chiark / gitweb /
reflect proof reading for Japanese, thanks to dai
authorhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Thu, 6 Oct 2011 21:46:54 +0000 (21:46 +0000)
committerhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Thu, 6 Oct 2011 21:46:54 +0000 (21:46 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@8932 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/best-pkging-practices.po
po4a/ja/beyond-pkging.po
po4a/ja/developer-duties.po

index fa270ec..e88c3e6 100644 (file)
@@ -3,10 +3,10 @@
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.4\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.5\n"
 "POT-Creation-Date: 2011-09-10 16:28-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-02-28 02:27+0900\n"
-"Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-07-03 19:27+0900\n"
+"Last-Translator: Hideki Yamane <henrich@debian.org>\n"
 "Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "Language: Japanese\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
@@ -35,16 +35,21 @@ msgstr ""
 "Debian の品質は、<ulink url=\"&url-debian-policy;\">Debian Policy</ulink> に"
 "大きく依存しています。これは、全ての Debian パッケージが満たす必要がある基本"
 "的要求を明示的に規定している"
+"多くの非常に優秀な人々が素晴らしいツールを作っており、このツールがあなた、つまり Debian のメンテナが素晴らしいパッケージを作り、維持していくのを手助けしてくれます。"
 
 # type: Content of: <chapter><para>
 #. type: Content of: <chapter><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:18
+#, fuzzy
 msgid ""
 "This chapter provides some best practices for Debian developers.  All "
 "recommendations are merely that, and are not requirements or policy.  These "
 "are just some subjective hints, advice and pointers collected from Debian "
 "developers.  Feel free to pick and choose whatever works best for you."
 msgstr ""
+"この章では、Debian 開発者へのベストプラクティスをいくつか提供します。すべての"
+"勧めは単なる勧めであり、要求事項やポリシーではありません。"
+"あなたにとって一番うまくいくのを、ご自由にどうぞ選んでください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><title>
@@ -55,18 +60,21 @@ msgstr "<filename>debian/rules</filename> についてのベストプラクテ
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:26
+#, fuzzy
 msgid ""
 "The following recommendations apply to the <filename>debian/rules</filename> "
 "file.  Since <filename>debian/rules</filename> controls the build process "
 "and selects the files which go into the package (directly or indirectly), "
 "it's usually the file maintainers spend the most time on."
 msgstr ""
+"以下の推奨事項は、<filename>debian/rules</filename> ファイルに適用されます。"
+"<filename>debian/rules</filename> "
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: best-pkging-practices.dbk:32
 msgid "Helper scripts"
-msgstr "補助スクリプト"
+msgstr "ヘルパースクリプト"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -83,6 +91,15 @@ msgid ""
 "with bugs? Also, supposing the menu directory changed, every package would "
 "have to be changed."
 msgstr ""
+"<filename>debian/rules</filename> でヘルパースクリプトを使う根拠は、多くの"
+"パッケージ間でメンテナらに共通のロジックを利用・共有させるようになるからです。"
+"メニューエントリのインストールについての問いを例にとってみましょう: ファイルを <filename>"
+"/usr/share/menu</filename> (必要であれば、実行形式のバイナリのメニューファイル"
+"の場合 <filename>/usr/lib/menu</filename>) に置き、メンテナスクリプトにメニュー"
+"エントリを登録・解除するためのコマンドを追加する必要があります。これはパッケージ"
+"が行う、非常に一般的なことです。なぜ個々のメンテナがこれらのすべてを自分で書き直し、"
+"時にはバグを埋め込む必要があるでしょう? また、メニューディレクトリが変更された場合、"
+"すべてのパッケージを変更する必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -94,6 +111,11 @@ msgid ""
 "just need to be rebuilt with the new version of the helper and no other "
 "changes."
 msgstr ""
+"ヘルパースクリプトがこれらの問題を引き受けてくれます。ヘルパースクリプトの"
+"期待するやり方に従っているならば、ヘルパースクリプトはすべての詳細について"
+"考慮をします。ポリシーの変更はヘルパースクリプト中で行えます; そして、"
+"パッケージを新しいバージョンのヘルパースクリプトでリビルドする必要がある"
+"だけです。他に何の変更も必要ありません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -112,9 +134,22 @@ msgid ""
 "helper scripts, where useful, in conjunction with hand-crafted commands in "
 "<filename>debian/rules</filename>."
 msgstr ""
+"<xref linkend=\"tools\"/> には、複数の異なったヘルパーが含まれています。"
+"もっとも一般的で (我々の意見では) ベストなヘルパーシステムは <systemitem "
+"role=\"package\">debhelper</systemitem> です。<systemitem role=\"package\">"
+"debmake</systemitem> のような、以前のヘルパーシステムはモノリシックでした: "
+"使えそうなヘルパーの一部を取り出して選ぶことはできず、何を行うにもヘルパー"
+"を使う必要がありました。ですが、<systemitem role=\"package\">debhelper"
+"</systemitem> は、いくつもの分割された小さな <command>dh_*</command> "
+"プログラムです。たとえば、<command>dh_installman</command> は man ページを"
+"インストールして圧縮し、<command>dh_installmenu</command> は menu ファイル"
+"をインストールするなどします。つまり、<filename>debian/rules</filename> "
+"内で使える部分では小さなヘルパースクリプトを使い、手製のコマンドを使うと"
+"いった十分な柔軟性を与えてくれます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:66
+#, fuzzy
 msgid ""
 "You can get started with <systemitem role=\"package\">debhelper</systemitem> "
 "by reading <citerefentry> <refentrytitle>debhelper</refentrytitle> "
@@ -128,6 +163,16 @@ msgid ""
 "helper, you do need to take the time to learn to use that helper, to learn "
 "its expectations and behavior."
 msgstr ""
+"<citerefentry> <refentrytitle>debhelper</refentrytitle> <manvolnum>1</manvolnum> "
+"</citerefentry> を読んで、パッケージに付属している例を参照すれば、<systemitem "
+"role=\"package\">debhelper</systemitem> を使い始められます。 <systemitem "
+"role=\"package\">dh-make</systemitem> パッケージ (<xref linkend=\"dh-make\"/> "
+"参照) の <command>dh_make</command> は、素のソースパッケージを <systemitem role="
+"\"package\">debhelper</systemitem>化されたパッケージに変換するのに利用できます。"
+"ですが、この近道では個々の <command>dh_*</command> ヘルパーをわざわざ理解する"
+"必要がないので納得することができないでしょう。ヘルパースクリプトを使おうとする"
+"のであれば、そのヘルパーを使うこと、つまり前提と動作を学ぶのに時間を割く必要が"
+"あります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -139,6 +184,11 @@ msgid ""
 "examples of vanilla <filename>debian/rules</filename> files are available at "
 "<ulink url=\"&url-rules-files;\"></ulink>."
 msgstr ""
+"いかなるヘルパーシステムの複雑さも学ぶ必要がないので、素の <filename>debian"
+"/rules</filename> ファイルのほうが良いと考える人もいます。この判断は完全に"
+"あなた次第です。あなたに合っているのを選んでください。素の <filename>debian"
+"/rules</filename> ファイルの多くの例は <ulink url=\"&url-rules-files;\">"
+"</ulink> で入手できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -149,6 +199,7 @@ msgstr "パッチを複数のファイルに分離する"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:90
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Big, complex packages may have many bugs that you need to deal with.  If you "
 "correct a number of bugs directly in the source, and you're not careful, it "
@@ -158,6 +209,11 @@ msgid ""
 "the total set of diffs (e.g., from <filename>.diff.gz</filename>) and work "
 "out which patch sets to back out as a unit as bugs are fixed upstream."
 msgstr ""
+"巨大で、複雑なパッケージには対処が必要なたくさんのバグが含まれているかも"
+"しれません。直接ソース中で大量のバグを修正し、あまり注意を払っていなかった"
+"場合、適用した様々なパッチを識別するのは難しいことになるでしょう。"
+"(全てではなく) 幾つか修正を取り入れた新しい開発元のバージョンへパッケージを"
+"更新する必要が出た場合、とても悲惨なことになります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:99
@@ -169,6 +225,12 @@ msgid ""
 "<filename>debian/patches/series</filename> are automatically applied.  As "
 "the name implies, patches can be managed with <command>quilt</command>."
 msgstr ""
+"幸いなことに、ソースフォーマット“3.0 (quilt)”では、パッチシステムを設定するために "
+"<filename>debian/rules</filename> を変更することなく、パッチを分割して保持できる"
+"ようになっています。パッチは <filename>debian/patches/</filename> に保持され、"
+"ソースパッケージが展開されるときに <filename>debian/patches/series</filename> "
+"に記載されているパッチが自動的に適用されます。名前が指すように、パッチは "
+"<command>quilt</command> で管理することができます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:107
@@ -183,6 +245,14 @@ msgid ""
 "reverted in the <literal>clean</literal> rule, through a dependency on the "
 "<literal>unpatch</literal> rule."
 msgstr ""
+"より古いソースフォーマット“1.0”を使っている場合でも、パッチを分割することは"
+"可能ですが、専用のパッチシステムを使う必要があります: パッチファイルは Debian "
+"パッチファイル (<filename>.diff.gz</filename>) 内に組み込まれ、通常 <filename>"
+"debian/</filename> ディレクトリ内にあります。違いは、すぐに <command>dpkg-source"
+"</command> では適用されないが、<filename>debian/rules</filename> の <literal>"
+"build</literal> ルールで <literal>patch</literal> ルールへの依存を通じて適用"
+"されることだけです。逆に言うと、これらのパッチは <literal>unpatch</literal> "
+"ルールへの依存を通じて <literal>clean</literal> ルールで外されます。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:119
@@ -191,6 +261,9 @@ msgid ""
 "the above, and also allows to manage patch series.  See the <systemitem role="
 "\"package\">quilt</systemitem> package for more information."
 msgstr ""
+"<command>quilt</command> はこの作業にお勧めのツールです。上記の全てを行う上、"
+"パッチ一覧の管理も可能です。詳細な情報は <systemitem role=\"package\">quilt"
+"</systemitem> パッケージを参照してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:125
@@ -199,6 +272,8 @@ msgid ""
 "the patch system integrated with <systemitem role=\"package\">cdbs</"
 "systemitem>."
 msgstr ""
+"他にもパッチを管理するツールはあります。<command>dpatch</command> や、パッチ"
+"システムが統合されている <systemitem role=\"package\">cdbs</systemitem> などです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -646,7 +721,7 @@ msgstr ""
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><screen>
 #: best-pkging-practices.dbk:412
-#, fuzzy, no-wrap
+#, no-wrap
 msgid ""
 "  Source: vim\n"
 "  Section: editors\n"
@@ -656,7 +731,6 @@ msgid ""
 "  Vcs-Browser: http://svn.debian.org/wsvn/pkg-vim/trunk/packages/vim\n"
 "  Homepage: http://www.vim.org\n"
 msgstr ""
-"\n"
 "  Source: vim\n"
 "  Section: editors\n"
 "  Priority: optional\n"
@@ -799,7 +873,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: best-pkging-practices.dbk:507
 msgid "Common errors in changelog entries"
-msgstr ""
+msgstr "changelog のエントリ中のよくある間違い"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -808,6 +882,8 @@ msgid ""
 "The following examples demonstrate some common errors or examples of bad "
 "style in changelog entries."
 msgstr ""
+"以下の例で、changelog エントリ中のよくある間違いや間違ったスタイルの例を"
+"挙げます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -820,7 +896,7 @@ msgstr "  * Fixed all outstanding bugs.\n"
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:516
 msgid "This doesn't tell readers anything too useful, obviously."
-msgstr ""
+msgstr "これは、全く読み手に何も有用なことを教えてくれません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -833,7 +909,7 @@ msgstr "  * Applied patch from Jane Random.\n"
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:522
 msgid "What was the patch about?"
-msgstr ""
+msgstr "何についてのパッチですか?"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -860,10 +936,12 @@ msgstr "  * Fix vsync FU w/ ancient CRTs.\n"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:535
+#, fuzzy
 msgid ""
 "Too many acronyms, and it's not overly clear what the, uh, fsckup (oops, a "
 "curse word!) was actually about, or how it was fixed."
 msgstr ""
+"略称が多すぎ、どうやって修正したのか"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><screen>
@@ -914,11 +992,14 @@ msgid ""
 "Where's the description? If you can't think of a descriptive message, start "
 "by inserting the title of each different bug."
 msgstr ""
+"説明はどこ? 説明文を考えられないのなら、それぞれのバグのタイトルを入れるところ"
+"から始めてください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: best-pkging-practices.dbk:566
+#, fuzzy
 msgid "Supplementing changelogs with <filename>NEWS.Debian</filename> files"
-msgstr ""
+msgstr "<filename>NEWS.Debian</filename> ファイルで changelog を"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:568
@@ -2052,7 +2133,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: best-pkging-practices.dbk:1314
 msgid "Example, taken from the geneweb package templates:"
-msgstr ""
+msgstr "geneweb パッケージのテンプレートを例にとってみましょう:"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><screen>
 #: best-pkging-practices.dbk:1317
index e884259..fd2900c 100644 (file)
@@ -83,7 +83,7 @@ msgid ""
 "receive mail, so that people can reach you if they need further information "
 "about the bug.  Do not submit bugs as root."
 msgstr ""
-"いつも使っているメールを受け取れるユーザアカウントからバグを送っててくださ"
+"いつも使っているメールを受け取れるユーザアカウントからバグを送っててくださ"
 "い。そうすることで、開発者がそのバグに関するより詳細な情報を必要とする場合に"
 "あなたに尋ねることができます。root ユーザでバグを報告しないでください。"
 
@@ -96,8 +96,8 @@ msgid ""
 "can automate and generally ease the process."
 msgstr ""
 "バグを報告するには、<citerefentry> <refentrytitle>reportbug</refentrytitle> "
-"<manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> のなツールが使えます。これによって"
-"自動化を行って、かなり簡単な作業にできます。"
+"<manvolnum>1</manvolnum> </citerefentry> のようなツールが使えます。これによって"
+"作業を自動化し、かなり簡単なものにできます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -115,9 +115,9 @@ msgstr ""
 "個々のパッケージに対するバグのリストは <literal>http://&bugs-host;/"
 "<replaceable>パッケージ名</replaceable></literal> にて簡単に確認できます。"
 "<citerefentry> <refentrytitle>querybts</refentrytitle> <manvolnum>1</"
-"manvolnum> </citerefentry> ã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81ªã\83¦ã\83¼ã\83\86ã\82£ã\83ªã\83\86ã\82£ã\82\82ã\81\93ã\81®æ\83\85å ±ã\82\92å\85¥æ\89\8bã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99 (ã\81\9d"
-"れから <command>reportbug</command> では大抵の場合は、バグを送信する前に "
-"<command>querybts</command> の実行もます)。"
+"manvolnum> </citerefentry> ã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81ªã\83¦ã\83¼ã\83\86ã\82£ã\83ªã\83\86ã\82£ã\81§ã\82\82ã\81\93ã\81®æ\83\85å ±ã\82\92å\85¥æ\89\8bã\81§ã\81\8dã\81¾ã\81\99 "
+"(なお、<command>reportbug</command> では大抵の場合、バグを送信する前に "
+"<command>querybts</command> の実行も行っています)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -158,7 +158,7 @@ msgid ""
 "have to visit <literal>http://&bugs-host;/from:<replaceable>your-email-addr</"
 "replaceable></literal>."
 msgstr ""
-"時折、あなたが報告したバグ報告について何が起こっているのかをチェックしたくな"
+"時折、あなたが登録したバグ報告について何が起こっているのかをチェックしたくな"
 "ることでしょう。これは、もう再現できないものをクローズするきっかけになりま"
 "す。報告した全てのバグ報告を確認するには、<literal>http://&bugs-host;/from:"
 "<replaceable>your-email-addr</replaceable></literal> を参照すればいいだけで"
@@ -197,7 +197,7 @@ msgid ""
 "problem.  In addition, it will help prevent a situation in which several "
 "maintainers start filing the same bug report simultaneously."
 msgstr ""
-"同じ問題について一度に 10 個以上のバグを報告する場合は、バグの投稿をする前に "
+"同じ問題について一度に 10 個以上のバグを報告する場合は、バグ報告を登録する前に "
 "&email-debian-devel; へ送ることをお勧めします。バグ報告を送る前に注意点を記述"
 "し、メールのサブジェクトに事実を挙げておきます。これで他の開発者がそのバグが"
 "本当に問題であるかどうかを確認できるようになります。さらに、これによって複数"
@@ -225,9 +225,9 @@ msgid ""
 "bug report to <email>maintonly@&bugs-host;</email> so that the bug report is "
 "not forwarded to the bug distribution mailing list."
 msgstr ""
-"å\90\8cã\81\98ã\82µã\83\96ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\81§å¤§é\87\8fã\81®ã\83\90ã\82°ã\82\92é\80\81ä¿¡ã\81\99ã\82\8bé\9a\9bã\81®æ³¨æ\84\8fã\81¨ã\81\97ã\81¦、バグ報告がバグ情報用"
+"å\90\8cã\81\98ã\82µã\83\96ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\81§å¤§é\87\8fã\81®ã\83\90ã\82°ã\82\92é\80\81ä¿¡ã\81\99ã\82\8bé\9a\9bã\81¯、バグ報告がバグ情報用"
 "メーリングリストへ転送されないように <email>maintonly@&bugs-host;</email> へ"
-"ã\83\90ã\82°å ±å\91\8aã\82\92é\80\81ã\82\8bã\81¹ã\81\8dã\81§ã\81\82ã\82\8bã\80\81ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99。"
+"ã\83\90ã\82°å ±å\91\8aã\82\92é\80\81ã\82\8bã\81¹ã\81\8dã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81®æ³¨æ\84\8fã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><title>
 #: beyond-pkging.dbk:98
@@ -290,7 +290,7 @@ msgid ""
 "you set the <literal>User</literal> to an appropriate mailing list after "
 "describing your intention there."
 msgstr ""
-"ã\82¿ã\82°ã\81¯ç©ºç\99½ã\81§å\8cºå\88\87ã\82\89ã\82\8cã\80\81ã\82¢ã\83³ã\83\80ã\83¼ã\82¹ã\82³ã\82¢ (_) ã\82\92å\90«ã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81ªã\81\84ã\81®に注意してください。"
+"ã\82¿ã\82°ã\81¯ç©ºç\99½ã\81§å\8cºå\88\87ã\82\89ã\82\8cã\80\81ã\82¢ã\83³ã\83\80ã\83¼ã\82¹ã\82³ã\82¢ (_) ã\82\92å\90«ã\82\81ã\82\89ã\82\8cã\81ªã\81\84ã\81\93ã\81¨に注意してください。"
 "特定のグループやチームについてのバグを登録する場合は、適切なメーリングリスト"
 "で注意を促した上で <literal>User</literal> をそのメーリングリストに設定するの"
 "をお勧めします。"
@@ -335,8 +335,8 @@ msgstr ""
 "品質保証に割り当てられたグループの人々がいたとしても、QA 作業は彼らのみに課せ"
 "られるものではありません。あなたもパッケージを可能な限りバグが無いように保"
 "ち、できるだけ lintian clean な状態 (<xref linkend=\"lintian\"/> を参照) にす"
-"ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§å\8f\82å\8a ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81\8cå\8f¯è\83½ã\81§ã\81¯ã\81ªã\81\84ã\82\88ã\81\86ã\81«æ\80\9dã\81\88ã\82\8bã\81ªã\82\89ã\80\81ã\83\91ã\83\83"
-"ケージをいくつか「みなしご化 (orphan)」してください (<xref linkend="
+"ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§å\93\81質ä¿\9d証ã\81®ä½\9c業ã\81«å\8f\82å\8a ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81®ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\82\8cã\81\8cå\8f¯è\83½ã\81§ã\81¯ã\81ªã\81\84ã\82\88ã\81\86ã\81«"
+"思えるなら、パッケージをいくつか「みなしご化 (orphan)」してください (<xref linkend="
 "\"orphaning\"/> 参照)。または、溜まったバグ処理に追いつくため、他の人々に助力"
 "を願い出ることも可能です (&email-debian-qa; や &email-debian-devel; で助けを"
 "求めることができます)。同時に共同メンテナ (co-maintainer) を探すことも可能で"
@@ -361,7 +361,7 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "時折、QA グループは可能な限りの問題を無くすためにバグ潰しパーティ (BSP) を開"
 "催しています。開催案内は &email-debian-devel-announce; で行われ、パーティがど"
-"の部分に集中してるのかが告知されます。大抵はリリースクリティカルバグ (RC) "
+"の部分に集中して行われるのかが告知されます。大抵はリリースクリティカルバグ (RC) "
 "への対応に当てられますが、大きなアップグレード (新しい <command>perl</"
 "command> バージョンでの全バイナリモジュールを再コンパイルのような) を完了する"
 "手助けのために開かれることもあります。"
@@ -511,6 +511,8 @@ msgstr ""
 "org/qa.debian.org/mia</filename> で利用可能になっており、<command>mia-query</"
 "command> ツールで検索ができます。どうやってデータベースを検索するのかについて"
 "は <command>mia-query --help</command> と入力してください。"
+"活動的ではないメンテナについての情報がまだ記録されていない、あるいはそのメンテナ"
+"についての情報を追加できる場合は、おおよそ以下の手続きを行う必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -624,7 +626,7 @@ msgid ""
 "is interested in the package."
 msgstr ""
 "ここに書かれた全てを収集したなら、&email-mia;に連絡しましょう。この名前の宛先"
-"を担当している人はあなたが供給した情報を使ってどう進めるかを判断します。"
+"ã\82\92æ\8b\85å½\93ã\81\97ã\81¦ã\81\84ã\82\8b人ã\81¯ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81\8cä¾\9b給ã\81\97ã\81\9fæ\83\85å ±ã\82\92使ã\81£ã\81¦ã\81©ã\81\86é\80²ã\82\81ã\82\8bã\81\8bã\82\92å\88¤æ\96­ã\81\97ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 "例えば、そのメンテナのパッケージの一部または全てをみなしご化 (Orphan) するか"
 "も知れません。パッケージがNMUされていた場合は、パッケージをみなしご化 "
 "(Orphan) する前にNMUをした人に連絡する事を選ぶかもしれません — NMUをした人は"
@@ -907,7 +909,7 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "<command>lintian</command> を実行する (<xref linkend=\"lintian\"/> 参照)。多くの"
 "一般的な問題を見つけてくれます。<command>lintian</command> の overrides 設定が"
-"メンテナによって設定されているのは、完全に問題がないことを確認してください。"
+"メンテナによって設定されている場合、完全に問題がないことを確認してください。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:426
@@ -1004,7 +1006,7 @@ msgid ""
 "and purge the packages. Maybe test them with <command>piuparts</command>."
 msgstr ""
 "パッケージをビルドし、インストールし、ソフトウェアを使ってみてください。"
-"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\82\92å\89\8aé\99¤ (remove)ã\80\81å\8f\8aã\81³å®\8cå\85¨å\89\8aé\99¤ (purge) ã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81®を確認してください。"
+"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\82\92å\89\8aé\99¤ (remove)ã\80\81å\8f\8aã\81³å®\8cå\85¨å\89\8aé\99¤ (purge) ã\81§ã\81\8dã\82\8bã\81\93ã\81¨を確認してください。"
 "<command>piuparts</command> でテストすると良いかもしれません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1020,7 +1022,7 @@ msgstr ""
 "アップロードすることができます。あなたがメンテナでなかったとしても、スポンサー"
 "は Debian へアップロードされたものへの責任を持つことを覚えておいてください。"
 "これが、 <xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> を使ってパッケージを追いかけて"
-"ã\81\8aã\81\8fã\81®が推奨される理由です。"
+"ã\81\8aã\81\8fã\81\93ã\81¨が推奨される理由です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -1148,7 +1150,7 @@ msgid ""
 "consequences (like some files dropped by mistake, missing dependencies, "
 "etc.)."
 msgstr ""
-"何も問題がなければ、パッケージをビルドし、ソースパッケージ上の変更が何も期待して"
+"何も問題がなければ、パッケージをビルドし、ソースパッケージ上の変更が期待して"
 "いない結果 (ミスのためファイルがなくなっている、依存関係の欠落など) をもたらして"
 "いないかを確認するため、バイナリパッケージを比較します。"
 
index c324ee6..91c0b09 100644 (file)
@@ -30,7 +30,7 @@ msgid ""
 "As a package maintainer, you're supposed to provide high-quality packages "
 "that are well integrated in the system and that adhere to the Debian Policy."
 msgstr ""
-"ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81¯システムにうまく適合し、Debian ポリシーに"
+"ã\81\82ã\81ªã\81\9fã\81¯ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\80\81システムにうまく適合し、Debian ポリシーに"
 "しっかり則っている高品質のパッケージを提供していることでしょう。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -47,11 +47,11 @@ msgid ""
 "expected to collaborate with the release team to ensure your packages get "
 "included."
 msgstr ""
-"<literal>不安定版 (unstable)</literal> へ高品質のパッケージを提供するだけでは"
+"高品質のパッケージを<literal>不安定版 (unstable)</literal> へ提供するだけでは"
 "十分ではありません。多くのユーザは、パッケージが次期<literal>安定版 (stable)"
-"</literal> ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81®ä¸\80é\83¨ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81\9fæ\99\82ã\81«ã\81®ã\81¿ã\80\81ã\81\9dã\81®æ\81©æ\81µã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bã\81\8bã\82\89ã\81§"
-"ã\81\99ã\80\82ã\81§ã\81\99ã\81\8bã\82\89ã\80\81ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81\8cã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81«å\90«ã\81¾ã\82\8cã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81¨ä¸\8aæ\89\8bã\81\8få\85±å\90\8c"
-"で作業することが期待されています。"
+"</literal> ã\81®ä¸\80é\83¨ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\81\95ã\82\8cã\81\9fæ\99\82ã\81«ã\81®ã\81¿ã\80\81ã\81\9dã\81®æ\81©æ\81µã\82\92å\8f\97ã\81\91ã\82\8bã\81\8bã\82\89ã\81§ã\81\99ã\80\82"
+"ã\81§ã\81\99ã\81\8bã\82\89ã\80\81ã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\81\8c次æ\9c\9fã\81®<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)</literal> ã\81«å\90«ã\81¾ã\82\8cã\82\8bã\82\88ã\81\86ã\81«"
+"ã\83ªã\83ªã\83¼ã\82¹ã\83\81ã\83¼ã\83 ã\81¨ä¸\8aæ\89\8bã\81\8få\85±å\90\8cã\81§ä½\9c業ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81\8cæ\9c\9få¾\85ã\81\95ã\82\8cã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: developer-duties.dbk:24
@@ -81,7 +81,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: developer-duties.dbk:37
 msgid "Maintain packages in <literal>stable</literal>"
-msgstr "<literal>安定版 (stable)</literal> にあるパッケージをメンテする"
+msgstr "<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)</literal> ã\81«ã\81\82ã\82\8bã\83\91ã\83\83ã\82±ã\83¼ã\82¸ã\82\92ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\83³ã\82¹ã\81\99ã\82\8b"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #: developer-duties.dbk:39
@@ -111,9 +111,9 @@ msgstr ""
 "す。セキュリティ問題が報告された時はいつでも、セキュリティチームと修正版を提"
 "供するように協力する必要があります (<xref linkend=\"bug-security\"/> 参照)。"
 "important (あるいはそれ以上) な重要度のバグが<literal>安定版 (stable)</"
-"literal> のバージョンのパッケージに報告されたら、対象の修正を提供するのを検討"
+"literal> のバージョンのパッケージに報告されたら、対象のとなる修正の提供を検討"
 "する必要があります。<literal>安定版 (stable)</literal> リリースマネージャに、"
-"そのような更新を受け入れるかどうかを尋ね、それから<literal>安定版 (stable)</"
+"ã\81\9dã\81®ã\82\88ã\81\86ã\81ªæ\9b´æ\96°ã\82\92å\8f\97ã\81\91å\85¥ã\82\8cã\82\89ã\82\8cã\82\8bã\81\8bã\81©ã\81\86ã\81\8bã\82\92å°\8bã\81­ã\80\81ã\81\9dã\82\8cã\81\8bã\82\89<literal>å®\89å®\9aç\89\88 (stable)</"
 "literal> のアップロードを準備するなどができます (<xref linkend=\"upload-"
 "stable\"/> 参照)。"
 
@@ -143,13 +143,14 @@ msgstr ""
 "\"/>で記述されているように対応する必要があります。しかしながら、注意を必要と"
 "する特別なカテゴリのバグがあります—リリースクリティカルバグ (RC bug) と呼ばれ"
 "るものです。<literal>critical</literal>、<literal>grave</literal>、"
-"<literal>serious</literal> の重要度が付けられている全てのバグ報告は、パッケー"
-"ジを次の<literal>安定版 (stable)</literal> リリースに含められないようにしま"
-"す。そのため、これは (<literal>テスト版 (testing)</literal> にあるパッケージ"
+"<literal>serious</literal> の重要度が付けられている全てのバグ報告によって、"
+"そのパッケージは次の<literal>安定版 (stable)</literal> リリースに含めるのには"
+"適切ではないとされます。"
+"そのため、(<literal>テスト版 (testing)</literal> にあるパッケージ"
 "に影響する場合に) Debian のリリースを遅らせたり、(<literal>不安定版 "
 "(unstable)</literal> にあるパッケージにのみ影響する場合に) <literal>テスト版 "
-"(testing)</literal> への移行をブロックする可能性があります。最悪の場合、パッ"
-"ケージの削除を招きます。これが、これらのバグを可能な限り素早く修正する必要が"
+"(testing)</literal> ã\81¸ã\81®ç§»è¡\8cã\82\92ã\83\96ã\83­ã\83\83ã\82¯ã\81\99ã\82\8bå\8f¯è\83½æ\80§ã\81\8cã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82æ\9c\80æ\82ªã\81®å ´å\90\88ã\81¯ã\80\81ã\83\91ã\83\83"
+"ケージの削除を招きます。これが RC バグを可能な限り素早く修正する必要が"
 "ある理由です。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -187,7 +188,7 @@ msgstr ""
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #: developer-duties.dbk:87
 msgid "Coordination with upstream developers"
-msgstr "上流 (upstream) の開発者との調整について"
+msgstr "開発元/上流 (upstream) の開発者との調整"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><para>
@@ -199,8 +200,8 @@ msgid ""
 "these bug reports to the upstream developers so that they can be fixed in a "
 "future upstream release."
 msgstr ""
-"Debian メンテナとしての仕事のうち重要な位置を占めるのは、上流 (upstream) の開"
-"発者との窓口であることです。Debian ユーザは、時折バグ報告システムに Debian 特"
+"Debian メンテナとしての仕事のうちで重要な位置を占めるのは、開発元/上流 (upstream) "
+"の開発者との窓口であることです。Debian ユーザは、時折バグ報告システムに Debian 特"
 "有ではないバグを報告する事があります。Debian メンテナは、いつか上流のリリース"
 "で修正できるようにする為、このようなバグ報告を上流の開発者に転送しなくてはな"
 "りません。"
@@ -254,7 +255,6 @@ msgstr ""
 msgid "Administrative Duties"
 msgstr "管理者的な責務"
 
-# FIXME-trans: project?
 #. type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:121
 msgid ""
@@ -262,9 +262,9 @@ msgid ""
 "to keep track of everything. As a project member, you have some duties to "
 "ensure everything keeps running smoothly."
 msgstr ""
-"Debian の大きさの管理は、あらゆる事を追いかけられる管理者用のインフラに依って"
-"ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\83¡ã\83³ã\83\90ã\83¼ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\80\81ã\81\82ã\82\89ã\82\86ã\82\8bç\89©äº\8bã\81\8cæ»\9eã\82\8aç\84¡ã\81\8fé\80²ã\82\80ã\82\88ã\81\86ã\81«ã\80\81ã\81\82ã\81ªã\81\9f"
-"にはいくつかの義務があります。"
+"Debian のような大きさのプロジェクトは、あらゆる事を追いかけられる管理者用の"
+"ã\82¤ã\83³ã\83\95ã\83©ã\81«ä¾\9dã\81£ã\81¦ã\81\84ã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\83\97ã\83­ã\82¸ã\82§ã\82¯ã\83\88ã\83¡ã\83³ã\83\90ã\83¼ã\81¨ã\81\97ã\81¦ã\80\81ã\81\82ã\82\89ã\82\86ã\82\8bç\89©äº\8bã\81\8cæ»\9eã\82\8aç\84¡ã\81\8f"
+"進むように、あなたにはいくつかの義務があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
@@ -318,7 +318,7 @@ msgstr ""
 "秘密鍵の取扱いには十二分に注意してください。Debian サーバ (<xref linkend="
 "\"server-machines\"/> 参照) のような公開サーバや複数のユーザがいるマシンには"
 "置かないようにしてください。鍵をバックアップして、コピーはオフラインな場所に"
-"置きましょう。ソフトの使い方については付属のドキュメントを参照してください。"
+"ç½®ã\81\8dã\81¾ã\81\97ã\82\87ã\81\86ã\80\82ã\82½ã\83\95ã\83\88ã\82¦ã\82§ã\82¢ã\81®ä½¿ã\81\84æ\96¹ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\81¯ä»\98å±\9eã\81®ã\83\89ã\82­ã\83¥ã\83¡ã\83³ã\83\88ã\82\92å\8f\82ç\85§ã\81\97ã\81¦ã\81\8fã\81 ã\81\95ã\81\84ã\80\82"
 "<ulink url=\"&url-pgp-faq;\">PGP FAQ</ulink> を読みましょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
@@ -382,7 +382,7 @@ msgid ""
 "documentation of the <systemitem role=\"package\">debian-keyring</"
 "systemitem> package."
 msgstr ""
-"Debian ã\81§ã\81®é\8dµã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\83³ã\82¹ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\80\81ã\82\88ã\82\8açª\81ã\81£è¾¼ã\82\93ã\81 è­°è«\96ã\81\8c <systemitem role="
+"Debian ã\81§ã\81®é\8dµã\81®ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\83³ã\82¹ã\81«ã\81¤ã\81\84ã\81¦ã\80\81ã\82\88ã\82\8açª\81ã\81£è¾¼ã\82\93ã\81 è­°è«\96ã\82\92 <systemitem role="
 "\"package\">debian-keyring</systemitem> パッケージ中のドキュメントで知ること"
 "ができます。"
 
@@ -400,7 +400,7 @@ msgid ""
 "elect our leaders and to approve general resolutions.  These procedures are "
 "defined by the <ulink url=\"&url-constitution;\">Debian Constitution</ulink>."
 msgstr ""
-"Debian は本来の意味での民主主義ではありませんが、我々はリーダの選出や一般投票"
+"Debian ã\81¯æ\9c¬æ\9d¥ã\81®æ\84\8få\91³ã\81§ã\81®æ°\91主主義ã\81§ã\81¯ã\81\82ã\82\8aã\81¾ã\81\9bã\82\93ã\81\8cã\80\81æ\88\91ã\80\85ã\81¯ã\83ªã\83¼ã\83\80ã\83¼ã\81®é\81¸å\87ºã\82\84ä¸\80è\88¬æ\8a\95票"
 "の承認において民主主義的なプロセスを利用しています。これらの手続きについて"
 "は、<ulink url=\"&url-constitution;\">Debian 憲章</ulink>で規程されています。"
 
@@ -465,7 +465,7 @@ msgid ""
 msgstr ""
 "予定していた休暇にせよ、それとも単に他の作業で忙しいにせよ、開発者が不在にな"
 "ることがあるのはごく普通のことです。注意すべき重要な点は、他の開発者達があな"
-"ã\81\9fã\81\8cä¼\91æ\9a\87中ã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81\93ã\81¨を知る必要があることと、あなたのパッケージについて問題が"
+"ã\81\9fã\81\8cä¼\91æ\9a\87中ã\81§ã\81\82ã\82\8bã\81®を知る必要があることと、あなたのパッケージについて問題が"
 "起こった場合やプロジェクト内での責務を果たすのに問題が生じたという様な場合"
 "は、必要なことを彼らが何であってもできるようにすることです。"