chiark / gitweb /
update Japanese translation
authorhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Wed, 14 Dec 2011 14:15:18 +0000 (14:15 +0000)
committerhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Wed, 14 Dec 2011 14:15:18 +0000 (14:15 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@9009 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/best-pkging-practices.po

index e6a0640..725e7f0 100644 (file)
@@ -2485,7 +2485,7 @@ msgid ""
 "emphasis> a title.  Avoid question style prompts (IP Address?) in favour of "
 "opened prompts (IP address:).  The use of colons is recommended."
 msgstr ""
-"ç\9f­ã\81\84説æ\98\8eæ\96\87ã\81¯ã\83\97ã\83­ã\83³ã\83\97ã\83\88ã\81§ã\80\81title では<emphasis role=\"strong\">ありません</"
+"ç\9f­ã\81\84説æ\98\8eæ\96\87ã\81¯ã\80\81ã\83\97ã\83­ã\83³ã\83\97ã\83\88ã\81§ã\81\82ã\81£ã\81¦ã\82¿ã\82¤ã\83\88ã\83«では<emphasis role=\"strong\">ありません</"
 "emphasis>。質問形式のプロンプト (IP アドレスは?) を避け、代わりにopened プロ"
 "ンプト (IP アドレス:) を使ってください。コロン (:) の使用をお勧めします。"
 
@@ -2541,14 +2541,13 @@ msgstr "Select/Multiselect"
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1244
-#, fuzzy
 msgid ""
 "The short description is a prompt and <emphasis role=\"strong\">not</"
 "emphasis> a title.  Do <emphasis role=\"strong\">not</emphasis> use useless "
 "Please choose...  constructions.  Users are clever enough to figure out they "
 "have to choose something...:)"
 msgstr ""
-"ç\9f­ã\81\84説æ\98\8eæ\96\87ã\81¯ã\83\97ã\83­ã\83³ã\83\97ã\83\88ã\81\95ã\82\8cã\81¾ã\81\99ã\81\8c title では<emphasis role=\"strong\">ありませ"
+"ç\9f­ã\81\84説æ\98\8eæ\96\87ã\81¯ã\80\81ã\83\97ã\83­ã\83³ã\83\97ã\83\88ã\81§ã\81\82ã\81£ã\81¦ã\82¿ã\82¤ã\83\88ã\83«では<emphasis role=\"strong\">ありませ"
 "ん</emphasis>。「Please choose...」のような意味の無い文章を文章を<emphasis "
 "role=\"strong\">使わないで</emphasis>ください。ユーザは何かを選ぶ必要があるく"
 "らいには十分賢いです... :)"
@@ -2570,18 +2569,16 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><section><title>
 #: best-pkging-practices.dbk:1262
-#, fuzzy
 msgid "Notes"
 msgstr "Note"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1266
-#, fuzzy
 msgid ""
 "The short description should be considered to be a <emphasis role=\"strong"
 "\">title</emphasis>."
 msgstr ""
-"短い説明文は<emphasis role=\"strong\">title</emphasis>として扱われます。"
+"短い説明文は<emphasis role=\"strong\">タイトル</emphasis>として扱われます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
@@ -2776,7 +2773,6 @@ msgstr "debconf の翻訳を取り扱う"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1373
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Like porters, translators have a difficult task.  They work on many packages "
 "and must collaborate with many different maintainers.  Moreover, most of the "
@@ -2784,7 +2780,7 @@ msgid ""
 "particularly patient with them."
 msgstr ""
 "移植作業者同様に、翻訳作業者は難しい課題を抱えています。多くのパッケージにつ"
-"いて作業を行い、多くの様々なメンテナと共同作業をする必要があります。さらに"
+"いて作業を行い、多くの異なったメンテナと共同作業をする必要があります。さらに"
 "は、ほとんどの場合、彼らはネイティブな英語話者ではないので、あなたは特に忍耐"
 "強くあらねばいけないでしょう。"
 
@@ -2856,7 +2852,6 @@ msgstr ""
 # FIXME: source control sysytem -> source control management system (SCM)?
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1412
-#, fuzzy
 msgid ""
 "If you maintain documentation of any size, it is easier for translators if "
 "they have access to a source control system.  That lets translators see the "
@@ -2878,10 +2873,10 @@ msgstr ""
 "キュメントは、翻訳作業がどのソースコントロールリビジョンをベースにしているの"
 "かという記録を保持しておくことをお勧めします。<systemitem role=\"package"
 "\">debian-installer</systemitem> パッケージ中の <ulink url=\"&url-i18n-doc-"
-"check;\">doc-check</ulink> ã\81§ã\81¯è\88\88å\91³æ·±ã\81\84ã\82·ã\82¹ã\83\86ã\83 ã\81\8cæ\8f\90ä¾\9bã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\8aã\82\8aã\80\81ã\81\93ã\82\8cã\81¯æ\8c\87å®\9aã\81\95"
-"れたあらゆる言語の翻訳状況の概要を表示し、翻訳すべき現在のリビジョンのファイ"
-"ルへのusing structured commentsを、、そして翻訳されたファイルについては、翻訳"
-"がベースにしたオリジナルのファイルのリビジョンを表示します。あなたは自分の "
+"check;\">doc-check</ulink> ã\81§ã\81¯è\88\88å\91³æ·±ã\81\84ã\82·ã\82¹ã\83\86ã\83 ã\81\8cæ\8f\90ä¾\9bã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81\93ã\82\8cã\81¯ã\80\81"
+"翻訳すべき現在のリビジョンのファイルに対する構造化されているコメントを使って、"
+"指定されたあらゆる言語の翻訳状況の概要を表示し、翻訳されたファイルについては、"
+"翻訳がベースにしているオリジナルのファイルのリビジョンを表示します。自分の "
 "VCS 領域でこれを導入して利用した方が良いでしょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -3275,7 +3270,6 @@ msgstr "移行パッケージを deboprhan に適合するようにする"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1654
-#, fuzzy
 msgid ""
 "Deborphan is a program for helping users to detect which packages can safely "
 "be removed from the system, i.e.  the ones that have no packages depending "
@@ -3284,7 +3278,7 @@ msgid ""
 "argument, it tries to catch other useless packages."
 msgstr ""
 "deborphan は、どのパッケージがシステムから安全に削除できるか、ユーザが検出す"
-"るのを助けてくれるプログラムです; i.e. どのパッケージも依存していないもので"
+"るのを助けてくれるプログラムです; すなわち、どのパッケージも依存していないもので"
 "す。デフォルトの動作は、使われていないライブラリを見つけ出すために libs と "
 "oldlibs セクションからのみ検索を行います。ですが、正しい引数を渡せば、他の使"
 "われていないパッケージを捕らえようとします。"
@@ -3369,12 +3363,11 @@ msgid ""
 "filename> for the same version, there is not even any point in treating this "
 "situation as a bug."
 msgstr ""
-"我々は、開発元の作者が配布している tarball をバージョン番号をインクリメントす"
-"ることなく変更するのを防ぐことはできません。ですので手が入れられていない素の "
-"tarball が "
-"identical 一義的に開発元が<emphasis>現在</emphasis>配布しているもの at any "
-"point in time である保証はありません。期待できることは、identical 一度は配布"
-"<emphasis>した</emphasis>ものであるということだけです。違いが arise later (そ"
+"我々は、開発元の作者によって、配布されている tarball がバージョン番号をインク"
+"リメントすることなく変更されるのを防ぐことはできません。ですので、手が入れられ"
+"ていない素の tarball が、どの時点でも開発元が<emphasis>現在</emphasis>配布して"
+"いると等しいものである保証はありません。期待できることは、一度は配布<emphasis>"
+"した</emphasis>ものと等しいものであるということだけです。違いが arise later (そ"
 "う、例えば開発元が元々の配布物が最大の圧縮率を使っていなかったことに気づい"
 "て、再度 <command>gzip</command> しなおした場合)、that's just too bad とても"
 "悪い。同じバージョンに対して新しい <filename>.orig.tar.{gz,bz2,xz}</"
@@ -3394,7 +3387,7 @@ msgid ""
 "upstream authors and others who already have the upstream tarball can save "
 "download time if they want to inspect your packaging in detail."
 msgstr ""
-"素のソース tarball の特徴の定義は、<filename>.orig.tar.{gz,bz2,xz}</filename> "
+"素のソース tarball (pristine source tarball) の特徴の定義は、<filename>.orig.tar.{gz,bz2,xz}</filename> "
 "は、開発元の作者によって公式に配布された tarball と 1 バイトたりとも違わない、"
 "というものです。<placeholder type=\"footnote\" id=\"0\"/> これは、Debian diff "
 "内に含まれているDebian バージョンと開発元のバージョン間のすべての違いを簡単に"
@@ -3413,8 +3406,8 @@ msgid ""
 "pristine source.  Its strategy is equivalent to the following:"
 msgstr ""
 "tarball 中のディレクトリ構成に関して開発元の作者が従う、万人に受け入れられて"
-"いるガイドラインというものはありませんが、<command>dpkg-source</command> は "
-"nevertheless ほとんどの開発元の tarball を素のソース (pristine source) として"
+"いるガイドラインというものはありませんが、それにも関わらず <command>dpkg-source"
+"</command> は ほとんどの開発元の tarball を素のソース (pristine source) として"
 "対処できます。そのやり方は以下の通りです:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><orderedlist><listitem><para>