chiark / gitweb /
Japanese: eliminate fuzzy/unstranslated
authorhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sun, 3 Jul 2011 00:20:38 +0000 (00:20 +0000)
committerhenrich <henrich@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sun, 3 Jul 2011 00:20:38 +0000 (00:20 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/manuals/trunk/developers-reference@8889 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/beyond-pkging.po
po4a/ja/pkgs.po

index 2d2156a..e884259 100644 (file)
@@ -3,9 +3,9 @@
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.4\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.5\n"
 "POT-Creation-Date: 2011-04-22 10:44-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-06-18 23:04+0900\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-07-03 23:04+0900\n"
 "Last-Translator: Hideki Yamane <henrich@debian.org>\n"
 "Language-Team: Japanese <debian-japanese@lists.debian.org>\n"
 "Language: ja\n"
@@ -833,13 +833,6 @@ msgstr "新しいパッケージのスポンサーを行う"
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:388
-#, fuzzy
-#| msgid ""
-#| "New maintainers usually have certain difficulties creating Debian "
-#| "packages — this is quite understandable.  That is why the sponsor is "
-#| "there, to check the package and verify that it is good enough for "
-#| "inclusion in Debian.  (Note that if the sponsored package is new, the "
-#| "ftpmasters will also have to inspect it before letting it in.)"
 msgid ""
 "New maintainers usually have certain difficulties creating Debian packages — "
 "this is quite understandable. They will do mistakes. That's why sponsoring a "
@@ -848,11 +841,12 @@ msgid ""
 "good enough to be uploaded to Debian. Thus being a sponsor implies being a "
 "mentor."
 msgstr ""
-"新たなメンテナは大抵 Debian パッケージの作成する際に何らかの困難に会いますー"
-"これは非常に理解できることです。これはなぜスポンサーがいてパッケージをチェッ"
-"クし Debian に含めるのに充分良いものであるかどうかを確認するのかの根拠です。"
-"(注記: スポンサーされたパッケージが新規の場合、Debian に入れる前に ftpmaster "
-"らがそのパッケージをチェックする必要があります)。"
+"新たなメンテナは、Debian パッケージの作成する際に大抵何らかの困難に会いますー"
+"これは非常に理解できることです。彼らは間違いを犯します。これは、全く新しい"
+"パッケージを Debian でスポンサーするのに、Debian パッケージングの徹底的なレビューを"
+"受ける必要がある根拠です。時折、パッケージが Debian へアップロードされるのに"
+"十分な状態になるまで、複数回のやり取りが必要になることがあります。それゆえ、"
+"スポンサーになることは、メンターになることを伴います。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:396
@@ -985,6 +979,11 @@ msgid ""
 "justified? Are they properly documented (with <ulink url=\"&url-dep3;"
 "\">DEP-3</ulink> for patches)?"
 msgstr ""
+"開発元のファイルに対する変更 (<filename>.diff.gz</filename>、<filename>debian/"
+"patches/</filename>、あるいは直接 <filename>debian</filename> tarball に埋め込"
+"まれているバイナリファイル) をレビューする。十分な根拠がありますか? (パッチに"
+"対し、<ulink url=\"&url-dep3;\">DEP-3</ulink> に沿って) 正しくドキュメント化"
+"されている?"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:462
@@ -993,6 +992,10 @@ msgid ""
 "right way to achieve the desired result. Is the maintainer following the "
 "best packaging practices (see <xref linkend=\"best-pkging-practices\"/>)?"
 msgstr ""
+"すべてのファイルについて、そのファイルが何故そこにあるのか、望んでいる結果を"
+"もたらすためにそれが正しいやり方かどうかを自身に問いかけてください。メンテナは"
+"パッケージ化のベストプラクティスに従っていますか? (<xref linkend=\"best-pkging-"
+"practices\"/> 参照)"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><itemizedlist><listitem><para>
 #: beyond-pkging.dbk:468
@@ -1013,16 +1016,15 @@ msgid ""
 "you're encouraged to keep up with the package through the <xref linkend="
 "\"pkg-tracking-system\"/>."
 msgstr ""
+"監査で何も問題が見つからなかった場合には、パッケージをビルドして Debian へ"
+"アップロードすることができます。あなたがメンテナでなかったとしても、スポンサー"
+"は Debian へアップロードされたものへの責任を持つことを覚えておいてください。"
+"これが、 <xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> を使ってパッケージを追いかけて"
+"おくのが推奨される理由です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:481
-#, fuzzy
-#| msgid ""
-#| "The <literal>Maintainer</literal> field of the <filename>control</"
-#| "filename> file and the <filename>changelog</filename> should list the "
-#| "person who did the packaging, i.e., the sponsoree.  The sponsoree will "
-#| "therefore get all the BTS mail about the package."
 msgid ""
 "Note that you should not need to modify the source package to put your name "
 "in the <filename>changelog</filename> or in the <filename>control</filename> "
@@ -1031,10 +1033,12 @@ msgid ""
 "who did the packaging, i.e. the sponsoree. That way she will get all the BTS "
 "mail."
 msgstr ""
-"<filename>control</filename> ファイルの<literal>Maintainer</literal> 欄と"
+"<filename>changelog</filename> ファイルや <filename>control</filename> ファイル"
+"にあなたの名前を入れるために、ソースパッケージを変更する必要はないことに注意して"
+"ください。<filename>control</filename> ファイルの<literal>Maintainer</literal> 欄と "
 "<filename>changelog</filename> にはパッケージ作業を行った人を記載する必要があ"
-"ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\81¯ã\82¹ã\83\9dã\83³ã\82µã\83¼å¯¾è±¡è\80\85ã\80\81ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81\86ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§ã\80\81ã\82¹ã\83\9dã\83³ã\82µã\83¼"
-"対象者がパッケージに対する BTS メールを受け取れるようになります。"
+"ã\82\8aã\81¾ã\81\99ã\80\82ã\81¤ã\81¾ã\82\8aã\81¯ã\82¹ã\83\9dã\83³ã\82µã\83¼å¯¾è±¡è\80\85ã\80\81ã\81¨ã\81\84ã\81\86ã\81\93ã\81¨ã\81§ã\81\99ã\80\82ã\81\9dã\81\86ã\81\99ã\82\8bã\81\93ã\81¨ã\81§ã\80\81ã\83¡ã\83³ã\83\86ã\83\8aã\81¯ã\81\99ã\81¹ã\81¦"
+"の BTS メールを受け取るようになります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:487
@@ -1042,6 +1046,8 @@ msgid ""
 "Instead you should instruct <command>dpkg-buildpackage</command> to use your "
 "key for the signature. You do that with the <literal>-k</literal> option:"
 msgstr ""
+"代わりに、署名にあなたの鍵を使うために <command>dpkg-buildpackage</command> "
+"に指示する必要があります。これは <literal>-k</literal> オプションを使って行います: "
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><screen>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><screen>
@@ -1081,6 +1087,11 @@ msgid ""
 "still want to have a more deeper look just in case the initial reviewer was "
 "sloppy."
 msgstr ""
+"通常、パッケージは既に全体的なレビューを受けているとします。ですので、"
+"もう一度すべてを行う代わりに、現在のバージョンとメンテナによって準備された"
+"新しいバージョンとの差分を注意深く分析することになります。最初のレビューを"
+"あなた自身が行っていない場合は、最初のレビュワーがいい加減であった場合に備えて、"
+"より子細に確認を行った方が良いかもしれません。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:510
@@ -1091,6 +1102,11 @@ msgid ""
 "<command>aptitude download</command>). Download the source package to "
 "sponsor (usually with <command>dget</command>)."
 msgstr ""
+"差分を分析する為には両方のバージョンが必要です。ソースパッケージの現在の"
+"バージョンをダウンロードし (<command>apt-get source</command>)、リビルド"
+"します (あるいは <command>aptitude download</command> で現在のバイナリ"
+"パッケージをダウンロードします)。それから、スポンサー用のソースパッケージを"
+"ダウンロードします (通常、<command>dget</command> を使います)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:517
@@ -1102,6 +1118,13 @@ msgid ""
 "binary packages, or two <filename>.changes</filename> files (it will then "
 "compare all the binary packages listed in the <filename>.changes</filename>)."
 msgstr ""
+"まず、changelog の新しいエントリを読みます。これで、レビュー中に予期しておく"
+"事柄を知ることができます。使うことになる主なツールは <command>debdiff</command> "
+"です (<systemitem role=\"package\">devscripts</systemitem> パッケージに含まれて"
+"います)。2 つのソースパッケージ (<filename>.dsc</filename> ファイル) に対して実行"
+"するか、2 つのバイナリパッケージ、あるいは 2 つの <filename>.changes</filename> "
+"ファイルに対して実行することができます (その場合は <filename>.changes</filename> "
+"に記載されているすべてのバイナリファイルを比較します)。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:524
@@ -1112,6 +1135,10 @@ msgid ""
 "command>), you must understand all the changes you see and they should be "
 "properly documented in the Debian changelog."
 msgstr ""
+"ソースパッケージを比較した場合 (新しい開発元のバージョンの場合には、例えば "
+"<command>debdiff</command> の出力を  <command>filterdiff -i '*/debian/*'</"
+"command> などとして、開発元のファイルを除外します)、確認したすべての変更点を"
+"理解して、この変更点が Debian の changelog に正しく記載されている必要があります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:531
@@ -1121,6 +1148,9 @@ msgid ""
 "consequences (like some files dropped by mistake, missing dependencies, "
 "etc.)."
 msgstr ""
+"何も問題がなければ、パッケージをビルドし、ソースパッケージ上の変更が何も期待して"
+"いない結果 (ミスのためファイルがなくなっている、依存関係の欠落など) をもたらして"
+"いないかを確認するため、バイナリパッケージを比較します。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:537
@@ -1136,6 +1166,15 @@ msgid ""
 "she can improve for next time, and so that she has a better understanding of "
 "her responsibilities."
 msgstr ""
+"メンテナが何か重要なことを見逃していないかを確認する為に、パッケージ追跡シス"
+"テム (PTS、<xref linkend=\"pkg-tracking-system\"/> 参照) を見るのが良いかも"
+"しれません。追加が可能な翻訳の更新が BTS にあるかもしれません。パッケージが "
+"NMU されていて、メンテナが NMU での変更をパッケージへ取り入れるのを忘れている"
+"かもしれません。リリースクリティカルバグがあって、メンテナが放置しているために"
+"<literal>テスト版 (testing)</literal> への移行が阻まれているかもしれません。"
+"何でもあります。メンテナが何か (より良く) できることを見つけたら、それを伝えま"
+"しょう。次回に改善ができますし、メンテナは責務についてより深く理解することに"
+"なります。"
 
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #: beyond-pkging.dbk:549
@@ -1143,6 +1182,8 @@ msgid ""
 "If you have found no major problem, upload the new version. Otherwise ask "
 "the maintainer to provide you a fixed version."
 msgstr ""
+"何も大きな問題を見つけなければ、新しいバージョンをアップロードします。"
+"そうでなければ、メンテナに修正したバージョンをアップロードするよう要請します。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><title>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><title>
index 782c8de..3477a56 100644 (file)
@@ -3,9 +3,9 @@
 #
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.4\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference 3.4.5\n"
 "POT-Creation-Date: 2011-04-20 21:36-0400\n"
-"PO-Revision-Date: 2011-02-13 15:32+0100\n"
+"PO-Revision-Date: 2011-06-30 06:32+0100\n"
 "Last-Translator: Hideki Yamane <henrich@debian.org>\n"
 "Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "Language: Japanese\n"
@@ -5263,6 +5263,10 @@ msgid ""
 "it will also affect packages upon which versioned dependencies have been "
 "declared of the ==, &lt;=, or &lt;&lt; varieties."
 msgstr ""
+"おそらく、これが主に影響するのは、一群のバイナリパッケージを変更したのを"
+"別バージョンで提供しているパッケージ (つまり、主にライブラリ) でしょう。"
+"しかし、バージョン付きの依存関係が ==、&lt;=、&lt;&lt; などで宣言されている"
+"パッケージにも影響は及ぼします。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
@@ -5278,6 +5282,14 @@ msgid ""
 "manual intervention by the release manager or an assistant is normally "
 "required."
 msgstr ""
+"一つのソースパッケージによって提供されている一群のバイナリパッケージがこのように"
+"して変更された場合、古いバイナリに依存しているすべてのパッケージは新しいバイナリに"
+"依存するように更新する必要があります。このようなソースパッケージを<literal>テスト"
+"版 (testing)</literal> にインストールすると<literal>テスト版 (testing)</literal> "
+"で依存しているすべてのパッケージを壊すことになるので、ここで注意をする必要があります: "
+"すべての依存しているパッケージを更新し、インストールできるように準備しておくことで"
+"壊されないようにしておき、そして、すべての準備ができたら、通常はリリースマネージャ"
+"あるいはリリースアシスタントによる手動作業が必要になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><section><section><para>
 #. type: Content of: <chapter><section><section><section><para>