chiark / gitweb /
- add Japanese translation (developer-duties.po) by Hideki Yamane
authorhenrich-guest <henrich-guest@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sun, 4 Nov 2007 09:39:40 +0000 (09:39 +0000)
committerhenrich-guest <henrich-guest@313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d>
Sun, 4 Nov 2007 09:39:40 +0000 (09:39 +0000)
git-svn-id: svn://anonscm.debian.org/ddp/developers-reference/trunk@4915 313b444b-1b9f-4f58-a734-7bb04f332e8d

po4a/ja/developer-duties.po

index 21ed3d3..b9af514 100644 (file)
@@ -1,28 +1,26 @@
-# SOME DESCRIPTIVE TITLE
-# Copyright (C) YEAR Free Software Foundation, Inc.
-# FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
+# Debian Developer's Reference (Japanese)
+# Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>, 2007.
 # 
-#, fuzzy
 msgid ""
 msgstr ""
-"Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
+"Project-Id-Version: developers-reference _VERSION_\n"
 "POT-Creation-Date: 2007-07-01 21:18+0000\n"
-"PO-Revision-Date: YEAR-MO-DA HO:MI+ZONE\n"
-"Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
-"Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
+"PO-Revision-Date: 2007-08-02 20:04+0900\n"
+"Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
+"Language-Team: Debian JP Project <debian-doc@debian.or.jp>\n"
 "MIME-Version: 1.0\n"
 "Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
-"Content-Transfer-Encoding: ENCODING\n"
+"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
 
 # type: Content of: <chapter><title>
 #: developer-duties.dbk:7
 msgid "Debian Developer's Duties"
-msgstr ""
+msgstr "Debian 開発者の責務"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:9
 msgid "Maintaining your Debian information"
-msgstr ""
+msgstr "あなたの Debian に関する情報をメンテナンスする"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:11
@@ -34,6 +32,12 @@ msgid ""
 "as the address where you get your debian-private subscription if you choose "
 "to subscribe there."
 msgstr ""
+"Debian 開発者に関する情報が含まれた LDAP データベースが "
+"<ulink url=\"&url-debian-db;\"></ulink> にあります。"
+"ここに情報を入力して、情報に変更があった際に更新する必要があります。"
+"特に、あなたの debian.org アドレス宛メールの転送先アドレスが常に最新になっている"
+"のを必ず確認してください。debian-private の購読をここで設定した場合、そのメールを"
+"受け取るアドレスについても同様です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:19
@@ -41,11 +45,12 @@ msgid ""
 "For more information about the database, please see <xref linkend=\"devel-db"
 "\"/> ."
 msgstr ""
+"データベースについての詳細は <xref linkend=\"devel-db\"/> を参照してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:25
 msgid "Maintaining your public key"
-msgstr ""
+msgstr "公開鍵をメンテナンスする"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:27
@@ -56,6 +61,12 @@ msgid ""
 "documentation that comes with your software; read the <ulink url=\"&url-pgp-"
 "faq;\">PGP FAQ</ulink>."
 msgstr ""
+"秘密鍵の取扱いには十二分に注意してください。Debian サーバ "
+"(<xref linkend=\"server-machines\"/> 参照) のような公開サーバや複数のユーザが"
+"いるマシンには、どれにも置かないようにしてください。"
+"鍵をバックアップして、コピーはオフラインな場所に置きましょう。"
+"ソフトの使い方についてはドキュメントを参照してください。<ulink "
+"url=\"&url-pgp-faq;\">PGP FAQ</ulink> を読みましょう。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:34
@@ -65,6 +76,9 @@ msgid ""
 "(best also in paper form) of your revocation certificate; this is needed if "
 "your key is lost."
 msgstr ""
+"鍵が盗難に対してだけではなく、紛失についても安全であることを保証する必要があります。"
+"失効証明書 (revocation certificate) を生成してコピーを作って下さい (紙にも出力して"
+"おくのがベストです)。これは鍵を紛失した場合に必要になります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:40
@@ -73,6 +87,9 @@ msgid ""
 "update the Debian key ring by sending your key to the key server at "
 "<literal>&keyserver-host;</literal>."
 msgstr ""
+"公開鍵に対して、署名したり身元情報を追加したりなどしたら、鍵を "
+"<literal>&keyserver-host;</literal> の鍵サーバに送付することで "
+"Debian key ring を更新できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:45
@@ -84,6 +101,13 @@ msgid ""
 "key.  Details can be found at <ulink url=\"http://&keyserver-host;/"
 "replacing_keys.html\"></ulink>."
 msgstr ""
+"まったく新しい鍵を追加したりあるいは古い鍵を削除したりする必要がある時は、"
+"別の開発者に署名された新しい鍵が必要になります。"
+"以前の鍵が侵害されたり利用不可能になった場合には、失効証明書 (revocation certificate) "
+"も追加する必要があります。"
+"新しい鍵が本当に必要な理由が見当たらない場合は、Keyring メンテナは新しい鍵を拒否する"
+"ことがあります。詳細は <ulink url=\"http://&keyserver-host;/replacing_keys.html\">"
+"</ulink> で確認できます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:53
@@ -91,6 +115,7 @@ msgid ""
 "The same key extraction routines discussed in <xref linkend=\"registering\"/"
 "> apply."
 msgstr ""
+"同様に鍵の取り出し方について <xref linkend=\"registering\"/> で説明されています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:57
@@ -99,11 +124,14 @@ msgid ""
 "documentation of the <systemitem role=\"package\">debian-keyring</"
 "systemitem> package."
 msgstr ""
+"Debian での鍵のメンテナンスについて、より突っ込んだ議論が <systemitem "
+"role=\"package\">debian-keyring</systemitem> パッケージ中のドキュメントで"
+"知ることができます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:64
 msgid "Voting"
-msgstr ""
+msgstr "投票をする"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:66
@@ -112,6 +140,10 @@ msgid ""
 "elect our leaders and to approve general resolutions.  These procedures are "
 "defined by the <ulink url=\"&url-constitution;\">Debian Constitution</ulink>."
 msgstr ""
+"Debian は本来の意味での民主主義ではありませんが、我々はリーダの選出や一般投票の承認"
+"において民主主義的なプロセスを利用しています。"
+"これらの手続きについては、<ulink url=\"&url-constitution;\">Debian 憲章</ulink>"
+"で規程されています。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:72
@@ -121,6 +153,10 @@ msgid ""
 "&email-debian-vote; mailing list and it requires several endorsements before "
 "the project secretary starts the voting procedure."
 msgstr ""
+"毎年のリーダー選挙以外には、投票は定期的には実施されず、軽々しく提案されるものでは"
+"ありません。"
+"提案はそれぞれ &email-debian-vote; メーリングリストでまず議論され、プロジェクトの"
+"書記担当者が投票手順を開始する前に複数のエンドースメントを必要とします。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:78
@@ -132,6 +168,12 @@ msgid ""
 "all developers to vote.  Voting is conducted via GPG-signed/encrypted email "
 "messages."
 msgstr ""
+"書記担当者が &email-debian-devel-announce 上で複数回投票の呼びかけを行うので、"
+"投票前の議論を追いかける必要はありません (全開発者がこのメーリングリストを購読する"
+"ことが求められています)。"
+"民主主義は、人々が投票に参加しないと正常に機能しません。"
+"これが我々が全ての開発者に投票を勧める理由です。"
+"投票は GPG によって署名/暗号化されたメールによって行われます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:86
@@ -140,13 +182,18 @@ msgid ""
 "\"&url-vote;\">Debian Voting Information</ulink> page, along with "
 "information on how to make, second and vote on proposals."
 msgstr ""
+"(過去と現在の) 全ての提案リストが <ulink url=\"&url-vote;\">Debian 投票情報"
+"</ulink>ページで閲覧できます。提案について、どの様に起案され、支持され、投票が"
+"行われたのかという関連情報の確認が可能になっています。"
+
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:93
 msgid "Going on vacation gracefully"
-msgstr ""
+msgstr "優雅に休暇を取る"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
+#, fuzzy
 #: developer-duties.dbk:95
 msgid ""
 "It is common for developers to have periods of absence, whether those are "
@@ -155,6 +202,11 @@ msgid ""
 "that they can do whatever is needed if a problem occurs with your packages "
 "or other duties in the project."
 msgstr ""
+"予定していた休暇なのかそれとも単に他の作業で忙しいのか、どちらにせよ開発者が不在に"
+"なることはごく普通のことです。"
+"注意すべき重要な点は、あなたが休暇中であるので、あなたのパッケージについて問題が"
+"起こった場合やプロジェクト内での責務を果たすのに問題が生じたという様な場合は必要で"
+"あることなら何でもして構わないと他の開発者達に知らせる必要があることです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:102
@@ -165,6 +217,11 @@ msgid ""
 "nothing as critical as that, but it's still appropriate to let others know "
 "that you're unavailable."
 msgstr ""
+"通常、これはあなたが休暇中にあなたのパッケージが大きな問題 (リリースクリティカルバグ"
+"やセキュリティ更新など) となっている場合に、他の開発者に対して NMU (<xref "
+"linkend=\"nmu\"/> 参照) を許可することを意味しています。"
+"大抵の場合はそれほど致命的なことはおきませんが、他の開発者に対してあなたが"
+"作業できない状態であることを知らせるのは重要です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote>
 #: developer-duties.dbk:109
@@ -173,6 +230,9 @@ msgid ""
 "should do.  First send a mail to <email>debian-private@&lists-host;</email> "
 "with [VAC] prepended to the subject of your message<footnote>"
 msgstr ""
+"他の開発者に通知するために行わなければならないことが 2 つあります。"
+"まず、<email>debian-private@&lists-host;</email> にサブジェクトの先頭に [VAC] "
+"と付けたメール<footnote>"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para><footnote><para>
 #: developer-duties.dbk:111
@@ -180,6 +240,7 @@ msgid ""
 "This is so that the message can be easily filtered by people who don't want "
 "to read vacation notices."
 msgstr ""
+"これは、休暇のメッセージを読みたくない人がメッセージを簡単に振り分け可能にするためです。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:113
@@ -187,6 +248,8 @@ msgid ""
 "</footnote> and state the period of time when you will be on vacation.  You "
 "can also give some special instructions on what to do if a problem occurs."
 msgstr ""
+"</footnote>の本文に、いつまで休暇予定なのかを記述して休暇に行く際に送ってください。"
+"問題が起こった際にどうすれば良いのか、特別な指示を書いておくこともできます。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:118
@@ -196,6 +259,10 @@ msgid ""
 "information is only accessible to Debian developers).  Don't forget to "
 "remove the on vacation flag when you come back!"
 msgstr ""
+"他に行うべき事は <link linkend=\"devel-db\">Debian developers' LDAP "
+"database</link> 上 であなたを vacation とマークする事です "
+"(この情報は Debian 開発者のみがアクセスできます)。"
+"休暇から戻った時には vacation フラグを削除するのを忘れないように!"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:124
@@ -206,11 +273,15 @@ msgid ""
 "to exotic places where we don't have any developers yet but where there are "
 "people who are interested in applying."
 msgstr ""
+"理想的には、休暇にあわせて <ulink url=\"&url-newmaint-db;gpg.php\">GPG "
+"coordination site</ulink> に登録して、誰かサインを希望している人がいるかどうかを"
+"チェックします。開発者がまだ誰もいないけれども応募に興味を持っている人がいるような"
+"エキゾチックな場所に行く場合、これは特に重要です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:133
 msgid "Coordination with upstream developers"
-msgstr ""
+msgstr "上流 (upstream) の開発者との調整について"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:135
@@ -221,6 +292,11 @@ msgid ""
 "these bug reports to the upstream developers so that they can be fixed in a "
 "future upstream release."
 msgstr ""
+"Debian メンテナとしての仕事のうち重要な位置を占めるのは、上流 (upstream) の開発者"
+"との窓口であることです。Debian ユーザは、時折バグ報告システムに Debian 特有ではない"
+"バグを報告する事があります。"
+"Debian メンテナは、いつか上流のリリースで修正できるようにする為、このようなバグ報告"
+"を上流の開発者に転送しなくてはなりません。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:142
@@ -231,6 +307,11 @@ msgid ""
 "submit patches to fix upstream bugs — you should evaluate and forward these "
 "patches upstream."
 msgstr ""
+"Debian 固有ではないバグの修正はあなたの義務ではないとはいえ、できるなら遠慮なく"
+"修正してください。"
+"そのような修正を行った際は、上流の開発者にも送ってください。"
+"時折 Debian ユーザ/開発者が上流のバグを修正するパッチを送ってくる事があります。"
+"その場合は、あなたはパッチを確認して上流へ転送する必要があります。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:149
@@ -241,11 +322,15 @@ msgid ""
 "sources of the next upstream version.  Whatever changes you need, always try "
 "not to fork from the upstream sources."
 msgstr ""
+"ポリシーに準拠したパッケージをビルドするために上流のソースに手を入れる必要がある場合、"
+"以降の上流でのリリースにおいて手を入れなくても済むために、ここで含まれる修正を"
+"上流の開発者にとって良い形で提案する必要があります。"
+"必要な変更が何であれ、上流のソースからフォークしないように常に試みてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:158
 msgid "Managing release-critical bugs"
-msgstr ""
+msgstr "リリースクリティカルバグに対処する"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:160
@@ -260,6 +345,15 @@ msgid ""
 "justify the removal of a package at freeze time.  That's why these bugs need "
 "to be corrected as quickly as possible."
 msgstr ""
+"大抵の場合、パッケージに対するバグ報告については <xref linkend=\"bug-handling\"/>"
+"で記述されているように対応する必要があります。しかしながら、注意を必要とする特別な"
+"カテゴリのバグがあります - リリースクリティカルバグ (RC bug) と呼ばれるものです。"
+"<emphasis>critical</emphasis>、<emphasis>grave</emphasis>、<emphasis>serious"
+"</emphasis> の重要度が付けられている全てのバグ報告は、Debian の次期安定版リリース"
+"からパッケージに含めるかどうかについての影響を持つと見なされています。"
+"これらのバグは Debian のリリースを遅らせたり、フリーズ時にパッケージ削除の調整に"
+"使われるなどされることがあります。"
+"これが、これらのバグを可能な限り素早く修正する必要がある理由です。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:171
@@ -275,11 +369,21 @@ msgid ""
 "trying to contact you (they might not wait as long as usual before they do "
 "their NMU if they have seen no recent activity from you in the BTS)."
 msgstr ""
+"<ulink url=\"&url-debian-qa;\">品質保証</a> グループに所属している開発者は"
+"そのようなバグ全てを取扱い、何時でも可能な時に修正を試みます。"
+"どの様な理由であれ、2 週間の間でパッケージの RC バグを修正出来なかったりする場合は"
+"品質保証 (QA) グループ <email>debian-qa@&lists-host;</email> にメールを送って"
+"協力を求めるか、困難な点を説明してどうやってそれを修正するつもりなのか、バグ報告"
+"に対してメールを送ってください。"
+"そうしない場合は、QA グループのメンバーはあなたにコンタクトを試みた後で "
+"Non-Maintainer アップロード (<xref linkend=\"nmu\"/> 参照) を行おうとします "
+"(BTS 上で最近の活動が見られない場合は、彼らは NMU を行う前にいつもの様には待とうとは"
+"しないでしょう)。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><title>
 #: developer-duties.dbk:186
 msgid "Retiring"
-msgstr ""
+msgstr "脱退について"
 
 # type: Content of: <chapter><section><para>
 #: developer-duties.dbk:188
@@ -287,12 +391,15 @@ msgid ""
 "If you choose to leave the Debian project, you should make sure you do the "
 "following steps:"
 msgstr ""
+"Debian プロジェクトから去るのを決めた場合は、以下の手順に従ってください:"
 
 # type: Content of: <chapter><section><orderedlist><listitem><para>
 #: developer-duties.dbk:194
 msgid ""
 "Orphan all your packages, as described in <xref linkend=\"orphaning\"/> ."
 msgstr ""
+"<xref linkend=\"orphaning\"/> の記述にしたがって、全てのパッケージをみなしご化 "
+"(orphan) してください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><orderedlist><listitem><para>
 #: developer-duties.dbk:199
@@ -300,6 +407,8 @@ msgid ""
 "Send an gpg-signed email about why you are leaving the project to "
 "<email>debian-private@&lists-host;</email>."
 msgstr ""
+"何故プロジェクトを去るのかについて GPG でサインされたメールを "
+"<email>debian-private@&lists-host;</email> に投げてください。"
 
 # type: Content of: <chapter><section><orderedlist><listitem><para>
 #: developer-duties.dbk:205
@@ -308,3 +417,7 @@ msgid ""
 "ticket in Debian RT by sending a mail to keyring@rt.debian.org with the "
 "words 'Debian RT' somewhere in the subject line (case doesn't matter)."
 msgstr ""
+"'Debian RT' という単語 (大文字小文字は関係なし) が入ったメールを "
+"keyring@rt.debian.org に投げて Debian RT でチケットをオープンすることで、"
+"あなたがプロジェクトを去るのを Debian key ring メンテナに知らせてください。"
+