanna-build</systemitem>"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1769
@@ -2910,7 +3500,6 @@ msgid ""
 "built."
 msgstr ""
 
-# type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1777
 msgid ""
@@ -2951,6 +3540,10 @@ msgid ""
 "build team, release team) and how (mail, BTS)  to contact, refer to <ulink "
 "url=\"&url-wb-team;\"></ulink>."
 msgstr ""
+"buildd の担当である wanna-build チームには、<literal>debian-wb-team@lists.debian.org"
+"</literal> で連絡が取れます。誰 (wanna-build チーム、リリースチーム) に連絡を"
+"取るのか、どうやって (メール、BTS) 連絡するのかを決めるには、<ulink url=\"&url-wb-team;\">"
+"</ulink> を参照してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1806
@@ -2958,12 +3551,14 @@ msgid ""
 "When requesting binNMUs or give-backs (retries after a failed build), please "
 "use the format described at <ulink url=\"&url-release-wb;\"/>."
 msgstr ""
+"binNMU や give-back (ビルド失敗後のやり直し) を依頼する時には、<ulink url=\"&url-release-wb;\"/> "
+"で記述されている形式を使ってください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1815
 msgid "When your package is <emphasis>not</emphasis> portable"
-msgstr ""
+msgstr "あなたのパッケージが移植可能なものでは<emphasis>ない</emphasis>場合"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -2984,6 +3579,8 @@ msgid ""
 "In order to prevent broken packages from being uploaded to the archive, and "
 "wasting buildd time, you need to do a few things:"
 msgstr ""
+"壊れたパッケージがアーカイブにアップロードされたり buildd の時間が無駄に費や"
+"されたりするのを防ぐため、幾つかしなければならないことがあります:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -3034,7 +3631,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
 #: pkgs.dbk:1868
 msgid "Non-Maintainer Uploads (NMUs)"
-msgstr ""
+msgstr "Non-Maintainer Upload (NMU)"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:1870
@@ -3046,6 +3643,12 @@ msgid ""
 "maintainer needs help to respond to issues.  Such uploads are called "
 "<emphasis>Non-Maintainer Uploads (NMU)</emphasis>."
 msgstr ""
+"すべてのパッケージには最低一人のメンテナがいます。通常、この人達がパッケージ"
+"に対して作業をし、新しいバージョンをアップロードします。時折、他の開発者らが"
+"新しいバージョンをアップロードできると便利な場合があります。例えば、彼らが"
+"メンテナンスしていないパッケージにあるバグを修正したいが、メンテナが問題に対応"
+"するのには助けが必要な場合です。このようなアップロードは <emphasis>"
+"Non-Maintainer Upload (NMU)</emphasis> と呼ばれます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -3064,6 +3667,8 @@ msgid ""
 "Does your NMU really fix bugs? Fixing cosmetic issues or changing the "
 "packaging style in NMUs is discouraged."
 msgstr ""
+"NMU は本当にバグを修正しますか? NMU では、些細な問題の修正やパッケージ方式"
+"の変更は推奨されません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1893
@@ -3072,6 +3677,9 @@ msgid ""
 "BTS? Being busy for a week or two isn't unusual.  Is the bug so severe that "
 "it needs to be fixed right now, or can it wait a few more days?"
 msgstr ""
+"メンテナに十分な時間を与えましたか? BTS にバグが報告されたのは何時ですか? "
+"一、二週間忙しいことはあり得ないことでは無いです。そのバグはすぐに修正しなけ"
+"ればならないほど重大ですか? それとも、あと数日待てるものですか?"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1900
@@ -3083,6 +3691,13 @@ msgid ""
 "might be a good idea to seek advice from others. Remember that if you break "
 "something in your NMU, many people will be very unhappy about it."
 msgstr ""
+"その変更にどれくらい自信がありますか? ヒポクラテスの誓いを思い出してください: "
+"「何よりも、害を及ぼすことなかれ」 動かないパッチを当てるよりもパッケージの"
+"重大なバグをそのままオープンな状態にしておく方が良いですし、パッチによって"
+"バグを解決するのではなく隠してしまうかもしれません。自分が 100% 何をしたのか"
+"分かっていないのであれば、他の人からアドバイスをもらうのも良い考えでしょう。"
+"NMU で何かを壊したのであれば、多くの人がとても不幸になるであろうことを覚えて"
+"おいてください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1910
@@ -3091,6 +3706,8 @@ msgid ""
 "also a good idea to try to contact the maintainer by other means (private "
 "email, IRC)."
 msgstr ""
+"少なくとも BTS で、NMU するのを明確に表明しましたか? 他の手段 (プライベート"
+"なメール、IRC) でメンテナに連絡をとるのも良い考えです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1917
@@ -3102,6 +3719,11 @@ msgid ""
 "issues which an NMUer might miss. It is often a better use of everyone's "
 "time if the maintainer is given an opportunity to upload a fix on their own."
 msgstr ""
+"メンテナがいつも活動的で応答してくれる場合、彼に連絡を取ろうとしましたか? "
+"大概の場合、メンテナ自身が問題に対応して、あなたのパッチをレビューする機会が"
+"与えられる方が好ましいと思われます。これは、NMU をする人が見落としているだろう"
+"潜在的な問題にメンテナは気付くことができるからです。大抵、メンテナが自分で"
+"アップロードする機会が与えられる方が、皆の時間を使うよりも良いやり方です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1927
@@ -3112,6 +3734,10 @@ msgid ""
 "script in the <systemitem role=\"package\">devscripts</systemitem> package "
 "might be helpful."
 msgstr ""
+"NMU をする際には、まず NMU をする意図を明確にしておかねばなりません。それから"
+"、BTS へ現在のパッケージと提案する NMU との差分をパッチとして送付する必要が"
+"あります。<systemitem role=\"package\">devscripts</systemitem> パッケージに"
+"ある <command>nmudiff</command> スクリプトが役に立つでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1934
@@ -3124,6 +3750,12 @@ msgid ""
 "practices is <ulink url=\"&url-debian-policy;ch-source.html#s-readmesource"
 "\"><filename>debian/README.source</filename></ulink>."
 msgstr ""
+"パッチを準備している間、メンテナが利用しているであろうパッケージ固有の慣例に"
+"注意を向けた方がいいでしょう。これを考慮に入れることは、通常のパッケージの"
+"作業工程に対してあなたの変更が入る負担を減らし、それに従って変更が入る可能性を"
+"高めます。パッケージ固有の慣例がある可能性があるので探すと良い場所は、<ulink "
+"url=\"&url-debian-policy;ch-source.html#s-readmesource\"><filename>debian/"
+"README.source</filename></ulink> です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1942
@@ -3133,21 +3765,25 @@ msgid ""
 "<literal>DELAYED</literal> queue).  Here are some recommended values to use "
 "for delays:"
 msgstr ""
+"そうするべき十二分な理由が無い限り、メンテナに対応する時間を与えるべきです "
+"(例えば <literal>DELAYED</literal> キューにアップロードすることによってこれを"
+"行います)。以下が delayed キューを使う際のお勧めの値です:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1949
 msgid "Upload fixing only release-critical bugs older than 7 days: 2 days"
 msgstr ""
+"7 日以上経っているリリースクリティカルバグのみを修正するアップロード: 2 日"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1954
 msgid "Upload fixing only release-critical and important bugs: 5 days"
-msgstr ""
+msgstr "リリースクリティカルバグや重要なバグの修正のみのアップロード: 5 日"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:1959
 msgid "Other NMUs: 10 days"
-msgstr ""
+msgstr "他の NMU: 10 日"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1965
@@ -3156,6 +3792,9 @@ msgid ""
 "security issues, or fixes for trivial bugs that blocking a transition, it is "
 "desirable that the fixed package reaches <literal>unstable</literal> sooner."
 msgstr ""
+"この値は例に過ぎません。セキュリティ問題を修正するアップロードや、移行を阻む"
+"些細なバグを修正するなど、いくつかのケースでは修正されたパッケージが <literal>"
+"不安定版 (unstable)</literal> にすぐ入るようになるのは望ましいことです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1971
@@ -3169,6 +3808,13 @@ msgid ""
 "wasn't available in the BTS before, or if you know that the maintainer is "
 "generally active."
 msgstr ""
+"時々、リリースマネージャが特定のバグに対して短い delay 日数の NMU を許可を"
+"認めることがあります (7 日より古いリリースクリティカルバグなど)。また、一部"
+"のメンテナは <ulink url=\"&url-low-threshold-nmu;\">Low Threshold NMU list"
+"</ulink> に自身を挙げており、遅延なしの NMU アップロードを許可しています。"
+"しかしどのような場合であっても、特にパッチが BTS で以前手に入らなかったり、"
+"メンテナが大抵アクティブであるのを知っている場合など、アップロードの前に"
+"メンテナに対して数日与えるのは良い考えです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1981
@@ -3177,6 +3823,9 @@ msgid ""
 "you might have introduced. You must keep an eye on the package (subscribing "
 "to the package on the PTS is a good way to achieve this)."
 msgstr ""
+"NMU アップロード後、あなたは自分が導入したであろう問題に責任を持つことになり"
+"ます。パッケージを見張らなければなりません (これを行うには PTS 上のパッケージ"
+"を購読するのが良い方法です)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:1987
@@ -3187,6 +3836,11 @@ msgid ""
 "upload might be a cause of conflict with the maintainer.  You should always "
 "be prepared to defend the wisdom of any NMU you perform on its own merits."
 msgstr ""
+"これは、軽率な NMU を行うための許可証ではありません。明らかにメンテナが"
+"アクティブで時期を逃さずパッチについて対応している場合や、このドキュメントに"
+"書かれている推奨を無視している場合など、あなたによるアップロードはメンテナと"
+"衝突を起こすでしょう。NMU のメリットについて、自分が行ったことの賢明さを常に"
+"弁護できるようにしておく必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:1997
@@ -3201,6 +3855,10 @@ msgid ""
 "upload.  The first line of this entry must explicitely mention that this "
 "upload is an NMU, e.g.:"
 msgstr ""
+"他の (ソース) アップロード同様、NMU は <filename>debian/changelog</filename> "
+"にそのアップロードで何を変更したのかを示すエントリを追加せねばなりません。"
+"エントリの最初の行は、このアップロードが NMU であることを明白に示す必要が"
+"あります。例えばこうです:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -3213,6 +3871,8 @@ msgstr "  * Non-maintainer upload.\n"
 #: pkgs.dbk:2008
 msgid "The way to version NMUs differs for native and non-native packages."
 msgstr ""
+"NMU のバージョンのつけ方は、ネイティブなパッケージとネイティブではない"
+"パッケージでは異なります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2011
@@ -3225,6 +3885,13 @@ msgid ""
 "the current version is <literal>1.5</literal>, then an NMU would get version "
 "<literal>1.5+nmu1</literal>."
 msgstr ""
+"パッケージがネイティブパッケージの場合 (バージョン番号に Debian リビジョンが"
+"付かない)、バージョンはメンテナの最後のアップロードのバージョン + <literal>"
+"+nmu<replaceable>X</replaceable></literal> となり、<replaceable>X</"
+"replaceable> は <literal>1</literal> から始まる数字になります。最後のアップ"
+"ロードが同様に NMU の場合は、数字を増やします。例えば、現在のバージョンが "
+"<literal>1.5</literal> だとすると、NMU はバージョンが <literal>1.5+nmu1</"
+"literal> になります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2021
@@ -3237,6 +3904,12 @@ msgid ""
 "packaged in the NMU, the Debian revision is set to <literal>0</literal>, for "
 "example <literal>1.6-0.1</literal>."
 msgstr ""
+"パッケージがネイティブパッケージではない場合は、バージョン番号の Debian "
+"リビジョン部分 (最後のハイフン以下の部分) にマイナーバージョン番号を追加"
+"します。例えば、現在のバージョンが <literal>1.5-2</literal> であれば、NMU は "
+"<literal>1.5-2.1</literal> というバージョンになります。開発元のバージョンが"
+"新しくなったものが NMU でパッケージになった場合は、Debian リビジョンは "
+"<literal>0</literal> に設定されます。例えば <literal>1.6-0.1</literal> です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2030
@@ -3246,6 +3919,10 @@ msgid ""
 "literal> (a native package which has already been NMUed), the NMU would get "
 "version <literal>1.5+nmu4</literal>."
 msgstr ""
+"どちらの場合でも、最後のアップロードも NMU だった場合には数字が増えます。"
+"例えば、現在のバージョンが  <literal>1.5+nmu3</literal> (既に NMU された"
+"ネイティブパッケージ) の場合、NMU は <literal>1.5+nmu4</literal> という"
+"バージョンになります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2036
@@ -3257,6 +3934,11 @@ msgid ""
 "making it visually clear that a package in the archive was not made by the "
 "official maintainer."
 msgstr ""
+"特別なバージョン付け方法が必要とされるのは、メンテナの作業を混乱させるのを"
+"避けるためです。何故ならば、Debian リビジョンのために整数を使っていると、NMU "
+"の際に既に準備されていたメンテナによるアップロードや、さらには ftp NEW queue "
+"にあるパッケージともぶつかる可能性があります。これには、アーカイブのパッケージ"
+"が公式メンテナによるものではない、と視覚的に明らかにする利点もあります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2046
@@ -3279,6 +3961,25 @@ msgid ""
 "known whether that release will be Debian 6.1 or Debian 7.0 (if that becomes "
 "the case, uploads will be versioned as <literal>+deb70uZ</literal>)."
 msgstr ""
+"テスト版 (testing) あるいは 不安定版 (unstable) にパッケージをアップロード"
+"した場合、バージョン番号のツリーを「分岐 (fork)」させねばならない時がしばしば"
+"あります。例えばセキュリティアップロードの場合です。この場合、<literal>"
+"+deb<replaceable>XY</replaceable>u<replaceable>Z</replaceable></literal> "
+"というバージョン形式が使われる必要があり、<replaceable>X</replaceable> "
+"と <replaceable>Y</replaceable> はメジャーリリース番号とマイナーリリース番号"
+"で、<replaceable>Z</replaceable> は <literal>1</literal> から始まる数字です。"
+"リリース番号がまだ分からない場合 (リリースサイクルの初期に  <literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> に良くあることです)、最後の安定版リリース番号よりは"
+"大きい、最も小さなリリース番号を使います。例えば、Lenny (Debian 5.0) が"
+"安定版の間は、バージョンが <literal>1.5-3+deb50u1</literal> であるパッケージ"
+"の安定版へのセキュリティ NMU はバージョン <literal>1.5-3+deb50u1</literal> "
+"になり、同様に Squeeze へのセキュリティ NMU はバージョン <literal>"
+"1.5-3+deb60u1</literal> になります。リリースのリリース後、<literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> ディストリビューションへのセキュリティアップロード"
+"は、リリースが Debian 6.1 なのか Debian 7.0 なのかが分かるまで <literal>"
+"+deb61uZ</literal> とバージョンが付けられます (バージョンが Debian 7.0 に"
+"なった場合は、アップロードは <literal>+deb70uZ</literal> とバージョンが"
+"付けられます)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -3299,6 +4000,14 @@ msgid ""
 "that he has 7 days to react.  During this time, the maintainer can ask you "
 "to delay the upload some more, or cancel your upload."
 msgstr ""
+"NMU の許可を求めた後で待っているのは効率的ではありません。NMU した人が作業"
+"にもどるために頭を切り替えるのに手間がかかるからです。<literal>DELAYED</literal> "
+"キュー (<xref linkend=\"delayed-incoming\"/> 参照) は、開発者が NMU をする"
+"のに必要な作業を同時にできるようになります。例えば、メンテナに対して更新した"
+"パッケージを 7 日後にアップロードするのを伝えるのではなく、パッケージを "
+"<literal>DELAYED/7</literal> にアップロードしてメンテナに対して対応するのに "
+"7 日間あることを伝えるべきです。この間、メンテナはもっとアップロードを遅らせるか"
+"アップロードをキャンセルするかを尋ねることができます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2085
@@ -3308,6 +4017,10 @@ msgid ""
 "available to cancel or delay the upload before the delay expires since the "
 "maintainer cannot cancel the upload himself."
 msgstr ""
+"<literal>DELAYED</literal> キューは、無用のプレッシャーをメンテナに与えるため"
+"に使われるべきではありません。特に、メンテナはアップロードを自身ではキャンセル"
+"できないので、delay が完了する前にアップロードをキャンセルあるいは遅らせる"
+"ことができるのはあなただ、という点が重要です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2092
@@ -3318,11 +4031,16 @@ msgid ""
 "will take care to include your proposed changes (or at least a solution for "
 "the problems they address) in that upload."
 msgstr ""
+"<literal>DELAYED</literal> を使った NMU を行って delay が完了する前にメンテナ"
+"がパッケージを更新した場合には、アーカイブに既により新しいバージョンがある"
+"ので、あなたのアップロードは拒否されます。理想的なのは、メンテナがそのアップ"
+"ロードであなたが提案した変更 (あるいは少なくとも対応した問題の解決方法) を"
+"含めるのを取り仕切ることです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2102
 msgid "NMUs from the maintainer's point of view"
-msgstr ""
+msgstr "メンテナの視点から見た NMU"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2105
@@ -3333,20 +4051,30 @@ msgid ""
 "on a package is not a bad thing; it just means that the package is "
 "interesting enough for other people to work on it."
 msgstr ""
+"誰かがあなたのパッケージを NMU した場合、これは彼らがパッケージを良い形に保つ"
+"のを助けたいと思っているということです。これによって、ユーザへ修正したパッケージ"
+"をより早く届けます。NMU した人に、パッケージの副メンテナになることを尋ねるのを"
+"考えてみるのも良いでしょう。パッケージに対して NMU を受け取るのは悪いことでは"
+"ありません。それは、単にそのパッケージが他の人が作業する価値があるという意味です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2114
+#, fuzzy
 msgid ""
 "To acknowledge an NMU, include its changes and changelog entry in your next "
 "maintainer upload.  If you do not acknowledge the NMU by including the NMU "
 "changelog entry in your changelog, the bugs will remain closed in the BTS "
 "but will be listed as affecting your maintainer version of the package."
 msgstr ""
+"NMU を承認するには、変更と changelog のエントリを次のメンテナアップロードに"
+"含めます。"
+""
+"バグは BTS で close されたままになりますが、パッケージのメンテナバージョンに影響していると表示されます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2123
 msgid "Source NMUs vs Binary-only NMUs (binNMUs)"
-msgstr ""
+msgstr "ソース NMU vs バイナリのみの NMU (binNMU)"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2126
@@ -3356,6 +4084,11 @@ msgid ""
 "<emphasis>binNMU</emphasis>.  A binNMU is also a package upload by someone "
 "other than the package's maintainer.  However, it is a binary-only upload."
 msgstr ""
+"NMU のフルネームは<emphasis>ソース NMU</emphasis> です。もう一つ別の種類が"
+"あって、<emphasis>バイナリのみの NMU (binary-only NMU)</emphasis> あるいは "
+"<emphasis>binNMU</emphasis> と名付けられています。binNMU も、パッケージ"
+"メンテナ以外の誰かによるパッケージのアップロードです。しかし、これはバイナリ"
+"のみのアップロードです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2133
@@ -3364,6 +4097,9 @@ msgid ""
 "need to be rebuilt.  Since no changes to the source are needed, the same "
 "source package is used."
 msgstr ""
+"ライブラリ (や他の依存関係) が更新された時、それを使っているパッケージを"
+"再ビルドする必要があるかもしれません。ソースへの変更は必要ないので、同じ"
+"ソースパッケージが利用されます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2139
@@ -3373,6 +4109,11 @@ msgid ""
 "was needed and increasing the version number as described in <xref linkend="
 "\"binary-only-nmu\"/>.  This entry should not be included in the next upload."
 msgstr ""
+"binNMU は、通常 wanna-build によって buildd 上で引き起こされます。<filename>"
+"debian/changelog</filename> にエントリが追加され、なぜアップロードが必要だった"
+"のか、という説明と <xref linkend=\"binary-only-nmu\"/> で記述されているように"
+"バージョン番号を増やします。このエントリは、その次のアップロードに含めるべき"
+"ではありません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2147
@@ -3382,6 +4123,10 @@ msgid ""
 "normally called NMU, and they don't add an entry to <filename>debian/"
 "changelog</filename>."
 msgstr ""
+"buildd は、アーカイブするために、バイナリのみのアップロードとして、そのアーキ"
+"テクチャに対してパッケージをアップロードします。厳密に言えば、これは binNMU "
+"です。しかし、これは通常 NMU とは呼ばれず、<filename>debian/changelog</filename> "
+"にエントリを追加しません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2155
@@ -3395,6 +4140,10 @@ msgid ""
 "maintainer.  There is another type of upload where the uploaded package is "
 "not yours: QA uploads. QA uploads are uploads of orphaned packages."
 msgstr ""
+"NMU は、割り当てられているメンテナ以外の誰かによるパッケージのアップロード"
+"です。自分のものではないパッケージのアップロードについては、もう一つ、別の"
+"種類のアップロードがあります: QA アップロードです。QAアップロードは、"
+"みなしご化されたパッケージのアップロードです。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2165
@@ -3405,6 +4154,11 @@ msgid ""
 "as the <literal>Maintainer</literal> or <literal>Uploader</literal> for the "
 "package.  Also, the changelog entry of a QA upload has a special first line:"
 msgstr ""
+"QA アップロードは、ほとんど通常のメンテナによるアップロードと同じです: "
+"些細な問題であっても、なんでも修正します。バージョン番号の付け方は通常のもの"
+"ですし、delay アップロードをする必要もありません。違いは、パッケージのメンテナ"
+"あるいはアップローダとして記載されていない点です。また、QA アップロードの "
+"changelog のエントリは以下のように最初の一行が特別になっています:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: pkgs.dbk:2173
@@ -3423,6 +4177,14 @@ msgid ""
 "packages which did not yet have a QA upload still have their old maintainer "
 "set.  There is a list of them at <ulink url=\"&url-orphaned-not-qa;\"/>."
 msgstr ""
+"あなたが NMU をしたいと思い、かつ、メンテナが活動的ではない場合、パッケージ"
+"がみなしご化されてないかどうかを確認するのが賢明です (この情報はパッケージ"
+"追跡システム (PTS) のページで表示されています)。みなしご化されたパッケージに"
+"対して最初の QA アップロードを行うときは、メンテナは <literal>Debian QA "
+"Group &lt;packages@qa.debian.org&gt;</literal> に設定する必要があります。"
+"まだ QA アップロードがされていないみなしご化されたパッケージには、以前の"
+"メンテナが設定されています。この一覧は <ulink url=\"&url-orphaned-not-qa;\"/> "
+"で手に入ります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2188
@@ -3432,12 +4194,15 @@ msgid ""
 "adopt an orphaned package, you can just set yourself as maintainer and "
 "upload the new version (see <xref linkend=\"adopting\"/>)."
 msgstr ""
+"QA アップロードをする代わりに、メンテナをあなた自身に変更してパッケージを"
+"引き取ることも考えられます。みなしご化されたパッケージを引き取るのには、"
+"誰からの許可も必要としません。メンテナをあなた自身に設定して新しいバージョン"
+"をアップロードするだけです (<xref linkend=\"adopting\"/> を参照)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2197
-#, fuzzy
 msgid "NMUs vs team uploads"
-msgstr "NMU vs QA アップロード"
+msgstr "NMU vs チームアップロード"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2200
@@ -3452,12 +4217,21 @@ msgid ""
 "literal>. In that case, you should start your changelog entry with the "
 "following line:"
 msgstr ""
+"パッケージングチーム (<literal>Maintainer</literal> あるいは <literal>"
+"Uploader</literal> としてメーリングリストを使う。<xref "
+"linkend=\"collaborative-maint\"/> 参照) の一員であるため、時々パッケージ"
+"を修正あるいは更新しているが、常にこの特定パッケージに貢献する予定は無い"
+"ので自分を <literal>Uploaders</literal> には加えたくはない、という時が"
+"あります。これがあなたのチームの方針に沿っているなら、直接 <literal>"
+"Maintainer</literal> 欄や <literal>Uploader</literal> 欄に記載せずとも"
+"通常のアップロードが可能です。この場合、changelog のエントリを以下の行で"
+"始める必要があります:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #: pkgs.dbk:2210
-#, fuzzy, no-wrap
+#, no-wrap
 msgid " * Team upload.\n"
-msgstr " * QA upload.\n"
+msgstr " * Team upload.\n"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -3475,6 +4249,11 @@ msgid ""
 "of <literal>standard</literal> or which are part of the base set have co-"
 "maintainers."
 msgstr ""
+"共同メンテナンス (collaborative maintenance) は、Debian パッケージのメンテナンス"
+"責任を数人でシェアすることを指す用語です。この共同作業は、通常はより上質で"
+"短いバグ修正時間をもたらすので、大抵の場合は常に良い考えです。優先度が標準 "
+"(<literal>standard</literal>) あるいは基本セット (base) の一部であるパッケージは、"
+"副メンテナ (co-maintainer) を持つことを強くお勧めします。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -3487,6 +4266,11 @@ msgid ""
 "listed in the <literal>Uploaders</literal> field of the <filename>debian/"
 "control</filename> file."
 msgstr ""
+"大抵の場合、主メンテナに加えて一人か二人の副メンテナが居ます。主メンテナは "
+"<filename>debian/control</filename> ファイルの <literal>Maintainer</literal> "
+"欄に名前が記載されている人です。副メンテナは他のすべてのメンテナで、通常 "
+"<filename>debian/control</filename> ファイルの <literal>Uploaders</literal> "
+"に記載されています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -3495,6 +4279,7 @@ msgid ""
 "In its most basic form, the process of adding a new co-maintainer is quite "
 "easy:"
 msgstr ""
+"もっとも基本的なやり方では、新しい副メンテナの追加は大変簡単です:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2242
@@ -3505,6 +4290,11 @@ msgid ""
 "literal>.  Alioth (see <xref linkend=\"alioth\"/>) provides such tools, "
 "amongst others."
 msgstr ""
+"副メンテナが、あなたがビルドしたパッケージのソースにアクセスできるように"
+"設定します。一般に、これはあなたが <literal>CVS</literal> や <literal>"
+"Subversion</literal> のようなネットワークを利用するバージョン管理システム"
+"を利用しているということを意味しています。Alioth (<xref linkend=\"alioth\"/> "
+"参照) はこの様なツールを提供しており、他でも同様です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -3514,6 +4304,8 @@ msgid ""
 "<literal>Uploaders</literal> field in the first paragraph of the "
 "<filename>debian/control</filename> file."
 msgstr ""
+"副メンテナの正確なメンテナ名とアドレスを <filename>debian/control</filename> "
+"ファイルの最初の段落の <literal>Uploaders</literal> 欄に追加します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><screen>
@@ -3522,13 +4314,14 @@ msgstr ""
 msgid "Uploaders: John Buzz &lt;jbuzz@debian.org&gt;, Adam Rex &lt;arex@debian.org&gt;\n"
 msgstr "Uploaders: John Buzz &lt;jbuzz@debian.org&gt;, Adam Rex &lt;arex@debian.org&gt;\n"
 
-# type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2260
 msgid ""
 "Using the PTS (<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/>), the co-maintainers "
 "should subscribe themselves to the appropriate source package."
 msgstr ""
+"PTS (<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/>) を使う場合、副メンテナは適切な"
+"ソースパッケージの購読をする必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:2266
@@ -3539,6 +4332,11 @@ msgid ""
 "<literal>Uploaders</literal> field of each package must be managed with "
 "care.  It is recommended to choose between one of the two following schemes:"
 msgstr ""
+"共同メンテナンスのもう一つの形態はチームメンテナンスです。これは、複数の"
+"パッケージを同じ開発者グループでメンテナンスする場合にお勧めです。その場合、"
+"各パッケージの <literal>Maintainer</literal> 欄と <literal>Uploaders"
+"</literal> 欄は注意して扱わねばいけません。以下の二つの案からいずれかを選ぶ"
+"のがお勧めです:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2275
@@ -3547,6 +4345,9 @@ msgid ""
 "<literal>Maintainer</literal> field.  In the <literal>Uploaders</literal>, "
 "put the mailing list address, and the team members who care for the package."
 msgstr ""
+"パッケージの主に担当をするチームメンバーを <literal>Maintainer</literal> 欄に"
+"追加します。<literal>Uploaders</literal> 欄には、メーリングリストのアドレスと"
+"パッケージの面倒をみるチームメンバーを追加します。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><orderedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2282
@@ -3556,6 +4357,10 @@ msgid ""
 "the package.  In this case, you must make sure the mailing list accept bug "
 "reports without any human interaction (like moderation for non-subscribers)."
 msgstr ""
+"メーリングリストのアドレスを <literal>Maintainer</literal> 欄に追加します。"
+"<literal>Uploaders</literal> 欄には、パッケージの面倒をみるチームメンバーを"
+"追加します。この場合、メーリングリストは (購読者以外に対するモデレーション"
+"などの) 人手を介さずにバグ報告を受け取ることを確認する必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: pkgs.dbk:2291
@@ -3567,10 +4372,19 @@ msgid ""
 "reason, team members do not need to add themselves to the "
 "<literal>Uploaders</literal> field just because they are uploading the "
 "package once, they can do a “Team upload” (see <xref linkend=\"nmu-team-"
-"upload\"/>). Conversely, it it a bad idea to keep a package with only the "
+"upload\"/>). Conversely, it is a bad idea to keep a package with only the "
 "mailing list address as a <literal>Maintainer</literal> and no "
 "<literal>Uploaders</literal>."
 msgstr ""
+"どのような場合でも、すべてのチームメンバーを <literal>Uploaders</literal> 欄"
+"に入れるのは良くない考えです。これは、Developer's Package Overview の一覧 ("
+"<xref linkend=\"ddpo\"/> 参照) を実際には対応していないパッケージで散らかして"
+"しまい、偽りの良いメンテナンス状態を作り出します。同じ理由から、パッケージを"
+"一回アップロードするのであれば、「チームアップロード (Team Upload)」ができる"
+"ので、チームメンバーは <literal>Uploaders</literal> 欄へ自分を追加する必要は"
+"ありません (<xref linkend=\"nmu-team-upload\"/> 参照)。逆にいえば、<literal>"
+"Maintainer</literal> 欄にメーリングリストのアドレスのみで <literal>Uploaders"
+"</literal> 欄に誰も追加していないままにしておくのは良くない考えです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -3584,14 +4398,19 @@ msgstr "テスト版ディストリビューション"
 msgid "Basics"
 msgstr "基本"
 
+# testing?
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2308
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Packages are usually installed into the <literal>testing</literal> "
 "distribution after they have undergone some degree of <literal>testing</"
 "literal> in <literal>unstable</literal>."
 msgstr ""
+"通常、パッケージは<literal>不安定版 (unstable)</literal> での必要な"
+"いくつかのテストを潜り抜けた後で、<literal>テスト版ディストリビューション"
+"(testing)</literal> にインストールされます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2313
@@ -3602,6 +4421,11 @@ msgid ""
 "literal>.  This way, <literal>testing</literal> should always be close to "
 "being a release candidate.  Please see below for details."
 msgstr ""
+"これらは、すべてのアーキテクチャ上で同期していなければならず、インストール"
+"できなくなるような依存関係を持ってはいけません。また、<literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> にインストールされる際に既知のリリースクリティカルバグを"
+"持っていない必要があります。このようにして、<literal>テスト版 (testing)</literal> "
+"は常にリリース候補に近いものである必要があります。詳細は以下を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -3620,6 +4444,12 @@ msgid ""
 "distribution, but they do so in an intelligent manner; they try to avoid any "
 "inconsistency and to use only non-buggy packages."
 msgstr ""
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> ディストリビューションを更新するスクリプト"
+"は、日に二回、更新されたパッケージのインストール直後に動作します。これらの"
+"スクリプトは <literal>britney</literal> と呼ばれます。これは、<literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> ディストリビューションに対して <filename>Packages</filename> "
+"ファイルを生成しますが、不整合を避けてバグが無いパッケージのみを利用しようとする"
+"気の利いたやり方で行います。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -3628,6 +4458,7 @@ msgid ""
 "The inclusion of a package from <literal>unstable</literal> is conditional "
 "on the following:"
 msgstr ""
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> からのパッケージの取り込みは以下の条件です:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -3649,6 +4480,9 @@ msgid ""
 "available in <literal>unstable</literal>, but not affecting the version in "
 "<literal>testing</literal>);"
 msgstr ""
+"新たなリリースクリティカルバグを持っていないこと (<literal>不安定版 (unstable)"
+"</literal>で利用可能なバージョンに影響する RC バグであって、<literal>テスト版 "
+"(testing)</literal> にあるバージョンに影響するものではない);"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2355
@@ -3712,11 +4546,15 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2399
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Some further dependency analysis is shown on <ulink url=\"http://release."
 "debian.org/migration/\"></ulink> — but be warned, this page also shows build "
 "dependencies which are not considered by britney."
 msgstr ""
+"依存性についてのさらなる分析は、<ulink url=\"http://release.debian.org/migration/\">"
+"</ulink> で表示されています — ですが、このページが britney が処理した依存性ではない"
+"ものも表示しているのに注意してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2404
@@ -3863,7 +4701,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2510
 msgid "Circular dependencies"
-msgstr ""
+msgstr "循環依存"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -3878,7 +4716,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2517
 msgid "An example of this is:"
-msgstr ""
+msgstr "この場合の例:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><informaltable><tgroup><tbody><row><entry>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><informaltable><tgroup><tbody><row><entry>
@@ -3936,9 +4774,8 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2554
-#, fuzzy
 msgid "Influence of package in testing"
-msgstr "テスト版パッケージへの影響"
+msgstr "テスト版 (testing) にあるパッケージへの影響"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2556
@@ -3967,7 +4804,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2575
 msgid "Details"
-msgstr ""
+msgstr "詳細について"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4087,7 +4924,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: pkgs.dbk:2658
 msgid "Make sure that you included only the minimal amount of changes;"
-msgstr ""
+msgstr "必ず最小限な量だけの変更を含めるようにする;"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -4133,13 +4970,13 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2695
 msgid "Frequently asked questions"
-msgstr ""
+msgstr "よく聞かれる質問とその答え (FAQ)"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: pkgs.dbk:2697
 msgid "What are release-critical bugs, and how do they get counted?"
-msgstr ""
+msgstr "リリースクリティカルバグとは何ですか、どうやって数えるのですか?"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4149,6 +4986,9 @@ msgid ""
 "critical; currently, these are <literal>critical</literal>, <literal>grave</"
 "literal> and <literal>serious</literal> bugs."
 msgstr ""
+"ある重要度以上のバグすべてが通常リリースクリティカルであると見なされます。現"
+"在のところ、<literal>critical (致命的)</literal>、<literal>grave (重大)</"
+"literal>、<literal>serious (深刻)</literal> バグがそれにあたります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2704
@@ -4159,6 +4999,11 @@ msgid ""
 "get into <literal>testing</literal>, and consequently won't be released in "
 "<literal>stable</literal>."
 msgstr ""
+"そのようなバグは、Debian の <literal>安定版 (stable)</literal> リリース時に、"
+"そのパッケージがリリースされる見込みに影響があるものと仮定されます: 一般的"
+"に、パッケージでオープンになっているリリースクリティカルバグがある場合、その"
+"パッケージは<literal>テスト版 (testing)</literal> に入らず、その結果<literal>"
+"安定版 (stable)</literal> ではリリースされません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2711
@@ -4169,6 +5014,11 @@ msgid ""
 "unstable for a release architecture. The <literal>testing</literal> bug "
 "count is defined analogously."
 msgstr ""
+"<literal>不安定版 (unstable)</literal> でのバグのカウント数は、リリース対象"
+"アーキテクチャの不安定版 (unstable) で利用可能な<replaceable>パッケージ</"
+"replaceable>/<replaceable>バージョン</replaceable>の組み合わせに適用されると"
+"マークされたすべてのリリースクリティカルバグです。<literal>テスト版 (testing)"
+"</literal> のバグのカウント数も同様に定義します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
@@ -4177,6 +5027,8 @@ msgid ""
 "How could installing a package into <literal>testing</literal> possibly "
 "break other packages?"
 msgstr ""
+"どのようにすれば、他のパッケージを壊す可能性があるパッケージを<literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> へインストールできますか?"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: pkgs.dbk:2722
@@ -4188,6 +5040,12 @@ msgid ""
 "bin</literal>, <literal>acme-bar-bin</literal>, <literal>libacme-foo1</"
 "literal> and <literal>libacme-foo-dev</literal>, the old version is removed."
 msgstr ""
+"ディストリビューションにおけるアーカイブの構造では、一つのバージョンのパッ"
+"ケージだけを持つことができ、パッケージは名前によって定義されています。そのた"
+"め、ソースパッケージ <literal>acmefoo</literal> が<literal>テスト版 (testing)"
+"</literal> にインストールされると、付随するバイナリパッケージ <literal>acme-"
+"foo-bin</literal>、<literal>acme-bar-bin</literal>、<literal>libacme-foo1</"
+"literal>、<literal>libacme-foo-dev</literal> の古いバージョンが削除されます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4198,6 +5056,10 @@ msgid ""
 "old <literal>acmefoo</literal> will remove <literal>libacme-foo0</literal>, "
 "which will break any packages which depend on it."
 msgstr ""
+"しかし、古いバージョンではライブラリに古い soname を含んだ <literal>libacme-"
+"foo0</literal> のようなバイナリパッケージを提供しているかもしれません。古い "
+"<literal>acmefoo</literal> を削除するのは <literal>libacme-foo0</literal> を"
+"削除することになり、これに依存しているパッケージを壊してしまいます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -4231,3 +5093,5 @@ msgid ""
 "If you are having problems with complicated groups of packages like this, "
 "contact &email-debian-devel; or &email-debian-release; for help."
 msgstr ""
+"この様に複雑な組み合わせのパッケージで問題がある場合は、&email-debian-devel; "
+"あるいは &email-debian-release; に連絡を取って手助けを求めてください。"